08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

ジオスのその後。。

2010.02.02 (Tue)

昨日の夕方、今後の方向性が発表されました。
全校、閉校だそうです。


Jiji_article_Geos_020210.png

時事通信の記事より。
記事をクリックすると、時事通信の記事にジャンプします。



「政府の支援」って・・? という話ですが、
オーストラリアのニュースサイトによると、
これまで通っていたコースに似たコースのある学校に
転校できるような流れにはなっているようです。


最後の仕事はきっちりしてくださいよ、ジオスさん


そして、転校先、学費、頭を抱えてしまうことばかりですが、
豪州ジオスで勉強されてる方々、夢を諦めず頑張ってください


そしてそして、他校さん、よろしくお願いします


ちなみに、ジオスでは、ホームステイのサポートなどもしてるようで、
メルボルンのほうでは、このニュースを知ったホストマザーが、
「来週分の家賃を払って。できなければ、出て行って。」
なんて酷なやり取りも繰り広げられていると紹介されてます。。


一部の該当記事をリンクしてみたので、
興味のある方はどうぞ。
■ The Australian
■ ABC NEWS


肝心の日本のジオスのプレスリリースを見てみると、
PR会社はどこよ?と思うような、情けない危機管理対応。
オーストラリアの新聞では「Japanese-own(日本資本)」と書かれているものの、
本部では、日本はオーストラリアの経営には携わってないし、
今回の不祥事もオーストラリアのせいだーという印象を受ける内容でした。


同社の会社概要には、事業内容の中に、
「英会話学校(日本及び海外14ヶ国)の経営」と書いてあるのですが、
要は「経営」してるけど「運営」してないよ、
「運営はオーストラリアだよ」って話なのでしょうか??


海外のジオスで英語を勉強しているのは、
もちろん日本人だけではなく、多くの外国人もいるので、
そこまでは面倒みられないというのはわかりますが。。


過去に多くの危機管理を経験してきた立場から言わせていただくと、
この「僕たちは関係ない」的なスタンスを表に出してしまう会社は、
基本的に長くは続きません。
日本国内の生徒さんをつなぎ止めたい、
周囲に(特にメディア?)騒がれたくない、という気持ちはわかりますが、
これは間違いなくオーストラリアのジオスに通う日本人生徒さんの
不信感をあおるもののように思います。。


なにがどうであれ、ジオスであることにはかわらないのですから。


路頭に迷う生徒さんがでてしまうことだけはないように、
本当にしっかりと対応していただきたいです。


ちなみに、クイーンズランドでは、4日(木)に政府の対応を発表し、
ブリスベンでは、翌5日(金)に説明会が行われるようです。






人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:45  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/531-4c3f1065

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。