07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

バタバタの犯人!

2011.08.15 (Mon)

地味にお家のインスペクションを重ね、気に入った物件に出会ったので、
思い切って買ってしまおうと大きく前進したのでした

CIMG0886.jpg
5月のブライトン。この景色にはいつも癒されます。
ここが本当に大好きです。




お家購入のプロセスを簡単に説明すると、
不動産サイトからめぼしい物件をみつけて見に行き、
気に入ったら、その物件の不動産担当者に購入の意思を伝え、
契約書に希望購入価格などを記入し、サインをして提出。
売り手がそれを承諾すれば、
その後、建物と害虫の調査を業者に依頼し、住宅ローンの申請して、
双方の弁護士を通じて不動産譲渡の手続きを済ませ、
デポジットを払い、契約期限が来たら、晴れてその物件の所有者となる、
というのが一般的な流れです。


私達の場合、
通常14日で済ませることになっている調査関係を21日に変更したり、
通常30日の契約入居日を60日に変更したり、
カウンシルの許可がおりていない増築がされている雰囲気だったので、
「増改築部分がシティカウンシルの許可を得たものでない場合は、
金額交渉または契約を破棄しデポジットの全額返却を受けることができる」みたいな、
特記事項を契約条件に追加したりしていたら、
契約書にサインするまでに結構時間がかかってしまいました。


私達の見ていた物件は古めなこともあり、
いざ買うとなってチェックしてみると、やっぱり懸念材料が多くありますね。
特に、クイーンズランド州の場合、
過去のオーナーがどんな増改築をしていても、
全ては最後に買った人の責任になってしまうため、
特記事項は外せませんでした。


一刻も早く売りたい売り手、気に入らない条件にはサインしないと言う買い手、
基本的に売り手の見方である不動産担当者、それに双方の弁護士、
様々な意図を持った人たちが何人も絡んでいることもあり、
誰の了承がどうだこうだと、契約書が出来上がるまでに、
すでに結構な時間がかかっていたのですが、
結果として、建物調査の結果が悪く、契約は破棄することにしました。


CIMG08832.jpg
5月のブライトン、その2。


もともと、契約した物件を破棄するというのは、
ホームローンの都合がつかなかったり、
その他様々な理由からも良くあることのようで、
とりわけ大きな問題ではないらしいのですが、
(もちろん売り手にとっては問題ですが)
私達にとっては、なんせ初めてのことばかりだったこともあって、
この一連のプロセス、本当に疲れました。


不動産の担当者は、よく見かけるギラギラしたタイプではなくて良かったのですが、
その代わり、要領が悪いのか、やる気がないのか、それともただの二枚舌なのか、
言う事が毎回コロコロと代わるので、それに振り回されてしまったり、
建物調査の結果があまりに酷かったため、
翌日に予定されていた害虫調査を直前にキャンセルしたところ、
詐欺まがいなアクションを取られて、ワンマン害虫調査人の腹黒さに心を痛めたり。


幸いにも私達の依頼した弁護士がしっかりとした人だったので、
時間はかかりながらも最後は私達の希望するほうに転びましたが、
骨の髄まで元気エキスを吸い取られてしまったというか、
一時はものすごい疲弊してしまい、
リカバリーにはちょっと時間がかかりましたね。苦笑
しばらくお家購入はお休みしよう・・と。


それに加えて、普段なら5時には帰ってくるダーリンも、
ここのところプロジェクトが大忙しのため、帰宅も毎日8時頃。
ダーリンも家のことに仕事のことに、大変だったと思います。
そんなこともあり、お互いにいろんな方向からのストレスを抱えながら、
毎日励まし合いながら乗り切った期間だった気がします。


それでも、私達には家の購入プロセスをガイドしてくれる心強い友がいたので、
何かあったらメールをくれて、電話をくれて、
まるで駆け込み寺のように、本当にお世話になりました。
そんな彼のためにも、この物件が決まれば良かったのですけどね、
お世話になる日々は、まだもうちょっと続きそうです。。


