04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

Telstraに勝利!!

2009.05.16 (Sat)

ワイヤレスブロードバンドから、
ADSLのインターネット回線に切り替えたくて、
まずはTelstraに申し込み電話を開通することにしました


ところが…、
当初契約を予定していたインターネットプロバイダから、
私たちの地域には適切な回線がないから利用不可能と言われてしまい、
一度電話自体の契約をキャンセルすることに


何週間かが経って、
改めてADSLのインターネットを申し込んでみたら、
今度は即OK


なんなんだ…??


なんて思いつつも、ADSLになるなら嬉しい限りです



というわけで、再度Telstraの回線をオープン


そして早速Telstraから請求サマリーが送られてきました
さすが天下のTelstra、抜かりないっ


ただよく見てみると…、
キャンセルしていた時期の料金が含まれているのです…


う~ん、これはおかしいなぁ…


ダーリンが携帯を片手に別室へと消えていきました


私はキッチンやリビングをウロウロウロウロ。


いつになっても戻ってこないので、ちょっと部屋をのぞいてみると、
何やらTelstraのオペレータとのバトルが展開されているではないですかっ


しかも、ダーリンの口調と、何度も同じ内容を伝えている様子から、
端から見てても、オペレータが何人も変わっているのがわかります。。


あぁ…はまってしまったか…


我が家の電話はプリペイドなのにぃ~…なんてケチなことを一瞬思いましたが、
ダーリンが頑張ってくれているのですから、そんなことは言っていられません


時には「Could you please calm down? please.」とまで


もちろん言っているのはダーリンですワオ

ダーリンは、イライラしてるというよりも、むしろあきれた感じでした


おいおい、Telstraオペレータよ、客になだめられてどうする?


そして延々と話続けるも、
「もう何人にもこの話をしてるんだけど、どうなってるんですか?
マネージャーか誰か、話の分かる人に代わってもらえませんか?」


このダーリンの一言で、
30分以上に渡るTelstraとのバトルは終了


ダーリン「とりあえず、やったよ(勝ったよ)。


ぐったりした感じで部屋から出てきました。。


なんでも、オペレータは「確認するので少々お待ちください」と言ったまま、
突然別のオペレータの新規ラインに繋がれ、
その度に一から状況を説明する、という流れを
何度も何度も繰り返していたようです。


人によっては熱くなり、大声で怒鳴るように話してくるオペレータもいたとか


そもそもTelstraはダーリンが過去に勤務していた会社のお客さんで、
どんな人たちがオペレータをやっているのか知っているだけに、
負けられないと力がこもっていたのも事実なのですが、


そうはいっても、Telstraさん…
あなたが熱くなっちゃだめでしょぅ。。
(NTTにそんな態度は許されないぞよ…)


ダーリンもなんだか後味が悪い感じで、
私たちの間にも変な空気がちょろっと流れたりして。。


まぁ何はともあれ、
キャンセル期間中の約$30は支払わなくて良いことになったので、
ダーリンには大感謝です



なーんだ、$30くらいの話かぁ、と思われてしまうかもしれませんが、


今回のポイントは、$30が高いか安いかという問題ではないのです。


本来支払わなくて良い料金を誤って請求されていたので、
その分は請求しないでね…ということなのです。

もちろん、その分も支払う決まりがあれば仕方ありませんが、
そう訳ではないようなので、
それなら、請求するのはおかしいじゃない?と。


そんなに筋の通っていないことは言ってないと思うのですが、
このやり取りにファーストコンタクトのオペレータを何人も出してくるTelstraって…
解決できないなら、できる人にまわしましょうよ


大手ならではの無駄な人件費を肌で感じた瞬間でした…


ダーリン、本当にご苦労さま。。




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:02  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

コメント

わかります!

私も同じ経験をしております!
私の相手はジェットスターでしたけど。
結局、返ってきたお金は5千円もいかないくらいでしたけど、
金額の問題じゃないんです!
ハズさんの「おちついてくれ」って言ってた姿が目に浮かびます!
話は変わって、私もwestpacなんですけど、
そのクレジットカードの名前は何て言うんですか?
後、年会費はいくらくらいですか?
kaorin |  2009.05.16(土) 22:18 | URL |  【編集】

kaorinさん

ジェットスターですかぁー…。
実は私もぶーたれたことあります。
クレーマー夫婦かっ!と突っ込まれてしまいそうですが、
これはこれで、またいろいろとありまして…。笑

前職で身につけた苦情学(?)から言うと、
「苦情を申し出てくれるお客様は、その会社に期待している人」なので、
一応、その会社の今後の発展に大いに貢献してくれる人、
という位置づけなんですけどね。
そんなのが通用するのは、日本くらいなのでしょうか…。笑

Westpacの件は、明日アップするので
今しばらくお待ちくださーい!

