04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

豪旅 Day5 ☆ 結局海辺で。

2016.11.09 (Wed)

☆豪州最北端・CapeYork冒険記☆

【Day 5】 5月31日(火)雨曇り→晴れ

今日も応援のポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

早朝7:30、自慢のエスプレッソマシーンでコーヒーを淹れるためだけに
わざわざ持って来たらしいサイモンの大きなジェネレーターがけたたましい音を立てる。
一瞬何事かと驚いたけど、そういうことだった。
マンディーやトニーはその騒音にも近い爆音に起こされたと、やや不機嫌そうだった。

DSC08490.jpg


朝に美味しいコーヒーを飲みたい気持ちは分かるけどね〜、
早朝のジェネレーターはアウトだろ〜っていうね。

ある友達が、サイモンは典型的なオランダ人だと言っていたのけれど、
オランダ人というのは、こうも空気を読まない人種なのだろうか?
みんなが彼にイラっとすると話してた理由がちょっと分かった気がした。。

そして、彼らの近くにテントを張らなくて良かった〜と思うと同時に(それでも十分うるさかったけど)
明日からも彼らの近くにはテントを張らないぞーと心に決めた瞬間でもあった。

DSC08489.jpg

そんな困った君を横目に、ひっそりとコリコリ豆を挽くハズさん。
ジェネレーターなんてなくても美味しいコーヒーは飲めるのだ♡

市販の豆でこだわりのコーヒーを飲んでるつもりのサイモンには悪いけど、
多分この中では、ジョンと私たちが一番コーヒーにこだわってるという自負がある。笑

DSC08491.jpg

朝食は、安定のフルーツヨーグルト。
旅の前に偶然買ったパイナップルが、
実は日持ちする果物であることに気付く。
(熟れるまで放置できるという意味で。笑)

DSC08493.jpg

昨日はワニが怖くて海に近寄る気がしなかったけど、
今朝は網を仕掛けに行ってた友達の様子見がてら、海を見にいってみた。

そして目を凝らして噂のマングローブの辺りをじ〜〜〜〜っと見るも、
ワニのような物体は確認できず。
襲われたくはないけど、遠目には見てみたいというジレンマ。

それにしても、釣りが好きな人って、どんな場所でもとりあえずトライするんだね。
一応釣り竿持って来たけれど、私たちはそこまでのパッションをまだ感じられないただのキャンパー。。

DSC08487.jpg

今日は、ついに4WDing in Cape Yorkの聖地?的なOld Telegraph Roadに向かって、
内陸に進んでいく予定だったのですが、
ずっと体調不良気味だったジョンの息子君が一向に良くならないということで、
急遽夕方CooktownのGPに行くことになったので、
今日動きはスローな雰囲気になりそう。
とりあえず夕方4時にCooktownの公園で待ち合わせをすることにして、それまでは自由行動。

昨日通過したCooktownにまた戻るわけですが、
当初予定していたElim Beachから内陸に向かう4WD道(近道)が
閉鎖されていて通れないので、どちらにしても一度南下し、
そこから別のルートで内陸へ行くことにしました。

ということで、行動開始〜!

DSC08495.jpg

キャンプ場を出て、まずは狭い道を抜けながら、
大きな水たまりで車を洗いながら(笑)、
カラーサンドが見られるという近くのビーチへドライブ。

ここからはALDIで買ったGoProならぬADLI Proが大活躍!
↓大きな水たまりを抜ける様子↓


ビーチはちょうどいい感じにロータイドだったので、
愛車とともに集合写真♪

13686765.jpg
※ 撮影:ジョン

水がホント透き通ってる。

DSC08510.jpg


そこから、私たちを含む元Kitepower組は、さらにビーチを走り進め、
残りの3組(7人)は、待ち合わせの時間まで釣りに行くと先にCooktown方面に向かいました。

DSC08522.jpg


ビーチをしばらく走って行くと、
知ってるカイトサーフィンブランドの旗が見え始め、
ん?もしや・・Kite Safari?!

