08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

ハズのお仕事探し中、アップデート

2009.12.14 (Mon)

12月1日にクイーンズランド政府から無事に仕事のオファーを頂き、
翌日にはワイフとオージーの友達とボディーボードに行ってきました。
(※海に行った様子は、ヤタラに楽しいマーメードビーチ☆

海で楽しんでいると、そこへHRから一本の電話がかかってきました。

CIMG6688.jpg


電話の内容は、当初予定していた仕事開始日を前倒して働いて欲しいとのこと、

ハズ:「で、いつからですか?」

HR:「来週月曜から。」

ハズ:「...う~ん、、、無理です。」

HR:「なんで?」

ハズ:「日本帰るから。」

HR:「じゃあ、月曜から2週間だけ働いて、その後3週間お休みすればいいわよ。」

ハズ:「その休みは年休ですか?」

HR:「もちろんよ。」

ハズ:「嫌です。」

こんなやり取りをしたあと、HRがマネージャと相談するといって一旦電話を切りました。
オファー時には仕事開始日は1月中旬からとなっていたので
前日に家族、親戚、元同僚、お友達にさっそく報告し、
年末はバケーションで日本に帰ろうとワイフと話をしていました。

HRにも以前から決まったら日本に帰ると話をしていたし、
もしそんなにすぐに働いて欲しいのなら正直1ヶ月前に言って欲しかったです。

それから3時間ほどして再び電話がかかって来て、
今度は、年明け直ぐから働けないかと言ってきました。

答えはもちろん「NO」です。

年明け直ぐなんてお正月を家族と過ごせなくて帰る意味がないし、
チケットの値段が桁違いに高いはずです。

一緒にいたオージーの友達も、

「ここで折れちゃダメだ。これはネゴシエーションだ!」

と応援してくれて、

「次かかって来ても電話とるなよ。」

とか言っていましたが、そんな訳にも行かないので、

最後に電話がかかって来た時は、

「どんな条件でも当初の仕事開始日を変えるつもりはない。」と伝えました。

その日はそれから連絡がなく週末を迎えました。
週末はとうぜんお休みでHRとは連絡取れないし、
仕事決まったのにいつ始まるのか確定していなくてなんだか不安でした。

そして月曜日の昼過ぎにようやく電話がありました。

HR:「グッドニュースよ。いくつかデベロップメントがあったわ。」

ハズ:「おお、それは是非聞きたいねぇ。」

HR:「あなたが応募していたポジションでの採用はなかった事にするわ。」

ハズ:「えっと、それどういう意味?」
前回、開始日の事でタンカ切っていたので若干不安になりながら、
でもグッドニュースって言ったしなぁと思って続ける


HR:「あなたのより上のポジションが空いたので、
    そっちのポジションでのオファーにするわ。」

ハズ:「まじすか?それってフルタイム、パーマネント?」

HR:「もちろん、今度は2年のイバリュエーションもなくって、
    あなたが居たいだけいていいわよ。」
実は前回のオファーはパーマネントだけど、2年後にイバリュエーションをして、
パフォーマンスが悪ければ別のところに跳ばされる可能性もあったのです。


HR:「このオファーアクセプトする?」

ハズ:「はい、よろこんで~。」

仕事を始める日程は今まで通り、1月にバケーションから帰ってから、
その他、全ての条件が少しずつ良くなっていました。

そして微妙に嬉しいのがジョブタイトル、

テクノロジーオフィサーから
プリンシパル・テクノロジーオフィサーになりました。

仕事開始日の前倒しは、
恐らく人が抜けるから月曜日から取りあえず働いて欲しかったのだと思いますが、
今思えば、もしも月曜日から働き始めていたらこのオファーはなかったものと思います。

そんなわけで、まだ働き始めてもいないのにプロモーションしました。

ガバメントからの思いがけないクリスマスプレゼントに、ワイフも家族も大喜び。

電話を切る際に彼女が言った言葉、

「You can stay as long as you want.」

この言葉を聞いたとき、この仕事にというよりも

「オーストラリアにずっと居ていいんだ~っっ」

て何とも言えない歓喜が走り抜けました。

3年前に夫婦で掲げた目標をひとつ達成し、また1つのフェーズが終わったんだなと、
改めて嬉しくなって、声を裏返りながらHRに感謝を伝え、
ありがたくオファーをアクセプトしました。

振り返れば、2009年は移住に捧げた年だったと思います。
去年の年末に急遽、異動予定だったメルボルンオフィスの話がなくなり、
それでも、移住したいという思いから夫婦で安定した仕事を辞めて移住したのが4月。

底辺の生活ながらも7ヶ月かけてやっとここまで来れたのは、
ワイフ・家族のサポートとここで知り合ったたくさんのお友達のおかげだと思います。

2009年が移住の年なら、2010年はそこから飛躍する年になるでしょう。
生活基盤を安定させて、永住者として長期的なプランをまた2人で達成したいです。

というわけで、年明けにスタートダッシュがきれるように、
年末は実家でゴロゴロしてきま~す。




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:25  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

おめでとうございます!

よかったですね~。上のポジションを募集するのでなく、ハズさんを昇格させたのは、仕事開始日の交渉過程でタフガイだと思われたせいでしょうか!?いずれにせよ、今回のことにしろ、7か月間ねばったことにしろ、自分の信念は曲げないハズさんはすごいです。
divayoshiko |  2009.12.15(火) 08:56 | URL |  【編集】

divayoshikoさん

ありがとうございます。長く粘った甲斐があり、最後にちょっとだけご褒美をいただけた感じです。せっかく評価して頂いたので期待を超えられるように1月から楽しんで働きたいと思います。
ハズ&ワイフ |  2009.12.20(日) 02:29 | URL |  【編集】

ハズ&ワイフさん、はじめまして。先日は私のブログThis is my lifeにコメントいただきありがとうございました。

お仕事、電撃的なストーリーがあったんですね!良かったですね!おめでとうございます!

私の方は、移住手続き中に子供ができ、マンションを購入して、実際に移住するために日本を出ることができない状態になっていますので、ハズ&ワイフさんのお話をうらやましく拝見させていただいています。

でも、今の日本の生活にも幸せを感じていますので、これをこのまま続けるのもいいよね、とは思っていますけどね。

今後もちょくちょく拝見させていただきたいと思います。よろしくお願いします。
Ryuji |  2010.01.06(水) 05:21 | URL |  【編集】

Ryujiさん

初めまして、コメントありがとうございます。Ryujiさんのブログを読んでこれからの仕事について色々と考えさせられました。お互いエンジニアの賞味期限と戦いながら自分にあったキャリアパスが見つかると良いですね。

私たちは移住は1にも2にもパッションだと思っているので、勢いでここまで来てしまいましたが、やはりこれから長くここで生活することを考えるとできるだけ早くバランスの取れた生活が送れるようになりたいです。Ryujiさんは日本で安定した生活を送られているようですので、なかなかそこから変化することは難しいかと思いますが、チャンスがあれば是非、移住に再チャレンジして欲しいです。

こちらこそ、またちょくちょくブログ拝見させて頂きます。
ハズ&ワイフ |  2010.01.08(金) 09:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/501-361c2c22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。