07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

雨とカメラとガレージと。

2011.08.24 (Wed)

こんにちはー


ここ数日はブリスベンも久々の雨模様で、
昨日なんかは、窓の外が真っ白に見えるほどの激しすぎる豪雨でした
年明けも、そんな豪雨が何週間も続いて洪水になってしまったので、
豪雨が続くと、少し心配になってしまいます。
とはいえ、本来ここは乾燥地帯なので、雨は恵みの雨?
有り難く思わないといけませんね(洪水にならない程度に)


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
東京にいた頃は、雨の日が嫌で嫌で仕方ありませんでした。
でも、太陽の州と呼ばれるクイーンズランドに来てからは、
たまに降る雨が好きになって来ました。
これも水不足を経験してきた土地での暮らしに馴染んできた証拠かな、
なんて調子の良いことを思ったりしつつ、
雨の大切さ改めて感じている今日この頃です。


今日は、そんな最近の出来事を2つほど。


[1] カメラ絶不調。。

正確には、母から買い取った(?)カメラのレンズの調子が悪くなってしまい、
修理のためにそれを日本に送り返しました。
その間、古いカメラを復活させてはパチパチ撮っているのですが、
このカメラの調子がよろしくない。


多分バッテリーを新しくしないといけないのでしょうけれど、
オーストラリアの不当に高いカメラ屋さんに行くのもしゃくだし、
そうはいっても電池類は国際郵便できないし、
そもそももう化石のようなカメラなので、どうにかしてこれを使うんだー!
というパッションも残念ながらないに等しいため、
修理から戻って来たカメラが手元に届くまでは、
カメラなし的生活を送ることになりそうです。


それなら、携帯電話のカメラで!
と言いたいところですが、携帯のカメラもこれまた故障中。
というか、電話とSDカードの接触が悪くてデータを読み込まないため、
メモリーを必要とする機能=カメラも使えず。


というわけで、そんなカメラを言い訳に、またしてもブログ停滞中です


この修理に出したカメラ、もともと新品だったのですが、
母曰く、それがはるかにピッカピカになって戻って来たのだとか。
原因は初期不良だと思うので、もしや新品と交換してくれた??
なんて妄想を膨らませながら、カメラの帰りをを楽しみに待っています



[2] ガレージがオートに!

先週から我が家のガレージがオートになりました


ある朝突然、今から見積もりに来ると連絡が来て、
また別のある朝突然、今からデバイスをセットに来ると連絡が来て、
さらに別のある朝突然、今から電気の配線をつなげに行くと連絡が来て、
気がつけばオードガレージライフに突入


私たちの住んでいるユニットは、部屋によってオーナーが違うので、
ガレージドアがオートの部屋とそうでない部屋があります。
オートのネイバーズを羨ましく思いながらも、
ガレージのドアを開閉なんて、週に数回のことですし、
とりわけ手動を不便に思っていたわけでもないのですけどね。
それがよそのお宅のようにオートになってみると、
いや~、オートってスバラシイ


出先から戻って来た時に車から降りなくても、
車内からピッとリモコンを押すだけで、
ガーーっとドアがスムーズに開いてくれるわけです。
車の駐車したあとも、これまたボタン1つで閉まってくれるので、
カイト帰りや沢山の荷物を手に持っていても何のその


それに、ドアそのものに触れる必要がないので、静電気に悩まされる必要もないし、
オートにするために立て付けの悪いドアも直していってくれたので、
あぁ~、極楽極楽


でもですね、こんなに喜んでいられるのもきっとつかの間で、
こういうポジティブな動きからして、
オーナーはきっと売りの準備に入っているのだと思います。。。


まぁ、今回は前回と違って引っ越す心構えはできているので、
それまでの間、この快適オートガレージの暮らしを楽しんでおきたいと思います



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

09:16  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バタバタの犯人!

