08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

冬は文化部。

2012.08.16 (Thu)

こんにちは
久しぶりに覗きに来ました、我が家のブログ。
いつの間にか3ヶ月も放置していたようで・・、
もはや季刊化してしまいそうな勢いです。。

_DSC8559.jpg



前回の更新では、夏はひたすらカイト三昧という幸せエントリーでしたが、
寒いわ風もないわの冬は、文化部活動に徹していました。


というのも、訳あって一眼レフカメラをゲットしたので、
それを持って、あっちでパシャパシャ、こっちでパシャパシャ。


週末には、平日よりも早起きして朝日を撮りに行ってみたり、
_DSC8492.jpg


お弁当を持って未開の地を散策してみたり、
_DSC8781.jpg


夕日を撮りに行ってみたり、
_DSC0220.jpg


仕事帰りにシティまで遠征してみたり。
_DSC9264.jpg


冬の私たちにしては、なかなかアクティブに動いてます。笑


おまけ。
CIMG4084.jpg
※ 帰宅途中に一休みするペリカン達(コンデジ)


やっぱり一眼レフだと、コンデジとは撮れる写真が違いますね。
奥行きがあるし、色の表現力も高いし、臨場感があるし、本当にくっきり撮れて、
より多くの感動要素が詰まっている気がします。


写真を始めて見ると、意外にも一眼レフ持ちの友達が多いことを知り、
最近は一緒にフォトウォークに行ったりもしてます。
面白いのは、みんなで同じ場所に立っても、撮ってる写真が全く違ったりして、
個性というのか感性というのか、自分にはない視点に気付くことができて勉強になります。


ちなみに私はコンデジ組ですが、一眼組のダーリンと一緒に勉強を始めて見ると、
写真って本当に奥が深い。
良いカメラがあれば良い写真を撮れるわけではなくて、
撮りたい写真が撮れるようになるには、それなりの努力が必要なんですね。
普段何気なしに見ている美しい写真も、
被写体になる人や場所、時間、光、撮る人の表現力、全ての条件がそろってこそ、
人に感動を与えるような写真が撮れるのだということを知り、
なんだか禁断の世界に足を踏み入れてしまったような気分です。笑


かつて新聞記者をしていた元上司も、写真は記事と違ってやり直しがきかないのに、
報道カメラマンはその瞬間瞬間を確実に捉えてくるから頭が下がると話していましたが、
ここへ来てその意味が分かった気がします。
あれは、まさに職人技です。


コンデジと一眼レフは、同じカメラでも違うジャンルなのでしょうね。


ローマは一日にしてならず。
深い写真も一日にしてならず。


幸い自然あふれるオーストラリアでは被写体には困らないので、
新たな趣味としてステップバイステップで楽しんでいきたいと思います


CIMG45840.jpg
※ コンデジならではの1枚




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

10:33  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/685-0a680568

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。