07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

覚え書き★現実的な住宅購入費用

2010.07.11 (Sun)

住みたいエリアが決まったところで、
条件をつけて、現実的に計算してみました。


はぁ~、やっぱりこんなにお金が必要なのね・・と溜息をつきながらも、
我が家の懐事情に合った購入時期が見えてきたりもして、
これは目利きになってしっかり買い物をしなくては!
と事の重大さを再認識しながら、
見えて来た小さな希望の光に喜びを感じたりもしています


以下、覚え書きです。




【 想定条件 】

エリア:   ダーリン仕事場から30~60分圏内のノース
立地条件:  公園、交通機関が徒歩圏内、青空市場があればなおよし
間取り:   4ベッドルーム、2バスルーム、2ロックアップガレージ、プール無し
敷地面積:  500平米前後(ダーリンの希望により、庭は小さめ)
購入価格上限:450,000ドル(ダーリンの収入だけでローンを組む場合)
購入予定時期:2012年6月頃


【 トータルコスト 】

 $448,334.80

--内訳($)-----------------------
  物件価格: 450,000
   ・・・ローン上限: 360,000
    ・・・頭金:      90,000

+  諸費用:    5334.80
ー 政府援助:    7000
-----------------------------------


【 諸費用内訳 】

☆ Legal Fee (Conveyance):750ドル~1200ドル
  => 名義変更手続き費用

☆ Bank Application Fee:600ドル
  => ローン申し込み費用

☆ Government Fees:874.80ドル
  => 政府関係手続き費用

☆ Stamp Duty:0ドル
  => 印紙税
  ※ 初めて家を購入する場合は不要

☆ Lender's Mortgage Insurance:0ドル
  => 買手のローン返済が困難になってしまった場合に貸手を守る保険
  ※ 頭金が物件価格の20%以上用意できていれば不要

☆ Pest & Building Inspection:550ドル
  => 住宅検査費用

☆ Council Water Rates Adjustment:500ドル
  => カウンシルに支払う諸経費
  ※ 売主と折半のため、半分の金額を計上

☆ Moving Expense:1000ドル(想定)
  => 引っ越し費用


【政府からの援助】

★ First Home Owner Grant:7000ドル
  => 初めて住宅を購入する人が受けられる政府援助(物件価格によって変化あり)
  ※ クイーンズランド州で受けられる援助はこれだけ


これをもとに、ダーリン定年までの30年ローンで考えると、
利率が7%で月々2,395ドル
利率が13%で月々3,982ドル


利率が上がり続けているオーストラリアですが、
Reserve Bank of Australiaの統計によると、
瞬間風速的な上昇はあっても、
(1990年に17%という時期があったとか!!)
過去10年以上の間、平均利率が9%に達したことはないそうなので、
(1992年に8%を割って以来、ずっと8%台。1959~2008年の平均は8.87%)
最悪のケースを10%として見積もっても、月々3,159ドル。


過去1年間の我が家の支出をベースに、
これから想定される子育てなどの支出を加味しても、
充分に支払い可能な範囲です。


仮にこの想定を越えてしまったとしても、
この計算にはワイフの収入は含まれていないので、
まぁ・・、どうにかなるでしょう。。


万が一にも、オーストラリアの平均収入をもらう、いたって平均的な家庭(我が家)が、
国の金利政策によってローンを支払えなくなってしまうことがあれば、
それは他の家庭でも同じ問題を抱えているはずですから、
そのときは、政府が何かしらのアクションを起こしてくれるはずです。。


そして、あと他に考えられるローン返済の大事な要素といえば・・、
ローンを組む張本人のダーリンが、
日々健やかに暮らし、気持ちよく働けることでしょうか・・??笑
そんな環境作りをサポートできるよう、
私もワイフ仕事を頑張らなくてはいけませんね


さて次は、実際にローンを組むプロセスについて調べてみたいと思います



以上、めっきり筆無精と化した我が家のリサーチ大臣に代わり、
本日もワイフがお届けしましたー。




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

12:56  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

マイホーム目指してがんばってくださいね。

我が家も3ヶ月前に念願のマイホームGETですが、
毎月毎月ヒーヒー言ってます。
子供はますます食べ盛り、ついでに主人もまだ食べ盛り(笑
私のやり繰りがいけないんですかねぇ?
ハズ&ワイフさんにお知恵拝借しなくてはいけないかなあ???
ニコルン |  2010.07.14(水) 13:27 | URL |  【編集】

こんば

とても細かなリサーチ!脱帽です!!すごくイメージが具体化しますよね。
ハズさんとワイフさんの夢を現実に引き寄せる力は、このリサーチ&イメトレからきているのでしょうね。
私たちもお金の不安に苛まされる前にしっかり計算しなくては・・・・(笑
n |  2010.07.14(水) 23:21 | URL |  【編集】

ニコルンさん

お返事遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

応援ありがとうございます!!私たちもニコルンさん家のように、早くマイホームをゲットしたいです!男の子2人だと、確かにこれからが食べ盛りですね!私たちはまだ子供はいませんが、未来プランにはしっかり入っているので、我が家も毎月ヒーヒーになるかと覚悟しています・・。その辺りの計算はまったく検討がつかないですが、きっと想像以上にかかるんだろうなー。まずは頭金的なものを貯めて・・、長い道のりになりそうですが、それも楽しみながら頑張りたいと思います。。(ToT)/  お家購入にあたって、何かアドバイスなどあれば、ぜひご教授ください☆

主人さんとお子さんとハッピーマイホームライフのお話(ニコルンさんのブログ)、楽しみにしてます♪♪
ハズ&ワイフ |  2010.07.20(火) 07:44 | URL |  【編集】

nさん

お返事が遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

資金のない今できることといえば情報収集やイメトレという名の皮算用くらいなので、パソコンや電卓とにらめっこしては、はじき出される金額に一喜一憂してます(笑)。プラス、ハズが元コンサルで現実的なプランを進めて行くのが生業だったのと、性格的にも慎重派で石橋を叩き過ぎるタイプなもので・・。それでも、まだ維持費などは含まれていないので、次は家の購入以外にかかる関連費をも計算したいと思ってます。焦らず無理のない住宅購入ができたらいいですね。

nさん家はその後いかがですか?!またお時間のあるときにぜひお茶でも♪♪
ハズ&ワイフ |  2010.07.20(火) 08:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/592-63fb3da7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。