FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

祝!IELTS初受験:二日目~スピーキング

2007.09.09 (Sun)

今日はIELTS二日目のスピーキングテストを受けるため朝っぱらから飯田橋に向かいました。
南北線沿線なので乗り換えはなし、30分程電車に揺られて会場入りしました。

テストは10:30からだったのですが、9時前にブリティッシュカウンシルに着いてみると、
既に結構な数の受験者が受付を済ませて、順番待ちをしていました。
私も受付カウンターに向かい受付を済ませ、荷物を預けてから精神を落ち着けました。

昨日の教訓から今回はどういう事を聞かれるのかあらかじめ調べていたので、
頭の中で自己紹介を繰り返しシミュレーションして自分の番を待っていました。

10:30前でしたが、名前が呼ばれたのでスピーキング部屋へと向かいました。
まずは軽く挨拶を交わして、普段の生活や仕事について簡単に説明しました。
それから、自分の家の中でどこが気に入っているかという質問に入りました。
我々が住んでいるマンションは日本のどこにでもあるようなマンションで、
特に気に入った部分は無かったので、家にあるシアタールームの話をしました。
シアタールームの話をしたにも関わらず、
『音楽が好きなんだね』ととんちんかんなコメントをされ、
まあ、音楽も好きなのでそこから自分の好きな音楽の話を少ししました。

最初の会話はそんな感じで滞りなく終了して、いよいよお題を渡される時間になりました。
私の渡されたお題は、

『日本の有名人をあげて、どうしてその人が日本にとって重要か話せ。』

有名人だからといって日本にとって重要とは限らないのにと思いましたが、
試験なのでなんとか有名人を選ばないとといろいろ考えました。
考えてみると普段テレビを見ないせいか、余り有名人を知らない事に気づきました。
ましてや、日本にとって重要な有名人など全く浮かびませんでした。

仕方が無いので、海外で活躍している好きなサッカー選手の話をしようと思いました。
アメリカに居た時に海外の人は余り日本の存在を知らない事を知っていましたので、
海外で日本人選手が活躍する事で、日本の認知度が向上し、日本経済に好影響がある、
という感じの話をしたと思います。

頭がこんがらがってどうやってそれを話したのかもう覚えていません。
話し終わった後、話した事にたいしていくつかの質問を受けました。
話自体が適当だったので、突っ込まれると上手く話を合わせられず苦労しました。
それでも、なんとか質問に答え、試験終了。

終わった後、試験管と少し話をしました。
彼はオーストラリアのメルボルン出身という事で、
メルボルンは良いところと教えてもらいました。
試験についてはコメントできる立場ではないが、心配する事は無いとと言ってもらえました。

取りあえず、2日間にわたる試験が終了しホッとしました。
今回の位置づけとしては、まず試験を知る事だったので、目的は達成。
ただ、最終的にはスコアをクリアしないといけないので、
2週間後の結果を真摯に受け止めて対策を考えたいと思います。

まだまだ、先は長いががんばるぞぉ。


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:43  |  IELTS  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

祝!IELTS初受験

2007.09.08 (Sat)


今日は朝から飯田橋までIELTSを受けに行って来ました。
もちろん、初めての受験です。
ちょっと不安だったので会場までワイフに着いて来てもらいました。

8時半から受付開始だったので、10分程余裕を見て会場入りすると、
既に結構大勢の人がラウンジみたいなところで待っていました。
パスポートと受験票を持って受付を済ませると、もう外には出れない雰囲気になり、
仕方が無いので、パスポートを係員に預け、
急いでワイフに試験が終わるまで出られない事を知らせに行きました。

会場では不思議な英語を話す日本人が試験の説明を始めました。
イギリス訛のアナウンスを期待していたので、ちょっと拍子抜けしました。
結局、全く試験準備ができないままの受験となってしまい
試験が始まる前から受験番号の書き方や名前の書き方など、
係員の方にいろいろと質問をしながらなんとか開始までにマークすることができました。

試験が開始して、まずリスニングパートが始まりました。
ラジカセから流れてくる話自体は極普通の内容で特に難しくはありませんでした。
問題は答えを書いている間に次の話に移っていて、聞き飛ばした箇所が結構会った事です。
それでも、がんばって着いて行き、2、3問をすっ飛ばしてなんとか最後まで解いてみると、
なんと最後に解答用紙に書き写す時間が設けられている事を知りました。
これなら問題用紙にメモだけしていれば良かったと思いました。
やはり、TOEICやTOEFLで高得点を取っていた事もあり、
これも行けると高をくくって準備をしていなかったのが仇となりました。
すっ飛ばした問題は聞いていなかったので後から考えても埋める事はできませんでした。
この辺はマークシートと違い確実に情報を押さえておかないと解けないので
今後の課題としたいです。

リスニングの次はリーディングセクションです。
ここは文章を読んで答えるだけですので、比較的問題なく全ての問題を解くことができました。
スペリングも最後にチェックしたので大きな勘違いをしていない限り大丈夫だと思います。
TRUE/FALSE/NOT GIVENの問題は直接は話の中に出てこないが推論で間違いだと分かる項目について、FALSEとNOT GIVENで迷いましたが、書かれていないのは事実なのでNOT GIVENとしました。こういう場合は結局どっちなのでしょうかねぇ。。。

