05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

豪旅 Day 9 ☆ 車で川を渡れるか?!

2016.11.17 (Thu)

☆豪州最北端・CapeYork冒険記☆

【Day 9】 6月4日(土)晴れ

今日も応援のポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

今日はBig drive dayになるよ~!
ということで、予定出発時刻は朝8時。

DSC08753.jpg

いつも通り簡単な朝食を済ませ、
テントを畳んでいると、聞こえて来るエンジン音。
はやっ・・!!



マンディー&ミック組は、
近道になるトラックが通れるか確認がてら、7時半には出て行った。
気合い入ってるねー。

DSC08754.jpg

目標としては、今日中にOld Telegraph Trackに入りたいらしい。

しかも、ここからが本当の意味での旅のはじまりらしい。笑

景色が全然違うって。

どんな景色が待っているのか、すごく楽しみ。

FB_IMG_1468536624126.jpg

私たちは予定通り8時に出発!

どこでキャンプしてたのかは分からないけど、
今朝はサイモン夫婦も無事揃っての出発となった。

サイモンとジョンは同じトヨタのハイラックスを運転してるので、
4WD道の運転に慣れているサイモンが、
まだ4WDing経験の浅いジョンをUHFでガイドしてあげてた。
そう言うところは気が利くんだよなー。

FB_IMG_1468536654846.jpg

マンディー達が一足先にチェックに向かった近道には、
けっこう深い川があるので、そこが渡れそうかを判断して、
渡れそうだったらそこで待つし、
渡れなさそうだったら、曲がり角に目印付けて
(木にBigWのビニール袋を巻き付けておく)、
先のロードハウスで落ち合うことになっているらしい。

本当はFrenchman Trackを進めるのが一番近道だし、
4WD道としてもかなりエキサイティングという噂なのだけど、
残念ながら、ここはまだ閉鎖中(青色の×印)。
なので、先遣隊が向かったのはその下の山道(赤色の線)。

1479184752117.jpg

曲がり角に着つくと、印らしきものはなし。

ここで少し待ったあと、
もし通れないにしても、どんなトラックなのか、
どれほどの川なのか、記念に見ておきたいよね?
ということで、結局みんなで川の方へ向かうと、
そこで折り返してきたマンディー達に遭遇。
マンディーが言うには、川を見た印象では、
トレーラーを引っぱってるジョンの車が多分難しいだろうと。

ならば、ちょっと面白みには欠けるけど、
一昨日来た道を戻って、安全なルートで北上するのが無難かな。

DSC08755.jpg

するとジョンが、まだ旅の始まりで無理はしたくないし、
子供達もいるし、ガソリンもチャージしたいから、
どちらにしても自分達は一昨日通ったArcher Riverまで戻るけど、
みんなは川のほうから先に行っててよ!
というので、有り難くこの旅の醍醐味を味わわせてもらうことに。

ジョンとは次のロードハウスBramwell Junctionで落ち合う約束をして、しばし別行動。
ちなみに、Bramwell Junctionが、今日の目標The Old Telegraph Trackの入り口!

にょろにょろと山道を進むと、
噂の川がそこにありました。

DSC08757.jpg

Pascoe River。

難易度の高いriver crossing(川渡り)だと本に書いてあったけど、
大袈裟なことを言ってたわけではなかった・・!

ちゃんと深くて、流れも速い

足下の様子が分かりづらい場所を通るときは、
事前に木の枝等を刺して深さを確認したり、
自分の足で歩いて底の状態を確認する、
これ4WDingの鉄則!

でもさぁ、身長180cm以上のトニーが腰まで浸かってるって、
明らかに深いよね・・。

浅い岩場を歩いてたトレイシーは、
「流される~!」とか言って戻ってきたし・・。

ワイフはもうドキドキですよ。

そんな中、4WD慣れした男どもはどう渡るかを協議。

4WDでのriver crossingは、
川の入り口から出口に向けてただ進めばいいというものではなく、
下手すると流れに押されて横転してしまったり、
タイヤがスリップして川の中で動けなくなったりしてしまうこともあるので、
事前に底の様子を確認した感じから、
なるべく浅くて安全なルートを慎重に選ぶ必要があります。

そして経験値の高い人(たいていデカくて装備も良い車)が先に行き、
小さくて装備のしょぼい私たちのような車が真ん中に挟まれる形で、
最後尾はまたデカい人。

あとは、自分の前に渡った車の軌道をよく見て、
それに習うように進んでいきます。

DSC08761.jpg

よくよく見ると、向こう岸の入り口が急な坂になってて、
何台もの車が水をたらしながら通ったら、
ドロドロでスリップしやすくなって危なくない?!
とワイフの心臓は今にも飛び出しそう。。

なのに、運転席のハズさんは「Ok、じゃ行くわ」って。
あれ?意外と余裕?

