10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

ホームはローン☆置き土産

2011.11.15 (Tue)

前オーナーはガーデニングが好きだったようで、
庭にはそれを思わせる置き土産がいろいろとあります


今日はそれをいくつかご紹介。


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
置き土産1:何?
CIMG1211.jpg

パパイヤのような堅い緑の実がなっているのですが、
これは何でしょうか。。?
食べるものなのか、眺めるものなのか。
ご存知の方、ご教示くださいませ。。



置き土産2:レモンの木
CIMG1214-2.jpg

家を買ったら柑橘系の木を植えたいと思っていたので、ラッキーでした。
先日の芝刈りの時にも、友達が少しもって帰りました。
今は訳あって取りにいけないのですが、
時がきたら、張り切って収穫したいと思います♪



置き土産3:パイナップル
CIMG1217-2.jpg

単なる観葉植物だと思っていたら、
園芸先生が、これはパイナップルだと教えてくれました
本当に実がなるのか半信半疑ですが、
ちょっとだけ期待したいと思います。



置き土産4:ベジガーデン
CIMG1216-2.jpg

今のところ、レタス、トマト、チリ、パセリあたりが確認できていますが、
完全なる花より団子夫婦として、ここを大活躍させたいと思います
中央に写っている怪物は、育ち過ぎてしまったカリフラワーだそうです。
先日の芝刈りの時、根元から切断させていただきました。
それにしても、ちゃんと育っているところをみると、
この辺にはベジガーデン荒らしのポッサムはいないみたいですね。



置き土産5:コンポスト
CIMG1225-2.jpg

これも最初は「何?」でした。
Bunningsに行ったら、偶然これが$200で売られているのを発見し、
そんな立派なコンポストだったのか!と。
「でも、どうやって使うの?」と不思議に思っていたら、
いつか園芸フレンドになりたいスーさんが、
生ゴミと土を入れて毎日回転させていると、
3ヶ月後くらいには栄養たっぷりの土が出来上がると教えてくれました。


先日園芸先生にチェックしてもらったときには、
もう既に中身が入っていて、不思議な臭いがして、
虫もいっぱいでしたが、もう大分できてるという話でした。
となると、次の問題は「これをどこに使えば・・?」ということなのですが、、
前オーナーは、この土をどうするつもりだったのでしょう??
回転させることすら忘れがちで、
この土を使う日は、まだ先になりそうです。



置き土産6:麻袋
CIMG1316.jpg

この一番右に写る麻袋、これも最初は「何?」の類でした。
聞けば、green waste(緑のゴミ=廃棄植物)用なのだとか。
でも、ここに植物を捨てて、いつか誰がが回収に来るのだ?
と不思議に思っていたら、ある日恰幅の良いおじちゃんがブーンとやって来て、
ササッと袋を取り替えて、ブブーンと去って行きました。


それ以来、このおじちゃんがしばらく来てないので、
前オーナーがもう契約を解除してもう来ないのでは・・と心配していたら、
今度はおばちゃんがやってきました。
すかさず捕まえて話しかけたら、
おばちゃん「前のオーナーからキャンセルの連絡もらったので、袋を回収しにきたよ」
私「いやいやいや、私達が新たに契約するから、そのままでお願いします!」
おばちゃん「OK、それなら明日がこの辺の回収日よ!」
と、ノートに私の連絡先を控えて、ブーンと去って行きました。


が、おばちゃんのいう明日には誰も現れず、
早く回収にきてくれないと、袋がもうパンパンです。。。


そんなこんなで、新居の庭は、
意外にもガーデニング好きにはたまらない庭なのか?と思いながらも、
現状は雑草抜きと芝刈りだけで(これだけでも今の私達には大仕事)、
ガーデニングらしきことには手をつけられず、
とりあえず宝の持ち腐れ?状態をキープしています。。


数々の植物を枯らしてきた園芸センスゼロ以下の身としては、
園芸のセンスを磨かねば・・、なんてプレッシャーを早速感じつつ、
いつのときも夢だけは大きく! 
いつかは庭いじりを楽しめる様になりたいな~。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