最後にライティングですが、まず一言で言うなら『最悪』です。
タスク1はまあ書けましたが、タスク2は全く書けませんでした。
イントロを書き始めては書き直しを繰り返して、そのままタイムアップです。
問われている問題について自分に意見が無かった事が最大の敗因です。
普段からあまりこういった事を考えないので、
いざ問われてみると自分のポジションを決める事ができませんでした。
文章の構成もよく理解しておらず、
大学時代のリサーチペーパーってどうやって書いたっけ?と思い出しながら書こうとしましたが、
焦りと緊張のせいか、自分の頭の中で思考が止まってしまっていて、
同じところをぐるぐると回って時間内にそこから抜け出す事はできませんでした。

結局、そのままタイムアップでノックダウンでした。
試験が終わり、ワイフの待つラウンジに向かいました。
ワイフに試験の報告をし、ライティングはこのままではマズいという認識のもと、
2人でそのままブリティッシュカウンシルに向かいました。
そこでIELTSのライティングコースをいろいろと調べてみました。
10月からコースが始まるらしく、そのプレースメントテストを今やっているとの事、
早速、予約して来ました。

値段が値段だけに、受講するかどうかは分かりませんが、
取りあえず自分のレベルを知って、今後の作戦を立てたいと思います。
結果は2週間後ですが、既に駄目だった事は明白なので、
できる事からスタートして行こうと思います。

ワイフおすすめの新聞の英語要約から初めて見ようと思います。
さて、前途多難ですが、がんばって行きましょう。


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:48  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ライティング対策

2007.09.04 (Tue)

ワイフが料理中で時間があったのでハズが書いてます。

今週末の9月8日に初のIELTSを受けるのですが、
『最近、英語で文章かいてないなぁ』、とふと思ったので、
ちょっと、この場で英語の文章を書く練習をしてみようと思います。

IELTSのWritingですが、全くもって、どんな問題が出されるのか知らないので、
その辺を調べつつ英文練習をやっていきましょう。

早速調べたところによると、
私が受けるGeneralのテストと留学生が受けるAcademicのテストでは
出される問題が異なるようです。

先ずは、タスクが2つあって以下のような感じです。

タスク1:150文字でお手紙を書く
タスク2:250文字で与えられたお題に対してエッセイを書く

先ず、お手紙ですが、150文字ってどれくらいなんでしょうか。
試しに何か書いて計ってみましょう。
状況としては、新しく入ったマンションでお風呂の戸がちゃんと閉まらないのを入居後に発見し、管理人さんに修理を依頼する、みたいな感じで書いてみます。

Dear Landlord,

We have moved in the Bellcolline Apartment on Aug 3rd and have enjoyed well-maintained rooms and its quite environment. Nevertheless, we have just noticed that the bath room door is slightly tilted and it won't shut in a normal way. It can be shut with lifting the door upward, however it would be much better if you have a repairer to fix the hinge. I'm afraid that by shutting the door in such a way could also aggravate the hinge worse.

I'd be glad if you make an arrangement to repair the door as soon as possible. I'll be available anytime after 18:00 from monday through friday. I'll be out of town this week end but if you can make it, I'd be happy to ask my parents to stay home during the service.

Please let me know when you can send the repair by 20:00PM tommorow.
Thanks in advance.

取りあえず、殴り書きしてみました。
カウントしたら152文字で量的にはオッケーですね。
ただ、内容が適当だし、文章も単調でこれだと3点ぐらいしかもらえなさそう。
もう試験まで1週間を切っているというのに、かなりヤバい感じです。

明日からも時間を見つけて文章書いて行きたいと思います。
既に再試験が決定した感じで何とも切ないですが、これが現実という事ですね。
本申請にはまだ時間があるので、今回で試験の感覚をつかみ
次の試験では必要点数をクリアできるように準備を進めたいと思います。

とはいえ、まだ数日あるので悪あがきはしてみますが。。。
がんばれ自分!





テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:27  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

TOEIC

2006.08.10 (Thu)

It's been a while since I last took the TOEIC test. This was taken at the Test Center in the company where I currently work at. The test is categorized as an IP test. I don't know what that IP stand for. But it's a sort of used test and a year old.

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
I heard there's a new version of the test but it was a good old-fashioned seven part test. I don't know what the new version of the test look like. In the old version, there are only two sections; a listening section and a reading section. There aren't any section measuring a writing skill and a speaking skill available.

I hadn't studied for it at all and even worse I forgot about the test until my colleague told me that I had the test that day.

When I got the score, it didn't tell me a lie at all. I got almost perfect on the listening section. However, The score was right. I lost some weight on the reading section. I got 30 points less than the previous result. If this was the second time I took the test, It probably was within the margin of error. But I took this test a couple of times. If I compare with the score two times before, I lost 65 points, which is out of range. So I realize that gradualy my score has slided down.

I don't need the perfect score but I hate to see the card with a decreasing score. Now that I have to take IELTS test to prove my english proficiency. I probably should start studying Australian and its pronounciation.
人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : Immigration - ジャンル : 海外情報

17:46  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |