03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

移住1周年☆

2010.04.30 (Fri)

なんかそれっぽいことを書きたいな~と思って、
ず~っと考えていたのですが、
結局あまり気の利いたことが思い浮かびませんでした。。

IMAG0045.jpg
Lookout @ Mt. Tamborine

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ブリスベンでもう1年も暮らしたなんて、
正直実感がありません。


とはいえ、1年を振り返ってみると、
語り尽くせないくらいいろんなことがあったのですけどね。


知り合いはいない、住む場所もない、仕事もない、
の無い無い尽くしでやってきたブリスベン。


日本を出るとき、よく「チャレンジャーだね」と言われました。
当時は、これまで温めてきた構想に、ようやく一歩近づくことができた!
という感覚で、全てを前に進めて行くことだけを考えていたので、
「チャレンジ」とかそういう言葉はちょっと違うな~と思ってましたが、
今思えば「確かにそうだったかもな~」という気もします。笑


まずは部屋を探し、仕事を探し、友達のネットワークを作り、
あっちへぶつかり、こっちへぶつかりしながら、
沢山の人たちにお世話になりながら、
ちびりちびりと前進し、今日までやって来た気がします。


ホントにちびりちびり。
残念ながらデジタル的な成長はないですが、
それが私たちっぽくて、オーストラリアらしくて、
良いのではないかな~、なんて思ってみたりもして。


この1年で、暮らしの基盤も整いました。
無収入生活が長かったこともあってか、
今では何も無い暮らしが当たり前になりましたが、
そんな暮らしが実はとても気に入っていたりもしています。


日本にいた頃は、使いそうで使わない細々とした物に囲まれ、
そんな多くの物に執着しながら暮らしていたし、
それが「普通」だったので、物に執着していたことすら感じていませんでした。


ここ数年は、自分の中でですが「脱マテリアリズム運動」を展開していたので(笑)
物は少ないけれど、好きな物を大切に使う暮らしは願ったり叶ったりだし、
物に執着しない暮らしは、どこか人の心を豊かにしてくれるようにも思います。


この「移住」+「シンプルな暮らし」のおかげで、
東京にいた頃と比べると、段違いで気持ち自体が軽くなりました。
まぁ、必要なものすら無い感は否めませんが・・苦


よく言われる「オーストラリアはサービスの質が低いし、
人もスローでイライラする」ということに関しては、
特に気にならないかなぁ~、という移住当初の考え方から代わっていません。


確かにサービスの質は低いし、
対応もゆ~っくりなので、イライラする要素はあります。
けれど、ぶーたれたり、がっくりしたりしつつも、
今のところクスクスっと笑って「そんなもんだよね・・」といった具合でしょうか。


これは何事に対してもそうだと思うのですが、
「イライラする」のは「期待」したり「これくらい当たり前」と思うからで、
もともと「そういうものだ」と期待せずに暮らしてたら、
特にイラッとくることはない、というのが持論です。


もちろんその都度事情が違うので、
たまにはものすごーく態度の悪い担当者にあたり、
怒りたくなることもありますけどね。。


この国では、しつこく担当者のお尻をたたかないと
物事が先に進まないことが多くある代わりに、
日本では考えられないような言い訳が通用するので、
この合わせ技で、たいていのことは解決する、ということも学びました。


なので、むしろ日本にいたときのほうがイラッ率は高かったかもしれません。
(サービスが良い分期待値が高いのでしょうね。。)


もしかすると、私たちの生活スタイルがもともとオージー流だっただけでは?!
と言われてしまいそうですが、
それもあながち外れてないのかも。。??


移住前後は、移住という選択が良かったのかどうか考えた時もありました。
まだ1年しか住んでいないし、それまでオーストラリアなんて
来たこともなかれば、興味すらなかったけれど(ごめんなさいっ!)、
この1年で、オーストラリアへのラブはぐぐぐーんと急上昇し、
今では、この国で暮らせていることに日々喜びを感じているほど、
いつの間にかオーストラリア大好き夫婦になっていました。


自分たちが住みたいと感じた国に住めるということは、
本当に恵まれているし、幸せなことです。


そう思うと、GDPではなく、
GHP(Happiness/幸福度)を求めてきた私たちにとって、
移住という選択は正しかった!!


