06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

5月病とブリスベンの不動産事情

2010.05.01 (Sat)

今日からもう5月ですって!!
早いですね~。

IMAG0059.jpg
シティのボタニカルガーデン(1)
先日近くまで行ったついでに、立ち寄ってみました。



日本はただいまGW真っただ中?!
ぼちぼち5月病なんて言葉がでてくるのでしょうけれど、
祝日の少ないオーストラリアでは、
5月病なんて幸せな響きでしかありません。。


なんて思っていたら、
4月最初の週末は、イースターホリデー → 4連休、
先週末は、Anzac Day(戦争記念日) → 3連休、
今週末は、Labour Day(QLDの勤労感謝の日) → 3連休
と、祝日続き!!


こんなに祝日が重なると、日本に遅れをとることなく、
しっかり5月病になりそうです。


そして次の大型連休は、もうクリスマスまでないようで、
先日出会ったオージーお姉様も「4月大好き♡」と仰ってました。笑
間違いなく最後にハートが入ってましたよ。


IMAG0061.jpg
シティのボタニカルガーデン(2)


そのお姉さん、実は超やり手のブローカーで、
現在私たち夫婦のお家購入の相談に乗ってくれています。


我が家の金融情勢に合わせて、
どう進めいったら良いかをアドバイスくれるのですが、
いや~・・家を買うって大変です。。


家自体を購入したことがないので、
オーストラリアの不動産事情を知ってるとか知らないとか、
それはどの道勉強することなので、
そこまで重要ではないですが、
じゃぁ何が大変かって、お値段ですよ・・・。


オーストラリアは不動産バブル♪♪
なんて喜んでいたのも今は昔の話。
かれこれ10年近い年月をかけて高騰し続けてきた地価は、
今ではもうあり得ないような物件価格となって市場に出回っています。
特に、シティのど真ん中に住みたいわけでも、
1000m2を越える庭付きプール付き豪邸に住みたいわけでもなく、
そこらの郊外に小さなお庭のある1個建てを持ちたいだけなのですが、
多少の郊外くらいでは高くて手が出ません。


こんなに(お金)出すなら、都内に4LDKのマンションが買えるじぃ~!
と思わずにはいわれないような、辺鄙な場所にある古~くて汚~い物件ですら、
しっかりと市民権を得ていますから、
これを本当の不動産バブルと呼ぶのかもしれません。。


筋金入りの庶民には、とっても悲しい現実です。涙


前述したシティのど真ん中とかぼどよく郊外のプール付きのお家なんかは、
冗談抜きで、六本木ヒルズやミッドタウンの高層マンションくらいの資金が必要です。
いや、もしかしたらもっとかも?!


ブリスベンなのに!です。


限りなく田舎に小さな家を求めている夫婦としては、
ストライクゾーンは広いはずなのですが・・・。


IMAG0063.jpg
シティのボタニカルガーデン(3)


ブリスベンでは、もともと公共機関の利用料金が高いのですが、
最近どんどん値上げされ、
数年以内には、今のほぼ倍になるそうなのです。
通勤費は自己負担、定期といってもたいした割引のないオーストラリアで、
私たちが今住むゾーン2からシティまで(約7km)の往復ですら、
$8払わないといけなくなる日がくるようです。。


私たちが今考えている引っ越し許容範囲最北端は、
ゾーン8のCabooltureという町。
電車でシティまでの所要時間、約1時間。
これを週5日、定年65歳として計算すると、、、
意外にバカになりません。


そんな理由もあって、Cabooltureから南をみてみると、
シティから30km圏内では例に漏れず、
目を疑うような物件が多いわけです。


私がこちらで定職を持っていないこともあり、
銀行から借りられるお金も限られてしまうのですが、
もし共働きで、今提示されている倍の金額を借りられるとしても、
やっぱり一人分で借りられるくらいの価格帯の家で良いと思っています。


高い家を買うということは、その分返済額が高くなるだけだし、
不動産に投資して儲けを出そう!とかも考えていないので、
老後困らずに暮らせる家があれば、それで十分です。


金利が高いので、ローン額が増えれば増えるほど、
返済額もふくれあがってきます。
先立つ資金がない家庭にとっては(私たちのこと)、
そんな贅沢は御法度です!


