08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

荷物が届きました~♪♪

2009.05.26 (Tue)

ワイフが有給休暇に入ってから、
ブリスベンへ出発するまでの約5日の間に、
ドォーーッともの凄い勢いでパッキングした荷物6箱が、
昨日ついに到着しました


CIMG2867.jpg
疲れ果てた箱たち…
戦いの跡が感じられます



6箱も送った割には、
お~、来た来た!」という
感動の再会を果たすような喜びは、意外にありませんでした


ここのところ、ブリスベンの気候は、
1ヶ月前に比べると気温が低くなってきているのですが
なんせパーカーを1枚しか持ってきていなかったので、
毎日その1着で暮らしていた私たちにとっては…


なんて言うか、、
届いて良かった~」というものは上着くらいで、
あとは、必要なものというより、あったらいいものだったようです。


まぁ、仕事を始めると、送られて来たアイテム達が大活躍し始め、
「送ってよかったね~」ということになるのでしょうけれど…


CIMG2868.jpg
早速あったか衣類を漁るワイフ



それでも移住する前は、送料もばかにならないし、


現地でも買えるものは、わざわざ送らなくても現地で買えば良い


と考えていたので、
この6箱を約16万円で送るにあたっては、


なんて高いのだ…」としか思っていませんでした。


が…、


頼る人もいないゼロからの生活基盤構築には、
家電、家具、キッチン用品、情報収集のための通信環境の確保などなど、
最低限の暮らしをする上で必要なものが結構あって、
それだけでもかなりのお金と時間を費やすことになります


オーストラリアには、
日本より安い物がたくさんありますが、
日本より高い物もたくさんあります。


16万あげるから、いろいろ揃えな
と言われても、
今回送った6箱に見合うだけの物は、到底買いきれません


すると、はじめは「うひゃ~っ、高いっ」と思った送料も、
これまでのプロセスを考えると、
あったらいいものは送るべき
ということになります


そして…、
実はまだ実家に置きっぱなしで、
送りきれていないものも結構あったりします


主に書籍類ですが…、
これは次回日本に行ったときに、郵便局から送ろうと思います


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回の国際引っ越しに関しては、
日本通運に大変お世話になりました


ひとまず荷物だけを詰めて、
あとはオーストラリアからのやり取りだったのですが、
日本の担当の方はとても親切で
母親曰く、集荷に着てくれた人も親切だったようで
もしまたたくさんの荷物を送ることがあれば、
迷わず日通を使いたいと思うくらいの満足度は高かったです


これまでも時間があるときには送り方や送料なんかを調べていたものの、
準備をはじめてみると、疑問点がいっぱいになってしまって、
サイトで見ていても良く分からないし、
えーい、電話してしまえ~っと、
郵便局日本通運クロネコヤマトに片っ端から電話を入れました
DHLは、過去に使った人が「最悪だった」と言っていたので外してます。


コストパフォーマンス的には郵便局が一番だったのですが、
私たちが自分たちで購入した箱のサイズは、
「郵便」として海外に送れる大きさを微妙に超えてしまっていたようで、
断念せざるを得ませんでした…


他にも、クロネコヤマトは、ブリスベンまでの引っ越しはやっていなかったり、
日通も、なぜか船便よりも航空便のほうが安かったり、
分からないことだらけで、いろいろと勉強になりました


そして何より、
オーストラリアに荷物を送るのは初めてだったので、
いかに検疫に引っかからないようにするか
を考えて、引っ越し準備をしていた気がします。


オーストラリアはどこの国よりも検疫が厳しいというし、
アメリカに荷物を送るような感覚で送ってしまうと、
間違いなく引っかかってしまうだろうな~と
(アメリカにしか大きな荷物を送ったことがないので…スミマセン


