06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

オンラインアプリケーションの落とし穴?~追加書類

2008.04.23 (Wed)

オンラインアプリケーションでは、
はじめの段階で全ての申請書類を添付するよう言われています。

これまでの例を見ていると、無犯罪証明書や健康診断結果など、
Case Officerに言われてから準備するものもあるため、判断に困ります。
現に、移住の先輩方のサイトでも、
皆さん口を揃えて「健康診断は移民局から連絡がきたらGO!」と言っています。


思いがけずロッジしてしまったこともあり、
急いで用意せねば~!と、日米両国の無犯罪証明を取り寄せ、
明日にでも健康診断の予約を!と慌てていたのですが、
そんなわけで、ここでちょっとトーンダウン。

結局どうなんだ?と、移民局からのメールやサイトを隅々まで読み返しました。
何度も読んでいたはずなのに、やっぱり見えてなかったみたいで、
改めて見てみると、しっかりキーワードがありました。

ロッジ後すぐに移民局から送られてきた”FURTHER DOCUMENT REQUEST”には、
”To assist in the assessment of your application, you must provide additional documentation.If you have not already done so, please provide to the ASPC the documents listed below:”

あえて”must”を太文字にしましたが・・・そういうことです。
オンラインアプリケーションでは、
無犯罪証明も健康診断もさっさと済まして、ロッジ後すぐに提出するようです。

移民局からの”FURTHER DOCUMENT REQUEST”に入っていたのはわかっていましたが、
タイミングは、Case Officerから連絡をもらってから、ではなく「今」でした。
危ない危ない・・。

私たちが思いがけずロッジしてから早1週間。
この1週間は、アップロードする資料収集に翻弄されていましたが、
どうにかほぼ完了で、あとは、残る3つの対応をするのみです。
(●=申請済み、○=これからの対応)

●日本の無犯罪証明書のピックアップ→アップロード(5/1予定)
●米国の無犯罪証明書の到着待ち→アップロード(5月3週目目標)
○健康診断申込み→受診(今週~5月前半予定)

全部完了すればひと段落・・・ですが、
申請に関しては、ある意味やることがなく「待つ」だけなので、
逆に言うと、なんだか落ち着かない日々の始まり?な気もしています。

余談ですが、オーストラリアでは、
無犯罪証明書もしくは健康診断結果を提出してから、
1年以内にファーストエントリーを済ませないといけません。

なので、この2つが、これまで最終段階での提出だったというのは理解できるのですが、
これをあと3週間以内に提出したとして(28日ルールから1週間分引いた計算)
そこから永住権がおりるまでに1年近くかかってしまったら、
ファーストエントリーとはいえど、
猛ダッシュで準備しなくてはいけないことになってしまいます。

それは極力さけたいので、オンラインアプリケーションの実力に期待するとしましょう。

人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆


ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:58  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://immigration.blog55.fc2.com/tb.php/134-d9877257

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。