もちろんいくら借りるにしても、
共働きしたほうが収入は増えるでしょうけれど、
貯金という視点では、お金はどれだけ稼ぐかではなく、
どう使うかが重要だと思っているので、
状況が許す限りは、ワイフは地味に日本円を貯めていくつもりです。


そんなわけで、家を買えるかどうかという経済的な話以上に、
住みたいエリア探し、ピンとくる物件探しに、
今後かなりの時間と労力を費やすことになりそうです。


家探しは、賃貸を探したとき同様に、
realestate.comDomainを利用しています。


このサイトで物件を見てるだけでも楽しいのですが、
通信事情のイケテナイこの国では、
データ量の多いインターネットプランにでも入っていない限り、
あっという間に1ヶ月の使用制限に近づいてしまうくらい、
このサイトはデータ量を食うのです。。


ふぅ。。涙


まぁ、慌てて決めるものでもないので、
時に夢をみたり、時に現実に返ったりしながら、
気長に楽しく探していきたいと思っています。


7ヶ月に渡る無職生活と、結婚式の大大出費で、
日本で貯めてきた資金も底をつきてしまい、
貯金もまたゼロからですしね。
(結婚式早まったか・・?苦笑)


人生で初めて「宝くじ当たらないかな~」と本気で思いましたね。笑
まぁ、買わなきゃ当たる可能性すらないですが。。


気の長~いリサーチで、気に入った物件との出会いがあるだろう頃には、
我が家の資金もそれなりに潤っていることを祈りたいと思います!


頑張りまっすぃ~!



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

14:55  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

うーん、ブリスベンでもそんなに大変なんですか・・・。私も家ほしいなと思っていましたが、買わない選択も考えてみようかな。
divayoshiko |  2010.05.01(土) 22:36 | URL |  【編集】

家購入のことを考えるとせつなくなりますね。
うちは完全に収入が一人分しかないし、高収入でもないので、オーストラリアの現在の住宅事情では家(もアパートも)は当分(もしかして一生?)は買えません。
ローンを組める人たちがうらやましい(組めるということは返せる見込みがあるということですから)と思いますが、上を見ずに下を見よ!!と言う教えに従ってます。下を見れば、自分の立場や状況に感謝できますからね(^^♪ 
ところで、超やり手のブローカーのお姉さんの相談料はおいくらぐらいかかるんですか?プロとか経験者からのアドバイスは重要ですよね。

おうちゲットまでがんばってくださいね~♪
☆もっち |  2010.05.03(月) 12:14 | URL |  【編集】

divayoshikoさん

私たちが探している家のプライスレンジがそんなに高くないのも理由かもしれませんが、ブリスベンの地価も高騰しているのは確かですね。もうちょっと待ったら買いやすくなるといいのですけどね~。。
ハズ&ワイフ |  2010.05.04(火) 21:17 | URL |  【編集】

☆もっちさん

ありがとうございます(ToT)..貯金もこれからですし、実現できるのもいつになることやら・・気の遠くなりそうな話ですが、夢だけは大きく?!苦笑 

私たちが相談しているブローカーさんは、ダーリンの会社の方に紹介していただいた方で、毎日のように家の売買をしながら若くして財を築いていて、どうやら私たち意外のどこかから収入を得ているようです。不動産事情はもちろん、家の購入に至れるほどの土地勘もまだないので、そんなことも教えてもらいつつ、情報収集フェーズはまだまだ続きます・・。☆もっちさんのおっしゃるように、自分の立場や状況に感謝できることが大切ですね。

ハズ&ワイフ |  2010.05.04(火) 21:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/568-23811917

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。