ジャックフルーツ

はじめまして、シドニーに住んでいます。
最初の木は多分ジャックフルーツだと思いますよ。
チャイナタウンに行くと売っています。
ちょっとドリアンに似ていますが、
まあどちらもよれ程美味しい物ではないと思います。
売れたらとって食べて見て下さい。
このフルーツ以外なお値段がついています。

パイナップルですが、あまり栄養はないようで、
果たしてあのままで実を付けるかどうかは問題ですね。
それこそあの土を栄養として入れてあげて下さい。
レモンの木も少し痩せているようです、
やはりあの土を周りに掛けてあげたり、
少し入れ替えると栄養になると思います。

あの土とはもちろんコンポースとの土のことです。
本当はミミズを入れるのが一番良いそうですが、
私はミミズが嫌いなのでこれができません。
takechan0312さん

takechan0312さん

初めまして。貴重なコメント、ありがとうございます!!!また、こんな写真だけでいろいろなアドバイスをいただき、本当に感謝しております。takechan0312さんは園芸がお得意なのですね。私は恥ずかしいほどの園芸音痴なのですが、少しでもガーデンフレンドリーになれるよう楽しみながらやってきたいと思っています。

あの実、ジャックフルーツと言うので果物なのですか?!様子をみて収穫してみたいと思います(^^)/

パイナップルとレモンは同じエリアにあるので、全体的に栄養をあげてみようと思います。コンポストの土は、そういう使い方をすれば良いのですね。ちなみに、この土はベジガーデンでも使えるものなのでしょうか??それから、ミミズをコンポストに・・?!嫌いではないですが、、、ちょっと勇気がいりそうなので、もうしばらく現状維持でいこうかと思います。。(^^;)

本当にいろいろとアドバイスいただき、ありがとうございました!また何か恥ずかしいことを言っていたら、ぜひアドバイスいただければ嬉しいです。
ハズ&ワイフさん

家、購入されたんですね。遅ればせながらおめでとございます。うちにも始めの写真と同じやつがなってます。ジャックフルーツって言うんですねぇ。食した後のレポート待ってます。(ちなみにうちでは食しております。)
moguriさん

moguriさん

明けましておめでとうございます!ずっと前にお返事をいただいておきながら、お返事がこの上なく遅くなってしまって申し訳ありません。。。それでも懲りずに、今年もブログを通して親しくさせていただけたら嬉しいです。今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ところで、そうなのです、ついに家を購入してしまいました。moguriさんのお宅にも、この木がなってるのですか!実は、先日お邪魔した友達の実家にも同じ木があったので聞いてみたら、これは(これが)パパイヤの仲間のポーポウ(Papaw)なのだそうです。試食させてもらったら、香りの濃いパパイヤのような味で、個人的には好きでした♪うちのは今食べられるほどの実がなっていないので、また育ってきたら、大切に食べたいと思います(^^)/ 


ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

08:37  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ホームはローン☆初めての芝刈り大作戦

2011.11.10 (Thu)

とりあえず引っ越して、ある程度の荷物を片付けたところで、
友達が電話をくれました。


「週末、芝刈り手伝おうか?」


言うまでもなく二つ返事。
だって、これですもん

CIMG1202-2.jpg


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ここは、お庭なんて優雅な場所ではなくて、
廃墟にも負けないジャングルでした。。
長年ここで暮らすネイバーズの芝はいつもキレイに刈られているので、
新参者だからといってお庭が荒れていては、
野蛮なアジア人が入って来ちゃったんじゃないか。。
と不安がられ、いつか村八分にされても困ります。。
そんなわけで、ここでの暮らしを安定させていくには、
まずはネイバーズに与える第一印象は大切にしなくてはいけません。笑


もともと、ダーリンは芝刈りというものに興味があったみたいですが、
芝刈り機が必要な以外、何をどうすると良いのか?という感じでしたし、
私なんてもっと当てにならないわけで。。
そんな時に連絡をくれた友達は、もはや神様ですよ


