04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

リオでカイトサーフィン!!

2012.05.08 (Tue)

嬉しいお知らせです!!



私たちの大好きなカイトサーフィンが、
2016年リオで開催されるオリンピックの公式種目に選ばれました




カテゴリーとしては、セーリングの一部になるみたいですが、
あ~、なんてこと!なんてこと!素晴らしすぎます


あとは、地球の裏側で開催されてる世界的スポーツイベントのマイナー競技が、
このオーストラリアでも放映されることを祈るのみ。。。


CIMG3796.jpg
※ イースターに行ったキャンプ先にて

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
さて、ブログの更新を怠っていた間、どんな暮らしをしていたかと言えば、
風の向くまま気の向くまま、カイトに明け暮れていました。


夏は安定した風がコンスタントに吹くので、
週末は朝から食料持参でビーチにいりびたり、
平日は毎朝5時に起床し、6時にはダーリンが会社へ出発、
3時半に帰宅すると、そのまま4時にはビーチ着。
そこから1~2時間カイトを楽しんで帰宅するという、
なんともカイト中心な生活。


風がイマイチな日でも、取りあえず風チェックに行ってみると、
「いつものメンバー」が同じように来ていたりするので、
そこでカイト話を楽しんだりしていました。


もう長年ここでカイトをしてるローカルライダーの話では、
今年は例年よりも風がないらしく、
強風を楽しみにしてる上級者達の中には、
かなりテンションが下がってしまってる人もいるようです。
ビギナーでも、ある程度風が強い方が簡単にボードに乗れるので、
残念だねぇ的なことを言われたりもしますが、いやいや、
私たちにはまだこのくらいがちょうど良いです。。笑


CIMG3787.jpg
※ イースターに行ったキャンプ先にて


そんな感じで、今年に入ってからは、
仕事→カイト→寝る→仕事→カイト→寝るを繰り返していましたが、
4月に入るとブリスベンも一気に秋めいてきて、
秋の訪れと合わせて、風もおとなしくなってしまい、
完全に・・、


オフシーズン入りです。。


オフシーズン中ももちろんたまに良い風が吹くことはあるので、
その時はここぞとばかりに沢山の人がカイトビーチに集まります。
とはいえ、私たちの体感では、ブリスベンは6月が一番寒い気がするのと、
私は寒いのが大の苦手なので、暖かくなるまでしばらく海には出ず、
陸でできる練習に励むことにしました。


今年も冬の間はおとなしく冬眠だな~。


なんてモジモジしていると、カイトを楽しむ写真やら映像やら、
これからシーズンに突入する北半球より続々と届き始め・・・、
そんな羨ましすぎる北半球の皆様の様子を、
ひんやりしてきた部屋の中でブランケットに包まりながらチェックチェック。


この辺も8月になると風が戻ってくるようなので、
オフシーズン入りしたばかりではありますが、
も~い~くつね~る~とぉ~~~~~、なわけです



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

管理人のみ閲覧できます

-さん

コメントを下さった方へ

こんにちは☆コメントありがとうございます。ブログのチェックをしばらく怠っていたもので、お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。。

その後準備は順調ですか?IELTSの勉強方法についてはもはや記憶が曖昧なのですが、私達は英語でジャーナルを書いたり、会話で論理的に考えるような練習をしたような気がします。ちなみに、最近ビジネスビザを取得した友人は、勉強しただけ結果につながったと話していたので、結局は問題集などじっくり取り組まれるのが王道なのかもしれません。

年々永住権へのハードルが高くなってきていて大変かもしれませんが、引き続きお二人の情熱で、念願の永住権取得に向けて頑張ってくださいね☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

16:34  |  趣味  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。