さらに、中身を気をつけるのはもちろんですが、
食べ物の名前が入った箱なども、御法度のようで…


そこまで…
生態系保護の意識の高さには脱帽です


そんな心もとない引っ越し準備でしたが、
それを見かねて(?)か、
海外引っ越しの担当者は、
国内担当と違って、どこの担当者も優秀なのです


商社や大手企業の海外転勤などに日々対応しているからでしょうか


私の無知さや面倒な条件に対しても、
丁寧親切に「それが知りたかったのよ~」というポイントを
しっかり押さえて返してくれるのです


私たちはできる限りコストを抑える意味でも、
できるところまでは自分達で…と思っていたので、
近くのホームセンターで丈夫そうな箱を購入し、
絶対に引っかからないだろう物だけを詰め込んで、
箱ごとに入れたものを全部書き出しておきました。


引っ越し業者的には、
自分たちを通して送った荷物が検疫に引っかかる
オーストラリアの検疫機関に対して自分達の信頼性を欠く

ということになってしまうので、
本当なら、オイラたちに詰めさせてくれ~というのが本心なのでしょう。
私たちのようなお客への対応は相当慎重です


そんな訳でか、
こんな大きな引っ越しをするのは
忙しいビジネスマンが多いからかは分かりませんが、
荷物を詰めるところからパッケージに含まれていることがほとんどなので、
結構な量を送る場合は、全てをお任せするのが賢いのかもなぁと思いました。


まぁ、私たちの場合は、すでに手遅れだったので、
私の手書きの中身リストで対応していただきましたが…。


それでも届いた箱には、
「日通チェック済」的なシールが貼付されていて、
あぁ~、そうでしたかぁ…ご苦労様でした…と労いの気持ちでいっぱいに。。


日通御中、本当にお世話になりましたーー


※ もし小さな荷物や1~3箱程度なら、こんな便利なサイトもあるみたいです




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:50  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

コメント

箱の中身は~!?

6箱には上着のほかになにがはいっていたのでしょうか~。 なんか自分のものじゃないのに中身がみょーに気になる・・・

でもおっしゃるとおり、現地調達にしても一から生活道具をそろえるのってほんと時間とお金がかかりますよね。 私はキッチン用品のほとんどを義母から貰い受けましたが、あれがなかったら今頃どうしてたんだろう・・・っておもいます。 義母から手伝ってもらうのはちょっとやだったところもあったんですけど・・・ 大人な感覚(?)でありがたくもらっておいてよかった、なんていまになると自分偉い、とかおもってたりして・・・  小さなものも重なれば大きい金額になりますものね。

でも実際「あったらいいもの」が身の回りにあるというのはとっても贅沢な感覚かと思い、うらやましい☆ うちなんて「あったらいいもの」がほんとありませんよー(苦笑)
くんちゃん |  2009.05.27(水) 13:28 | URL |  【編集】

くんちゃん

くんちゃ~ん、、コメントを書いていたら、なんだか写真も付けたくなってしまったので……、今日のブログとしてアップすることにします。笑
箱の中身については、後ほどブログをご覧くださいましm(_ _)m ペコリ

ハズ&ワイフ |  2009.05.27(水) 14:36 | URL |  【編集】

こんにちは★
ちょうど私は自分の分(到着後すぐに必要になるもののみ)3箱位SAL便で送った所でしたのでタイムリーな話題!さすがに結構箱はボロボロになって到着するのですね、先輩のアドバイス通り2層の箱にしてよかった!
私はコスト重視で以前教えてもらった輸送費比較サイトで一番割安でした郵便局で発送したのですが、そこでもやはり内容物については結構細かく聞かれました。(Hair Supplyって書いたらこれはシャンプー?とか、Pet Supplyって書いたらこれは何?とか)でも結局問題ないものだったようで無事に発送してもらえました。

私たちもハズ&ワイフさんと同じように現地での初期費用をなるべく低く抑えようと日本から多くを送る予定です。現地に住む以上現地で全部そろえられるようにならなくちゃ、、と思いつつも現状がわからない状態なのでとりあえず送っちゃえ!状態で笑
でも第1荷物隊が無事届いた様でこれで先ずは一安心ですね!!
さち |  2009.05.27(水) 17:36 | URL |  【編集】

さちさん

2層の箱なら完璧ですね☆
私は、送るときに上下を気にしていたのですが、到着したときには、縦とか横とか上とか下とか関係なく積み上げられていたので、「あ…、まぁ、そんなもんだよね~」となんか逆に可笑しくなってしまいました(笑)さすがオーストラリアですね。