どこから見てもジャングル。たんぽぽ咲きまくり。
この綿毛がまた種を蒔いてくれてることでしょう。。


CIMG1215-2.jpg


仲良くさせてもらってるカップルの旦那さんなのですが、
週末にはお父さんと芝刈りのバイトをしていて、
庭があったらやりたいことがいっぱいあるというほどの園芸好き。


引っ越した翌週末、早速お庭掃除アイテムを持って手伝いに来てくれました。
CIMG1204-2.jpg


我が家の園芸先生によると、芝刈りには大きくわけて3種類のツールがあると良いのだとか。


① Whipper Snipper - 芝刈り機では刈りきれない端を刈るウィッパースニッパー
② Blower - 落ち葉や飛び散った芝を風で飛ばすブロワー
③ Mower - モウワー(芝刈り機)


というわけで、まずはウィッパースニッパーで端をカット。
CIMG1205-2.jpg


その間ダーリンは雑草(主にたんぽぽ)を抜きとる作業。
CIMG1207-2.jpg


日本でたんぽぽといえば、
フワフラした短めに茎にちょこんと咲いているイメージですが、
この国のたんぽぽは、ちょっとやそっとでは折れない細くも堅く、長~い茎で、
1つの根から3~5本程度に分かれては、それぞれが自己主張しているような、
あまり可愛らしさの感じられない雑草感たっぷりの植物です。
しかも、初めて抜いてみて知ったのは、根っこがプチごぼう状態。
あんな華奢な雰囲気を醸し出しながら、根は太くて長い。。


そんなのどうやって抜けるのかと思えば、
ちゃんとWeed Pullerという雑草抜き用に先の割れたツールがあるのですね。
WeedPuller.jpg
※ 園芸初心者なもので、恥ずかしい発言の数々をお許しください。。


正直なところ、どこまでが育てるべき植物で、
どこからが抜くべき植物かなんて、
小学校の夏の宿題で朝顔を育てた程度の園芸経験しかない、
人生マンション暮らしの私には見分けがつくわけもなく、、、
先生に判断を仰いでは、言われるがまま、
抜いても抜いてもなくならない雑草をひたすら抜き続けたのでした。


名前の分からないネギのようなシュンとした草とか、
何か花でも咲くのだろうか?期待させるような風貌ながら、
育つと根を張り巡らし抜け難くなるという雑草キングとか、
雑草はどうして生えるのだろう?と不思議に思うくらい、
早速いろんな種類の雑草に出会いましたよ。


CIMG1218-2.jpg


それでも、やはり手に負えない量だったので、
今日のところはモウワーで全てカットすることに。
CIMG1221-2.jpg


このモウワーは、エンジンも本体もホンダ製。
頑張って押さなくても自動で前に進んでくれる上等なモウワーだったみたいです。
そんなわけで、ダーリンはゴーカートを運転してるみたい!とご機嫌でした


それから、うちとお隣さんの間にある壁はシェアなのですが、
そうはいっても、こっちはこっち、そっちはそっち。
あえて生やしているのかと思っていた蔦は、
壁に与えるダメージが大きいということで、全て取り払いました。
CIMG1223-2.jpg


そして、約3時間の労働の末、ついに見覚えのある景色に
CIMG1224-2.jpg
まさにこの家が売りに出ていた時に不動産サイトで見た庭です。笑


最後に、玄関のところにある木が伸びすぎ、雨樋にかかってしまっていたので、
これまた自前のチェーンソーでカット。
CIMG1228-2.jpg


ビジュアルはさておき(本人談。笑)、一通りスッキリしたところで、
初めての芝刈り大作戦、終了です


CIMG1229-2.jpg


それにしても・・・、
園芸好きの公務員が芝刈りから園芸全般を教えてくれたり、
貯金好きの銀行員が我が家の財政にアドバイスをくれたり、
日本仕込みの大工さんがハンディーマンへの道の手ほどきをしてくれたり、
上質を知る料理人達がお料理のコツを教えてくれたり、
ここには書きれないほどバラエティ豊かな特技や才能を持った友達がたくさんいて、
私達のブリスベン暮らしは、そんな彼らに支えられているな~、
と、しみじみ感じます


この日もそんな1日でした。
本当に、感謝してもしきれません。


そして、何の特技もない私は、
どうやってみんなに恩返しができるだろう?
と、いつも考えてしまいます。
出来る事と言えば、見よう見まねの手料理を笑顔でふるまう、くらい?
うーん、決して人の役に立つものではないですね。。


結局、私にはこれといったものがないので、
我が家のギークくんが、時に出張サポートに出向きますが(笑)。


私達を支えてくれてる皆さん、いつも本当にありがとう~


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

はじめまして!