もちろん隣の芝生は青いように、
オーストラリアでも他国同様、良いこと悪いこといろいろあります。
それでも最近気づいたことは、
そんな状況下で自分たちはこれからどう暮らして行くか?
私たちが、オーストラリアの政治や経済に軸を置いて、
近い将来はもちろん、遠い遠い未来までも考えているということ。


日本にいる家族や友達を恋しく思ったり、
母の手料理や日本の新鮮で美味しい食べ物が恋しかったりもします。
それでも、やっぱり私たちはこの国に根を下ろしていくのだと感じた2年目のスタートでした。


まだまだ新米移住者ですが、
こんな2人をこれかからもよろしくお願いします!!!



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

はじめまして。タイガーです。
ちょくちょく覗いてました。

移住しての色々な感想に、うなずきました。
あたしはニュージーランドですが
対応が遅かったり、ルーズだったり
普通怒るところも、こんなもんだと思えば腹立たない。
でも、怒って改善してもらうところは、改善してもらう。
そういうとこ、激しく同意です。

あたしもまだ移住して1年あまりです。
でもニュージーランド大好きです。
ここに住めて幸せです。

応援ポチしときました♪

また遊びにきますね。
タイガーさん

私も一年たったとき何を思うのかなーなんて考えながら読みました。私も移住前にさんざん聞いていたサービスの質や対応の遅さは、それほど気になりません。確かに日本とはぜんぜん違いますけど、それは質の高い生活の裏返しでもあるわけで、もともとそれを求めてここに来たわけですから。

「サービスが良い分期待値が高い」なるほど確かにそうですね。私もイライラはこっちに来てからのほうがだんぜん少なくなりました。「日本では考えられないような言い訳が通用するので、この合わせ技で、たいていのことは解決する」これは私はまだ体得していませんが、私も早く言い訳上手、解決上手になろーっと!

さて二年目はどんなことが起こるのか、これから楽しみですね。
divayoshikoさん

1周年

おめでとうございます。
私もこの国にくる前はオーストラリアに全く興味ありませんでした。それがそのままずるずる17年目に突入してます。
でも、私の場合は2年で帰る予定できたけど、計画して移住して来られたのに興味なしでっていうのには正直ちょっと驚きました。
まあ、何だかだ言っても、のんびりできるっていうのがここのいいところじゃないでしょうか。
tripleDさん

1周年記念♪

2年目に入る時に、オーストラリアに来て良かったv-344って思えること、と~っても幸せですよね♪お二人の1年の頑張りの証デスヨォ~v-344本当に「無事に1周年迎えられておめでとうございますv-441」と直接言えないのが残念な位ですっv-406
「オーストラリアに行ったこともないのに移住実現」はわが家もです♪今年は年内にInitial entryをしようと思ってるのでv-441ハズ&ワイフさんにもお会いしたいしv-306、家族でオーストラリアを満喫したいデスv-344
今後ともどうぞよろしくデス!ブログ更新いつも楽しみにしていますv-344

yummyさん

タイガーさん

はじめまして!コメントありがとうございます☆

タイガーさんはニュージューランドにお住まいなのですね。ニュージーランドも素敵な所ですよね!まだ国内すら旅していませんが、旅行リストにはしっかりニュージーランドも入ってます♪

そちらでも対応が遅かったり、ルーズだったり、お国柄はとても近いのですね(笑)それでも、その土地に住めて幸せと思えることってすごく素敵だと思うし、そんなもんだなーと思ったら、気にならなくなることってありますよね。これからもハッピーkiwiライフをお送りくださいね☆

応援ありがとうございます♪こんなブログですが、ぜひまた遊びに来て頂ければうれしです。これからもよろしくお願いします!
ハズ&ワイフさん

divayoshikoさん

1年、あっという間ですよ~(笑)なんて。サービスに関しては、出来る人に当たれば、オーストラリアなのにこの速さっ?!と感動することも多々ありましたから、「質が低い」というよりも「質に個人差がある」というほうが正しいかもしれないですね。それに、おっしゃる通り、そもそものんびりな暮らしを求めてここへ移住してきたので、「何のためにここにきたのか?」ということを考えれば、大抵のことは解決(消化)できる気がします。

