04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

オーストラリア的感覚?!

2009.08.17 (Mon)

前にも少し触れたことがありますが、
オーストラリアって・・と驚くいろいろな感覚があります


そして、まだ来て数ヶ月しか経っていないのに、
最近は、このオーストラリアの感覚を「普通」と感じ始めている自分がいるようです


ちょっと考えただけでも、結構ありました。



例えば、距離に対する感覚
○○の町まで車で100kmくらい、とか車で1時間くらい、というもの。
日本にいた時なら、100kmといえば、東京の北部から茨城の水戸くらいの距離??
とりあえず「結構あるなぁ・・」と感じていたのが、
「車で100kmなら全然近いよすぐ行ける」と。


量に関する感覚
東京のスーパーでは、500gのお肉を見たら「大量だぁ!」と思っていました。
それが今では、500g程度なら、「そんなに多くない」とか
700g程度で「普通だね」となっています。
今もし、日本のスーパーであの小さなお肉のトレーを見たら、
きっと逆カルチャーショックを受けてしまうと思います


量に関する感覚その2は、飲み物。
日本での牛乳や大きなペットボトルの単位は1L~2Lですが、
今私たちが買っている牛乳は、3L。

初めてスーパーに行ったときは「3L・・飲みきれるのだろうか
と本気で驚きましたが、もはやこれも普通サイズになりました。
日本でいう紙パックに入ったジュースなども、
基本的には2Lで、1Lの紙パックは、まだ見たことがありまん。


オーストラリア初心者の私たちには、
オーストラリアは大家族が多いからなのか、
スーパーから遠くに住む人たちのストックを考えてなのか、
理由はまだ分かっていませんが、
ひとまず「普通サイズ=大きい」です。


今はまだ「大きい」ものを買っている感覚がありますが、
そのうち、この方程式も成り立たなくなって、
「私たちの普通サイズ=日本の業務用サイズ」
になる日が来るのでしょうね


それから、広さの感覚
ブリスベンの暮らしに慣れてからまだ日本には行っていないので、
実際どのように感じるかはわかりませんが、
多分お家の広さに対する感覚なんかも、
気づかないうちにきっとオージー感覚になっているのだと思います


今住んでいるフラットは2ベッドで、
住み始めた頃は、なんて広いんだ~と感動していたはずが、
最近はそんなに広々した部屋でもない気がしています。


引っ越して来てすぐに買った必要最低限の
ソファとかダイニングテーブルがあるくらいで、
本棚もタンスもなくて、まだがらーんとしているはずなのに、
これ以上家具置いたら狭くなるなぁ・・と思っている自分に気づいたときは、
ちょっとびっくりしました。。。


そういえば、オレゴンから戻ったときも
「日本の家ってコンパクトサイズだな」と感じたことがありましたっけ。笑


そして時間の感覚
極めつけは、お店は5時で閉まるもの、という概念?
大手スーパーは週末以外は9時頃まで空いていたり、
木曜日はショッピングデーなので、
スーパー以外も7時頃まで空いていたりしますが、
基本5時が普通です。


東京にいたら「あり得ない」と思うような閉店時間も、
オーストラリアではあり得てしまうのです
移住して来た時、これは多分長いこと慣れないだろうな~と想像していたのですが、
1ヶ月もしないうちに「当たり前」になり、
今では5時以降に買い物に行きたい気持ちすらなくなりました
これはもしかしたら、今会社勤めしていないので、
そう感じるだけかもしれないですけれど。


最後に、慣れちゃいけない」サイズの感覚
それはやっぱり・・体系でしょうか。。
一言で言うと、オーストラリア人は大きいです。
太ってる人、やせてる人、いろいろいますが、
全体的にがっちりとした体系の人が多い印象です。
日本でいう太ったを超越した体系の人も沢山います。


何が言いたいかというと、日本人の標準体型は、
ここでは「十分細め」であるということ


ちょっとくらい食べ過ぎて、
今まで無かったところのお肉がついたり、
体の動きが鈍くなったりしたとしても、多分まだまだ「細い」くらいです。


アジア系の私たちとオージーとでは、
そもそも体質が違うので、
同じ物を食べても、肉のつき方は違うと思いますが、
二の腕がタプタプしてきちゃったくらいで、
「太った」なんて言ったら怒られます


大事なのは健康であることなので、
それが保てていれば、痩せてる太ってるというのは、
あまり大きな問題ではないと個人的には思っているのですが、
そうはいっても・・・そんなギャップから、
ここにいると「勘違い」してしまって、
久々に日本に帰ったらびっくりなんて危険が潜んでいるわけです。


ここで暮らしていくのだから、
いろいろな感覚に「慣れて行く」のはなにも不思議なことではありませんが、
やっぱり体系(健康)には気をつけなくちゃいけないな~


と、まぁザックリ思っただけでもこれだけあるので、
多分良く考えたら、もっともっといっぱいあるでしょうね



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:38  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

早朝から

オーストラリア的感覚。私も、慣れ始めました。
今朝は、7時前からカーデナーさんが来てお仕事してくれていますv-290
浩子 |  2009.08.18(火) 11:02 | URL |  【編集】

浩子さん

7時前から・・ですかっ?!
「早いなぁ~」と思いながらも、「そんなもんなのね」と思ってきちゃいますよね。
私たちの隣のお部屋も今リノベート中で朝からガガガガガっと大きな音を立ててますが、
我が家にもそんな日が来るのだろうと思ったら、全く許容範囲です。笑
ハズ&ワイフ |  2009.08.18(火) 15:13 | URL |  【編集】

水に対する感覚・価値観

↑↑この感覚たぶん変わってきました。
初めは、日本でやるみたいに、食器の洗い物 水道水をじゃんじゃん流して、洗ってたけど
最近は 熱めのお湯に洗剤追加して シンクに溜め洗い&濯ぎなし。
シャワーの時間もリアルオジーには負けるけど、結構短くなりましたよ。
あと、将来的に車買っても、滅多に洗車とかしない(出来ない)んだろうなーとか思います。
SatomiTiger |  2009.08.19(水) 08:09 | URL |  【編集】

SatomiTigerさん

そうですね~。
うちは元々水道の調子が良くないので流し洗いはしてなかったですけど、濯ぎはしてますね~。未だ水不足を実感できるような状況に出くわしていないので、水回りは日本の感覚引きずっています。でも、シャワーはタンクが小さくて2人分浴びようと思ったら、一人5分程度なのでこれはオージーレベルかも。。。
ハズ&ワイフ |  2009.08.20(木) 19:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/386-e38ec35c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。