まぁ君がそう言うなら・・。

とういわけで、運命のお時間です



川を渡りきった男達からは「大丈夫大丈夫」とエールが届き、
私たちの後に続くマンディーは、再度ハズさんにルートを説明。

ちなみに、車内から見るとこんな感じ。



渡りきる頃には気絶してるんじゃ・・なんて不安だったけど、
川に入ってみると、水はボンネットにかぶるほどでもなかったし、
出口の急な坂も、我らがプラドの性能を持ってすればなんてこたーない。
旅の出発前に新しいタイヤに変えてきたので、グリップも最強!

実際、これほど流れはきつくなかったけど、もっと深い川を渡ったこともあったし、
ハズさんは、これまでいくつもの4WDトラックで共に旅をしてきた車なので、何も怖いものはないって言ってたけど、ホントその通り。

ハズさんの度胸とドライビングテクニックにも脱帽!

案外、人が渡ってるのをみるほうが心臓に悪いのかも?

DSC08764.jpg

川を渡る時、安全第一のトレイシーが
念のためスナッチストラップを付けておけば?というので、
つけておいたけど、出番がなくてなにより

それよりも、前回「洗車」中の救出劇で使ったあと
ビニール袋に入れたままだったので、
ストラップがものずごーく臭って、
それを触った手とか、洋服とか、
とにかく触れた部分全てがしばら~く超くさかった・・。
見た目はまだ真っ白だったけど、
一度は泥水につかったりしてるわけだから、
当然使用後はしっかり乾かしておかないとダメよね。

DSC08767m.jpg

なんてこたーないとは言ったものの、
私たちの車よりも大きいトニーの車でさえ、
これだけ浸かっていたのを見ると、
Pascoe Riverがチャレンジングと言われるのもうなずける。

今回のために、シュノーケルをつけて、
車のサスペンションリフト(2インチ)して、
タイヤもサイズアップして臨んだけど、
これをしてこなかったらと思うと恐ろしい。
確実にフロントガラスまで浸かってたね・・。

何はともあれ、最初のハードルを無事クリアできて気分は上々!

DSC08768.jpg

その後、険しいながらも気持ちいい4WD道を抜けて、

DSC08771.jpg

2つ目の川Wenlock Riverにぶつかる。

DSC08775.jpg

ここはPascoe Riverほど深い川ではないけれど、
底が岩でゴツゴツしてるので、やっぱり注意が必要だったり、
放置された車があって、またしても不安を煽られたり・・



岩場と川と繰り返し進んだ先は、

548028.jpg

やっぱり急な坂!

上で写真を撮ってるトレイシーの小ささからも、
この坂がどれだけ急かわかりますね。



こういうトラックの為に、今回最低限のアップグレードはしてきたわけだけど、
そうは言っても、私たちの車(プラド90シリーズ)は、
他の仲間の車(日産パトロールやトヨタハイラックス)に比べると圧倒的に小さい。
車そのものの大きさも、タイヤのサイズも。
そのくせ、彼らの車に引けを取らず良く走る!
これまで一緒に行った4WDキャンプなんかでも、
何度彼らを驚かせてきたことか。笑

そして、今回も例外ではなかった!

後ろにずり落ちてもおかしくない泥坂も、
難なく登ってみせたもんだから、
「あのちっこいヤツはホントどこでも行くなぁ~!」
と4WDキングのダリルが舌を巻いてた。笑

DSC08788.jpg

このあと大通りへ出ると、
これまで、穴だ!砂埃だ!気をつけて~!と散々騒いでいた赤土の道が
コンクリートで舗装された道のように走りやすいったらありゃしない。笑

おかげで、高速道路のようにビュンビュン飛ばして、Bramwell Junctionへ。

DSC08795.jpg

ここでこの旅2カ所目のロードハウスバーガーを食べ、ジョンを待ちます。

DSC08796.jpg

そして、進んでは捲り進んでは捲りしてきた地図も
ついにCape Yorkの最北端が記されたページに突入!!!

426001ec.jpg

あぁ、本当ににここまで来たんだな~としみじみ。

午後はついにthe Old Telegraph Trackに入ります!




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:21  |  豪州旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/774-83ed406c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。