2年目もちびりちびりと前進して行きたいと思うので、これからもよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフさん

tripleDさん

ありがとうございます☆
そうなのです。恥ずかしながら、オーストラリアには永住権を取得するまで一度も訪れたことがありませんでした。未だに、こんな夫婦によく永住権をくれたものだ。。と思うときがあります(笑)それでもイニシャルエントリーで初めて渡豪した時の「ここだ!」という感覚は、今でもよく覚えていて、それから直感に従ってここまできてしまいました。

tripleDさんはもう16年もオーストラリアにいらっしゃるのですね!この国の経済成長を肌で感じてこられたお一人なのですね~。私たちはようやく2年目突入とまだまだぺぇぺぇですが、これからもよろしくお願いします!
ハズ&ワイフさん

yummyさん

ありがとうございます♪ホント御陰さまで、無事2年目に突入することができました~(涙)

オーストラリアは世界遺産が沢山ある自然の豊かな国という印象くらいしか持っていませんでしたが、いざ住み始めてみたら、1年でど~っぷりと浸かってしまいました(笑)2年目も大好きなオーストラリアで、ここでのスローな生活をますます楽しんで行きたいと思っています。Initial Entryの予定が決まったら、ぜひご連絡くださいね。お会いできるの楽しみにしています!

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
10:50  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

ワイフのPizzeria♪

2010.04.21 (Wed)

最近思いがけずはまっていることがあります。
それが、ピザ

CIMG7917.jpg



>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
食べるのはもちろんなのですが、
コネコネして、膨らむのを待って、トッピングして、焼いて、、

オーブンから出て来たところを大急ぎでパチりとしたら、
チーズがとろ~んとしているうちに、いっただきまーす!


というわけで、例のごとく見栄えのしない背景で失礼します。。


ピザはもともと大好きなのですが、生地から自分で作るなんて、
オーストラリアに来ていなかったら、一生やっていなかったように思います。


トップの写真は人生2度目の手作りピザで、
カボチャとチキンのBBQ味。


ちなみに、人生初の手作りピザはこちら。
ちょっと慌てていたこともあり、
カレーのナンみたいな形してますが、そこはご愛嬌
CIMG7911.jpg


コネコネして、生地がぷわ~っと膨らむのを見守って、
ガスをぬいて、も一度待つ。
ピザ作りの中で、一番好きな姿はこれですね
CIMG7899.jpg

なんていうか、粉から個体になって、一通り膨らんで、
もう一度頑張りまーすみたいな白くて丸い姿が慎ましくて、
どうにも可愛らしい。
乾かないように濡れた布巾をかけておく、と分かっていても、
ついついなでなでしたくなってしまいます。


初のトッピングは、謎にドライカレーでした。
CIMG7907.jpg

というのも、日本にいた時からカレー味のピザが大好きで、
でも、こっちでは見かけないから、そんな味を再現したかった。。
というのが、このピザ作りの発端だったので。


好きな食べ物に対する貪欲さというか執念というか、
私にもそういう一面があったのか・・と思うくらい毎度真剣です。
そして、どちらも思っていた以上に美味しくできてしまったので、
自画自賛しているという幸せなお人でもあります


次は、テリヤキとか餅入りとか、作ってみようと思ってます


恥ずかしい事に、まだ秤とか、麺棒とか何も無いので、
計量は全てカップか普通のスプーン、生地は手で伸ばしています。
必要になったら買うぞ!といつも思っているのですが、
それなりに均等の厚さで丸くできてしまったので、
必要性から遠のいてしまったような気もしていますが。。
ひとまず、10年以上昔に1ヶ月だけしたピザ屋のバイトに感謝しておきましょか。


母の日も近いので、その時のセールで
キッチンアイテムをちょこっと揃えようかな~
そんなちょっとしたアイテムががあるだけで、
料理の幅がぐぐーんと広がりますからね!