2011.08.15 (Mon)

地味にお家のインスペクションを重ね、気に入った物件に出会ったので、
思い切って買ってしまおうと大きく前進したのでした

CIMG0886.jpg
5月のブライトン。この景色にはいつも癒されます。
ここが本当に大好きです。



>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
お家購入のプロセスを簡単に説明すると、
不動産サイトからめぼしい物件をみつけて見に行き、
気に入ったら、その物件の不動産担当者に購入の意思を伝え、
契約書に希望購入価格などを記入し、サインをして提出。
売り手がそれを承諾すれば、
その後、建物と害虫の調査を業者に依頼し、住宅ローンの申請して、
双方の弁護士を通じて不動産譲渡の手続きを済ませ、
デポジットを払い、契約期限が来たら、晴れてその物件の所有者となる、
というのが一般的な流れです。


私達の場合、
通常14日で済ませることになっている調査関係を21日に変更したり、
通常30日の契約入居日を60日に変更したり、
カウンシルの許可がおりていない増築がされている雰囲気だったので、
「増改築部分がシティカウンシルの許可を得たものでない場合は、
金額交渉または契約を破棄しデポジットの全額返却を受けることができる」みたいな、
特記事項を契約条件に追加したりしていたら、
契約書にサインするまでに結構時間がかかってしまいました。


私達の見ていた物件は古めなこともあり、
いざ買うとなってチェックしてみると、やっぱり懸念材料が多くありますね。
特に、クイーンズランド州の場合、
過去のオーナーがどんな増改築をしていても、
全ては最後に買った人の責任になってしまうため、
特記事項は外せませんでした。


一刻も早く売りたい売り手、気に入らない条件にはサインしないと言う買い手、
基本的に売り手の見方である不動産担当者、それに双方の弁護士、
様々な意図を持った人たちが何人も絡んでいることもあり、
誰の了承がどうだこうだと、契約書が出来上がるまでに、
すでに結構な時間がかかっていたのですが、
結果として、建物調査の結果が悪く、契約は破棄することにしました。


CIMG08832.jpg
5月のブライトン、その2。


もともと、契約した物件を破棄するというのは、
ホームローンの都合がつかなかったり、
その他様々な理由からも良くあることのようで、
とりわけ大きな問題ではないらしいのですが、
(もちろん売り手にとっては問題ですが)
私達にとっては、なんせ初めてのことばかりだったこともあって、
この一連のプロセス、本当に疲れました。


不動産の担当者は、よく見かけるギラギラしたタイプではなくて良かったのですが、
その代わり、要領が悪いのか、やる気がないのか、それともただの二枚舌なのか、
言う事が毎回コロコロと代わるので、それに振り回されてしまったり、
建物調査の結果があまりに酷かったため、
翌日に予定されていた害虫調査を直前にキャンセルしたところ、
詐欺まがいなアクションを取られて、ワンマン害虫調査人の腹黒さに心を痛めたり。


幸いにも私達の依頼した弁護士がしっかりとした人だったので、
時間はかかりながらも最後は私達の希望するほうに転びましたが、
骨の髄まで元気エキスを吸い取られてしまったというか、
一時はものすごい疲弊してしまい、
リカバリーにはちょっと時間がかかりましたね。苦笑
しばらくお家購入はお休みしよう・・と。


それに加えて、普段なら5時には帰ってくるダーリンも、
ここのところプロジェクトが大忙しのため、帰宅も毎日8時頃。
ダーリンも家のことに仕事のことに、大変だったと思います。
そんなこともあり、お互いにいろんな方向からのストレスを抱えながら、
毎日励まし合いながら乗り切った期間だった気がします。


それでも、私達には家の購入プロセスをガイドしてくれる心強い友がいたので、
何かあったらメールをくれて、電話をくれて、
まるで駆け込み寺のように、本当にお世話になりました。
そんな彼のためにも、この物件が決まれば良かったのですけどね、
お世話になる日々は、まだもうちょっと続きそうです。。


CIMG9500.jpg
今日の空。日差しはそこそこありますが、まだ空の青さが冬っぽいですね。


そんなこんなで、ブログを書く気にすらならなかった怒濤の2週間、
訳が分かっていても分からなくても、とりあえず前に進むしかなくて、
一日のうちに何度も一喜一憂しながら、今思えば、よく頑張りました(自画自賛。笑)
おかげで不動産購入に関する経験値がぐんと上がった気がします。


