08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

Let's 物件探し。

2011.07.21 (Thu)

ブリスベンのバブルもついにパチンとはじけたようで、
最近はちょっと雇用が減ってきたなんて話も耳にしました。
そして、私達にとってはありがたいことに(?)
不動産売買も停滞しはじめ、家の価格が下がってきています


8月からは不動産売買に関するQLDの法律もまた少し変わるようで、
それが吉と出るか凶と出るか、今はちょっと混乱の時という気もします。

CIMG9311.jpg
※ 家探しとは全く関係ありませんが、何か写真を入れたかったので、以下「ある日の出来事」ということで。。
先日お出かけのついでに立ち寄ったショーンクリフでの一枚。 
いつ行っても心が安らぐ良いところです♥



まぁ、物件が安くなって来たとはいえ、
半額になるほど何千万も下がるわけでもないので、高いことには変わりませんが、
もともと世界中からオーストラリアの不動産は「オーバープライス」だと非難されてきてるので、
本来の価値に戻っていってくれていると良いのですが。。


それにしても、家が高すぎるなんて言いながら、
ここの相場にも目が慣れてきてしまったかもしれません。。


もともとオーストラリアでは金利が高いので、
貯金をするだけで嬉しいお年玉がもらえる代わりに、
ローンを組むと、末恐ろしい利子がついてきます。
なので、今はせっせと貯金に励むのが賢いかと思えば、
銀行で働く友人には、利息を考えても家は早く買った方が結果的に賢い
と、いつも助言されています。


まぁ結局自分の家を持つまでは、
貯金をしながら人様のローン返済の手助けをしているわけですから、
数字的に見ても、彼の言う通りなんです。
さっさと買って、さっさと自分のためのローンを返していったほうが、
ローン返済だって早く終わるわけですし。
特に我が家の場合、若いご家族に比べてローン返済期間も短いわけで、
ホントさっさと次のステップに移ってしまったほうが良いのですけどね。
そんなことを頭では理解しながらも、やっぱり大きな買い物すぎてね、
勇気が湧いてこないというか、思い切れないわけですよ。。。


ただ、今住んでいる部屋が10月以降どうなるかわからないので、
良い物件があれば現実的に考えてみても良いかなと、
最近はちょいちょいインスペクションに通ってみたりもしています。


CIMG9333.jpg
贅沢にもお気に入りのカフェでブランチもしちゃいました☆


物件購入にあたっては、
いきなり一軒家ではなく、まずはユニットを買って、
ローン返済や自分の家を持つということに慣れようかと思っていました。
後に売ることも考えて、ゾーン2あたりで。


ところが、めぼしいエリアでのユニット(2ベッドルーム)と
私達が以前から気になっているエリアの一軒家(3ベッドルーム)が
ほぼ同じ価格で購入できるという衝撃的な事実を目の当たりにし、
「あぁ、、きっと今がもう時なのだろう。。」と腹をくくることに。


そんなわけで、私達のユニット購入案は一過性のものとなり、
当初の予定通り、家の購入を真剣に考えることにしました。


もちろん、今すぐに!ではありませんが、
直感に従って来たブリスベンで幸せな暮らしを送れているように、
また直感でしっくりくる家に出会えたら、
その時はもう迷わず進んでしまって良いのかなと思っています。

CIMG9327.jpg
ダーリンのオーダーしたアイスクリーム付きブルーベリーソースパンケーキ☆


探しているエリアや条件は、
ちょうど1年前に書き出したものと驚くほど変わっていません。笑


当時の記事をご参考までに。覚え書き★現実的な住宅購入費用


不動産サイトをにらめっこしてインスペクションに行くようになると、
自分たちの好みの家がなんとなく分かってきますね。
そして、実際に足を運んで雰囲気が分かってくると、
ネット上での物件検索も早くなる代わりに、
めぼしい物件が見つからないこともしばしば。


私達の場合、ピカピカのシステムキッチンがドーンとあって、
リビングのタイルやフローリングはピカピカ☆
バスルームもベッドルームもNEW!!!
なんて立派な新築に住むお友達の家に遊びに行くと、
うわ~、なんてモダン素敵~
と羨ましく思いながらも、
どうやら古さを感じる家が好みのようです。
なんて安上がり?苦笑


今住んでいるおんぼろユニットに慣れてしまったのか、
はたまた、モダンな家なら東京と変わらない、、、と思っているのか。
希望としては、築30年前後のしっかりとした作りの家を
大事に使っている家族の後に入りたいと思っています。


CIMG9330.jpg
私のオーダーしたスクランブルエッグトースト☆


ちなみに、ず~っと憧れていたクイーンズランダーは、
外観が好きだし、夏も涼しくて過ごしやすいと聞くのですが、
寒がりの私達には、冬の寒さがしのぎきれないだろう点、
シロアリ問題が発生しやすいという点から却下となり、
レンガ作り、もしくは2階は木造でも1階がレンガ造りの家を探すことにしました。


住宅事情にも詳しい友人には、
どうしてこんな古い家を・・と半ば呆れられながらも、
なんかしっくりきちゃうのですよ。。
タデ食う虫も好きずき?笑


まぁ、今住んでいる築40年の歴史的建造物に比べたら、
どこに住むことになっても天国ですね


つづく




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

10:40  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

この間

家の近所でインスペクションをやっていたので、
冷やかしでみてきました!
たいして大きくない1ベッドルームのユニットで、
オークションで、4、5千万いくらしい物件でした(>_<)
建物の管理費も年に数千ドルと、
住民税的な物にまた年数千ドル(ーー;)
オーバープライスもさることながら、
現実に打ちのめされて帰ってきました(-_-;)
今度またスカイプしましょう!
Kaorin |  2011.07.21(木) 13:58 | URL |  【編集】

kaorinさん

えぇーっ!!1ベッドルームで4、5千万?!いくらメルボルンが都会だからって、それはやりすぎですって。。それでも買う人がいるから成り立ってしまうのでしょうか。あぁ、深いため息しか出ませんね。。ちなみに私たちの住む築40年2ベッド2バスの化石ユニットも4、5千万だとか。目を疑いますよ。。(^^;)

近々スカイプ飲み会しましょう♪
ハズ&ワイフ |  2011.07.22(金) 13:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/658-cca070b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。