こんにちは!来年頭から春あたりにオーストラリアに移住予定の者です。ブログを拝見し、ビザ申請から引越し、家探しなど、本当に色々と勉強になりました!ありがとうございます!そして、何よりお二人の素敵なお人柄に触れられて楽しく読ませていただきました。ブログの最近から最新のものまで一気に読ませていただきました。

オーストラリア人の主人と五歳の娘と三人で無事に来春までにはブリスベンかシドニーに移住できるよう頑張ります。是非これからも色々と参考にさせて下さい!

それと、新居ご購入おめでとうございます!

それでは、またコメントさせていただきます。


みずほさん

みずほさん

初めまして。コメントありがとうございます☆(お返事が遅くなってしまって申し訳ありません!)

来年ご家族でオーストラリアに移住されるのですね!おめでとうございます♪私達が移住してからもう2年半が経つので、古くなってしまった情報も多くあると思うのですが、参考にしていただけて嬉しいです。シドニーとブリスベンでは全く雰囲気が違うと思うので、みずほさんファミリーが心地よく暮らせる街に落ち着けると良いですね!

日本はこれから寒くなりますし、来年の移住に向けてますますお忙しくなると思いますので、体調を壊されないようご自愛ください。& 残りの日本での暮らしも楽しんでくださいね(^^)/

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

07:43  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ホームはローン☆別れの大掃除

2011.11.06 (Sun)

引っ越しの翌日は、ユニットの大掃除に繰り出しました。


必要そうな掃除道具は置いていってたのですが、
その他諸々持ち込んで、ちゃちゃっと2~3時間で終わらせちゃおう
なんて心意気で。


CIMG1179-2.jpg
古い物件なので、意外と間取りの広かったリビング。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
今回、私達のユニットが売り出されるのと、
家の契約のタイミングが良かったこともあり、
契約終了時に退去する旨を不動産担当者に伝えたら、
退去(主に掃除)に関するチェックリストが送られて来ました。


それに沿って部屋の掃除をしつつ、
カーペットクリーニングとペストコントロール(害虫駆除)を業者に依頼し、
全てが終わったら契約終了日までに鍵を返しに行きます。


その後、担当者が部屋をチェックに出向き、
問題なければ入居時に払ったボンド(敷金)が全額返却され、
何か問題があれば、改めて対応するか、その分の金額をボンドからひかれる、
という流れになります。


CIMG1180-2.jpg
料理に目覚めたキッチン。


私達が借りていたユニットは、建物自体がもうおじいちゃんだし、
私達の部屋に関して言えば、リノベ(リフォーム)もされていないので、
正直、掃除ではどうにもならない部分の方が多かったのですが、
移住して最初にお世話になった思い入れのある部屋なので、
感謝の気持ちを込めて、一生懸命掃除しました。


というのも、住む場所、仕事、知り合い、なにもない私達が、
ブリスベンでの新たな生活を始めた場所ですし、
ここで仕事が決まり、友達が出来、悩んで、笑って、
この2年半で本当に沢山のことが起こった場所ですからね。


もちろん、新居ではこれからもっと長い暮らしが待っているわけですが、
そうはいっても、なにもない状態から始まった2年半と、
生活がそれなりに安定しててからの2年半は、
やはり全然違う気がするのです。


CIMG1181-2.jpg


そんなことを感じながら、ユニット到着後すぐに掃除に取りかかり、
ダーリンと2人でひたすらもくもくと作業をし、
あ~、よく頑張った!もうさすがにこれで十分でしょ!
となった頃には外は真っ暗。
時計を見たら、作業開始から6時間も経過していました。


住んでる間もそれなりに掃除はしていたつもりでしたが、
なるほど、こういうところを日々気にして掃除しないといけないのね、
なんて、結構勉強になりました。笑


私達が使っていた不動産屋さん(もしくは担当者?)は常に仕事が早くて、
どんなことでも電話一本ですぐに対応してくれるフットワークの軽さを持っていました。
そんな訳で、幸いにもこの国では常識の「何度つついても動かない不動産屋」経験はしていません。
ただ、どんなに親切でも、退去時になると、何かととイチャモンをつけては
ボンドを取ろうとするという恐ろしい噂も聞いていたので、
しっかり掃除しなくちゃいけないな~と、ものすごく緊張していたのでした。


