09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

QLDのドライバーライセンス

2009.05.12 (Tue)

今日ついにクイーンズランド州のドライバーライセンスを取得しました

今回も手こずってしまい、
実は2度目のQueensland Transport

当初移住予定だったビクトリア州では、
日本の免許証やその翻訳の提出は必要なく、
国際運転免許証だけでOKだったので、
そのつもりで行ってしまい‥

「NATTIの電話番号教えるから、
そこに聞いて、翻訳つけてまた来て。」

国際運転免許証の出番もないままに、
あっさり退散することに。。


よく考えれば気付くことですが、
州によって必要な提出物が違うんですね。。

勉強になりました

おさらいすると(?)、
日本の免許をQLDライセンスに書き換える際に必要な物:

● アプリケーション
  (QTに置いてありますが、サイトからダウンロードも可)

● 本人証明書類3種類
  カテゴリーA(Legal)とB(Community)から各1つ+AorBの中から1つ
  私たちは、A(パスポート)、B(Medicareカード)、B(金融機関のカード)を提出

● 住所の証明
  公的機関によって発行されたもの1通
  私たちは、契約している電力会社からのレターを持参

● 日本の免許証
  何も読めないのに、何を見るんだろう?と思いましたが、
  きっと「存在」が大事なんでしょう。

● 日本の免許証の翻訳 ※ NATTI認定翻訳者によるもの
  NATTIに登録している翻訳者を自分で探します。
  人によって対応金額に違いがあるので、何人かの翻訳者にあらかじめ
  料金や対応期間などを確認し、よさそうな人にお願いするのが良いと思います。
  私たちは、比較的近くに住む方にお願いしましたが、
  もともと日→英のNATTI翻訳家がこの辺には少ないみたいで、
  そこまで選択肢はありませんでした。
  相場は、1枚につき$75前後のようです。

  名前と生年月日くらいしか違わないのに、1人につき$75なんて納得いかんっ
  
  探し続けて、どうにかグッドディールを見つけました

● 費用
  1~5年の間で期間を選べます。
  1年→$27.65
  2年→$38.50
  3年→$49.35
  4年→$60.20
  5年→$71.05

「写真は若い方がいい」というダーリンの一声で5年に。

でも本当は、コストパフォーマンスです


詳細は、Queensland Transportを見てくださいね。


ちなみに、ダーリンは、バイクの免許も持っています

NATTI翻訳家が、スクーターと勘違いして翻訳をあげて来たので、
「いやいやいや、そうではなくって‥」と
運転できるバイクの範囲を、念入りにチェック&修正して
翻訳を仕上げてもらいました


にもかかわらず‥、


バイクに関しては、ペーパーテストと実地試験を受けないと、
ライセンスには反映してもらえないって‥


なにぃ~~っ


まぁ、仕方ないので、
バイクを乗るときは、国際免許証で乗ってもらうことにしましょう


そして、出来上がったのがこのカードがこちら。

Licenses.jpg


しょっ‥しょぼい‥


ライセンスは国や州によっても違うので、
それは仕方ないにしても、
私たちは最もセンスのないおばちゃんに当たってしまったのではないか?
と思うくらい、本当にへたっぴなラミネート

もしくは、これをオージーらしいと呼ぶのか?

あまりにしょぼさに、
本当に5年間ももつのだろうか?と
ちょっと心配になってきます‥


きっとみんなこんな感じなんだろうな。。


何はともあれ、IDも出来上がり、
これでパスポート持ち歩きライフもおしまいです



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:02  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

そのラミネートのライセンス、5年と言わず、半永久ですよ(笑)
我が家は、5年が経ち、来月更新ですが、インターネットで更新でき、後日ライセンスの裏に貼るステッカーが送られてくるだけ。
勿論、写真が気に入らなかったりする人は、QLQ Transportに行けば、新たに発行してもらえますが、5年後の老けた自分よりは、5年前のをあと5年使っちゃえ!みたいなね。

あと、運転免許の翻訳は、日本領事館が一番安かったと思います。
今更の情報ですが。
erizo |  2009.05.13(水) 09:43 | URL |  【編集】

ドライバーズライセンス取得おめでとうございます~♪

私は最初の2年間はテンポラリービザのため、まだオーストラリアのライセンスがとれないので、いまだにハワイのドライバーズライセンスで運転しております(警察に捕まることがあればそう説明するように、っていうのもすごいですよねー 笑) 

でもテストもなしに簡単に取得でいるのがいいですよね☆ 2年の間にこれが変わらないといいんですけど・・・
くんちゃん |  2009.05.13(水) 16:01 | URL |  【編集】

erizoさん

ええっ。。。

そうなんですね。そこまでは調査不足でした。だったらもっと気合い入れて写真撮るんだったなぁ。でも、10年前の写真みせられたら、免許証見た人も困りますよね。日本人はあんまり老けないからいいかな。

ちなみに翻訳料金は領事館だとおいくらぐらいなのでしょう。ホームページ見ましたが、翻訳業務やります、とだけでお値段までは書かれていませんでした。私たちがお願いした翻訳家もかなり値段を下げてくれて、2枚目は3分の1のお値段でやってくれました。ベストバリューではないですが、そこそこ良い値段だったと思います。
ハズ&ワイフ |  2009.05.14(木) 00:14 | URL |  【編集】

くんちゃん

ありがとうございます。
パスポートの永住ビザに引き続き、オーストラリアのしょぼい証明書第2弾ですね。州によって免許の取り方まで違うなんて、州国家だな~っと思いました。でも、どうせならバイクの免許も付けて欲しかったなぁ。。。(ハズ)

ハワイだと免許書が英語だから翻訳とかいらなくて良いですよね。ダーリンのカリフォーニアのライセンスは期限切れのためトランスファーしてもらえませんでした。いけずぅ~。

ハズ&ワイフ |  2009.05.14(木) 00:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/275-54a6550b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。