ここは、オーストラリア中からカイトサーファーが集まる小さな宿で、
海の目の前というか、ビーチの一部というか、
砂浜のど真ん中にポツンと宿があるだけの何も無い場所で、
シーズン中は常に良い風が吹いてるというカイトサーファーの楽園。

DSC08538.jpg

位置関係が分かってなかったので、
ただただダリルの車を追いかけていたのですが、
着いてみてビックリ!

ジョンはもともとカイトショップのオーナーをしてて、
その時に「ケアンズの先でカイトするツアー」があったのですが、
それがここだったみたいです。
ジョンはもちろん、ダリルも2年前に訪れたことがあったとかで、
宿のおばちゃんと雑談しつつ、スナック休憩。

DSC08539.jpg

宿は話に聞いていた通り、大きなウォータータンクを部屋に作り替えていて、
明るくて綺麗なトイレもシャワーもあって(もちろん水洗!笑)、
カイトサーフィンができるフラットなビーチが目の前に広がっていて、
とても可愛らしいところだった。

DSC08536.jpg

それと、キッチンがバーのような作りになっていて、
我が家のパティオ改造計画の参考にさせてもらうことに。笑

Elim Beachからそう離れておらず、同じ海を分け合ってるわけで、
当たり前だけど、ワニもいるそうです。。。
ただ、潮が引いてる時は浅いのでワニは来ないらしく、
ここで何年もビジネスをしてるけど、お客さんがワニにアタックされたことはないと話してました。

DSC08533.jpg

車にカイトギアを積んできたジョンは30分ほど海へ。
風は15ノット前後だったけど、8mしか持ってなかったようで、
それでどうにか頑張ってました。
そんなことより、今年に入って2回目のカイトができて嬉しかったらしい。 

ジョンの子供も少し元気を取り戻した様子だったので良かった。

自分のお父さんがカイトしてるのを見て、
「ワニが来たらジャンプしちゃえばいいんだよ!」
なんて無邪気に話してましたが、うーん、それは・・どうかな

DSC08535.jpg

4時の病院の予約があるので、Kite Safariでゆっくりした後は、
一度キャンプ場の置いて来たジョン達のキャンパートレイラーを取りに行き、
その間少し時間があったので、私たちとダリルは
車を洗うべく朝一度通った水たまりへ。

ここで事件発生

DSC08540.jpg

洗車という下心ギラギラで水たまりに入ったので、
入水時間が長いほうが綺麗になる!と欲をかき、
思わずスピードを落としたのが運の尽き・・

まんまとスタック!!

まぁ、少なく見積もってもその前に私たち6台が一度通っているので、
穴の底も深くなりかけていたのかもしれませんが。。

先に行ったダリルにUHFで助けを求め、
引っぱりあげてもらいました
まさかここで新品のスナッチストラップを出す事になるとは!

その後は大人しくジョンのいるキャンプ場へ戻り、Cooktownへ。

DSC08553.jpg

道中、なんちゃら滝をというのを見つけて寄り道。
この日も橋の上にはうっすら水が溢れていましたが、
先週の豪雨の時は、通れないほど水かさが増し、通行止めにだったそうです。

今日も暑い1日だったので、
ひんやり効果を狙って浅い小川に足を入れてみたら、
水の流れが速くて強くて、危うく押し流されるかと思ったわ!