それにしても、人生において「めげない」ってとても大事ですね。
こんなに凹んでいたのに、周囲のオージーフレンズは「次はいつインスペクション行く?」
「すぐいい物件見つかるって!」とめいめいに心温まる声をかけてくれて、
私も比較的「元気キャラ」なほうではありますが、
彼らの瞬間おきあがりこぼし的な性格をもっと見習わないといけないな~と思いましたもん。笑


今は、無事に契約が破棄でき、デポジットも返却され、ものすごくホッしています。
次回のお家購入プロセスでは、関係者のペースに飲まれすぎず、
自分たちらしく進めて行きたいですね。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

お久しぶりです。
お家購入、大変ですよね。

私も思い出しました。
家が決まってもその後のビルディングインスペクション、契約書のやり取り、そして私たちの場合もっともストレスとなったの売り主のグウタラでセトルメントが大きく遅れた事…。

もうすぐ購入から2年になろうとしていますが、
やはり早く買ってよかったと思っています。
(年ですから支払できる期間も短いですしね。)
ちょうど購入した頃にも、もうバブルが崩壊するだの、値下がりが始まるだの言っていましたが結局下がったのはそれこそ少々の金持ちじゃないと絶対に手が届かない$1,500,000以上の物件が10~20%値下がりしたのみで、アベレージ$500000程度の物件は相変わらず右肩上がりに上昇しています。
私たちみたいに当時激安サバーブだったところは軒並み上昇中。
私のところもたった2年間で平均価格が$60,000程度も値上がりしてしまいました。
実感として豪州国内景気は下がっていますが、蔓延不動産不足だからという理由だけではなく、不動産投資に関しては参加者は豪州国内の人だけではないですから(インスペクションに行っていたらわかると思いますが…)そりゃ上がり続けるはずです…。

只、人気なのは築30年前後の中古物件で、やはり新築物件はやや不人気なのも、日本と違って面白いところですね。

長文になってしまいましたが、とにかくインスペクションに行きまくることが近道だと思います。
ストレスに負けずに頑張ってください!
sevencolors555さん

sevencolors555さん

お久しぶりです!貴重なコメントありがとうございます!!
私達が古い家狙いなのもあるのでしょうけれど、今回のお家探しでは本当にぐったりしてしまいました。。それでも、やっぱりインスペクションに行かないことには始まりませんよね。応援ありがとうございます!ストレスに負けず頑張りたいと思います(^^)/

sevencolors555さんがお家を購入された時もいろいろと大変だったのですね(T-T) 契約書にサインした後なのにセトルメントが遅れるだなんて、、。私達も次回に備えてもっと心と頭を鍛えておかないといけないですね。

それにしても、メルボルンではまだ平均的な物件は上がり続けているのですか!しかも以前は安かったサバーブまで(驚) 。さすがメルボルンですね。ブリスベンの平均的な物件は随分と下がってきていて、売り手の希望額と買い手の希望額の差の大きさに不動産は頭を抱えているようです。オークションもほとんど成立していません。とはいえ、人気サバーブは相変わらず驚くような額をはじき出していますが(^^;)、私達は至って現実路線で(笑)。

いつか良いご報告ができるよう、めげずに引き続き探して行きたいと思います!アドバイスなどがあれば、またぜひご教示ください☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:13  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

冬の終わりの新たな出会い♪

2011.08.09 (Tue)

春を感じ始めたブリスベンよりこんにちは
まだヒーターが必要な夜もあるし、木は禿げたままですが、
昼間は窓が開けたまま半袖でいられるくらいぽかぽかとした陽気で、
とりあえず冬は去ったのかな、と思える気持ちよいお天気が続いています


CIMG9485v2.jpg


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ちょっと暖かくなってくると、ボディーボードがしたい衝動にかられますが、
そういう意味ではまだ冬ですね。水着ではまだ遊べません。。
風もここのところずっとなくて、あっても風向きが良くなかったりと、
カイトライフからも随分遠のいてしまっている今日この頃です。
先日ちょっと風があった日でも、大きなサイズのカイトしか見かけませんでしたから、
私たちの普通サイズカイトが活躍するには、まだもうちょっと・・といった感じでしょうか
ハワイ帰りのカイトショップの青年も、ここではひまそうです。笑


