07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

移住1周年☆

2010.04.30 (Fri)

なんかそれっぽいことを書きたいな~と思って、
ず~っと考えていたのですが、
結局あまり気の利いたことが思い浮かびませんでした。。

IMAG0045.jpg
Lookout @ Mt. Tamborine


ブリスベンでもう1年も暮らしたなんて、
正直実感がありません。


とはいえ、1年を振り返ってみると、
語り尽くせないくらいいろんなことがあったのですけどね。


知り合いはいない、住む場所もない、仕事もない、
の無い無い尽くしでやってきたブリスベン。


日本を出るとき、よく「チャレンジャーだね」と言われました。
当時は、これまで温めてきた構想に、ようやく一歩近づくことができた!
という感覚で、全てを前に進めて行くことだけを考えていたので、
「チャレンジ」とかそういう言葉はちょっと違うな~と思ってましたが、
今思えば「確かにそうだったかもな~」という気もします。笑


まずは部屋を探し、仕事を探し、友達のネットワークを作り、
あっちへぶつかり、こっちへぶつかりしながら、
沢山の人たちにお世話になりながら、
ちびりちびりと前進し、今日までやって来た気がします。


ホントにちびりちびり。
残念ながらデジタル的な成長はないですが、
それが私たちっぽくて、オーストラリアらしくて、
良いのではないかな~、なんて思ってみたりもして。


この1年で、暮らしの基盤も整いました。
無収入生活が長かったこともあってか、
今では何も無い暮らしが当たり前になりましたが、
そんな暮らしが実はとても気に入っていたりもしています。


日本にいた頃は、使いそうで使わない細々とした物に囲まれ、
そんな多くの物に執着しながら暮らしていたし、
それが「普通」だったので、物に執着していたことすら感じていませんでした。


ここ数年は、自分の中でですが「脱マテリアリズム運動」を展開していたので(笑)
物は少ないけれど、好きな物を大切に使う暮らしは願ったり叶ったりだし、
物に執着しない暮らしは、どこか人の心を豊かにしてくれるようにも思います。


この「移住」+「シンプルな暮らし」のおかげで、
東京にいた頃と比べると、段違いで気持ち自体が軽くなりました。
まぁ、必要なものすら無い感は否めませんが・・苦


よく言われる「オーストラリアはサービスの質が低いし、
人もスローでイライラする」ということに関しては、
特に気にならないかなぁ~、という移住当初の考え方から代わっていません。


確かにサービスの質は低いし、
対応もゆ~っくりなので、イライラする要素はあります。
けれど、ぶーたれたり、がっくりしたりしつつも、
今のところクスクスっと笑って「そんなもんだよね・・」といった具合でしょうか。


これは何事に対してもそうだと思うのですが、
「イライラする」のは「期待」したり「これくらい当たり前」と思うからで、
もともと「そういうものだ」と期待せずに暮らしてたら、
特にイラッとくることはない、というのが持論です。


もちろんその都度事情が違うので、
たまにはものすごーく態度の悪い担当者にあたり、
怒りたくなることもありますけどね。。


この国では、しつこく担当者のお尻をたたかないと
物事が先に進まないことが多くある代わりに、
日本では考えられないような言い訳が通用するので、
この合わせ技で、たいていのことは解決する、ということも学びました。


なので、むしろ日本にいたときのほうがイラッ率は高かったかもしれません。
(サービスが良い分期待値が高いのでしょうね。。)


もしかすると、私たちの生活スタイルがもともとオージー流だっただけでは?!
と言われてしまいそうですが、
それもあながち外れてないのかも。。??


移住前後は、移住という選択が良かったのかどうか考えた時もありました。
まだ1年しか住んでいないし、それまでオーストラリアなんて
来たこともなかれば、興味すらなかったけれど(ごめんなさいっ!)、
この1年で、オーストラリアへのラブはぐぐぐーんと急上昇し、
今では、この国で暮らせていることに日々喜びを感じているほど、
いつの間にかオーストラリア大好き夫婦になっていました。


自分たちが住みたいと感じた国に住めるということは、
本当に恵まれているし、幸せなことです。


そう思うと、GDPではなく、
GHP(Happiness/幸福度)を求めてきた私たちにとって、
移住という選択は正しかった!!


もちろん隣の芝生は青いように、
オーストラリアでも他国同様、良いこと悪いこといろいろあります。
それでも最近気づいたことは、
そんな状況下で自分たちはこれからどう暮らして行くか?
私たちが、オーストラリアの政治や経済に軸を置いて、
近い将来はもちろん、遠い遠い未来までも考えているということ。


日本にいる家族や友達を恋しく思ったり、
母の手料理や日本の新鮮で美味しい食べ物が恋しかったりもします。
それでも、やっぱり私たちはこの国に根を下ろしていくのだと感じた2年目のスタートでした。


まだまだ新米移住者ですが、
こんな2人をこれかからもよろしくお願いします!!!




