04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

ゾロメの嬉しいニュース♪♪

2009.08.14 (Fri)

本日ブリスベンに来て111日目のゾロメの日に、嬉しいニュースがありました
しかも、ダーリンと私それぞれに


今日は朝から天気も良かったので、
あぁ、なんて縁起がいい一日なんだと勝手に思っていますあはは。


というわけで、本当は昼間っからぱーっとビールでも
CIMG3803.jpg

と行きたいところだったのですが、それは叶わず、
写真は、ちょっと前の週末、
待ち合わせに早く着きすぎたときに飲んだビールです




★★★ダーリンの嬉しいニュース★★★



目下奮闘中の就職活動ですが、
ダーリンの場合はIT技術職を希望しているので、
面接とは別に、スキルテストを課してくるところが結構あります。


そして、これまでは最も得意とするJAVAのお仕事をメインに探していたのですが、
最近では求人数も芳しくないため、.NETという長い間開発から離れていた
またちょっと別のジャンルも視野に入れて活動しているようです。


昨日もある政府系のポジションで履歴書が受理され、
早速テストを受けるように連絡がありました
本当に長い間やっていなかったようで、
過去の自分のデータがあればなんとなく思い出せるかも・・と話してはいたのですが、
そのデータのあるハードディスクは不幸にも日本・・
そんな状態で過去の記憶を辿ることすら困難な中、
四苦八苦しながらテストを受けていました


そして今朝9時、その会社から連絡があり、
「あなたが最高得点者だったので、次のステップに進めたいのですが・・」という連絡が


ダーリン、すごいよぉ~~よく頑張ったよぉ~~


テストが終わったときには、思ったほどできなかったらしく、
「このポジションはなかったことにしよう・・」くらい凹んでいました。
なので、次のステップに進めることはもちろんですが、
この結果がもう何より嬉しくて嬉しくて、
2人でピョンピョン飛び跳ねて喜んでしまいました
(というか、ピョンピョンは私だけだったかもしれませんが・・)


実際ダーリンの正解率は75%程度と、極めて高い正解率というわけでもないようですが、
オージーの平均はそれよりもかなり低かったようです。
そしてQualificationカバー率98%とか。。ワオ


このカバーできていなかった25%の部分は、
Qualificationに直接関係あるものではなかったようで、
なんて省エネなんだ


たまたま実家の母に電話する用事があったので、
そこでも意味も無く報告してみたりして


身内からは、学生じゃないんだから、テストはいいから、早く仕事決めなさいよ
と言われてしまいそうですが・・
そこはぐっと、今しばらくお待ちくださいませ。。


移住して初めの1ヶ月は、生活基盤の構築にあくせく動き回り、
就職活動を初めたのは2ヶ月目からですが、それでも一応2ヶ月が経っています。
これが長いのか短いのかは分かりませんが、
日本で私たちを応援してくれている人たちには、
かなり心配をかけてしまっているようです


本人も、もう3ヶ月も無職だし・・と
見えないプレッシャーをひしひしと感じているようです


でも、実は私は、そんなに心配していません。
「どうにかなるよ」と楽観視しているわけではなくて、
「なるようになる」と信じているからです。


何もしないでぐーたらしているなら「どうにかなる」のかすら心配ですが、
異国の地での就職活動に不慣れながらも、
ダーリンは小さな努力を積み重ねて頑張っているように思います。


そしてダーリンには、しっかりとしたスキルやキャリアがあるのを知っているし、
これまでの会社におけるダーリンに対する評価も耳にしたことがあるし、
英語の問題はないと、過去の面接でも言われているようだし、
なので、あと見つけ出すべきは「」だけだと思っています。


そんな苦戦中の就職活動にも、最近は光がさして来ているようです


あと一歩
ご心配おかけしている皆様、引き続き、応援よろしくお願いいたします




★★★私の嬉しいニュース★★★


今スーパーカジュアルでやっているお仕事ですが、
もしかすると、カジュアルorフルタイムのようなお仕事が出来るようになるかもしれません。


というのも、発注元である私のもと上司から、
もうちょっと手伝ってもらえると嬉しい・・的なニュアンスの
こちらとしてもありがたいご相談を受け、
前向きに検討しようかな~と思っているのです。


もともとは、スパッと辞めてくるつもりだったものの、
上司がバイリンガルスタッフがいなくなってしまうので困るな~
と頭を抱えていたようだったので、
「オーストラリアでできることあれば、手伝いましょうか?」
と冗談半分に言ったところから、この委託話が始まりました。


最近は、決まったルーティンの翻訳プラスαに、
ときどきちょっとしたプロジェクトベースの依頼を受けるといった感じで、
ちょいちょい「そっちの生活はどうだ?」と探りを入れられながらも(笑)、
地味~なポジションを確率してきました


