09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

その名も、ンガンガン山?

2010.09.13 (Mon)

随分と前になりますが・・
ブリスベンから車で北に1.5時間くらいのところにある
Glass House Mountains(グラス・ハウス・マウンテンズ)に行ってきました

CIMG8583.jpg

「クロコダイル・ハンター」を生み出した動物園として、
オーストラリアで最も有名とも言えるAustralia Zooもあるエリアです。


ドライブしていると、こんな形の山や
CIMG8546.jpg


こんな形の不思議な山がポコポコと現れます。
CIMG8547.jpg


「ピクニックを兼ねて軽いトレッキングに行かない?」と
つい先日までご近所に住んでいたダーリンと同郷の女の子を誘って、
今回は、その中でもダーリンの会社の同僚お勧めの山、
Mt.Ngungunに行ってみることにしました。


CIMG8550.jpg
人気スポットのようで、入り口には沢山の車がとまっていました。


そして、早速トレッキングスタート
途中で通りすがったおじさんは、
頂上まですぐいけるよ!ちょっとラフな道があるけどね。と。


トレッキングはラフなくらいが楽しいさ♪
なんて、よく行くマウントタンボリンの原生林を想像しながら
3人でワイワイと歩いていきました。


そして現れた「ラフな道」がこれ・・
CIMG8552.jpg
この写真でみるよりもかなり崖っぽいのです!!


ガーーーン・・


トレッキング・・っていうか、ロッククライミングじゃん。。


実はこの山、ロープで岩を登って行くグループもいるくらいの、
本格的な?山岳スポットだったみたいです。。


そんなこととは知らず、軽いトレッキングのつもりで
普通にカジュアルな服装だったので、
ここはもっと本格的な服装で来ないとダメみたいです。
(後日おさるにこの話をしたら、同じ事をいってました。苦笑)


軽いトレッキングなんて言って友達を連れてきちゃったものだから、
なんだかとっても申し訳なく思っていたら、
「私山育ちなんで、こういうの大好きです
 もっと険しい山で遊んでましたし!」って、
いや~、冗談抜きでサクサクと登って行っちゃうから頼もしいったらありゃしない
ちょうど私と10歳違いの20過ぎの女の子なのですが、
このフットワークの軽さは、若さだけではないはず・・?


CIMG8553.jpg


もともと私はバランスが上手く取れないので、
それが原因!だと主張したいものの、
何が違うって、彼女もダーリンも、
不安定な山道で足場を見つけるのが上手なのですよ!
(単に私が下手すぎるのか?)


サンフランシスコでトレッキングした時には、
ゆるい坂になっている砂利道で、ズズズーーンと滑り落ちてしまったり、
タイにある寺院のもの凄く急な階段を登っていった時も、
手すりが無い20段程度の階段を1人で降りることができず、
一度降りたダーリンに助けに来てもらった過去を持つ身としては、
こんな急傾斜を登っていったら、降りて帰ってこれなくなるのでは・・
と、恐怖心を感じずにはいられず。。
ダーリンが一緒でなかったら、
入り口で1人待機していたかもしれません。
あぁ、なんて情けない。笑


CIMG8556.jpg


私は東京育ちなものの、都会っぽさがゼロなので、
ダーリンに「なに都会ぶってんの?笑」とバカにされながら、
あっちにつかまりこっちにつかまり、
ノロリノロリとどうにか登頂を試みるのでした。ははは。


でもですね・・、
恐怖と闘った甲斐?がありましたよ~


ここを登りきった踊り場では、素敵な景色が待っていました。
CIMG8561.jpg


あぁ~、美しい~!空気が美味しい~。
CIMG8564.jpg


と感動しながらも、まだ踊り場。。


そこから更にゴツゴツ道は続くのです。。
それでも、ここまで来てしまったのでもう仕方がない。
今度は脇に生える細い木につかまりながら登っていきました。


そしたら、


はぁ~~~~~~!!
CIMG8574.jpg


見渡す限り山と空!!
CIMG8578.jpg


登頂した達成感で満面の笑み!
CIMG8575.jpg
のはずが、全然笑えていない私・・。
恐怖感いっぱいの笑顔?に後で大爆笑ですヨ。


私的にはこのくらい笑ってるつもりだったのですけどね。ぷっ。
CIMG8570.jpg
おぉ、カワユイ♪


ここで出会った登山になれた人々は、
軽くジャンプしながら岩から岩へと渡って行くのですスゴーッ
もちろん、私には無理。
よいしょ、よいしょ・・と足場を確認しては、次の岩へ移り、
また次の足場を見つけては、次の岩へ・・
アルピニストの野口健さん、結構好きなのですが、
彼らはどうして山を登るんだろう?
私は実は高所恐怖症なんじゃないか?
この山は1度でいいや・・
なんてあれこれ考えながら登頂したのでした。


そんな事情もあって?
ルックアウトで食べようと持参したケーキを
ここで食べる気にはなれず、ここでは水分補給だけ。
しばらく静かに景色を眺め、感動を分かち合い、下山しました。


ドキドキしながら登ったMt.Ngungun、
最高の景色と、頂上での気持ち良さ、
それにちょっとした達成感で、
無事降りてみればかなり楽しい経験だった気がしますね。笑


本当は、この日2箇所くらいの山を回るつもりていたのですが、
この山に気力も体力も奪われてしまい(私だけ?)、
ひとまずルックアウト(展望スペース)へ移動。

CIMG8585.jpg


360度グラスハウスマウンテンズが見渡せるスポットです。
CIMG8586.jpg


ちなみに、このルックアウトにはトレイしかないので、
(あと無料BBQスペース)
帰り道でちょっとしたデッキに椅子とテーブルが数個用意された
カフェ?に入ってランチタイム&午後の作戦会議。
CIMG8594m.jpg


この一体は、このカフェを経営されているご夫婦の土地なのだそうです!
きっとよく質問されるのでしょうね。
メニューの一番上には、
カンガルーは野生です。近づかないでください。
ここから見える木は、マンゴーの木です。

と、書かれていました。笑


山を背に広がるマンゴー畑。
CIMG8603.jpg


よ~く見ると、そこらじゅうで野カンガルーが静かに休憩中。
CIMG8591.jpg


ランチは、サーモン&アボガドサンドイッチ+マンゴードレッシング付きのサラダ
CIMG8597.jpg


チキン&アボガドサンドイッチ
CIMG8598.jpg


ここは何時間でも過ごせるような静かさと美しさのある
とってもリラックスできる空間で、
ず~っとここにいたい気がしてしまいます。


が、せっかく天気もよいし、まだ午後の時間がたっぷりたるので、
次の目的へと向かう事にしました


つづく



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

09:19  |  余暇  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/602-785ad061

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。