08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

市民権取得のプロセス

2013.08.31 (Sat)

私達が市民権取得プロセスは、以下のような感じでした。

<タイムライン>
1月 1日 申請
1月 7日 テスト教材が届く
3月11日 面接&テスト日程の通知が届く
4月19日 面接(書類審査)&テスト
4月22日 面接(書類審査)&テストの合格通知が届く
7月25日 セレモニーへの招待状が届く
8月15日 セレモニー出席、市民権取得


<市民権取得までの流れ>
*1.申請 *****************************

移民局のサイトから関連資料を添付して申請する。

Citizenship.jpg
※ 画像をクリックすると移民局のサイトに移動します。

申請費用:大人一人につき260ドル
提出書類:
A)Proof of identity documents
• your photograph and signature 
   →オーストラリアの運転免許証もしくはパスポート
• your current residential address
   →光熱費の請求書や銀行の明細など
• evidence of your date of birth, birth name and any changes of name
   →日本の戸籍謄本の翻訳
• evidence of your identity in the community.
   →パスポートサイズの写真、
    Identity declaration(申請者を1年以上知る人で特定の職種に従事する第三者の署名が必須)
• Evidence of arrival in Australia
   →パスポート

B) Good character documents
  →オーストラリアの無犯罪証明申込書
永住権取得前の分は永住権申請時に照会済みなので、必要なのは、永住権取得後の分。
永住権取得後、3ヶ月以上滞在した国があれば、その国からの無犯罪証明書が必要。

C) Other supporting documents
  私達の場合は、特になし。

http://www.citizenship.gov.au/applying/documents/

後日テスト教材が送られてくるので(ブックレットかDVDを選択)、それを勉強してテストに備える。
約2ヶ月後に面接&テスト日程の通知が届く


*2.面接&テスト *************************

testmaterial.jpg
※ ブックレットとDVDの両方を頼んでみました。

申請時に提出した書類の原本を持参し、個別審査を受ける。
その後、別室でテストを受ける。
20問の選択問題(制限時間は確か45分間でしたが、5分で終わります)。

テスト結果はその場で分かり、翌週には結果の通知が届く。
約3ヶ月後、セレモニーへの招待状が届く。
(やむを得ない事情での欠席によるリスケはできるが、基本的にセレモニーの出席時期は選べない)
この段階では、まだ「オーストラリア人候補」という位置づけ。


*3.セレモニー **************************

2131.jpg

セレモニーに出席する。

受付では、招待状とID(自動車免許証など)を提示し、
証明書の入った封筒を受け取り会場に入る。

誓いの言葉を述べてオーストラリア人となる。


*4.選挙登録 ***************************

aec.jpg
※ 画像をクリックするとAECのサイトに移動します。

セレモニー会場にAEC(Australian Electoral Commission)のブースが用意されているので、
そこで選挙登録を済ませる。
事前にオンラインでの申し込むこともできる(選挙が近い場合に限り?)


************************************

提出書類や申請費用などは、申請者の状況によっても異なります。
これはあくまで私達夫婦の場合ですので、
実際に申請を検討されている方がいらっしゃいましたら、
こちらは参考程度に、移民局のサイトをしっかりご確認くださいね。


_DSC8678.jpg

最後に・・

いろいろな人がそれぞれの想いを胸に取得する市民権。

二重国籍を認められていない国から来た人にとっては、
人生を左右する二者択一の大きな決断。

二重国籍が認められている国から来た人にとっては、
4年住んでお金を払えば国籍が買えてしまうという特権。

私達にとっては自然な流れでしたが、
100%日本の血を引く私達が、
例えば100%アフリカの血を引く彼らと、
今日からは同じ国の国民だなんて、
なんだか不思議な感じですね。

でも、そんな多民族な国家であることがオーストラリアの強みであり、
よそから入ってくる人材や文化を迎え入れることで、
より豊かなオーストラリアをきっと作り上げていくのでしょう。

オーストラリアさん、これからもよろしくお願いします。

というのが、今の気持ちかな。




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:34  |  市民権取得  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/710-1709c6cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。