09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

カイトサーファーへの道☆その3

2011.04.05 (Tue)

ダーリンは3回のレッスンで合計5時間のクラスを取っているので、
先々週末に、その2回目のレッスンがありました

P1010993.jpg



この日は、ちょっと曇り空ながらも、風のコンディションは良かったようで、
地元のカイトサーファー達も続々やってきていました。
CIMG0766.jpg


さて、前回の1回目のレッスンでは、
安全面やカイトのラウンチ、その他基本的なことを習い、
2時間のレッスンが終わる頃には、
ボードに乗って5Mくらい進めるようになっていました。


今回はその続きから
といいながらも、基本的なことはもう一通り習ったので、
インストラクターに見てもらいながら、ひたすら乗る練習だったようです。


この日も遠浅で、ダーリンの姿は良く見えなかったのですが、
それでもなんとな~く遠目にはわかりました。


おぉ~、滑り出した~と喜んでみたり、
P1020013.jpg
※ 小さくて見え難いですが、ボードに乗って滑るダーリン(左)


あら~、落ちちゃったね~・・と残念がってみたり。
P1010998.jpg


今回はひたすら練習だったので、
レッスンが終わる頃には、もうひざがガクガクだったのだとか
それでもやっぱりすごく楽しかったみたいで、
戻って来てからも、早く上手くなりた~いと連呼していました。笑


そもそもカイトサーフィンというのは、
大きなカイトとコントロールしながら、
ボードに乗って海を滑るというスポーツで、
まずは、陸地でカイトに空気を入れ、カイトに4本のライン(凧糸)をつけ、
カイトをラウンチ(上げる)したら、ボードを持って海へ出て、
上手い人なら、浅瀬から滑り出したり、
初心者は腰辺りの深さまで歩き、
そこでボードを履いてぷかぷか浮きながら、
風の力を使って立ち上がり、滑りだしていきます。


とはいっても、実はこれも初心者上級編の話。
カイトを上げた状態でボードを履き滑り出す、という、
この初歩的な動作が、初心者にはとても難しいのです。


それぞれ1つずつの動作は出来ても、
これをセットでやろうとすると、
悔しいくらい、なかなか思うようにいかないのです。。


うまくカイトが上がり、さぁボードを履くぞ!と張り切っても、
ボードに気を取られるうちに、せっかく上げたカイトが落ちてしまったり、
ボードを履いている間に、カイトが強風を受けるゾーンに移動して、
ボードは置き去りのまま意図しない方向に何メートルも引きずられてしまったり、
(これはこれで楽しいのですけどね、ボードに乗りたい時はちょっと切ない)
どうやらこれが、初心者にとっては最初の壁のようです。


ゆくゆくは私達もこんなことを・・
P1020002.jpg
って、あくまで希望的観測ですが。。


カイトサーフィンは自然を利用したスポーツなので、
風のコンディションが良くないとできないというじれったさがあります・・。
でも、それもきっと、このスポーツの魅力の1つなのかもしれませんね。


ダーリンの残る最後のレッスンは、
自分のギアを使っての調整的な1時間のセッションになるので、
レッスンというレッスンはこれでおしまいのようです。

CIMG0768.jpg


私はまだ次のレッスンの予定を決めてないけれど、
早くまたチャレンジしたい気持ちでいっぱいです




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:28  |  趣味  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/634-b2611666

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。