09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

やっぱり世界遺産だった!

2010.04.17 (Sat)

この春日本の高校を卒業し、大学に入学するまでの2ヶ月間
ブリスベンに語学留学に来ていた少年と出会いました。
日本ではできないことをできるだけ体験して帰りたいと話していたので、
ならばオーストラリアらしい壮大な自然体験を!!と、
マウントタンボリンやラミントン国立公園
(パーリングブルックの滝と土ボタル)に案内しました。


CIMG7751.jpg

以前ダーリンの両親と行った時は、本当に天気がよくて
「滝どこ?」というくらいちょろちょろとしか水が流れていなかった滝も、
大雨の続いた後はこの通り!!!


ちなみに、ちょろちょろ・・だった前回の滝の様子はこちら↓(11月)
CIMG5929v2.jpg
うっすら線のあるところが滝(のはず)


ここには、滝の麓まで下りられるトレッキングコースがあり、
前回はさすがに行きたい気持ちにならなかったのですが、
今回こんなに豪快に流れる美しい滝を目にしてしまったら、
麓まで下りなくちゃいけない衝動にかられ、
迷わずトレッキングコースへ進みました(笑)。

CIMG7759.jpg



麓まで約2キロ。
森の中に入り込み、時に草をかき分け、
思い思いの感動を言葉にしながらワイワイと向かった先には、
それはもう言葉にならないくらいの感動が待っていました。。。


CIMG7769.jpg


2度目の正直?
本来の滝の姿を初めて目にして、
はぁ・・これは世界遺産になるわ・・。
と、ため息。
形容しがたい美しさです。。

CIMG7775.jpg

滝の後ろにも道続いていて、人が通れるようになっています。

CIMG7779.jpg

滝の水が「ミストみたいで気持いぃ~!」
なんて呑気なことを言っていられるのもつかの間。
「ミスト」は風向とともに「シャワー」に変わり(しかももの凄く強い)、
あっという間にびしょびしょに濡れてしまいました。
それも、十分楽しいのですけどね。笑

CIMG7783.jpg


一通りみんなでパチパチと撮影会を楽しみ、
あとでカメラもチェックをしてみるものの、ぜ~んぜんダメ。
この感動は、やっぱりカメラにはおさまり切れません。。


良く言うように、実際にその場所へ行き、
自分の目で見て、五感全てその空気を感じないと、
自分が感じたほどの感動を伝えることはできないんだなぁ~、としみじみ感じましたね。
(映画「Good Will Hunting」を思い出します)


私たち夫婦も、オーストラリアには美しいところが沢山あると
写真や噂では知っていても、実際にはまだ目にしていないとこいろばかりです。
エアーズロックやグレート・オーシャン・ロード、
グレードバリアリーフ、、、あげればきりがありませんが、
このバケットリスト(死ぬまでにしたいことリスト)を1つずつクリアして行くのが、
オーストラリアで暮らしていく上での生涯の課題でしょうね。


そして、土ボタルの生息するNatural Bridgeでは、
撮影禁止なうえに、夕暮れ過ぎは、
そこへ辿り着くまでの道のりも真っ暗で何も写りませんが、
滝同様、洞窟は水量に恵まれ、自然でできた岩の穴から
写真で見るよりも綺麗で豪快な滝を見る事ができました。
じめ~っとした天気が続いていたので、
洞窟はまさにプラネタリウム状態!
そんな幻想的な雰囲気に滝の音、、、
気づいたら口をぽか~んと開けたまま無心になっていました。


帰り道、広~い草原の上に広がる空には、
これまた広~い空に、輝く星。
最高の1日だったー!と大喜びしてる彼を横目に、
私たちも結構興奮気味でしたね。


CIMG7749.jpg


それにしても、この彼、18歳とは思えないおっさん少年で、
一回り以上年上の私たちといても全く違和感を感じないくらい、
(そう思ってるのは私達だけだったり・・汗)
それはそれはしっかりした男の子でした。


とても人懐っこくて、弟のように可愛くて(弟はいませんが・・)、
よく遊ぶ友達と毎週のように一緒にご飯を食べたり出かけたり、
2ヶ月とは思えないくらい、深く濃い時間を過ごした気がします。

CIMG7736m.jpg


彼にとっても、自分の英語力ってどんなもんよ?というつもりの留学が、
蓋を開けてみれば、国籍問わず本当に沢山の出会いに恵まれ、
語学はもちろん、それ以上に学ぶ事の多い充実した2ヶ月だったようです。


思いがけず出会った現地で暮らし、働く日本人との出会いでは、
自分が考えもしなかった世界観に触れることができて、
人生の選択肢がぐ~んと広がり、
この2ヶ月を日本でバイトだけして過ごしていたら、
こんなこと思いもしなかっただろうな、ということがいっぱいだったと、
4月からの大学生活に希望と課題を胸に帰っていきました。


私たち夫婦としても、自分たちのこれまでの経験が、
彼に何かしらのモチベーションを与えるきっかけになったなら、
すごく嬉しく思います。


これから大学生。
人生の土台を築いて行く時期。
今後の彼の進化が楽しみです!!!


夏にはまた遊びに来ると話していたので、
次はどこの自然を堪能しに行こうかなー?




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

16:38  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/565-a0568db7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。