05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

結婚式♥移動編

2010.04.11 (Sun)

North Stradbroke Islandへは、
これまで電車やバスを乗り継いで行っていましたが、
今回は人数も多いし荷物もあるので、
初めて車で乗り込みました。

CIMG7527.jpg
車両用のRed Cat Ferryで。


このフェリーは、1階に車を駐車し、
移動中は2階のカフェスペースで過ごせるようになっています

CIMG7531.jpg

フェリーの運賃は、車1台に対する料金なので、
2人でも5人でも料金はかわりません。
6人目からも、いくらかエクストラで払えば乗せてもらえます。
面白いのは、法的な乗車人数はさておき、
車に乗れる(入れる?)なら、1台分の料金で乗せてくれるのです。
(ホントにいいのか??)


レンタカーには5人までしかのれないので、
友達にはクリーブランドまで電車で来てもらったのですが、
そんな事情を知った(というか、敢えて確認してみた)ので、
フェリー乗り場からフェリーまでの数十メートルを6人で乗車し、
島へと向かったのでした


そして、私の両親は別組。


私の両親は、今回4泊5日の終日フリーのツアーで
ブリスベン空港につきながらも、宿のあるGCまでバスで移動、
帰りはGCから早朝ブリスベン空港に戻る、みたいな
謎ながらよくあるタイプのツアーだったので、
事前に離団届けのようなものを出し、
ブリスベンの空港から別行動を取れるようにしてもらいました。


彼らも移動日の朝にブリスベンに上陸したのですが、
式のリハーサルがあった私たちは迎えにいくことができませんでした。


とはいえ、英語も話せなければ、通過もまだよく分からず、
初めてのオーストラリアで電車やバスの乗り方すら分からないの2人に、
自力で来て!というのは残酷な話なので、
(母は「できるんじゃない?」とか言っていましたが・・)
お友達にヘルプをお願いしました。


友達には、前日レンタカーを一緒にピックアップに来てもらい、
(保険はドライブしてくれる友達にかけましたが、車は私たちの名前で借りたので)
移動当日は、朝、空港で両親ピックアップし、
クリーブランドのフェリー乗り場まで送ってもいらい、
さらにチケットを買うところまで面倒みてもらいましたアリガトウゴザイマス!


もちろんお互いに初対面ですから、
お友達には両親の特徴を伝え、両親にはお友達の特徴を伝え、
ブラインドデート並みの衝撃的な出会い?を楽しんでいただいたわけです。笑


無事フェリーに乗せてもらったあとは、
島のフェリー乗り場までは私たちが迎えに行き、
(随分と待たせてしまったもですが・・・懺悔)
年末に日本で会って以来3ヶ月ぶりの再会を果たしたのでした



さてさて、島でウェディング、というと聞こえは良いけれど、
小さな島であればあるほど困るのは、
持ち込む荷物の量だったように思います


ドレス、スーツ、靴などのウェディング衣装一式、
普段着、最低限のバス用品に化粧品。


この辺は考えられる範囲で、
これにプラス、ちょっとした飲食類


結婚式の一環で用意している食事もありますが、
そうでない時間帯の食料も必要なので、
式の後に出すちょっとした食べ物&飲み物、
宿泊中の自分たち用のちょっとした食べ物と大量の飲み物(=お酒)。


North Stradbroke Isladは一応リゾート地?なので、
ちょっとしたカフェやレストラン、小さなFood Worksはあります。
でも、島の価格(=高価)なうえに、
交通の便が良いとは言いがたいので、
持ち込める範囲で持ち込んでおいた方が無難・・ということになるわけです。


何が必要かは、実際行ってみないことにはわからないけれど、
それでも思いつく限りでいろいろと持ち込み、
ビールだけでも2ケースはあった気がします。
(みんなはバケーションなのでね、本当によく飲むのです


そんなわけで「ちょっとした飲食類」といっても、
大人が8人もいれば、まぁそれなりの量になるわけで・・


今回は偶然にもレンタカーをしていて、
トランクが大きめだったので、比較的たっぷり入りましたが、
これが我が家のASTINA号だったら、どうなっていたことやら。。。


足りないものや、あったほうが良かったものなんかは、
もちろんFood Worksや酒屋さんに買い出しに行きましたけどね


結婚式ということもあって、
ローカルながらもお気に入りの美しい島へ家族を招待し、
それなりのおもてなしをしたいと考えていた私たちですが、
そんな島で式を挙げる難点も、身を以て経験したような気がします。


富豪だったら話は別なのですけどねぇぇ~・・




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:07  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

すてきなおもてなしの裏には買い出し&持ち運びの苦労があったのですね。おかげさまで楽しい時を過ごせました。
divayoshiko |  2010.04.14(水) 17:26 | URL |  【編集】

divayoshikoさん

楽しい時間を過ごしていただけてたら、とっても嬉しいです♪♪荷物の持ち運びは、頼りになるメンズが沢山いたのでちょちょいのちょいでした。笑
ハズ&ワイフ |  2010.04.16(金) 09:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/564-376aca14

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。