05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

カイトサーファーへの道☆その6

2011.05.17 (Tue)

カイトギアを購入した翌週末は良い風に恵まれず、
その次の週末に、待ちに待ったマイカイトデビューを果たしました

CIMG0802.jpg
海に到着したときには、もう既にクルーズを楽しんでいる人たちがいました。


カイトを購入してからというもの、
毎晩のようにカイトビデオを見ては、
しっかりイメージトレーニングをしていました。


デビュー当日も意気揚々とブライトンビーチに繰り出し、
おニューのカイトを豪快に広げ、空気の栓などをチェックして、
一生懸命カイトに空気を入れ、ライン(凧糸)を繋いで、
ハーネスを腰に装着して、日焼け止めをたっぷり塗って、準備完了


さて、カイトをランチして(上げて)海に出るぞ~
と、近くにいたおじさんカイターにランチのアシストをお願いして、
風向きを確認して、おじさんがカイトから手を話すと、
ゆ~っくりカイトが頭上に上がって行く・・、
はずだったのですが、ここで突風に遭ってしまいました


カイトはダーリンのハーネスにつけられていたので、
もの凄い勢いで体を持って行かれそうになったダーリンは、
とっさに安全装置を外して、どうにか大怪我を回避・・
ふぅ・・なんてのんびり構えている余裕は無くて、、
離されたカイトはその突風に乗って、
数メートル先にあった櫓の屋根までビュビュンッと吹き飛ばされ、
それだけなら良かったのですが、
屋根上にある得体の知れない突起物に引っかかって、
デビュー早々(デビューする前から?)、
我が家の可愛いカイトちゃんは傷物になってしまいました。。


その傷がこれ・・

CIMG0804.jpg
5cmくらいのカット。
この中に薄いビニールでできたタイヤのチューブみたいな物(ブラダー)が入っているのですが、
不幸中の幸い?そこまでは傷はとどいていませんでした。



この日ちょうどレッスンで来ていたダーリンのインストラクターや
櫓の周りで休憩していたカイトサーファー達が、
この様子を見てすぐに駆け寄って来てくれて、
カイトを屋根から下ろすのを手伝ってくれたり、
離れた所にあった凧糸をバーに巻き付けて持ってきてくれました。


インストラクターの彼は、カイトを下ろした後ダーリンに、
「これくらいみんなやってるし、すぐ修理もできるし、気にすることないよ。
それより、君が怪我をしないで済んだからラッキーだったよ
と、しきりに慰めてくれたり、
助けてくれた人たちも、「怪我は無かった?これ、よくやるんだよね~」と
オージーらしい優しさ全開で、ジーンとしてしまいました


彼らには、これからもここで何かとお世話になるのでしょうけれど、
デビュー初日に強烈な印象を与えた怪しいアジア人カップルに
みんな親切にしてくれて、本当に本当に感謝です


もちろん、中には「あぁ、面倒くさいビギナーが・・」
みたいなおっさん軍もいるのですけどね。
そんな大先輩にも迷惑をかけないよう、
早く上達して、一人前になりたいと思います。


というわけで、この日はこのままギアを片付けて、着替えて退散
すぐにカイトショップに駆け込みました。笑


これまでも何度となく通ってるお店なので、
スタッフの人も良く知っているのですが、
「早速やっちゃいました・・」と言ってカイトを見せると、
「あぁ、全然大丈夫!セミプロの子なんて、
この間大きな穴を5カ所も作って帰ってきたんだよ!
彼の修理は何百ドルもかかるけど、これは数十ドルだから安心して」
と、ここでもまた慰められ。。


そのあと、今日の風がどうして難しかったのかとか、
こんな日はどういうことに注意すると良いかなど、
いろいろと大事なことを教えてもらい、
早くリベンジしたい気持ちになってお店を出ました。


これくらいのカットは、裏からパッチをあてて縫いつけるだけらしく、
修理代は60ドル(後払い)。
カイトが手元に戻ってくるのは約1週間後。
この修理代が高いか安いかということより、
ダーリンには精神的打撃が大きかったようで、
帰りの道中や帰ってからもしばらく、しょ~んぼり


それでも、今日助けてくれた皆が声をかけてくれたみたいに、
ダーリンが怪我をせずに済んで、本当に良かったと思います。


この日は、私達の他にも突風でカイトを持って行かれている人たちがいたし、
前にも、カイト片手に砂浜を歩いて岸に戻ってきている人たちが、
突風で10mくらい引きずられ、軽く怪我したのを見たことがあったので、
今回は、怪我したのが簡単に修理可能なカイトだけだったことは、
やっぱりラッキーだったのかもしれません。


ちょっと高い授業料にはなってしまいましたが、
これで学んだことがあったし、こうなっていなかったら、
気づかず続けて、いつかもっと大きな事故になっていたかもしれませんから、
これからカイトをやっていく上での良い教訓になりました。


1にも2にも、安全第一のカイトライフ、
気をつけて楽しんで行きたいと思います


スポーツに限らず、30歳を過ぎて新しい何かに挑戦されている方々、
くれぐれも無理はなさらず、怪我には十分気をつけて、
楽しい趣味の時間をともに過ごしていきましょう




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

17:36  |  趣味  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/642-8b2f1a8a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。