それに、ボンドを全額返却してもらうには、
どのくらいキレイにしないといけないのかと友達に尋ねたところ、
相当キレイにしないといけないと言われ、一瞬自信を失ったりもして。。


ただ、彼曰く、オージーのキレイと日本人のキレイの度合いは全然違うから、
日本人が普通にキレイだと思えば、オージー基準のすごくキレイに値すると思うよ、とも。笑
それを聞いて、一安心。


まぁ、私達の物件で言えば、入居当初が本当に汚かったので、
掃除する前の段階でも、入居時よりは明らかにキレイになっていたし、
3ヶ月に一度くらいの割合で不動産担当者が部屋のチェックに来る時も、
みんな口を揃えて「キレイに使ってるね!」とべた褒めしていってたので、
これでボンドを返してもらえなかったら詐欺だー!とも思っていましたが。


入居当初には存在していたくすみが見えなくなるくらい、
どこもかしこもピカピカにして、私達の「超キレイ」レベルまで持っていきました。
もはや、オージー基準のキレイの上限を振り切ったね?
なんて、最後には冗談を言いつつ、自分たちの掃除に満足したところで、
お掃除は無事完了!


CIMG1182-2.jpg


移住生活第一章を過ごしたこのユニットには、
語り尽くせないほど本当に沢山の思い出があって、
最後に部屋のドアを閉めるときには、なんだか目頭が熱くなってしまいました。


そして、お世話になった景色を目に焼き付けながら、
このユニットともお別れです。


リビングからの景色
CIMG1183-2.jpg
このジャカランダの木で季節の移り変わりをよく観察していました。


バックヤード
CIMG1185-2.jpg
私達の他に使っている人をあまり見かけない物干スペース


外観
CIMG1187-2.jpg
1960年代に建てられたよくあるタイプにユニットですね。


最寄り駅
CIMG1188-2.jpg
新居はバスがメインなので、もう電車に乗ることもそうそうないかな。


セントラルアベニューさん、本当にお世話になりました


*******************************


後日、不動産担当者から「入居時よりもキレイで、大満足よ!」
という嬉しい連絡をもらい、私達も大満足です。


ただ、これでボンドは全額返却だ~!と喜んでいたら、
カーペットクリーニングだけではなく、
ペストコントロールもする必要があった事を知らされ、
その分はボンドからひいてもらい、その残りを返してもらうことになりました。


近々銀行に振り込まれているはずなので、これでば~っとディナーでも!
と気前よく行きたいところですが、まぁそのままローン返済資金ですね。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:46  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ホームはローン☆お引越し

2011.11.04 (Fri)

引っ越しの関係でしばらくネットなし生活が続いていましたが、
ようやくネットもつながったので、ホットなうちに、
引っ越しネタを綴っておきたいと思います。


というわけで、新居の鍵をもらい大掃除をした翌日は、荷物の大移動です!!


CIMG1166-2.jpg


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
2年半の間に随分と荷物も増え、詰めても詰めても納まらず、
本当に引っ越せるのだろうか、、なんて不安に襲われながらも、
無事にパッキング完了!


セトルメントデーの翌日に入居というのが、
良いのかどうかは分かりませんが、
借りているユニットのリースが翌週切れるので、
この日一気に荷物を移動させることにしました。


そんな大切な日の天気予報は、、、ストーム!!
せめて荷物の積み降ろしの時だけでも止んでぇ、、、
と祈っていたら、雲1つない晴天ね恵まれました。
みっちゃんのカワユイてるてる坊主効果かな(Thank you!!)