CIMG9500.jpg
今日の空。日差しはそこそこありますが、まだ空の青さが冬っぽいですね。


そんなこんなで、ブログを書く気にすらならなかった怒濤の2週間、
訳が分かっていても分からなくても、とりあえず前に進むしかなくて、
一日のうちに何度も一喜一憂しながら、今思えば、よく頑張りました(自画自賛。笑)
おかげで不動産購入に関する経験値がぐんと上がった気がします。


それにしても、人生において「めげない」ってとても大事ですね。
こんなに凹んでいたのに、周囲のオージーフレンズは「次はいつインスペクション行く?」
「すぐいい物件見つかるって!」とめいめいに心温まる声をかけてくれて、
私も比較的「元気キャラ」なほうではありますが、
彼らの瞬間おきあがりこぼし的な性格をもっと見習わないといけないな~と思いましたもん。笑


今は、無事に契約が破棄でき、デポジットも返却され、ものすごくホッしています。
次回のお家購入プロセスでは、関係者のペースに飲まれすぎず、
自分たちらしく進めて行きたいですね。




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:13  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

お久しぶりです。
お家購入、大変ですよね。

私も思い出しました。
家が決まってもその後のビルディングインスペクション、契約書のやり取り、そして私たちの場合もっともストレスとなったの売り主のグウタラでセトルメントが大きく遅れた事…。

もうすぐ購入から2年になろうとしていますが、
やはり早く買ってよかったと思っています。
(年ですから支払できる期間も短いですしね。)
ちょうど購入した頃にも、もうバブルが崩壊するだの、値下がりが始まるだの言っていましたが結局下がったのはそれこそ少々の金持ちじゃないと絶対に手が届かない$1,500,000以上の物件が10~20%値下がりしたのみで、アベレージ$500000程度の物件は相変わらず右肩上がりに上昇しています。
私たちみたいに当時激安サバーブだったところは軒並み上昇中。
私のところもたった2年間で平均価格が$60,000程度も値上がりしてしまいました。
実感として豪州国内景気は下がっていますが、蔓延不動産不足だからという理由だけではなく、不動産投資に関しては参加者は豪州国内の人だけではないですから(インスペクションに行っていたらわかると思いますが…)そりゃ上がり続けるはずです…。

只、人気なのは築30年前後の中古物件で、やはり新築物件はやや不人気なのも、日本と違って面白いところですね。

長文になってしまいましたが、とにかくインスペクションに行きまくることが近道だと思います。
ストレスに負けずに頑張ってください!
sevencolors555 |  2011.08.19(金) 20:52 | URL |  【編集】

sevencolors555さん

お久しぶりです!貴重なコメントありがとうございます!!
私達が古い家狙いなのもあるのでしょうけれど、今回のお家探しでは本当にぐったりしてしまいました。。それでも、やっぱりインスペクションに行かないことには始まりませんよね。応援ありがとうございます!ストレスに負けず頑張りたいと思います(^^)/

sevencolors555さんがお家を購入された時もいろいろと大変だったのですね(T-T) 契約書にサインした後なのにセトルメントが遅れるだなんて、、。私達も次回に備えてもっと心と頭を鍛えておかないといけないですね。

それにしても、メルボルンではまだ平均的な物件は上がり続けているのですか!しかも以前は安かったサバーブまで(驚) 。さすがメルボルンですね。ブリスベンの平均的な物件は随分と下がってきていて、売り手の希望額と買い手の希望額の差の大きさに不動産は頭を抱えているようです。オークションもほとんど成立していません。とはいえ、人気サバーブは相変わらず驚くような額をはじき出していますが(^^;)、私達は至って現実路線で(笑)。

いつか良いご報告ができるよう、めげずに引き続き探して行きたいと思います!アドバイスなどがあれば、またぜひご教示ください☆
ハズ&ワイフ |  2011.08.24(水) 09:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/660-a32655f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。