04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

オージー×(市民権 - 投票権)= 永住者?!

2009.07.15 (Wed)

つい最近、こんなものが届きました

CIMG3496_2.jpg

Electoral enrolment


まもなく行われる選挙の投票者登録用紙です。


しっかり折り畳まれてる紙を開いてみると、こんな感じです。


electoral2

なんだかんだと書かれていて、たくさん書き込まなくちゃいけないの
という印象を受けるシートですが、基本的に大事なのは左の1ページのみ。


名前、連絡先、自動車免許の番号、国籍、市民権の有無などを書き込み、
2~3個の質問にちょちょちょっとチェックを入れて完了です


これと一緒に、今の家に住む人の名前が明記されたリストが入っていました。
正しければそのまま、間違っていたら修正して、
上の登録用紙と合わせて、同封されてきた返信用封筒に入れて返信します。


所要時間は約5分
初心者の私でもわかる、いたって簡単なプロセスでした


ちなみに、私たちは永住権を持つ移民ですが、
市民権は持っていないので、
自動的に投票権を持っていないことになります


永住権、移民、市民権、投票権・・・??


日本は単一民族で、移民の受け入れもしていないので、
あまりしっくり来ないかもしれませんが、
オーストラリアは移民の受け入れで成長してきた国なので、
永住権を持って長年オーストラリアで暮らしながらも、
国籍がオーストラリアでない人たちがたくさんいます。


オーストラリアでは、18歳以上であれば投票権がありますが、
国籍がオーストラリアでない人たちは、
市民権を持っていないため、市民としての権利である選挙権(投票権)がありません


そのため、この登録用紙では、年齢やその他の情報とあわせて、
市民権」の有無を確認するようです。



確かに、国や州の政治に携わる代表を決めるわけですから、
国としてオーストラリア人と認めていない人に投票されちゃ困りますよね。。



この市民権、外国人にとっては1つの壁で、
例えば、オーストラリア人(ここでは、オーストラリア国籍の人の意味)と
国際結婚をしたとしても、やはり市民権は別物で、
最低何年かオーストラリアで暮らした後、別途申請が必要になります。


日本のように、日本人と結婚して日本に住む外国人は
帰化しない限り選挙権が与えられませんが、
まさにそれと同じ状況ですね。
(日本では、その他の制限もいろいろ厳しくあるようですが・・)


これは、私たちを含む他の移民も同様で、
将来的に申請すれば、取得することが可能です。


ちなみに、市民権市民権・・・と連呼してますが、
この市民権の有無で変わってくるのは、


* 選挙権・投票権
* 国籍(パスポート)
* 一部の政府系の職に就けない



と、意外にこのくらいです。


大切な医療や教育など公共機関では、
永住権があれば、市民権のある人と同じサービスが受けられます。


なので、普通に暮らしていく分には、
(どうしても選挙に参加したい!といわけでなければ、)
市民権を持っていなくて不便なことはありません。


逆に、移民で市民権を取得すると、
どんな人種でも何語を話そうと、オーストラリア人という扱いになるので、
思いがけない障害があったりするそうです。


その例としては、自国(事実上はもう他国ですが)に戻る際、
旅行ビザを取得しなくてはいけなかったり、
その国での滞在日数が限られていたり、、など。
個人的には、こっちの方が不便を感じてしまう気がします


市民権自体も、移民して5年経たないと申請ができないなど、
いろいろと決まり事があるようで、
移民一年目の私たちには、まだそんな選択肢すらありませんが、
そんな理由から、私たち自身、あまり市民権の重要性は感じていません。


インドや中国からの移民は積極的に市民権を獲得しているようです。
日本人などは市民権の重要性を感じず、
取得しない人が多いみたいという話を聞いた事があります。
(理由は「選挙権」では無いと思いますが・・)


長い事住むのに、その国や州のリーダーを決める選挙に参加しないというのは、
あまりコミュニティに貢献していないようで申し訳ない気もしますが、
投票権は、あくまで「投票できる権利」ですからね。


しばらくは(多分何十年単位で)、このまま外国人として
オーストラリアの選挙をウォッチして行きたいとおもいます


代わりに、日本の選挙の在外投票する気満々ですし
(日本の政治や政治家に異論反論ありますが、
この権利を行使しない限りは、何もかわりませんからね。
日本の明るい未来のために、選挙はちゃんと行きます