そうそう、昨日はカボチャ&ポテト2種類のコロッケを作ってみました。
何種類作っても、衣をつけてしまえば中身は分からないのですけどね。。
揚げる代わりに、オーブンでグリルしたヘルシーコロッケ!
そもそも揚げてないものを「コロッケ」と呼んで良いのか微妙ですが。

CIMG7933.jpg


手間のかかる料理は美味しいという方程式は間違ってないですね
これも、オーストラリアに来たからできるようになったこと?
心の余裕って素晴らしい~。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

私もピザを自分で作りたかったんですが、日本にいるときに使っていたオーブンレンジは小さいしピザに必要な高温が出ないのであきらめていました。こちらにはキッチンにオーブンがついているので、いろんなオーブン料理が楽しめていいですよね。私もぜひ作りたいです。
divayoshikoさん

ごちそうさま~

初めてだったのに上出来でしたよ!
あっという間になくなってしまいましたね^^;

ピザって本当簡単ですぐにできるし好みの具をたくさん乗っけてお気に入りのピザが作れるしいいですよね~♪
うちも月に一度はピザナイトです!

日本にいたら作らなかったって書いてあったけど、お子さんできたら絶対作りますよ♪
私も子供ができるまでは作った事なかったけど、子供がある程度簡単なお手伝いが出来るようになってからは一緒に生地をこねたり、好きなトッピングをのせさせたり、お友達とピザパーティをやったりしてました^^

私のお気に入りはツナマヨコーンです^^

サラダピザも大好きです♪

Kayokoさん

おーいーしーそー!!!
バーベキュー味かっv-10 それは試したことがないんですけどすっごい美味しそうな響きです! あとお餅のピザとかカレーとか☆ おいしそー!
家で作るピザって自分の好きなものを好きなだけ乗せられるので良いですよねっ。 しかもあの粉を捏ねているときの感触っ(興奮!) 私も大好きですっ←ってどれだけ生地について力説をしてるんだ私は。 
いや、でもほんとあれってかなりセラピューティックじゃありません? 笑

それにしても秤とか色々道具なしでコレだけの作品を作り上げてしまうとはっ 
尊敬っ!
さちさん

divayoshikoさん

そうですよね。こちらだとオーブンがついているお部屋が多いので、オーブンを使った料理が気軽にできてしまいますよね!divayoshikoさんもぜひトライしてみてください♪手作りピザは、またひと味違いますよ♥喜んで試食に伺いま~す(笑)
ハズ&ワイフさん

Kayokoさん

ありがとうございますっ(ToT)/ 初めてつくったものを持参するなんて、なんともギャンブルなことをしてしまいましたが(汗)、美味しく召し上がっていただけて良かったです!

Kayokoさん宅は、月に一度ピザナイトでしたか!簡単なうえに、好きなものを自分たちの好きなだけ乗せられるから手作りは幸せですね♪ツナマヨコーンやサラダも美味しそう~。我が家でもいつかトライしてみたいと思います。

お子さんがいらっしゃると、作る料理の幅が広がってくるのですね。日本にいた頃は忙しさにかまけてやってなかったことがたくさんあるので、自分の将来に大いに期待したいと思います(笑)。
ハズ&ワイフさん

さちさん

そうなんです!自分でつくると好きなものを好きなだけ乗せられるから嬉しい&余計に美味しいですよね♪

さちさんがよく粉をこねる感触がセラビューティックで好きだと仰ってるのは「これかっ!」と、すっかりはまってしまいまいしたー。捏ねて生地が手にくっつかなくなってくると、「よく頑張った!」となぜか生地を褒めてあげたくなったりして、あの捏ね上がった塊がどうにも可愛いくて・・(笑)さちさん家のパンがいつも美味しそうなので、感激しつつ、いつかパン作りに辿り着きたいな~と思ってます。

実は、ボウルすらもまだ持ってないので、料理好きの方には怒られてしまいそうですが・・、なくても出来そうなところから楽しんでます(^_^;)
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

07:10  |  ある日の食卓  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

やっぱり世界遺産だった!

2010.04.17 (Sat)

この春日本の高校を卒業し、大学に入学するまでの2ヶ月間
ブリスベンに語学留学に来ていた少年と出会いました。
日本ではできないことをできるだけ体験して帰りたいと話していたので、
ならばオーストラリアらしい壮大な自然体験を!!と、
マウントタンボリンやラミントン国立公園
(パーリングブルックの滝と土ボタル)に案内しました。


CIMG7751.jpg

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
以前ダーリンの両親と行った時は、本当に天気がよくて
「滝どこ?」というくらいちょろちょろとしか水が流れていなかった滝も、
大雨の続いた後はこの通り!!!


