09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

トランスフォーマー現る。

2009.09.15 (Tue)

朝の6時にはもうすっかり空も明るくなっている今日この頃
空気はまだひんやりしてますが、それでも散歩を躊躇することはないですね。


そして、週に一度のゴミの日の朝はこんな感じです
CIMG4663.jpg



道の両サイドに、ゴミ箱がずら~っと整列しています


ゴミの回収は朝早いので、
毎週ゴミ回収の前夜には、みんなしてゴロゴロと音を立てて
(ゴミ箱の下にタイヤがついてるので、それを引っ張っていく音)
各家庭のゴミ箱を通り沿いに出しています。


夜その音を聞いて、「おっと、我が家もださなくちゃ」となることも多く、
私にとっては、ちょっとした合図のようにもなっています


フラットの場合は、リサイクル用がシェアになっているところが多いかと思いますが、
基本的には一家に1つずつ、緑の蓋の燃えるゴミ用と黄色の蓋のリサイクル用があります。


常にこのゴミ箱を通り沿いに出したままの家もあれば、そうでないところもあり。
通りすがりに人に要らぬゴミを入れられることがあるので、
(一度出したままにしておいたら、燃えるゴミの緑の箱に
リサイクルに入れるべき瓶がいれられていたので・・
我が家は毎回フラットの裏のゴミ箱置き場?に戻すようにしています。


それにしても、高さ1メートルくらいはあるだろうこの大きなゴミ箱、
どうやって中身を回収するのかというと・・・、
ジャジャーン

CIMG4672.jpg

サイバトロン
ローテクの国ながらも、ハイテクな回収車があるのでした


まぁ、UFOキャッチャーの原理ですね
感じの良さそうなおじさんが1人でやってました


思えば、ブリスベンに来てからこの回収の様子を直接見るのは初めてでした
とはいえアメリカのゴミ回収車もこんな感じだったので、
そこまで珍しい光景でもないような、やっぱり珍しいような・・


留学時代、初めてホームステイしていた家では、
私の部屋がちょうど道路側だったので、
早朝のゴーゴーという凄まじい音で目を覚まし、
何事だっ?!とそ~っと窓の外を覗いて、
初めてゴミ回収の様子を見たときの驚きは今でもよ~く覚えています
なぜか、見てはいけないものを見てしまった子供のような気持ちで、
ちょっとしたカルチャーショックでした。


ちなみに、(多分)オーストラリアでは路上駐車が当たり前なので、
ゴミ回収の前夜もずらっと並んだゴミ箱の前に車がでーんと止まっていたりします。
でも、ゴミ回収の朝になると、ちゃんとどこかにいなくなっているので不思議です。
車が止まっていないのは、むしろこの時だけではないのか?と思ってしまうくらいです。
他に停めるところがあるなら、
普段からそこに停めたらいいのに~なんて思ってみたり。
もしくは、ゴミの日だけ一時避難しているのでしょうか。


まぁ、ゴミ箱の前に車があるところのゴミは、基本的に回収されないので、
ちゃんとどけてくれるだけ、ありがたく思いましょう




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:35  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/416-518967cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。