09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

冬のRedcliffe (レッドクリフ)

2009.07.08 (Wed)

ちょっと前にいったShorncliffe(ショーンクリフ)が最高に良かったので、
今度はもうちょっと足を伸ばして、
さらに北にあるRedcliffe(レッドクリフ)に行ってみました


ブリスベンシティから約55km、車で35分くらいの海岸沿いにある、
ショーンクリフよりも大きい町のようです。
前回のShorncliffeは、片道40kmのところを90kmも走ったので、
さらに遠い今回も迷わないか心配していたのですが、
思いがけずスムーズに行くことが出来ました
成長したものです。笑


レッドクリフは、クイーンズランド州の東側、
地形的にちょっと飛び出ているところにあって、
ブリスベンのシティから行く場合は、
その飛び出したエリアの手前にある長い橋を渡っていきます。


この橋にさしかかると、視界を遮るものがなくなるので、
一気に空が広くなって、テンションが上がってきます



to-redcliffe


車の中からだったのでうまく写真をとれなかったのですが、
車道の横にも道(橋)があって、自転車や歩行者はここを通ります。
暖かくなったら、ここも歩いてみたいな~と思っています。
もしくは、自転車で渡るのも気持ちいいかもしれませんね。


to-redcliffe2


レッドクリフについてみると、ローカルマーケットが開かれていました。
野菜やアクセサリ、洋服など、いろいろな物が売られています。

redcliffe-market


なかでも気になったのが、この移動お肉屋さん
redcliffe-market2


トラック自体が冷蔵ショーケースになっていて、
おばちゃんに言うと、お肉を取り出してくれます。
多分こっちでは、お肉だけでなく、鮮魚なんかにも使われている
良くあるトラックなのだと思いますが、
なんせ初めて見たので、感動してしまいました


それから、見慣れた感じのお店。
思わず写真を撮ってしまいました。

redcliffe-market4



オージー女性がお好み焼きを作っているのですが、
あまりに見事な手さばきに、驚いてしまいました。
redcliffe-market3

お好み焼きはなぜか四角かったです。


外にも、ちょっとしたライブスペースがあって、
ギター片手に歌っているお兄さんがいたり、
いかにも海外の週末のマーケットという長閑な雰囲気でした。


そして、そこを抜けるとレッドクリフの桟橋です。

redcliffe

あぁ~、落ち着くきますね~


ショーンクリフよりもしっかりした作りの桟橋です。
桟橋入り口付近からの景色がこんな感じです


redcliffe7


冬の海ですね~。
redcliffe2


海に光が射して、きらきらしている感じがたまらなく良いです。
redcliffe3


桟橋を奥に進んでいくと、つりをしているカップルや家族がいたりして、
楽しそうに過ごしてました。
redcliffe4


今は冬なので人も少なかったし、海も穏やかでしたが、
夏になると、きっとマイボートを持った人たちで賑わうのでしょうね。


ここは、桟橋の先が堤防になっているので、
見渡す限り海、というにはちょっと残念ですが、
見てと言わんばかりに何台かのボートが泊まっていて、
夏に訪れたら羨ましくて仕方ない気がします。笑

redcliffe5
その日もカヌーをしてる人達がいました。
(小さいですが、あの黄色いのがそうです)


きっとここから船に乗り込むのかな?というデッキまで
一応気分良く降りてみました。
redcliffe8


そこから見える桟橋の下。
redcliffe6

どこもこんなもんなのでしょうけれど、
よくぐらつかないな~と感心してしまいます。



この桟橋からちょっと歩くとSettlement Coveという場所があり、
そこには子供達が遊べるプレイグラウンドや
プールなんかもありました

settlement cove


さすがに真冬なので、誰も入っていませんね。


settlement cove2


かもめが独り占めです。笑
settlement cove3


帰りは海岸沿いの道を通ってパーキングまで戻ってみました。
redcliffe-city


お昼どきだったので、ランチにきてる家族連れを結構見かけましたが、
やっぱり冬だからでしょうか、オフシーズン感たっぷりで、
どこもがら~んとしています。


海沿いには至るところにバーベキュー台が設置されているので、
暖かくなったら大にぎわいなのでしょうね



帰りがけ、ジュゴンのマークのついた看板を見つけたので、
それにつられて進んでいくと、また別の桟橋に着きました

scotts point-jetty
この桟橋は、これまで見た桟橋のなかで一番幅の広い
しっかりした桟橋だった気がします。


私は海の大きな生き物が大好きで、
(水棲ほ乳類とか海牛類とか呼び名はいろいろあるみたいですが)
クジラやイルカはもちろん、ジュゴンやマナティ、
魚類ではマンタなんかを、水族館ではなくて、
彼らが生息する場所で、一度でいいから見てみたいと思っています


そんなわけで、ちょっと期待しながら
ジュゴンマークのある桟橋からジュゴンを探してみましたが、
残念ながらその日の海では確認できませんでした


この辺はもうレッドクリフではなくて、
Scotts Point(スコッツポイント)という所のようです。


周りには、最近できたホテルやマンション、
新たに整備されたような公園に
やっぱりフリーバーベキュースポットがあって、
夏には観光客がたくさんくるのでしょうね。
そこら中にカモメもいました。

scotts point


いつも思うのですが、かもめは自然界に生きながらも、
どうしてここまで白い(ままでいられる)のだろう?ということ。

scotts point 2

だって、本当に真っ白なんですよ。輝くほど透き通った白。
そして、くちばしや足が黄色だったり赤だったり、
ステキな鳥です



さてさて、写真では小さくなってしまって写せなかったのですが、
帰りには、ハイウェイの電灯の上にペリカンがとまっていました

to-redcliffe3
ちょうどランプの上辺りです。


ダーリンはペリカンを生で見たのは初めてだと、やや興奮気味でした。笑
私は、なんて言うか、、
ペリカンってこんなに高くまで飛べるんだ・・と驚いた反面、
この鳥が鳩をぱくっと食べてしまう・・という話を思い出し、
彼らの野生ぶりに改めてちょっと恐怖を感じてしまいました・・


でも、それぞれの生き物が暮らす場所で、
こういう生物を間近で見られるというのは、
弱肉強食の自然界の法則を学ぶ機会になるというか、
ホントにいろいろと感じることができますね。


東京で暮らしていると、興味を持たない限り、
動物園でみた動物が可愛い可愛くない、
といった評価くらいで終わってしまうので。。
ここにいると、自分の興味の範囲が広がっていくのが分かります



さーて、今度はどこでどんな生物に出会うのでしょうか
次回はさらに北上してみたいと思います



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

13:50  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.07.09(木) 12:33 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/340-fb06c85c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。