08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

無人島へゴー♪

2016.10.04 (Tue)

月曜はLabour Day(勤労感謝の日)で祝日でした。

なので週末は3連休だったはずなのに、
どういうわけかあっと言う間に終わってしまって・・
週末というのはいくらあっても足りませんね。笑

IMG_20161002_064913.jpg


土曜は例のごとくSUPに行ったり、
6月の旅で壊れた釣り具を修理に出したり(今頃・・笑)
翌週の食料を買い出しに行ったりと、
予定通り地元でまったりうろうろ。

日曜は、友達のボートで無人島に行ってきました!

IMG_20161002_073544.jpg

というのも、最近家を買った友達が、
新居を見に行くついでに、ボートを出してくれるというので、
念願の釣り&シュノーケルに連れて行ってもらうことになったのでした。

朝は5時過ぎに家を出て、6時過ぎには海の上♡
もしかして日の出クルーズ?!
なんて淡い期待とは裏腹に、
家を出発する時にはもう既に日が昇ってましたね。

3連休とは言っても、早朝は道路も空いてて快適快適。
だったのに、ボートランプ(乗り場?)に着いたときには、
だだっ広い駐車場が、ボートを牽引してきた車でほぼ満車状態。
釣り人の朝って早いんですね〜。

我が家の近くにもボートランプは何カ所かあるし、
カイトキャンプでもボートやジェットスキーを持ってくる人はいたので、
トレーラーからボートを下ろすのはよく目にしてたけど、
実際に手伝うのって実は初めて。
数年前にボートの免許取ったときも、
教習船は海に浮かんだままで乗り込むだけだったし。
なので、連れてきてくれた友達に迷惑かけないよう、
頼まれたことは素早く対応しなくちゃ!と気合い十分で臨みました
ボートを海に下ろした後、牽引してきた車を駐車しに行かないといけないので、
その間、ボートが流されないように船首を抑えているだけの簡単なお仕事なのですけどね。
それだけでも、超ワクワク。

IMG_20161002_074059.jpg

そして、出発!

まずはよく行っている釣りスポットに案内してもらい、
ここでは結構大きいのが釣れたことあるよ!なんて言われて、
期待たっぷりに釣りを始めること数分・・!!

私・・船酔いですよ!

もうね、海に飛び込んで船酔いを解消したかった!
けど、サメがいるというので、大人しくステイ。
釣り竿に餌を付けるのもそうですが、
ボートの上での何気ない作業で、
あぁも簡単に酔えてしまうなんて・・
侮ることなかれ、ボートの揺れ。。

思えば、海釣りは初めてで、
揺れるボート上での過ごし方に関して、
完全にイメトレが足りてなかった!

そんなわけで、海に垂らした釣り糸を即回収し、退散の運びへ。。

友達は、じゃぁ、島の方行きましょう!と
慣れた感じでガイドしてくれたのだけど、
ハズさんは釣りを楽しみにしていたので、
いや〜、ホント申し訳ない。。。
酔い止めも貰って飲んだけど、
即効性はないので。。

その後、島までのクルーズで完全に復活したんですけどね。

あぁ、楽しみにしていた「今夜はお刺身」の夢、破れる・・

Peel island

ちなみに島というのが、
ClevelandとNorth Stradbroke Islandの間にあるPeel Island。
(赤いマークが付いているところです)

このたび初上陸!

North Stratbroke Is.は私たちが結婚式をした島なのですが、
当時フェリーから見えるこの島がずっと気になっていました。
小さな船でしか上陸できないので、私たちに行ける術もなく・・。
なので、今回連れて行ってもらえてすごく嬉しかったです。

着いてみると、陸から少し離れた所に個人所有の大きめの船やヨットが碇泊していて、
そこから小型ボートで島へ来ている人たちも結構いる様子でした。
なんちゅうブルジョワ族!!!

この島ではキャンプも出来るようで、
ところどころテントが張ってありました。
施設はトイレしかないので、全て持ち込みが前提ですが、
個人的には、何も無い中での原始的なキャンプが一番好きだったりします。

ここでの滞在時間はそんなに長くなかったものの、
その間、子連れファミリーが次々と島に入ってきて、
私たちが去る頃には、砂浜がボートでいっぱいでした。
晴れた日に海をクルーズして、その先でピクニックとか、
最高の休日の過ごし方ですね。

私たちは、お昼にはClevelandに戻る予定だったので、
この島では、軽いトイレ休憩とシュノーケル!

のはずが、停泊した場所がトイレから遠く、
柔らかくて足を取られる砂の上を往復すること1時間。。
そんなに歩くと思ってなかったので、水も持っておらず、
想定外のトレッキングに、ボートに戻った時には精根尽きてました。

IMG_20161002_092613.jpg

とりあえず体力回復がてら日陰で休憩。
せっかくだからシュノーケルもしようと海に入るも、
むちゃくちゃ水が冷たい!
ウェットスーツがあったら出たかな〜。
ただ今回はウェット持ってきてなかったので、
帰りの道中、濡れた水着に風を浴びるのは
限りなく拷問に近い気がして諦めました。

友達はそんな中、「全然冷たくないよ!」と、
シュノーケルで(釣り目的の)魚チェックに出てましたけどね。
やるな、釣り人。

IMG_20161002_092813.jpg

帰りがけ、島の東側にある(であろう)難破船を見に行き、
(Moreton Islandの砂山が見えたので多分東側かなと・・)
そこからClevelandへ戻りました。

風を受けながら海を進むボートの上は最高に気持ち良くて、
もうね、何度も寝落ちしそうになりました。笑
いや、してたな。
私は背もたれのない後ろのベンチに座っていたので、
船体が波を打つ度に放り出されないよう
しっかりフレームに手をかけていたつもりが、
気がつくとボンッという衝撃とともに、
海に放り出されそうになってましたからね。
前日は、お弁当作りなどに精を出すのもほどほどに、
しっかり睡眠を取っておくことをお勧めします。笑

IMG_20161002_095744.jpg

最後に、ちょっと笑っちゃう逸話を。

当日は、釣り用にエビを持って来るよう言われていたのですが、
最初に行ったお店では売り切れ。
どこももう閉店時間が近かったものの、
次のお店で残り少なくなっていたエビを見つけて無事購入。
余ったら自分たちで食べればいいね、なんてウキウキしながら。

そして夕食刻、ちょっとだけ食べちゃおう!とエビを見て考える。

「あれ?茹でエビでも魚って釣れる・・?」と。



そう、グレーの生エビを買うべきところを、
あまりのエビの品切れぶりに焦りが先攻して、
なぜか調理済みの赤いエビを買ってたのでした・・。

どちらにしても、生エビは売り切れでしたが。

もうお店は閉まってるし、翌日は早朝に出発で、
買い直しにいく時間もないので、
まぁ「釣れたらラッキー!」ってことで、
茹でエビを餌に釣りをすることにしたのでした。

なんなら食べながら釣りで来ちゃうよ?笑

PhotoGrid_1475620416017.jpg

結局、結果はお伝えした通りなので、
大量に持ち帰ったエビくんたちは、
わさびマヨネーズを塗ってジャッフル(ホットサンド)に。
そして、我が家の最も高級な調味料である日本酒様と一緒に、
美味しく頂いたのでした

ジャッフルに日本酒ってどうなの?!と思うでしょ?
これが意外といけるんですね〜。
こういうのも和洋折衷って言うのかな。笑

皆さんのお休みはいかがでした?

今週は4日だけ。頑張りましょー!



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:41  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/753-9054ebdb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。