引っ越しに関しては、
家の頭金を払った段階で友達にお手伝いをお願いしていたので、
当日は思ったりも多くの友達が集まってくれて、
おかげで作業も順調に進みました。


IMG_0508.jpg


当初は、友達にトラックを運転してもらい、
全て自分たちで運ぶ計画だったのですが、
冷蔵庫、洗濯機、ソファ、ベッド2つ、
ダイニングテーブル、ワークテーブル、TV、タンスと、
大きくて重い家具や電化製品が実は多くあり、
できないことはないけれど、誰かが腰を痛めてしまっても困るので、
大きな物はプロに任せることにしました。


今回私達が使ったのは、Mini Moversという引っ越し業者です。
土曜日の料金が一番高かったのですが、
平日はみんな仕事があるのでお手伝いをお願いできないし、
日曜でも翌日みんな仕事なので、疲れることをお願いするのは申し訳ない、
自分たちでトラックを借りたとしても、結局土曜日は料金が高いうえに、
もっと疲れることはわかっていたので、
つべこべ言わず、予定通りの土曜日にしました。


オーストラリアの引っ越し業者は(多分大抵の場合)、
日本のように事前に見積もりに来て料金を決めるのではなく、
初めから1時間いくらという単価が決まっていて、
その単価×引っ越しにかかった時間分を請求してきます。


驚くのは、料金の対象となる時間の始まりが、
彼らがオフィスを出発する時間だということ。
そこから現場へ行き、荷物を積み、引っ越し先へ移動し、
荷物を降ろし、オフィスに戻る、ここまででワンパッケージなのです。


業者によっては、わざとゆっくり作業したり、
遠回りして移動することで時間を稼ぐ、なんてこともあるようで、
いろいろなレビューを見れば見るほど、業者を使う気が失せて行きます。。


結局どこを選んでも、日本の業者のように、
機敏に動いてくれることはまず考えられませんが、
百歩譲って普通に対応してくれたとしても、
大きなトラックでは、むやみやたらには飛ばせないし、
通れない道があって迂回することもあるので、
移動時間は予定より多く見積もっておかないと、
どうにも騙された気分になります。


IMG_0507.jpg


今回の引っ越しでは、
そんな彼らの習性をいかにカバーできるかが課題だと思っていたので、
とりあえず引っ越し業者が来る前までに、
重い家具や電化製品以外の荷物を全て1階のガレージに運び出し、
業者が来たら、彼らに重いものを運び出してもらっている間に、
ガレージに置いた荷物を自分たちでトラックに積み込む、という
ガッツリ参加型のスタイルで臨むことにしました!


が、実際はちょっと違う感じにおさまりました。


というのも、これで少しでも時間を短縮きればと考えていたのですが、
予定より早く来てくれた友達が多かったのと、
手伝いに来てくれた友達が多かったのとで、
部屋からガレージへの荷物の移動がほんの15分程度で終わってしまい、
業者が来るまで1時間半も余ってしまいました。


そして、私達のお家購入計画をずっとサポートしてくれてる友達が
ここでもの凄いリーダーシップを発揮するのです。
車で来た人たちのトランクに荷物を詰めて、業者が来る前に一往復してしまおう!と、
トランクの前に陣を取り、次々と指示を出しては荷物を詰め込んでいくという、
それはもう頼もしい仕切りっぷり。
結果、4台の車に詰められるだけの荷物を詰めて、
第一陣が新居へと向かったのでした。


私達の車にも、前日のうちに荷物を詰めてはいたのですが、
第一陣出発後も、また別の友達が自分のトランクにめいっぱい荷物を詰め込み、
業者が来た時には、もう大きい家具や電化製品しか残っていませんでした。


業者の担当は、いかにもな汗臭いムキムキっとしたお兄さんが2人。
とりわけ急ぐ様子ももなく対応してる彼らに、
ヤツらはちんたらしてる!と、
思いもよらない友達がお尻をたたいてくれたり(笑)、
彼らがトラックの中まで荷物を運び込む横で、
みんながトラックの手前まで家具を動かしてくれたおかげで、
積み込み作業はスムーズに進みました。


彼らは大きな10トントラックで来ていたのですが、
みんなの頑張りのおかげで、中は面白いくらい空っぽ。
箱類は全て自分たちの車で運んだので、車内にはダンボール1つなく、
壁にバンドで巻き付けられた家具や電化製品が小さく見えるほどでした。