荷物の中身に関しては、何かで「素材までできるだけ具体的に書くのが、検疫をスムーズに通る秘訣」とあったので、洋服も単に「衣類」ではなく、「ウールニット○着、コットンパンツ○着」とか、鞄も「ナイロンバッグ、革製バッグ」とか、結構細かく書き出しておいた気がします。そのおかげでか、申告するものが医薬品くらいだったからか、問題なく予定通り到着しました!ダンナさんが荷物をまとめられる時は、オススメします♪

さちさん、シドニーからのアデレードまでのドライブ、楽しんで&気をつけてくださいね!!

ハズ&ワイフ |  2009.05.27(水) 20:54 | URL |  【編集】

ひゃー、たいへんですね

荷物が来てひと安心ですね。次は私の番だと興味しんしんで読みました。6箱で16万円とはびっくりですね。郵便局で大きな荷物が送れないのも意外でした。現地で買えばいいという話はよく聞きますが、実際自分の好みにあったものは異国ですぐに見つかるわけもなく、やはりあったらいいものは送るべきなんでしょうけど、どんなものがあってよかったのか、「これはもってきてよかった!」「こんなのこっちで買えばよかった」を今度レポートしていただけると助かります。それと検疫をだいぶ気にされてますが、どんなものが要注意ですか。食料品?
Yoshiko |  2009.05.27(水) 23:18 | URL |  【編集】

Yoshikoさん

日本で詰めている時は結構大きな段ボールに6箱だったんですが、
こっちで荷物を受け取ってみると案外小さかったのがビックリです。
この量で16万円は高いかなぁとも思いますが、
使い慣れたものや、思い入れのあるものはプライスレスですよね。
こういったものが新居に配置されるだけで、ホーム感がぐぐっとあがります。

持ってきて良かったもののレポートは今まとめ中で、
気付いた時にいろいろと追加したりしているので、仕上がったらアップしますね。
Yoshikoさんの移住準備に間に合うようにアップ出来るといいですね。

イニシャルエントリーはいつ頃を予定されていますか?
ハズ&ワイフ |  2009.05.28(木) 23:16 | URL |  【編集】

送るか買うか?

は私も非常に悩みました。結局ほとんど送ったんですけどね、車まで。日本で実家が遠かったので実家に送るのも大変だったんです。以前も書いたかも知れませんが、それでトータルの引越し金額は、車の諸費用も含めて100万円ぐらいだったんです。6箱で16万なんだから当然ですかね?!丸ごと引越しでしたが、パッキングもおまかせだったし(自分ではできなかったし)まあ、楽チンでした。おかげで「何でこんなものまで?」って物がうちには沢山ありますが(笑)。私は郵船を使いました。ここもすごく対応は良かったですよ。車の輸送途中でカーナビが取られたりしましたが、保険で価値以上の金額が返って来ましたし(オーストラリアで使えないのに(^_^;))。

ところでイニシャルエントリーって、Yosikoちゃん、ビザとれたの?! ↑↑↑
EveJohnnyママ |  2009.05.30(土) 15:14 | URL |  【編集】

EveJohnnyママさん

100万で車までも送られたんですね!金額だけを考えると高いですが、こっちで車を買ったら、それだけでも100万以上かかってしまうので、費用対効果はきっと高かったはずです!?実家に送るのも大変だったとるすと、持っていくか捨てるか、究極の選択しかないですもんね…。パッキングのおまかせも、きっと正解だった気がします。郵船も良かったんですね~☆引っ越し屋さんが良いと、すごく気分がいいですよね。

私の知り合いが結婚してアメリカに行くとき、40万分も荷物送ったと聞いて、何をそんなにぃ~っ!と学生時代は驚いていましたが、今となれば彼女の気持ちが良くわかる気がします(笑)

Yoshikoさんの進捗、詳しくは伺ってないのですが、そろそろなはずです☆

ハズ&ワイフ |  2009.05.31(日) 22:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/292-1c9babd0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。