それにしても、先週先々週と、実はちょっと気持ち的に忙しくて、
気がつけばブログからも随分と遠のいてしまっていました。。
そんなバタバタの犯人についてはまた改めて綴るとして、
今日はその前からアップしようと思っていたお友達宅での晩餐会について


ブリスベンでの暮らしが落ち着いてきた証拠なのか、
最近は新しいお友達ができる機会もぐんと減りました。
東京にいたときも、そうそう新しい友達ができていたわけではありませんが、
それでも仕事がらみで今まで知らなかった人たちと知り合う機会が沢山あったこともあってか、
新しい出会いがないというのは、なんだか不思議な感覚だったりもします。


そんな中、今回訪れたのは、最近知り合ったばかりのお友達宅。
人との新しい出会いって、自分たちの暮らしに新しい空気が取り込まれるような、
自分たちだけでは気付けない発見みたいなものに出逢えたりして、とても嬉しいものです
しかも彼女は同じ学年で、地元もみちやんの親戚宅の近くらしく、
早速ものすごい親近感を一方的に感じ始めています。笑


お邪魔した彼女のお家は、引越したばかりの新築のユニットで、
自分の家に帰ったらガッカリしちゃうんじゃないかと思うくらいピッカピカ
ダンナさまにちゃっかり室内ツアーなんかをしていただいたりしつつ、
楽しい時間を過ごしてまいりまいた


以前からダンナさんがお料理上手という噂は聞いていて、
図々しくも、密かに楽しみにしていたのですが、
これまぁ見事に出てくるもの全てが大変美味しゅうございました


ニンニクの芽とイカの炒めもの
CIMG9340.jpg


ポーク甘辛煮
CIMG9343.jpg


豚の耳
CIMG9341.jpg


そしてそして、朝獲れたてのそれはそれはフレッシュな私たちの大好物
CIMG9346.jpg
ダンナさんのお友達経由で入手したという生ガキっ!!
次回はぜひこの仕入れに参加したいと心の底から思いました


写真に収め忘れてしまいましたが、
日本からご家族が持って来てくださったという貴重な大吟醸なんかも、
一緒に美味しく頂いてしまいました


私、多分お酒の中で一番日本酒が好きなのですが、
移住したての頃、「豪酒」というオーストラリア産の日本酒を飲む機会があって、
そのときは「やっぱり日本酒は日本で飲まないと美味しくないのかな」なんて感じて、
以来、この手のお酒は全く口にしていませんでした。
ところが、今回久々に日本の大吟醸を頂いてみたら、
気候的なものを差し引いたとしても、やっぱり「味」が違ったのかも?
と思わざるを得ないほど美味しくて、
久々に「くぅ~っ」と目からハートが飛び出て来た気がします


ドライバーで飲めないダーリンには、こんな素敵なお飲物も
CIMG9350m.jpg
これまたダーリンの大好物、甘酒。


デザートには、みっちゃんお手製りくろー風チーズケーキ。
CIMG9351.jpg
みっちゃんのチーズケーキ、とってもしっとりふんわりで、めちゃうまなのです


そしてダンナさんが淹れてくれたコーヒー
CIMG9352.jpg
お家でサイフォンコーヒーなんて初めてでしたが、
やっぱり美味しいですね~


軽~い気持ちでお邪魔してしまったので、
お二人の嬉しすぎるほどのおもてなしに少々反省しつつ、
こんな美味しいご飯に囲まれながら、いろーんな話をして、
なんだかあっという間に時間が過ぎてしまいました。
楽しい時間って本当に過ぎるのが早いですよね


最近はそんな楽しい時間を一緒に過ごせるお友達が増えてきて、
本当に嬉しいし、とても有り難いことです。
ここでの暮らしに根が生えて来たかな~なんてことを感じながら、
日本からはもちろん、ブリスベンでも、
私達を支えてくれているお友達に感謝しなくてはいけないなーと、
改めて感じた夜でした


みんなに謝謝




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

08:59  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。