04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

Nature Photo Challenge Day5

2016.05.11 (Wed)

5日目の写真は、3日目にも紹介したフレーザー島の
最東端にあるインディアン・ヘッドからのパノラマです。

Day5_DSC00663.jpg
@Indian Headの北側

見渡す限り海!というこれまで訪れた絶景スポットのなかで、ここが一番好きかな〜。

DSC00677.jpg
@Indian Headのパノラマ

崖の上からは、あっちにイルカ、こっちにマンタ、
そっちにウミガメ、向こうにサメ、そして魚の群れと、
逢いたかった海洋生物たちに一度に逢えてしまうという夢のような場所です。

ちなみに、このインディアン・ヘッドの北側にでると、
通称シャンパン・プールというビーチがあります。

DSC00689.jpg
@Champagne Pools

波が打ち寄せる時、岩にぶつかった波が
シャンパンのようにしぶきを上げることから付いた名称だそうです。
タイドによっても深さは変わってきますが、
この池のようになった水の中で、魚が泳いでいたり、
水鳥が水浴びをしていたり、海水浴用ビーチでは感じることのできない
自然との距離感がすごく良かったです。

DSC00700.jpg
@Champagne Pools

ちなみに、ここはフレーザー島で唯一に近い「泳げる海」なのかも?
海に囲まれていて泳げないって何?って話ですが、
この島は基本的に海での遊泳が禁止されています。
理由は、お察しの通り、サメ。
なので、海岸沿いを行くと、釣りを楽しむ人はいても、
ガッツリ泳いでる人は見かけませんでした。
友達はそこでカイトサーフィンをしたと言っていましたけど・・。
もうホント自己責任でどーぞ。。

とはいえ、島ではどこも遊泳禁止というわけではなく、
内陸部にいくつもある湖や小川で泳げるので、
島を訪れた人たちは、ピクニックがてら水辺へ向かいます。
自然の産物とはいえ、抑えるとこ抑えてますよね。笑

DSC00628.jpg
@バージからの景色

砂の島というだけあって、車でこの島に入るには四駆が必要なのですが、
他にも、バージ(渡し船)の料金が高かったり、
キャンプをするなら食料の持ち込みが必須だったり、
島をあちこち回りたい場合はガソリンを持参した方が良かったり、
(現地でも買えないことはありませんが、いかんせん法外が値段するのでね・・)
タイドによって車で砂浜を走れる時間帯が変わってくるので、
事前にその辺りの計算が必要だったりと、
少しハードルが高かったりもするのですが、
一度島に入ってしまったら、もうパラダイスです♪

チャンスがあれば何度でも訪れたい場所ですね。





テーマ : Immigration - ジャンル : 海外情報

19:33  |  キャンプ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/743-a8517f0a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。