05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

リタイアメント・プラン

2016.10.29 (Sat)

これまで予算を決めたり、節約生活を実践したりと
身近で直ぐに実行できる事を中心に夫婦で話し合って試してきました。
予算内での生活にも慣れ、その枠組み内で生活レベルを向上させる取り組みも始めています。

基本となる生活スタイルが無理なく安定して来たところで、
ここからは中・長期的な老後へのプランについて内容を掘り下げていきたいと思います。

retirement2.jpg


まず、老後の生活を考える上でもっとも大切なことは、

『幸せな生活を送れるだけの十分な蓄えがあるか。』

ではないでしょうか。

ただ、55歳でリタイヤを考えると、収入をただただ貯めていくだけでは到底足りません。
毎年300万円の貯金をしたとしても20年で6千万・・。
しかも、物価は上がっていくので6千万の価値が20年後にあるとは思えません。
(ハズさんは日本語でお金を話をするとき、1ドル100円として話すので、ここでもそのままいかせて頂きます。笑)

そこで貯蓄の他にも資産を運用していく必要がでてきます。

オーストラリアで老後最低限の暮らしをするためには、だいたい2億円の資産が必要と言われています。

現在私たちの資産はこの家だけですが、どう高く見積もっても5千万程度といったところでしょうか。
残り1億5千万円。単純に考えて、毎年500万円ずつ注ぎ込んでも30年かかってしまいます。
これではとても55歳でリタイアには間に合いませんし、
そもそも、年間500万円も注ぎ込める収入が見込める当てもありません。

そこで限りある収入を効率よく運用して行く必要があるんですね。

先日図書館で読み漁ったファイナンス系の資料によると、オーストラリアでは
不動産、Super、流動資産、ボンドをそれぞれリスクに合わせた配分で保有するのが一般的なのだとか。

私たちの場合、今はその最初の不動産に投資をしているということになりますね。
住居なのでお金を産み出す訳ではありませんが、
将来的に家賃を払わなくて良いというのは助かるし、安心感があります。
その他の投資を始めるにしても、家のローンがあるうちは投資の利益をローンの利子が上回ってしまうので、
不動産をクリアする事によって、初めて次のステップに進めることになります。
なので、今は給料から必要なお金(予算分)を差し引いた残りのお金を全てローンの返済に当てている形です。

Superと流動資産とボンドですが、果たしてどうやったら1億5千万円分も揃える事ができるのでしょうか。。
道のりは長いながら、それぞれのアセットクラスで私たちなりの戦略を考えてみました。

次回は、Superへの積み立てについて書きたいと思います。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:01  |  マネー虎の巻  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/759-f063b2af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。