ちなみに、ちょろちょろ・・だった前回の滝の様子はこちら↓(11月)
CIMG5929v2.jpg
うっすら線のあるところが滝(のはず)


ここには、滝の麓まで下りられるトレッキングコースがあり、
前回はさすがに行きたい気持ちにならなかったのですが、
今回こんなに豪快に流れる美しい滝を目にしてしまったら、
麓まで下りなくちゃいけない衝動にかられ、
迷わずトレッキングコースへ進みました(笑)。

CIMG7759.jpg



麓まで約2キロ。
森の中に入り込み、時に草をかき分け、
思い思いの感動を言葉にしながらワイワイと向かった先には、
それはもう言葉にならないくらいの感動が待っていました。。。


CIMG7769.jpg


2度目の正直?
本来の滝の姿を初めて目にして、
はぁ・・これは世界遺産になるわ・・。
と、ため息。
形容しがたい美しさです。。

CIMG7775.jpg

滝の後ろにも道続いていて、人が通れるようになっています。

CIMG7779.jpg

滝の水が「ミストみたいで気持いぃ~!」
なんて呑気なことを言っていられるのもつかの間。
「ミスト」は風向とともに「シャワー」に変わり(しかももの凄く強い)、
あっという間にびしょびしょに濡れてしまいました。
それも、十分楽しいのですけどね。笑

CIMG7783.jpg


一通りみんなでパチパチと撮影会を楽しみ、
あとでカメラもチェックをしてみるものの、ぜ~んぜんダメ。
この感動は、やっぱりカメラにはおさまり切れません。。


良く言うように、実際にその場所へ行き、
自分の目で見て、五感全てその空気を感じないと、
自分が感じたほどの感動を伝えることはできないんだなぁ~、としみじみ感じましたね。
(映画「Good Will Hunting」を思い出します)


私たち夫婦も、オーストラリアには美しいところが沢山あると
写真や噂では知っていても、実際にはまだ目にしていないとこいろばかりです。
エアーズロックやグレート・オーシャン・ロード、
グレードバリアリーフ、、、あげればきりがありませんが、
このバケットリスト(死ぬまでにしたいことリスト)を1つずつクリアして行くのが、
オーストラリアで暮らしていく上での生涯の課題でしょうね。


そして、土ボタルの生息するNatural Bridgeでは、
撮影禁止なうえに、夕暮れ過ぎは、
そこへ辿り着くまでの道のりも真っ暗で何も写りませんが、
滝同様、洞窟は水量に恵まれ、自然でできた岩の穴から
写真で見るよりも綺麗で豪快な滝を見る事ができました。
じめ~っとした天気が続いていたので、
洞窟はまさにプラネタリウム状態!
そんな幻想的な雰囲気に滝の音、、、
気づいたら口をぽか~んと開けたまま無心になっていました。


帰り道、広~い草原の上に広がる空には、
これまた広~い空に、輝く星。
最高の1日だったー!と大喜びしてる彼を横目に、
私たちも結構興奮気味でしたね。


CIMG7749.jpg


それにしても、この彼、18歳とは思えないおっさん少年で、
一回り以上年上の私たちといても全く違和感を感じないくらい、
(そう思ってるのは私達だけだったり・・汗)
それはそれはしっかりした男の子でした。


とても人懐っこくて、弟のように可愛くて(弟はいませんが・・)、
よく遊ぶ友達と毎週のように一緒にご飯を食べたり出かけたり、
2ヶ月とは思えないくらい、深く濃い時間を過ごした気がします。

CIMG7736m.jpg


彼にとっても、自分の英語力ってどんなもんよ?というつもりの留学が、
蓋を開けてみれば、国籍問わず本当に沢山の出会いに恵まれ、
語学はもちろん、それ以上に学ぶ事の多い充実した2ヶ月だったようです。


思いがけず出会った現地で暮らし、働く日本人との出会いでは、
自分が考えもしなかった世界観に触れることができて、
人生の選択肢がぐ~んと広がり、
この2ヶ月を日本でバイトだけして過ごしていたら、
こんなこと思いもしなかっただろうな、ということがいっぱいだったと、
4月からの大学生活に希望と課題を胸に帰っていきました。


私たち夫婦としても、自分たちのこれまでの経験が、
彼に何かしらのモチベーションを与えるきっかけになったなら、
すごく嬉しく思います。


これから大学生。
人生の土台を築いて行く時期。
今後の彼の進化が楽しみです!!!


