FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

一足早い春。

2013.08.06 (Tue)

冬の峠も越え、春の訪れを感じる今日この頃。
ここのところは10〜25℃と過ごし易い日が続いています。

ただ、暦の上ではまだ一応冬。
風も冬の香りたっぷり(=限りなく無風)で、
カイト仲間たちは「あと25日でシーズン入りだ!」と
春が風を連れて来てくれるのを指折り数えて待っています。
もちろん、私たちもその1組なわけですが。笑

そんな中、一足先にシーズン入りしたものたちを発見!!

小学校の教科書には、ふきのとうが春の訪れを伝える・・
みたいな一文があって、なぜかこれだけは今でも良く覚えているのですが、
我が家の場合は、それが紫蘇のようです。

P1010632.jpg
※ 10日前の様子

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
そう。つい先日(6月くらいに)お役目を終えた紫蘇くん。
しばらく殺風景な畑になるな〜なんて思っていたのもつかの間、
自然拡散されていた大量の種が、もうあちこちから顔を出し始めました。

はやっ!!!
紫蘇ってこんなにサイクル早いの・・?!

この働きっぷりには感服です。

ご存知園芸下手の代名詞であるワタクシ、
去年はどれが紫蘇の芽かも知らず(さすがに葉っぱは分かりますよ!)、
雑草とともに何度となく引っ張り上げていた気がするのですが、
それがちゃんと見分けられるようになった今年は、
新芽が生えて来る様子がどうにも可愛くて、
無数に生え始めた紫蘇たちを間引けずにいます。

しかも、去年もそうだったのですが、
畑の下の砂利部分に生えてくる紫蘇が一番良く育つのです。

20130805_165236.jpg

君たち、なにもそんな場外で勢力を伸ばさなくても・・と思うのですが、
どうもここは畑の柵の陰になっている関係で絶妙な日光量と、
砂利の下に敷かれたビニールシートの関係で最高の水分量が得られる
理想的な環境みたいです。

光合成してどんどん大きくなるんだよ♪なんて思いながらも、
紫蘇の根っこが砂利下のビニールシートを突き破る前に、
畑に移植しないとダメですね。

20130805_165256_2013080606591698c.jpg
※ トップの写真と同じ紫蘇。10日でこんなに大きくなりました。

とはいえ、去年を大幅に上回る量の紫蘇・・。
さすがに全ては育てられないので、
紫蘇がお好きで、ノースまで足を伸ばすのもやぶさかではない、
という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

絶賛里親募集中です


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

違う?

あら、見た感じ、うちで育てるちりめん青じそとは違う感じですねェ。
以前、お教えしたご飯をクルッと巻くのは、不向きかもしれませんね。
ちりとてさん

ちりとてさん

ちりとてさん家ではちりめん青じそを育てていらっしゃるのですね。頂き物なので種類がよく分からないのですが、うちのは紫色です。香りはしっかりありますが、土のせいか気候のせいか、歯ごたえ?もまたしっかりしている感じです。もう少し葉をつけてきたら、教えていただいたレシピを試してみたいと思ってます♪
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

07:30  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |