06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

お庭改造計画☆構想

2013.08.02 (Fri)

早いもので、今の家に住み始めて1年9ヶ月。

手を加えたいところがあったりしながらも、
別に手を加えないと住めないわけでもないので、
なかなかその優先順位も上がらず、入居時のまま今に至っています。

ところが・・、
ここへ来てちょっとした「お庭改造計画」が浮上しました!

20130306_1507.jpg
前オーナーが家を売るために明らかにプロのお世話になったであろうお庭。

芝を刈り、雑草を抜き、木々を剪定し、
なんとなくそれっぽくメンテナンスしてきたものの、
そんなプロの魔法も今やすっかり消え去り、
とりあえずで作られていたような畑の柵も決壊し始め、
DIY力の乏しい夫婦の限界はもうとっくに越えてしまいました。

園芸好きな友達は、この庭にはポテンシャルがある!と、
我が家の庭の活用法を熱く語っていってくれるのですが、
私たちだけでは二進も三進もいかず、
時にこの国では、園芸下手に市民権はないのか?
なんてことを感じては、切なくなるわけです。

まぁ、東京の小さなマンションで育ち、
ろくに土いじりもせず習い事だけしてれば、
園芸力ゼロの大人にもなるわな、ってなわけですが、
気持ち的には、私だってガーデニングっぽいことしてみたいのよ。
多分ね・・。

CIMG1232.jpg

幸い(?)前オーナーはあまり庭の手入れをしていなかったようで、
私たちが家の前の庭でなんだかんだしていると、
よくお隣さんが「君たちは良くやってるよ!」と声をかけにきてくれます。

また反対側のお隣さんは、自分の家の芝生の端を揃えるついでに、
うちの前庭の芝生まで揃えていってくれたりもします。

良い近所付き合いと取るか、プレッシャーと取るかはさておき、
うちは前庭が比較的広く、立地的にも目につきやすいので、
芝の成長著しい夏には「取りあえず前庭だけ刈っておこう!」
みたいなセコイ手をよ~く使います。

まさに、ご近所さんが庭に命をかけているような方々でないことだけが救い!

そしてガーデニングを夢みるも、
毎度雑草との闘いに力尽き、そこまで行き着けないわけです。。

P1010340.jpg

それを見かねた自称園芸好きの友達が、
彼の家で一緒にお茶をしていた時に突然、
「今から二人の家に行って、庭の計画をたてよう!」と、
我が家のお庭プロジェクトが発足。

そしてこれに拍車をかけたのが、造園業歴25年のカイト仲間の存在でした。

どんな庭でも手伝ってくれるというので、
というか、どんな庭にしたいかすらアイデアがなかったわけですが、
一度庭を見に来てもらったら、あっと言う間にお庭改造計画の構想が練られ、
完成した暁には、雑草知らずの庭ができるというじゃないですか。
私たちのこの1年半っていったい・・。笑

畑の柵を直すにはそれなりの費用がかかるので、ここはお金が貯まってから。
玄関先にも素敵なアイデアをもらったのですが、
ここもかなりの費用がかかるので、お金が貯まってから。
芝生の伸びない冬でも、しっかり存在感をアピールしてくる雑草は、春になってから。
といった具合に、私たちの希望、経済的な事情、適した季節などから優先順位をつけていった結果、
まずは裏庭の花壇から手をつけることになりました。

さて、どんなお庭になるかなー。

ん?お隣さんには全く見えませんが・・、まぁいっか!


つづく

人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

14:56  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/703-a1e37cae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。