05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

だってお米の国の人だもの・・

2009.08.19 (Wed)

私たち夫婦は、あまりお米大好きっ子ではなくて、
パスタやパンなどを好んでよく食べているのですが、
ブリスベンに来てから、いろいろな方にお米選びのアドバイスをいただき、
この度、ついにお米デビューを果たしました

CIMG4083.jpg


限りなく日本米に近いと評判の、
Sun RiceのMedium Gran(赤)です。 



粒は、カリフォルニアやタイ米ほどではないけれど、
日本米に比べるとやや長細くて、
香りも、どことなく「よその国のお米」といった印象で、
やっぱり、日本のお米とは全然違います

CIMG4086.jpg


それでも、日本のお米っぽいお米が食べられるだけ嬉しいですね


我が家にはまだ炊飯器というものがないので、
もちろんお鍋で・・です
1合サイズのカップもないので、
オーストラリアサイズの軽量カップ(1カップ250cc)を使って
ひとまず2カップ分炊いてみました。


最近クックトップも新しなったので、
温度の加減もよくわからなくて、
炊いている間中、ガラスの蓋の上から覗いては微調整


そんな炊きあがりがこちら
CIMG4090.jpg
あ、しゃもじも持っていません。


もっと美味しくできそうなものですが、
今回は初めてだったので、まぁよしとしましょう


なんて思いながらも、なんだか不安で、
(お米の味をごまかすために?)
我が家の初ライスは、親子丼になりました

CIMG4092.jpg


オーストラリアでの初お鍋ご飯だったので、
炊きあがりが心配でそっちばかりきにしていたら、
不覚にも卵がカパッと固くなってしまいました・・
なかなか電気には慣れませんねぇ・・


でもでもっ親子丼に使った卵は双子だったのですよーー

CIMG4113.jpg

その分黄身は小さ目でしたが、
びっくりだったのと、可愛かったのとで、即ダーリンにご報告
なんだか縁起が良い気がして、2人で大喜びしてしまいました


今回は、親子丼でごまかしてしまいましたが、
たまにはお米もいいですね。
次回は、このお米の実力を最大限に引き出してあげられるよう、
もっと美味しく炊きたいと思います



ちなみに、この間遊びに行ったカヨチン宅では、
Sun RiceのJapanese Style(黒)という
オーストラリアで育てた日本のお米を使っていました


粒は、赤のMedium Grainよりも短くて、膨らみがあって、
まさに日本のお米の粒。
香りも日本のお米の香りでした
炊きあがりも、日本のお米特有のモチモチ感があるというので
次回は、それを試してみたいと思います


なんていいながら、実はちょっとフライングで、
3合ほどお裾分けして頂きました
カヨチン、ありがとう~~



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


それから、先日クックトップが新しくなって、
蚊取り線香タイプのクルクルから、
レコードタイプの新しいプレートになったのですが、
インストラクションを見ていると、
ちゃんとお手入れしてください・・と。
まぁ、基本的にどんな物でも手入れが必要なのですが、
賃貸なこともあり、ちょっとビビってこんなものを買ってみました。


CIMG4098.jpg
プレートの保護カバー。


使い方はこんな感じです
CIMG4104.jpg


この上で直接温めができれば、
中のプレートは傷ひとつ付くことがなくて良いのですが、
これはあくまで、使っていない時のカバーなので、
油がはねた・・とか言うときは、
このカバーを洗えばいいだけなので便利ですが、
料理中に吹きこぼれた・・みたいな時は、
カバーは待機中なので、何の役にも立ちません。。


とりあえずは、新しいクックトップなので、
キレイに使っている気持ちになれるのと、
次に不動産がインスペクションに来たときの印象が良いのと、
う~ん、今のところ感じているメリットはそんなところでしょうか。


これで$32
キッチン関連用品って高いのね~・・。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:36  |  ある日の食卓  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/387-896c03b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。