夏にはまた遊びに来ると話していたので、
次はどこの自然を堪能しに行こうかなー?



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

16:38  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

結婚式♥ネイル編

2010.04.12 (Mon)

結婚式といえば、人生で一番美しく輝く日


花嫁は、美白にエステにショッピングに、
ビューティー面にも気合いが入るものです


IMAG0039.jpg
♥ Nails finished by Yuco-san ♥

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
なんて言ってみたいですねぇ
私はその日のために何か特別なことをしなくても、
いつも幸せだと感じているのだから、
そのままの自分で良しと思って、
特にたいしたことはしませんでした。あはは


高価なエステに行くのなら、代わりに美味しいものを食べたいし、
ファンシーなビューティーグッズよりも、キッチングッズが欲しいし、
ビハク・・?何それ??というくらい既に地黒ですし・・。


幸か不幸か、美的女子からは遠~く離れた星に生まれたようで、
花より団子、万歳~です。


そしたら偶然にも・・??
(あっ、まさかそんな私を見かねて・・?)
Bracken Ridgeでネイリストをしているお友達が、
私の爪をこーんなに可愛~くしてくれました(トップ写真)


恥ずかしながら、人生初ネイルです
ハタチ頃は自分でマニキュアをしてみたりしていましたが、
留学後はもはやナチュラルという名目で?
爪にオシャレをさせてあげていなかったし、
「ネイル」がどんなに流行っていても、
ホットペッパーのネイルページは素通りで、
焼肉&お寿司屋さんチェックに余念がなかった女子なので、
誰かにネイルをキレイにしてもらうのはもちろん、
ネイルサロンというものに足を踏み入れるのも初めての体験でした。


今回は結婚式だからと、彼女からのプレゼント
どんなネイルでもOKと言ってくれていたのですが、
あまりにネイルのことを知らな過ぎて、初ネイルは「おまかせ」。
結婚式のテーマカラーは特になかったけれど、
景色(ビーチ)にはシンブルが一番!!とカメラマンが言っていたのを思い出し、
ひとまずシンプルな白色をベースに、
これまた白色で可愛いお花をつけてもらいましたうにゃ~、めんこい。


もともと爪は伸ばしていないので、
アクリルネイル(っていうのでしょうか?)をきれいに着けてもらっています。
そして、さすがはプロ!
あれを付け、これを付け、プチっとカットしては磨ぎ、
いろんな種類のボトルから粉やら液体やらを取り出しては、
次から次ぎへと軽やかな手さばきで、さくさくつるり~ん
あっというまに、出来上がり!!


せっかく綺麗にしてもらったけど、きっとすぐ外れてしまうかな? 
なんて心配していたら、実はこれがとんでもなくて、
1ヶ月経った今でも、まるで自分の爪のようにぴったりとくっついてます


前の会社に、いつもきれ~なネイルをしていた先輩がいて、
爪が長いと何かと大変だろうな~なんて私の想像とは裏腹に、
それは上手にキーボードをタイプし、携帯メールを使いこなし、
家では料理だってしちゃうよと、生活には何も支障がないと言っていました。


慣れって素晴らしいと感心していましたが、
今の私は彼女ほど上手にタイプもできなければ、
携帯だってろくに使えない・・。
料理では爪までカットしてしまいそうな勢いです


お隣でネイルをやってもらっていたおばちゃんも、
初めは無理だと思ったけど、ネイルしてても家事は全部できるのよ!
ととっても嬉しそうに話していたので、
彼女達の言葉を信じて、このカワユイネイルに早く慣れたいと思いながら早1ヶ月。
何か進歩したのかな~。


今でも、ツルツルの床に落ちたコインやカードを拾ったり、
ネックレスをつけたりするのには、もの凄く時間がかかってしまいます。


長めのネイル(私にとっては)をしてみて気づいたことは、
普段の生活で、爪を本当に良く使っていること
指を使っている感覚でも、実は頑張っているのは爪だった!みたいなことが良くあります。