移住前後は、自分がどういうスタンスで委託の仕事を受けるか、
あまりイメージできなかったのですが、
最近はそれなりに生活のペースも出来て来て、
失礼なく仕事を受ける体制が整って来たようにも思います。


先にいるお客さんの特性や業界を良く知っているので、
対応力が高いと期待されるのもわかるのですが、
そうはいっても、こちらも先方の仕事ぶりを日々見て来たので、
急かつ怒濤の翻訳ラッシュがあることも良~く知っています・・


それでもまぁ、これこそ「縁」なので、
声をかけてもらった仕事に対しては、
なるべく誠意を持って対応したいと思っています。
新たなキャリアを築くためにも、頑張ってみようかな~
自分のスキルを生かして人の役に立てるとうのは、
すごくやりがいがある気がします。


留学する前から、将来的には子育てしながら出来る仕事をしたい、と思っていたので、
今の仕事がうまく進めば、まさに思い描いていたものなのかもしれませんしね。。



と、思えば2人して「仕事ネタ」でした



以前あるオーストラリア人の知り合いから、
オーストラリア人は「What do you do?(仕事は何を?)」という質問を一番嫌がる、
という話を聞きました。


彼らとって「仕事」は、
それ以外の時間を有意義に過ごすためのお金を得る手段であって、
仕事が自分を形成しているわけではないと考えているからだそうです。
プライベートで音楽に打ち込んでいたり、スポーツに打ち込んでいたり、
そのために仕事をしてる人だっているくらいで、
仕事は、自分たちにとってそんなに大きな要素ではない、と。


それを聞いた時、「はっ」としてしまいました
だって、日本では、仕事がその人を表すくらいの感覚がありますし、
私自身、そう考えていた部分があると感じさせられたので・・


みんな、自分なりの時間の過ごし方を知っているのですよね


裏を返せば、仕事に一生懸命打ち込まない人が多い分、
いろいろなサービスレベルの質が低いというのもうなずけるわけです。


そんなことを考えていたら、
あぁ、オーストラリアに来たんだな~と改めて感じました。笑



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:38  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

よいねーよいねーー☆ 朝から嬉しくなりましたよ♪ よい記事をありがとう!

そうそう「なるようにしかならない」ではなくて「なるようになる」。 私もそれはとっても信じている一人です。 すべてが縁だから、縁にめぐりあうときのワクワクさは、たまりませんよね☆

オーストラリアの人達も仕事に誇りをもってステップアップを目標とする人もたくさんいますけれど、オン・オフをはっきりすることが『仕事をの効率を上げる方法』って言っているのをよく聞きますから、やっぱり日本人とは仕事に対する考えの焦点が違うのでしょうね。
くんちゃん |  2009.08.15(土) 06:56 | URL |  【編集】

3か月無職なんてぜんぜんたいしたことないですよ。私はレイオフされたとき5カ月無職でしたけど、一定期間無職でないとできないことをいろいろやりましたよ。お金に貧窮していないなら1年ぐらい仕事なんかしないでいろんな経験をしたらいいと思う。人生は総合力ですから。それにしてもこのお二人の話は、価値がある人やコツコツ努力している人はいつか報われる、見ている人はちゃんと見ている、ということを感じさせる話で、私も大いに励まされました。
Yoshiko |  2009.08.15(土) 09:02 | URL |  【編集】

くんちゃん

嬉しいお言葉、ありがとうございます☆

>  すべてが縁だから、縁にめぐりあうときのワクワクさは、たまりませんよね☆

そうなんですよね♪ピンとくる瞬間とか、何かにめぐりあったときは、きっと縁があるんだな~って思います。縁があってブリスベンに来たので、お仕事の縁もあるはずなのです・・。

オン・オフをはっきり分けられる環境があるのは、オーストラリアの素晴らしいところだと思います。日本では(少なくとも私やダーリンがいた会社では)、この環境は「理想」でしかなかったので、ほぼ定時で帰れることがモチベーションにつながるでしょうし、いろんなオーストラリア人との出会いも勉強になる気がします。自分の仕事に誇りを持って、やりがいを感じながら、前に進んでいけたらベストですね☆
ハズ&ワイフ |  2009.08.15(土) 23:04 | URL |  【編集】

Yoshikoさん

心強いコメントありがとうございます。人生は総合力。本当にその通りだと思います!道は1本しかないわけではないですしね。

正直、仕事が無いときにしかできないことをやりたい気持ちは大いにあるのですが、このまま仕事が決まらなかったら・・という不安もあって、オーストラリアに来てからやりたい!と意気込んでいたアドベンチャーや旅行などにはまだ手が出せていません。とはいえ、ブリスベンのことすら良く知らないので、この街の様子を知る機会ができたことは良かったと感じています。早く思いっきり週末をエンジョイできるようになりたいです!
ハズ&ワイフ |  2009.08.15(土) 23:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/382-7af668f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。