ハズ&ワイフ |  2009.05.16(土) 22:56 | URL |  【編集】

初めまして

初めてお邪魔させていただきます。

うちも同じようなことよくありますよ。
Telstraはオージーも信用してないですから。
銀行もそうだし、なかなか疲れますよね。

Telstraや銀行の迷惑話をすると、オージーに
Welcome to Australiaって言われたりします。
それってなんだか…v-12
ぴぎー |  2009.05.17(日) 07:43 | URL |  【編集】

ぴぎーさん

コメントありがとうございます!
こういうことに遭遇すると、
オーストラリアにいるんだな~って、
改めて実感しますね。
「Welcome to Australia」かぁ。。
その通りですっ!笑

いろいろとすったもんだがありますが、
オージーライフは楽しまなくちゃv-10ですね。
また遊びにきてください♪♪

ハズ&ワイフ |  2009.05.17(日) 09:12 | URL |  【編集】

はじめまして

この間うちもありましたよ。とある変更をしたかったんですけどね、うちのパートナーがネットで方法が見つからないからって電話したら今システムダウン中だから後で自分でネットでやってくれって。
私がネットで見つけたので(英語ができないわりに検索はけっこう得意)ことなきを得ましたが、またまた嫌い度があがりました。プロバイダーも「大池さん」から変えたくはあるんですけどねー。なにせ田舎暮らしですから選択の幅が狭い。

でもまあサービス悪いのはやっぱり未だにカチンときますが、この国のテキトーなとこが心地よいときもあったりして。。。
triple D |  2009.05.17(日) 14:35 | URL |  【編集】

ほんとにこの手の間違え、多いですよねー。 契約をキャンセルしたときには絶対といっていいほどチャージされちゃうし。 そして何回も1から説明・・・ これもどうにかしてほしいですよね(苦笑) 電話回される前に「ちょっと待った~、同じ説明をもう一度するのはやなんだけど!」って言ったりすることもあります(でも避けられないんですけど)

そういえばコメントでジェットスターのことをかいていらっしゃる方いましたが、つい昨日娘の渡豪のためのチケットを取るためにジェットスターへ電話したところ・・・ ほんとめちゃくちゃでした(苦笑) 3人ぐらいと話ましたけどみんな言うこと違うし、一人は「アデレードからホノルルまで直行があるんだけど、6月は残念ながらその便がない」と言い放ってました(最初からそんな便ないのよ 笑) ほかにも驚くこと、1時間ぐらいの電話のなかでいっぱいありましたw

それでもオーストラリアはアメリカに比べるとカスタマーサービス全然いい!と思っています。 @_@ だからオーストラリア、大好きなんです。 あはは。
くんちゃん |  2009.05.17(日) 19:21 | URL |  【編集】

triple Dさん

コメントありがとうございます!
triple Dさんも苦い経験をされてましたか。。自分でやってくれ…って、失礼な話ですね。。
「大池さん」は一瞬わからなくて、でもその後時差式で大爆笑してしまいました。
ここの会社は本当にいろんな噂が絶えないようですが、多分噂でなくて事実なんでしょうね。笑

サービスには期待しちゃダメ…と思いながらも、ついつい期待してしまうオーストラリア初心者ですが(恥)、また遊びに来てください☆

ハズ&ワイフ |  2009.05.18(月) 00:35 | URL |  【編集】

くんちゃん

この手の間違いは日常茶飯事ですかぁ…。オペレータがコロコロ変わるのも「オーストラリアの文化」くらいに思っていたほうが良いのかもしれませんね(笑)。というか、ジェットスターのインチキ情報はダメでしょう!!汗 くんちゃんも、ご苦労様でした。。。無事娘さんのチケットは購入されましたか??

アメリカはもっとヒドかったですかっ??私たちもそのギャップをこれから検証していきたいと思います。なんでも来い!ですね。笑


ハズ&ワイフ |  2009.05.18(月) 00:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/278-1bf08522

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。