ちなみに、業者が来てから知ったことは、
移動中に破損があった場合は保険でカバーされるのですが、
ダンボールに入ったもの(中身が分からないもの)は、保険の対象外なのだとか。
壊れて困るものは初めから家の車に詰め込んでいましたが、
その他のものも、みんなが車で運んでくれたので、
トラックに乗せるものは幸いにも全て保険の対象ということになりました。
あ、箱を大切にとっておいたTV以外は。。


CIMG1167-2.jpg


そして積み込みが終わると、
私達はこのトラックの後にぴったりとくっついて新居に向かいました。
ダーリンは彼らに通ってもらいたい道を伝えたのですが、
聞いてなかったのか、気にしてないのか、はたまた通れない道があったのか、
彼らはどんどん違う道を進んで行き、結局私達は後ろで野次を飛ばすことに。。


ところが、到着してみれば私達の記録を大幅に更新!
うわ~、文句言って申し訳なかった!なんてブツブツいっていたら、
私達が説明した道を通った友達はもうとっくに到着していて、
結局「おいっ!」という結末。
それでも、普段は40分かかる所を30分で着くことができたので、
まぁ良いか、と思う事にしました。
むしろ、みんながそれよりも早く着けていたことにビックリでしたし。


この後の荷下ろし作業も、これまた皆が一斉に手伝ってくれて、
あっという間に完了!
その間私は近くのスーパーまで買い出しに行っていたのですが、
支払いがあるから急いで戻るよう連絡が入るほど、
作業はぱっぱと進んでいたようです。


CIMG1168-2.jpg


家の中はとりあえず箱だらけ。
かろうじて足の踏み場があるような状態。。
それでも、荷物を全て移動できたので、一安心です。


早朝からテキパキ頑張ってくれた腹ぺこフレンズに
本当なら何か豪華な手料理でも振る舞いたかったのですが、
ユニットではもう、新居ではまだ、料理ができる状況ではなかったので、
ピッツァとスナックとドリンクで感謝のランチタイム。
労働の後のご飯は美味しいですね~。
伸びきった芝生とショックをうけるほど大量の雑草に覆われた庭を見ながら、
しばしランチ&歓談。


CIMG1169-2.jpg


みなさん、お疲れさまでした!!!
&本当にありがとうございました!!!!!!!!!!


CIMG1170-2.jpg


お礼をしてもし足りないほど感謝感謝です。
しかも、ユニットに方にだけ来てくれた友達もいたので、
お礼はまた改めてさせてもらいたいと思います。


CIMG1171-2.jpg


お腹が満たされた後は、適当に室内をうろついてもらったところで、この日は解散。
心配していた天気にも恵まれて本当に良かったです。


でも、夕方には予報通りのストームがやって来ました。
直径2~3cmの大粒のヒョウがもの凄い勢いで降って来て、
早速我が家の屋根をゴンゴンガンガンと鳴らしてくれました。。。


CIMG1174-2.jpg

雑草が生えてて見難いかもしれませんが、
この白い物体は、たんぽぽの綿毛ではなくヒョウです


室内は、なんとな~く荷物を解体して、プライオリティの高いところから?笑
CIMG1190-2.jpg


あとはどこもしばらくこんな感じです。
CIMG1191-2.jpg


CIMG1193-2.jpg


今回引っ越し業者にかかった費用は、
$179(土曜料金) x 2.75時間(作業&移動時間)
+ カード払い手数料 $9.84(どうしてもVISAで払いたかったので)
= $502.10


安くはないと思いますが、とりあえず何も壊れることなく無事移動できたし、
ざっくり$1,000を引っ越しの予算としていたので、特に文句はありません。


ちなみに、MiniMoversでは、大小合わせて30個のダンボール、
ガムテーム2個、瀬戸物用の大きめ包装紙2本、
割れ物シール10枚セットを事前に届けてくれます。
全て課金制ですが、ダンボール(小)なら10個までは無料、
11個目からも、使用後何ドルか(忘れました。。)で引き取ってくれます。


もちろん、10個で納めましたけどね。笑
いろんな人に驚かれましたが、
何か買った時に入って来た箱は全てとっておいたので、
大抵の物は元の箱に納め、あとはスーツケースや大きめのカバンに詰め込み、
前日当日でちょっと使い回しながらも、10個のダンボールで用は足りました。


