04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

男子スイーツ部☆ショートブレッド

2009.10.11 (Sun)

最近、お友達からショートブレッドを頂きました
ショートブレッドといえば?!有名なWalkers。

CIMG5210.jpg


もうクリスマスエディションですよ
食べるのがもったいないくらいの、オーナメントのような可愛いデザイン


私はそこまで甘党ではないのですが、ショートブレッドは大好きで、
初めてイギリスに行って「ショートブレッド」というものを知ったときは、
「なんて美味しい食べ物なんだ」と
ものすごく感激したのを今でも良く覚えています。


以来、Walkersのショートブレッドをよく買っていたのに、
スコットランド製だったとは気づきませんでした・・。


ダーリンは初めあまり興味を示していなかったので、
「しめしめ、これは独り占めできてしまうかもワーイ」と密かに喜んでいたら、
いくつか食べているうちに「美味しい」と感じてしまったようで、
私の思惑ははずれるどころか、最後は取り合いでした


あまりの美味しさに、「ショートブレッドを作ろう」と思い立ったようで、
大好きなGoogleでレシピ検索をして、
ヤミーさんという方のブログにあったレシピを拝借


これなら材料が揃ってるぞ・・ということで、
夕食後にダーリンのお菓子作りがスタート。


材料は、
(5cm×2cmのスティック10本分)
バター(有塩) ・・・ 80g
グラニュー糖 ・・・ 大さじ2
塩 ・・・ 小さじ1/8
薄力粉 ・・・ 120g


調理時間は、約30分とのこと


我が家には、まだ泡立て器とか秤とか計量スプーンとかないので、
計量カップを使いつつ、細かいところは目分量。
かき混ぜるのも、いつも通り木べら。


それでも感心してしまうくらい、
甘いもののためには労を惜しみません。。


本当にこんなにいれるの?と80gのバターにやや不安気味なダーリン
CIMG5202.jpg


バターに砂糖を混ぜてコネコネ
CIMG5203.jpg
※バターは溶ける前くらいの柔らかさのときに砂糖を混ぜて、
ホイップクリームのようになるまで、かき混ぜるのが本来のやり方のようです。


2回に分けて薄力粉を入れ、しっとりするように混ぜてトレーに。
CIMG5204.jpg
※本当はこの時点でもっとふっくらしているようです。


180度に温めたオーブンで15分ほど焼く。
だんだんと香ばしい良い香りが部屋中に立ちこめてきます
CIMG5206.jpg


ちょっと冷ましてからお味見タイム・・・
CIMG5207.jpg


全部ダーリン1人でやっていて、
私は聞かれた質問に答えるくらいだったのですが、
あとで参考にしたブログを拝見したら、
丁寧に書いてあるインストラクションと、
見ていたプロセスが全然ちがうじゃ~~んということに。。


それでも、本人は「うん、そうなんだよねー」と全く気にしていない様子。
むしろ、ショートブレッドというものを作ってみたよイエイ
と、かなりの充実感を感じていたようで、とても嬉しそう。


ならば、良しとしましょしょか


出来上がりをちょっと味見してみたら、
ショートブレッドっぽくはないけれど、
(混ぜる過程でホイップのようになっていなかったのが原因かと・・)
さっぱりとした香ばしいお菓子に仕上がっていました


ダーリンは、かなりの量のバターや砂糖を入れたわりには、
それがあまり味に反映されていなかったので、


「あんなに入れてもこの程度ってことは、
普通に食べてるお菓子って、相当バターとか砂糖が入ってるんだ・・


とカロリーの高さにショックを受け、
本当は早速食べたかったようなのですが、
夜は味見で終わりにしてました。笑


私が甘党だったら、お菓子作りでも
もっといろいろな感動を分かち合えるのでしょうけれど、
そこまで甘いものに目がハートではないので申し訳ないなぁ・・


それでも、最近はケーキ作りも手慣れた感じで
(といっても、デコレーションはありませんが)
今回ショートブレッド(らしきもの)にも挑戦し、
ますますお菓子作りを楽しんでいるようです


明日のおやつはダーリンの手作りショートブレッド。
楽しみです




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:29  |  ある日の食卓  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

コメント

私も大好きなので、自分で作りました。米粉?rice なんとか?で作るとサクッとそれらしくなりましたよ。実は先日も作ろうと思い立ったのですが…ここにお菓子作りに使う道具がなかったもので…断念しました。米粉はコールスやウルワースに売っています。
makita |  2009.10.12(月) 10:14 | URL |  【編集】

ああ! きましたね! ハズさんのお菓子作りっ! まってました~♪

見た目、なんかさくさくとしたクッキーっていう感じでおいしそうですよー。

うーん、確かに「さくさく」とか「しっとり」とかいう出来上がりのためには、バターと砂糖でかなり白っぽくほわっとするまでかき混ぜるのが鍵のようですよね・・・ なんか私も最近それに気がついて、腕が痛くなるまでかき混ぜたりしております。

でもお菓子作りは楽しいのが一番☆ 次回はなにに挑戦されるのかしら、と楽しみにしております。
くんちゃん |  2009.10.12(月) 15:56 | URL |  【編集】

makitaさん

なるほど~。米粉(?)でもできるのですね!貴重な情報ありがとうございます☆次回はちゃんとショートブレッドっぽくなるよう、早速試してくれるのを楽しみにしたいと思います(笑)。
ハズ&ワイフ |  2009.10.12(月) 23:11 | URL |  【編集】

くんちゃん

ショートブレッドとはほど遠いのですが、見た通りのクッキーのような、名前のないお菓子でしたー。あとで良くレシピを見たら、溶かしたバターで同じ工程をすると、ガレットのようになると書いてあったので、そういわれてみれは、出来上がりはその中間だった気がします(苦笑)。

白っぽくほわっとさせるには、やっぱりかき混ぜがポイントなのですね~。くんちゃんも腕が痛くなるまでかき混ぜてましたか。。手間を惜しんでは美味しさにたどり着けませんね。それを聞いて、「仕事が決まったら、ミキサーを買う!」と張り切ってる人がいます(笑)。どうやらお菓子作りが楽しいみたいで、今週もケーキを作る予定だとか。

出来はさておき、またちょくちょく新たな挑戦をアップしていきますので、引き続きお付き合いくださいませ☆
ハズ&ワイフ |  2009.10.12(月) 23:39 | URL |  【編集】

お久しぶりです。
ショートブレットおいしいですよね??
うちの旦那さま(スコットランド人)も
おもてなし用にまたに作ります。。
でも、作るところを見ると
こんなに砂糖とバターが???
ってまさにワイフさんの思ったとおりの反応です。
今後もハズさんのお菓子作りたのしみみしてます。
yuco |  2009.10.13(火) 17:50 | URL |  【編集】

yucoさん

旦那さま、おもてなし用にショートブレッド作るんですか?!素敵~☆スコットランドでは伝統的なお菓子なのですね。いつかぜひダーリンにその技を伝授していただきたいです(笑)。それにしても、やはり砂糖とバターは「驚きの量」でしたか・・。きっと、そこが美味しさの秘訣なのでしょうね。。(モジモジ・・)

ダーリンはブリスベンにきて、なんだかお菓子作りに目覚めたようです(笑)。またちょいちょいアップしていきますので、温かく見守っていただければ嬉しいです☆
ハズ&ワイフ |  2009.10.13(火) 20:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/442-ad68db55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。