DSC08557.jpg


そしてCooktownに着き、ガソリンスタンドで自分達の車を見て思う。

DSC08560.jpg

「おぉ〜!雑誌で見た事あるよ!この真っ茶色な感じ!!」

今ならスピード違反しても捕まらないかも?!
ってほどにベタ塗り状態のナンバープレート&ズベテ。

まさに、Cape Yorkの洗礼
ムフフ・・
なんてCape Yorkに来たことを実感しながら、
ハーバーでハムラップを作り、食べながら待ち合わせに備える。

とこどが、ここへ来てどうもジョン達はGPに行くのをキャンセルした様子。
というのも、奥さんのジョーはすごく不安がっているけれど、
GPにいっても、お水をよく飲ませて、あとは栄養のある食事を、
と言われるのがオチで、何をしてもらえるわけでもないと。
どのみち移動しなくてはいけないことに変わりはなくて、
車には水も食料もたっぷり積んであるのだから、
だったら、それで様子を見ようということになったっぽい。

そうこうしているうちに、
釣り組の移動場所の関係で待ち合わせが5:30に遅らされ、
さらにその後、釣り組がいる場所へ向かうことになる。

振り回され始めたな〜と感じながらも、
5:30に落ち合ってからキャンプ場探すとか悪夢でしかないので、
それならそこで私たちも魚を釣ろう!と切り替える。

DSC08567.jpg

ところが、彼らのいるビーチに行くにも、
タイドが上がってきていて、彼らが通ったという河口は通れそうにない。

まだUHFラジオの通じる距離でもないので、
トレイシーとマンディー(親子)の携帯のやり取りだけが頼り。

DSC08569.jpg

結局、渡れないものは仕方ないので、プランを変更してUターン。
私たちは私たちで今夜泊まれる場所を確保することに。

すったもんだして、日も落ちかけてきちゃって、みんな疲れ気味。

とりあえず、私たちのWikiCampでお気に入りに登録していたArcher Pointを提案し、そこへ移動。

DSC08575.jpg

ここは景色も綺麗そうだし、評価が高かったので、
みんなといかなくても、その時は帰りに2人で寄ってみようと話していた場所。
なので、なんか後半いろいろ面倒くさかったけど、最後にちょっとラッキー。

Archer pointに行ってみると、丘の上には灯台があって、
この辺一体が見渡せて綺麗だった〜。

DSC08583.jpg

今日は早く場所を見つけて、テントをセットアップしないといけないので、
また明日の朝来ようということですぐに退散。

DSC08584.jpg

丘を降りながら、比較的平たい場所を見つけて、よし、ここで!

13669770.jpg
※ 撮影:ジョン

とテントをセットアップしかけたのだけど、
あまりに風が強くて、結局すぐに移動。
薄暗くなりかけてきたところで、
木で風がブロックできる快適な場所をみつけ、
そこで急いでセットアップ&夕食の支度。

ぐったり疲れ気味だったダリルも、ここは気に入った!と
リラックスしてる様子だったので良かった。

と思ったら、ハズさんが・・。
今日は1日ハズさんがドライブしてたし、
多分これまで貯まっていた疲れも出てきたのか、
背中と肋骨の下の痛み訴え、どうにも機嫌が悪い。。
一緒に夕食の準備をしてる辺りで痛みが限界に達したらしく、
後はゆっくり座っててもらってたのですが。。
寝る前にもハズさんの背中をマッサージしたけど、
効果があったのかどうか。。

ちなみに、夜は簡単お好み焼きでした。

5469085538004294701-account_id=3_201611091828174d0.jpg

前もって真空パックにしてきたお肉やキャベツの千切りに
水、粉、卵を混ぜるだけ。
本当はラム肉をローストする予定だったけど、
キャンプの場所を決めたのが6時近かったし、
それからローストするには遅すぎるのでメニュー変更。
ハズさんも疲れ気味だったし、
もうちょっとリラックスできる日に食べるとしましょう。

その後、みんなで焚き火を囲みながら
ダリルのお気に入のポートワインを1杯頂く。
めっちゃ美味しかった〜

13686545.jpg
※ 撮影:ジョン

明日は釣り組と合流して、今度こそ内陸へ!

ハズさんの痛みも早くひきますように。。


【本日の移動距離】 153km



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

18:57  |  豪州旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/768-d8296c0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。