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

10:50  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

コメント

はじめまして。タイガーです。
ちょくちょく覗いてました。

移住しての色々な感想に、うなずきました。
あたしはニュージーランドですが
対応が遅かったり、ルーズだったり
普通怒るところも、こんなもんだと思えば腹立たない。
でも、怒って改善してもらうところは、改善してもらう。
そういうとこ、激しく同意です。

あたしもまだ移住して1年あまりです。
でもニュージーランド大好きです。
ここに住めて幸せです。

応援ポチしときました♪

また遊びにきますね。
タイガー |  2010.04.30(金) 16:12 | URL |  【編集】

私も一年たったとき何を思うのかなーなんて考えながら読みました。私も移住前にさんざん聞いていたサービスの質や対応の遅さは、それほど気になりません。確かに日本とはぜんぜん違いますけど、それは質の高い生活の裏返しでもあるわけで、もともとそれを求めてここに来たわけですから。

「サービスが良い分期待値が高い」なるほど確かにそうですね。私もイライラはこっちに来てからのほうがだんぜん少なくなりました。「日本では考えられないような言い訳が通用するので、この合わせ技で、たいていのことは解決する」これは私はまだ体得していませんが、私も早く言い訳上手、解決上手になろーっと!

さて二年目はどんなことが起こるのか、これから楽しみですね。
divayoshiko |  2010.04.30(金) 19:15 | URL |  【編集】

1周年

おめでとうございます。
私もこの国にくる前はオーストラリアに全く興味ありませんでした。それがそのままずるずる17年目に突入してます。
でも、私の場合は2年で帰る予定できたけど、計画して移住して来られたのに興味なしでっていうのには正直ちょっと驚きました。
まあ、何だかだ言っても、のんびりできるっていうのがここのいいところじゃないでしょうか。
tripleD |  2010.04.30(金) 19:34 | URL |  【編集】

1周年記念♪

2年目に入る時に、オーストラリアに来て良かったv-344って思えること、と~っても幸せですよね♪お二人の1年の頑張りの証デスヨォ~v-344本当に「無事に1周年迎えられておめでとうございますv-441」と直接言えないのが残念な位ですっv-406
「オーストラリアに行ったこともないのに移住実現」はわが家もです♪今年は年内にInitial entryをしようと思ってるのでv-441ハズ&ワイフさんにもお会いしたいしv-306、家族でオーストラリアを満喫したいデスv-344
今後ともどうぞよろしくデス!ブログ更新いつも楽しみにしていますv-344

yummy |  2010.05.01(土) 08:13 | URL |  【編集】

タイガーさん

はじめまして!コメントありがとうございます☆

タイガーさんはニュージューランドにお住まいなのですね。ニュージーランドも素敵な所ですよね!まだ国内すら旅していませんが、旅行リストにはしっかりニュージーランドも入ってます♪

そちらでも対応が遅かったり、ルーズだったり、お国柄はとても近いのですね(笑)それでも、その土地に住めて幸せと思えることってすごく素敵だと思うし、そんなもんだなーと思ったら、気にならなくなることってありますよね。これからもハッピーkiwiライフをお送りくださいね☆

応援ありがとうございます♪こんなブログですが、ぜひまた遊びに来て頂ければうれしです。これからもよろしくお願いします!
ハズ&ワイフ |  2010.05.02(日) 10:31 | URL |  【編集】

divayoshikoさん

1年、あっという間ですよ~(笑)なんて。サービスに関しては、出来る人に当たれば、オーストラリアなのにこの速さっ?!と感動することも多々ありましたから、「質が低い」というよりも「質に個人差がある」というほうが正しいかもしれないですね。それに、おっしゃる通り、そもそものんびりな暮らしを求めてここへ移住してきたので、「何のためにここにきたのか?」ということを考えれば、大抵のことは解決(消化)できる気がします。

2年目もちびりちびりと前進して行きたいと思うので、これからもよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフ |  2010.05.02(日) 10:50 | URL |  【編集】

tripleDさん

ありがとうございます☆
そうなのです。恥ずかしながら、オーストラリアには永住権を取得するまで一度も訪れたことがありませんでした。未だに、こんな夫婦によく永住権をくれたものだ。。と思うときがあります(笑)それでもイニシャルエントリーで初めて渡豪した時の「ここだ!」という感覚は、今でもよく覚えていて、それから直感に従ってここまできてしまいました。

tripleDさんはもう16年もオーストラリアにいらっしゃるのですね!この国の経済成長を肌で感じてこられたお一人なのですね~。私たちはようやく2年目突入とまだまだぺぇぺぇですが、これからもよろしくお願いします!
ハズ&ワイフ |  2010.05.02(日) 11:13 | URL |  【編集】

yummyさん

ありがとうございます♪ホント御陰さまで、無事2年目に突入することができました~(涙)

オーストラリアは世界遺産が沢山ある自然の豊かな国という印象くらいしか持っていませんでしたが、いざ住み始めてみたら、1年でど~っぷりと浸かってしまいました(笑)2年目も大好きなオーストラリアで、ここでのスローな生活をますます楽しんで行きたいと思っています。Initial Entryの予定が決まったら、ぜひご連絡くださいね。お会いできるの楽しみにしています!

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフ |  2010.05.02(日) 11:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/567-ce2d858a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。