というわけで、今日はなんだかちょっと真面目なエントリーでした




ちなみに、
私たちの前に住んでいた人たちがどんな人なのかは不明ですが、
未だに彼ら宛の郵便物がよく届くところをみると、
住所変更をしていないようです。
たまに結構重要な書類なんかも送られて来ます大丈夫なのか・・


今回も、この居住者リストに彼らの名前が明記されていたので、
名前に線を引いて、もう住んでいない旨を書き加えておきましたが、
彼らが申告しない限り、州や保険会社など彼らの住所を知らないので、
人ごとながらちょっと心配しています


しかもこの手紙、私の名前で送られてきて、
元住人の名前はあったものの、
なぜかダーリンの名前が記載されていな~~い
こっちはさらに心配になったので、
市民権はないけど、住人だーーと加えて返信しました


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


そうそう、郵便ネタでちょっと気になっていることがあります。


私の住むフラットは、フラットの入り口に郵便受けがあるのですが、
郵便受けのサイズが中途半端に小さくて、
郵便物が入りきらず、いつも届いた手紙は半分くらい顔を出しています。


中をのぞかなくても郵便が来た事がわかるというメリットはあるものの、
雨の日に届いた郵便物はずぶぬれです


今回は特に選挙に関する手紙だったので、
政府系からの手紙がそんなことになっていいのか
と、ちょっと真剣に考えてしまいました。
ダーリンは「まぁ、オーストラリアだからね」というので、
きっとありなんでしょう


しかも


今までは、届いた手紙はふやふやになっているくらいでしたが、
この登録用紙が届いてびっくりしたのは、、


のり付きの返信用封筒が、すでにちょっと閉じかけている・・


水をつければ封ができる封筒なので、
そりゃ~雨にぬれれば、そうそう、そうなるよね~~って話ではあるのですが、


これでいいのか、オーストラリアァ~~~



それから注意していろんな家の郵便受けを見てみると、
やっぱり今風のゴージャスなマンションでもない限り、
うちの郵便受けと大差ありません
一軒家だとまたちょっと違うのかなー


遠い遠~~い将来お家を買うときのための、
チェクポイントに入れておきたいと思います



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

16:03  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

永住権のみ派

市民権取得に関して 「市民権テスト」はご存知ですか?ここ2,3年前から始まったと思うんですが オーストラリアに関する歴史、常識(多分語学力も)が問われるようで、特に年配の移民の方々には 曲者のようですよ。
私もそこまでして、選挙権のために市民権をとは 考えてません。日本人に関しては、日本のパスポートはいろんな意味で有効・有力だし、オーストラリアの国籍をとろうとしてる移民の中には、自国のパスポートによって、海外旅行、ビザなりに支障をきたす場合が起きるためとか、あと二重国籍が認められてるからですよね。
でも、前回の豪総選挙の時、友達主催のElection Partyには 参加しましたよ!選挙の時 日本なら立候補者側がうるさく活動し、こちらでは 投票者側が盛り上がる?様な気がします。

郵便受け、確かに家購入の際のポイントになると思いますよ。例えば、一軒家の場合、郵便受けって 歩道や路上の近くに付き立ててあると思うんです。インスペクションの時にあっても、それが前の持ち主の物だったりすると、入居時には撤去されていることもありえるそうです。
気に入らない郵便受けなら、独自購入でいいのでしょうけど、よければ、含まれてる方がいいですよね。
SatomiTiger |  2009.07.15(水) 17:13 | URL |  【編集】

SatomiTigerさん

「市民権テスト」はここ2~3年前から始まったのですね。オーストラリアの歴史などを問われるテストができた事は聞いた事がありましたが、そんなに新しい取り組みだったとは・・。選挙活動のスタイルも、確かに日本と全然違いますよね!!

郵便受け、やっぱりお家購入のチェックポイントになりそうですね。含まれると思って入居してみたら、撤去されてなかった・・というのも、ちょっとびっくりですね。苦笑
ハズ&ワイフ |  2009.07.16(木) 12:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/347-9f66b4ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。