07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

日本製プレステ3がオーストラリアで動くのか実験

2009.12.15 (Tue)

日本の実家に保管されている大量のブルーレイを見るために
前回のワイフ帰国時に頑張って持って帰ってきてもらったプレステ3。

CIMG6689.jpg

実はまだ起動していませんでした。


持ってきたプレステ3はもちろん日本で買った日本製。
オーストラリアで使えるのかいろいろと不安な点がありました。

日本製で困る点は2点あります。

1)映像方式の違い
2)電圧の違い

映像方式はPALとNTSCとありますが、日本はNTSCを採用し、オーストラリアはPALです。
調べた所、ハイビジョンに関してはこの違いは影響しないことがわかりました。
ブルーレイの映像はハイビジョンなので大丈夫ということだと思います。
確認できていないですが、プレステの設定でもどちらか選べたような気がしています。
日本製のプレステを変圧器をつけてこちらで使っているという人をネットで見かけたので、
とりあえず、映像方式については問題がないようです。


続いて電圧についてですが、
ご存知の通り、日本は100ボルトでオーストラリアは240ボルトです。
ふつうに2倍以上の電圧で通電すると電源はたちまちスパークしてしまいます。

そのため変圧器を噛ませるわけですが、プレステ3は380Wも消費するので、
よく旅行グッズ売り場に売っている電源アダプタのような変圧器では全然足りなくって、
5キロぐらいするズッシリとした変圧器が必要になるわけです。

だからといってプレステだけのために
こんなに大きな変圧器をわざわざ日本から持ってくるのも大変です。

プレステの後ろにはやはりしっかりと100ボルトと記載されており、
ソニーのホームページにも海外での使用は保証しませんよと書いてあります。

軽く凹みましたが、気をとり直してグーグル先生にいろいろと相談したところ、
ソニーは各国毎にプレステを作っているわけではないことが分かりました。

海外のフォーラムではこの話題はかなり議論されており、
ある人は火を噴いたと言い、ある人は問題ないといっております。

フォーラムに書かれているケースがアメリカで買ったプレステを
インドやイギリスで使った場合だったので微妙に当てはまらず不安を拭いきれず。。。


そもそもの話ですが、私たちのブルーレイは全てアメリカで買っているので
オーストラリアのブルーレイプレーヤではリージョンコードが異なり見ることができません。
ブルーレイを見るためには日本かアメリカの240ボルトに対応したプレーヤが必要です。

つまり、このプレステは電源が上がらなかった場合、機械としても使い物にならないし、
こっちで使えないんだったらそもそも持っていても仕方の無いものと言うことになります。

それで、出した結論は

こっちのコンセントに直接さして起動してみる。

どのみち電源が入らなければタダの箱なので、
ちゃんと動けば使うし、動かなければ修理に出してこっちの電源に買えてもらえばよいでしょう。

まぁ、かなり高価なものなのでこの決断までにかなり時間がかかりましたが、
ワイフと何度も目を合わせて、最後は勇気を出して、

エイっとコンセントにさしてみました。

5分ほど経って臭いをクンクン嗅いでみましたが焦げている様子はなし。
CIMG6695.jpg


続いてブルーレイディスクを入れてみましたが、普通にローディングされました。
CIMG6694.jpg

残念ながらHDMIケーブルを今回のこの冬のバケーションで取りにいくので、
画面のチェックは出来ませんでしたが、無事に動いているようです。

30分経ちましたが、まったく問題ないようです。
熱もゲームとかしていない分、日本にいる時よりも低温です。

なかなか、ハラハラ、ドキドキの実験でしたが、大成功のようです。

日本製のプレステ3をオーストラリアのコンセントに直接さしてもなんとなく動いてますよ~!

うん、壊れなくて本当によかった。ホッ。。。
この冬は、日本からブルーレイを大量に送り込んで映画三昧です。




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:52  |  暮らしの知恵  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

その勇気に拍手(笑

念願のHDTVも購入し、次はPS3だ!と意気込んでいますが、嫁から「それは趣味の品。小遣いで勝手に買うのはOKだけど、家計からは捻出しません。」と言われている私。
日本のPS3はだいぶん安いのになぁ。個人輸入しようかな?と思いつつも、電源の不安、接続の不安もあるし、こちらでもPS2なら中古でずいぶん安いからそれでもいいかなぁと思い始めている今日この頃。
衝撃な記事でした。
どうしよう…。
やはり日本から?それでも高いしなぁ…。
sevencolors555 |  2009.12.16(水) 07:54 | URL |  【編集】

うちは

トランスにつなげて日本から持ってきたWiiを使っています。(大概うちの来客はこれをやりたくて来る)

PS3ってそんなに消費電力が高いんですね。やっぱHDD積んでいるだけ使うんだろうな。
うちはブルーレイが一枚もないので、こっちで買ったDVDプレーヤーで要件を満たしています。(っていっても、やっと今年になって買ったんですけどね。当時の記事→http://blogs.yahoo.co.jp/tripmymy/30193719.html

トランスにつなげずに直にさすのは、相方が一回外付けHDDをやらかしたので、それ以来注意しています。うちは。
ゆきぼん |  2009.12.16(水) 11:45 | URL |  【編集】

sevencolors555さん

はじめまして、コメントありがとうございます。もし日本の映画を楽しみたいのなら日本製のプレステを購入される価値は十分にあると思います。わたしが買った時の言い訳ですが、奥様にはブルーレイプレーヤを買うと説明されてはいかがでしょうか。ブルーレイプレーヤとして見た場合、プレステは破格の値段ですし、奥様がフルハイビジョンでの映像をご覧になればきっと納得し理解してくれると思いますよ。うちのワイフももうDVDには戻れないと申しております。
ハズ&ワイフ |  2009.12.20(日) 02:35 | URL |  【編集】

ゆきぼんさん

コメントありがとうございます。うちもマルチリージョンのDVDを使っていましたが、こちらは電源がユニバーサルではなかったためトランスを使って持ち込むか検討中です。これからオーストラリアに長く住む事になるので、ブルーレイもマルチリージョンのプレーヤが出ると良いのですが、結局のところ、オーストラリアはタイトルも少ないですし、リリース時期も遅いので、きっと今後もアメリカから輸入しつづけることになるんだろうな。まずはセットアップしたプレステのブルーレイがキレイに映ってくれることを祈るばかりです。わたしたちにとって映画はかなり比重の大きな趣味のひとつなので、視聴環境には特別こだわってしまいますね。
ハズ&ワイフ |  2009.12.20(日) 02:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/503-e2b36487

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。