それにしても、つい数時間前まで詰めていた荷物をもう取り出すなんて、
どうにも無駄な気がしてなりません。。。
が、それが引っ越しというものですね。


この日の夜は、とりあえず寝床だけ確保し、
軽く乾杯して、翌日のユニット大掃除に備えました。


CIMG1176-2.jpg


今日も1日お疲れさまでした!
手伝ってくれたお友達に感謝しながら、爆睡です。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

お引越し、お疲れ様でした!!
こんなにたくさんの友達に手伝ってもらえて、
本当に感謝ですよね:)
こういう時に人望ってでるんですよね(^O^)/
Kaorinさん

kaorinさん

友達が手伝ってくれたおかげで、ほんとスムーズに引越しを終えられて、心から感謝感謝です。今回に限らずですが、もういろんな友達にお世話になりすぎて、ブリスベンでは頭が上がりません。。(^^;
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

08:24  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ホームはローン☆セトルメントデー

2011.11.01 (Tue)

こんばんは
早いもので、今日からもう11月ですね。
こちらではハロウィンもたいして盛り上がらないし、
サンクスギビングみたいな秋のイベントもないので、
10月初めにはもう店頭にクリスマスグッズが並んでいます


先日もKマートに行ったら、ツリーにライトにオーナメントに、
あらゆるクリスマスアイテムがドーっと売り出されていました


とはいえ、我が家にクリスマスツリーがやってくるのはまだ先です。
10月中旬のセトルメントデーに掃除用具をたくさん買い込んで、
不動産屋に向かい、ついに新居の鍵をもらってきました


CIMG1122-2m.jpg
たいてい2年おきに動いてきた遊牧民族の私達も、
これからはここで長く暮らしていくんだな~、
なんて思いながらの初めの一歩


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
前日のPre-settlement inspectionでもチェックはしましたが、
改めてじ~っくりと部屋をチェックして、大掃除開始です


リビング
CIMG1128-2.jpg


ダイニング
CIMG1141-2.jpg

キッチン
CIMG1143-2.jpg


ベッドルーム1
CIMG1130-2.jpg


ベッドルーム2
CIMG1132-2.jpg


ベッドルーム3
CIMG1138-2.jpg


バスルーム
CIMG1135-2.jpg


トイレ
CIMG1134-2.jpg
どういう訳か、タンクの下からブルーレット的なものがしみ出てるので要交換。


ランドリーとその奥にシャワールーム
CIMG1146-2.jpg


前に住んでいた家族もそれなりに綺麗にしていってくれたのですが、
靴を脱いで暮らせるよう念入りにモップがけして、
拭けるところは全て拭いて、ちょっとだけ休憩して、
この日はユニットへ帰宅。

CIMG1157-2.jpg


翌日は、いよいよ引っ越しです



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

ステキなご自宅じゃないですか!!
嫌がられても、お邪魔しますよ!!
どの部屋にもエアコンがあるのが、
やっぱりQLDですね!!
kaorinさん

マイホームだからこそ、掃除もがんばれますよね。窓にはブラインド&セキュリティスクリーン付きですか?良いな~、うちはそこからすべてお金がかかってます。カーテンにしろ、ブラインドにしろ、結構窓にはお金がかかるんですよ・・・(涙
nさん

kaorinさん

ありがとうございます☆ ホント遊びに来てくださいね。首を長~くしてお待ちしてます!!この家は前のユニット(しかもエアコン無し)と違い、風の通りが良いので、エアコンなしでも今のところ快適です。これだけ広い国だと、建築構造も地域によって違うのかもしれませんね。VICのお家はどんな感じなのか興味津々です☆ 
ハズ&ワイフさん

nさん

「マイホームだからこそ、掃除も頑張れる」って、すごく分かります!!笑 うちは中古住宅なので、窓は一応ブラインド(or カーテン)とスクリーンがついていました。そうか~、新築だと、そういうところから全てにお金がかかるのですね。。ここは前オーナーの置き土産がいろいろとあって、助かる部分もあるのですが、どうしていいか分からないものもあったりして、この数週間でもう既にBunningsの常連です。。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:15  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。