07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

ウクレリアン

2016.08.14 (Sun)

私もハズさんも、なかなかどうして多趣味なのですが、
今年に入ってからとりわけハマっているものがあります。

それがウクレレ。




ウクレレの良いところは、とにかくハンディなとこ。
小さくて軽くて簡単に持ち運べるので、
携帯は忘れてもこれだけは忘れない!というレベルで、
たいていどこへでも持っていきます。

楽器といえば、うちには電子ピアノもありますが、
さすがに外へは持ち出せないですからね。

ソファに座りながらでも弾けちゃうし、
海でもハズさんのヘアカット待ちでもどこでも弾いているので、
キャンプに持って行くかともよく尋ねられるのですが、
愚問です。笑

ウクレレはキャンプ用品です!
というのは大袈裟ですが、キャンプに
本やゲームを持っていくような感覚でしょうか。

キャンプのスタイルによっては、一日中弾いていることもあるし、
他のアクティビティがメインであまり弾けない時もありますが、
事前にしっかり練習曲を仕込んでいくので、
キャンプに行くとたいがい上達して帰ってきます。笑

ウクレレは木製なので乾燥に弱いなどなどあるものの、
さすがは海に囲まれたハワイ発祥の楽器、
アウトドア・フレンドリーなのが嬉しいですね。
(もちろん外に持ち出すかどうかは、お値段にもよると思いますが・・!)

手軽に気軽に音楽を楽しめるスタイルがとても気に入っています。





ウクレレの知られざる事実あるあるに、
「ウクレレには4種類のサイズがある」というのがあります。

ウクレレと聞いて誰もがイメージするのが、多分ソプラノ。
独特の高い音を鳴らす一番小さなサイズで、
一番売れているのもこのサイズだと思います。

そこから、コンサート、テノール、バリトンとサイズが大きくなっていき、
それに伴って、音も大きく太くなっていきます。
バリトンに至っては、もはやギターに近いサイズ感。
ウクレレは本来4弦でできているのですが、
ギターと同じ6弦のウクレレ、その名も「ギタレレ」なんてのもあるそうです。

ちなみに、日本で最も有名なウクレレ奏者といえば・・高木ブーさんですね!
彼が弾いているのはソプラノのボディに
バリトンサイズのネックを付けた超ロングネック。
スタンダードなウクレレとは違い、一見三味線っぽい印象です。
そして、ダブルネックのウクレレを弾いたりもするんですね!
ドリフを見て育った身としては、ブーさんは、
あくまでギターも弾ける雷様だと思っていたのですが、
実はれっきとしたミュージシャンだったんですねぇ。

そして、世界的に活躍してるウクレレ奏者が・・ジェイク・シマブクロさん!
日系5世のハワイ出身者で、今もっとも熱いウクレレプレイヤーではないでしょうか!
彼はテノールを愛用しているそうです。
音楽プロデュースや楽曲提供など日本での活動にも力を入れているようなので、
ご存知の方もきっと多いはず?





ジェイクが去年ツアーでブリスベンを訪れた時には、
逃しちゃいけない貴重な機会!とばかりに、私たちもライブを見に行きました。
そして、指が5本以上あるんじゃないの?とか、
そんな弦触ったことすらないよ!みたいな、
目から鱗の神業パフォーマンスの連続に大感動!
正直、「私もウクレレ頑張ろう」とか、そんなことすら感じない次元。笑

何事も、その道のプロの音やパフォーマンスに生で触れる機会があるというのは、
本当に素晴らしいことですね。

開場前に偶然ジェイクに出くわしたので、一緒に記念写真を撮ってもらいつつ、
ちょっとだけ会話をするなんて思いもよらない幸運にも恵まれて、
別れ際、握手をしながら「ウクレレガンバッテ!」と片言の日本語で言われたときには、
いや~、もうなんだかスゴいパワーが注入されましたよね。
もちろんウクレレが上達するもしないも私次第ですが。。苦笑

当時はハズさんと1台のウクレレを共有してたので、
弾く頻度がぐんと上がってきたところで、2台目を購入。
今は、ハズさんがテノール、私がコンサートサイズを使ってます。

不思議なもので、1人1台ずつ持つと、一緒に楽しめるからなのか、
夫婦間のウクレレ熱が爆発的に上がって、
そこからはもう、ウクレレ片手に四六時中YouTube。

夜はさすがに・・?と、ご近所付への音漏れが気になって調べてみたら、
ウクレレ音の周波数は、トイレを流す音程度なのだそうです。
感覚的にはもっと大きい音のように聞こえるのですけどね。
大音量で映画鑑賞をしていても、家の外にでたら聞こえないことを思うと(実験済)、
そこまで気を遣うほどではないのかもしれませんが、
一応ね、エチケットとして、夜は極力小さな音で弾くようにしてます。
指の練習くらいなら、大きな音を出す必要もないですしね。

それと、冬に入ってから気付きましたが、
私たちの趣味は比較的外で楽しむものが多いので、
この時期、室内でぬくぬく暖まりながら楽しめることがあると、
お尻に根が生えちゃいますねぇ。







スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

09:07  |  趣味  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Nature Photo Challenge Day7

2016.08.04 (Thu)

Nature Photo Challenge、ついに最終日!

