10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

もう一つの記念日

2008.06.16 (Mon)

ワイフの私は、今月末30歳になります。
俗に言う「三十路」です

いつからか30歳になったらドリームウォッチを買うんだー!と思ってましたが、
去年結婚するときにダーリンと十分素敵な時計を買ったので、
まだ買い替えるほどではないですし、
なにより、私が欲しいと思っていた時計メーカーの会社の方に、
「うちの時計は、実は値段ほど良いものではない」といわれてしまいました。
事実を知れてよかったのですが、長年温めてきた思いだっただけに、
やっぱりしょぼん‥です

ダーリンからのプレゼントは、生涯使えるようなもの、という
テーマだけは決まっていましたが、
目ぼしいものが見つからず・・。

ダーリンは、靴を作ってはどうか?と提案してくれていたものの、
あまり乗り気ではありませんでした。
でも、最近ダーリンが靴を大事に履いて、大切にケアしているのをみているうちに、
私もそんな一足が欲しいような気がしてきました。

そんなわけで、今日は、ダーリンの仕事が早く終わったので、
銀座にある婦人靴を木型から作ってくれる靴専門店に行って、
いろいろ話を聞いてきました。

基本的には、いろんな種類の靴を足に合わせて作ってくれるのですが、
このような靴は始めてで足が慣れないうえに、
私の足は外反母趾なので、
実のところ、現状では選べる靴のデザインは1つだけ・・とのことでした。
ぶっちゃけおばちゃん靴です。
それでも、私だけの1足ですし、足の健康にも良さそうだったので、
これまでの迷いは消え去り、30歳記念はお靴に決定しました!!

今は、どんな皮の色にしようか、どんな洋服に合わせたら
おばちゃん臭くなく見えるか、イメージを膨らませて楽しんでいます。
すごく細かいところまで時間をかけてサイジングしてくれるので、
週末に改めて足を測ってもらいに行こうと思います。

ダーリンよりも一足先にビスポークデビューだなんて、
なんだかちょっと申し訳ないような気もしますが。。
大切に履ける1足にしたいです

ちなみに、お店は、古きヨーロッパの靴文化を愛するおじさんがやっていて、
銀座のマダム達が昔から通っているようです。
そして「どうやってここを知ったんですか?」と不思議そうだったところを見ると、
私たちのような若者の訪問は、意外にないのかもしれません。

確かに、何万もかけておばちゃん靴を作ろうなんて、
そんな奇特な若者はいないのでしょうか。。

なんだか、ちょっと緊張してきちゃいますねー。

23:07  |  隠れハチミツ  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2008.07.12(土) 16:23 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/158-5b3ce937

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。