09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

我が家のナイフ事情

2009.07.30 (Thu)

ブリスベンに引っ越して来て、
最初に買ったシルバーウェアセット
シルバーといいながら、ステンレスですが、
スプーン、フォーク、ナイフがそれぞれ4本ずつ。

CIMG3689.jpg


そのうちナイフの2.5本が、こんな(写真左)状態なのです

CIMG3687.jpg


そうなんです・・。
折れてしまったのです


原因は、こっちに来てから良く食べている骨付きのお肉かと。


こっちのナイフの感心する点は、本当に良く切れるので、
このナイフでギーコーギーコーと何のためらいもなく
そんなお肉を切っていたら、ナイフの付け根がぐらつき始め、
ある日ポキッと折れてしまいました


そしてまた何日後にかも、もう1本・・


そんな事が立て続けにおこったものだから、
驚き半分、ショック半分、何か策を練らねばということに。


それ以来、茹でた骨付き肉をほぐすときは、
小回りが利かないけれど包丁で、
バターナイフなんて洒落たものは我が家には無いので、
オージーサイズの大きなバターを切るときは、
なるべくナイフの部分をつかんで切ったり、
食事で使うときにも、なるべくナイフに近い部分を握ってみたり、
一応小さな努力をしてみています


日本にいたときはナイフなんて滅多に使ってなかったので、
ナイフ選びの大切さとか考えたこともありませんでしたが、
次に新しいナイフを買うときは、今使っているような
ナイフ部分と握る部分の素材が分かれていないものを選びたいと思います


あとは、そんなに力を入れないと切れないならば、
力を入れなくても切れるナイフを探したらいいのではとひらめき(当たり前?)、
ステーキナイフなるものを買ってみました(写真左)


CIMG3685.jpg

ごくありきたりのナイフですが、偶然IKEAで見つけたお買い得品。笑


CIMG3686.jpg


これは、ナイフの素材が途中まで・・ということはなく、
この握る部分の内側までしっかりとナイフ素材が通っているので、
安心して使えます


まぁ、IKEA製だからたいしたことはないだろう・・となめていたら、
このお方、切れ味がヤバいですっ
そんなに力をいれなくてもよ~く切れてくれるので、
まな板の上などでちょっと力をいれてしまうと、
驚くほど鋭い傷がまな板に残りますが・・


何はともあれ、このステーキナイフ君のおかげで、
残りの1.5本の症状はその後悪化していません


ブリスベンに来てからは、ナイフ&フォークが生活の一部になりました。
そしてふと気づくと、もう随分とお家でお箸を使っていません
(渡豪前に、お友達から素敵なお箸をいただいたにも関わらず、
持参し忘れてしまったので・・バカバカバカ


お箸って、折れたり塗装がはげたりしない限り、
そう頻繁に買い替えるものでもないので、
できれば気に入った物を使いたいなぁと思ってしまいます。
そんなわけで、チャイナタウンで「とりあえず」買う気にもならず


日本に一時帰国する時は、しっかり持って来たいと思います


それにしても・・、
幼少期にお箸を使えるようになってからこれまで、
ずーーっとお箸で暮らしてきただけに、
間違いなくあると便利なアイテムなのですが、
お箸のない暮らしを3ヶ月してみて思ったのは、
意外に無くても困らない・・ということ
(非国民発言?)


でもまぁ、その大きな理由は、
白いご飯を食べていないことと、
繊細なザ・日本料理を作っていないからかなぁ~・・あはは。


日本人らしさって何だろうなんて考える今日この頃でした



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

15:49  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/364-bf3c0079

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。