今回このチャレンジを受けるにあたって、
これまで撮ってきた写真を見返しながら最初に感じたのが、
「いや〜、案外いろんなところに行ってるんだなぁ」ということでした。

思っていた以上にアップしたい写真が多くて、
たった7枚を選ぶだけなのに、出す順番とかも含め、
ホント頭を抱えました。笑

それでも、最終日の写真だけは最初から決まっていて、
それがこの1枚。

Day7_DSC_0056.jpg

地元のビーチです。

世界遺産でも、観光地でも、何でもない。
ただのビーチ。

水は感動するほど透き通ってる時もあれば、
残念なくらい濁ってる時もあって、
砂浜も茶色い。
町外れのビーチ。

それでも、私たちにとっては、今あるライフスタイルの原点であり、
暇さえあれば入り浸っている場所。

風が吹けばカイトサーフィンして、
風がなければウクレレ弾いて、
海を見ながら食べて、飲んで、
しゃべって、笑って、
とりあえずまったりして。

家の次に最も時間を過ごしているであろう場所。

どこへ出かけても、このビーチを通らずして帰宅することはない、
くらいの頻度で出没する場所。笑

私たちの生活の一部。

この景色に何度癒されたことか。

どれほどエネルギーをもらったことか。

その日の波がどんなでも、月の形がどんなでも、
心が穏やかになれる場所。

私たちの暮らしの一番近くにある大自然。

ここを外しては、このチャレンジも締まりませんね。

という感じで、某SNS上での7日間のNature Photo Challengeを終えました。

こちらのブログでも、当初7日間連続でレポートをするつもりが、
途中電波の繋がらない僻地へと旅に出てしまったり、
その後も寒さを言い訳に完全冬眠モードに入ってしまったりで、
最後2日分のアップがひどく遅れてしまいました。。。
が、それでももし、もし、お付き合いいただけてた方がいらしたら、
本当に本当にありがとうございます!!!!!涙
(予約投稿しておけよ!って話ですよね。。)

幸か不幸か、欲というのは留まるところを知らないようで、
どこかへ行けば行くほど、さらに行きたい所が増えてしまって、
現世だけでは確実に時間が足りなさそうです。笑

なれば行けなかった所は来世の私にも引き継いでもらって?!
なんてわけにもいかないので、行けるところは行けるうちに!
いろいろな場所を訪れて、その先々での出会いに感謝して、
これからも沢山の体験をしていきたいです。

では、最後に私のお気に入りの映画から大好きな台詞を1つ。
映画「UP(カールじいさんと空飛ぶ家)」より

Adventure is out there!!



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

13:37  |  キャンプ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Nature Photo Challenge Day6

2016.08.03 (Wed)

6日目は、パーリンブルック滝の散歩道より。

Day6_ParlingBrookFallCircuit)CIMG7039.jpg

レインフォレスト独特の空気と鳥のさえずりが
時間を忘れさせてくれる癒しの空間です。

ここはゴールドコーストから車で1時間くらい内陸に入った
世界遺産ゴンドワナ多雨林の一角で、
日本から来客があると必ず案内する場所の1つ。

数年前には州が運営するキャンプ場が徒歩圏内にできたので、
ここへ来るためにゴールドコーストに宿を取る必要もなくなり、
朝から気軽に散歩に出られたり、
夜もサクッと土ボタル観光に行けたりで、
お気に入り度はますますアップです。

とはいえ、テント泊が前提なので、
訪れる季節と対象年齢が限定されてしまいますが・・。

出発点がゴールドコーストでもブリスベンでも、
パーリンブルックの滝、土ボタル、オライリー、
そしてタンボリンを通ってブリスベンに戻る
という身軽で手軽で気軽な世界遺産ツアー1泊2日のコースなのでした☆


********************************

と、何事もなかったかのように6日目の記事をあげてみましたが、
5日目の記事から時間が開いてしまって申し訳ありません。。

実は、その間約1ヶ月ほど北の方へ旅に出ておりまして、
その後ブリスベンの寒さに体がなじめず、
体力はおろかブログを書く気力すら削がれてしまってました。

移住初年度は「あれ?冬ってもう終わったの?」というくらい、
寒さを感じないまま春を迎えたのですけどねぇ。
今やモコモコブーツは手放せず、
今年に至っては、冬に移り変わる時期を1ヶ月も常夏で過ごしてしまったので、
かつてないほどヒーターのお世話になっています。

最近ソーラーを導入したとはいえ、次回の電気代が怖い・・!



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

16:00  |  キャンプ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。