もういい加減取ってもらいなさいって・・というくらい、
随分と爪も伸びてきていますが、
それ以外は、どこかが剥がれるわけでもなく、
相変わらず可愛いままなので、なんか渋ってしまっています。


そしてどうやらダーリンもこのネイルを気に入っているようで、
たまに「思い切って爪切っちゃおうかな?」というと、
「え・・、まだいいんじゃない?」みたいなリアクションを取ります(笑)


私自身も、初めてこのネイルをしてもらってからは、
ちょっとした時に眺めては幸せな気持ちをもらっているので、
実際に外す日が来たら、なんだか寂しい気持ちになってしまいそうです。。
今は会社に行くわけでもなく、仕事でお客さんに会うわけでもないので、
もうしばらくこのままのネイルを楽しむことにしました


もしまたネイルをすることがあったら、
やっぱり彼女にお願いしたいな~と思う心のこもった贈り物でした
(yucoさん、ありがとうございました!!)




それにしても、私の爪って大きくて固いのですよ。。
女らしさの欠片もなくて、冗談抜きで凶器になるくらい。
筆圧が強く、手に力を入れ過ぎるのか、
学生時代は小指の爪が手のひらに刺さって、タコができたりもしました。
友達には「カルシウムが摂取できている証拠だ!」と笑われますが、
ホントそれくらいしか言いようがないのです


さらに、手自体もボコボコぢてて美しさが全くないので、
この太くて、しわしわで、大きな爪の見栄えのしない手を、
サイバースペースに載せるのはいかがなものだろう・・
と本気で悩んだのですが、彼女のアートをお見せしたい
という一心で、載せることにしちゃいました。
悪しからず・・。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

どういたしまして。。
喜んでいただいてなによりです。。
不思議なことに
アクリリックをリムーブすると
爪が裸になったような気がするんですけど、、
そのうち慣れます。。
人間錯覚の生き物なんですね~
yukoさん

yukoさん

本当にありがとうございました♪♪そろそろリムーブした方が良いのは分かってるのですけど、最後まで見届けたい気持ちになってます。笑 リムーブしたら裸にされた感じ・・って、確かにそうかもしれないですね。。またいつかネイルすることがあったら、よろしくお願いします!!

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:37  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

結婚式♥移動編

2010.04.11 (Sun)

North Stradbroke Islandへは、
これまで電車やバスを乗り継いで行っていましたが、
今回は人数も多いし荷物もあるので、
初めて車で乗り込みました。

CIMG7527.jpg
車両用のRed Cat Ferryで。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
このフェリーは、1階に車を駐車し、
移動中は2階のカフェスペースで過ごせるようになっています

CIMG7531.jpg

フェリーの運賃は、車1台に対する料金なので、
2人でも5人でも料金はかわりません。
6人目からも、いくらかエクストラで払えば乗せてもらえます。
面白いのは、法的な乗車人数はさておき、
車に乗れる(入れる?)なら、1台分の料金で乗せてくれるのです。
(ホントにいいのか??)


レンタカーには5人までしかのれないので、
友達にはクリーブランドまで電車で来てもらったのですが、
そんな事情を知った(というか、敢えて確認してみた)ので、
フェリー乗り場からフェリーまでの数十メートルを6人で乗車し、
島へと向かったのでした


そして、私の両親は別組。


私の両親は、今回4泊5日の終日フリーのツアーで
ブリスベン空港につきながらも、宿のあるGCまでバスで移動、
帰りはGCから早朝ブリスベン空港に戻る、みたいな
謎ながらよくあるタイプのツアーだったので、
事前に離団届けのようなものを出し、
ブリスベンの空港から別行動を取れるようにしてもらいました。


彼らも移動日の朝にブリスベンに上陸したのですが、
式のリハーサルがあった私たちは迎えにいくことができませんでした。


とはいえ、英語も話せなければ、通過もまだよく分からず、
初めてのオーストラリアで電車やバスの乗り方すら分からないの2人に、
自力で来て!というのは残酷な話なので、
(母は「できるんじゃない?」とか言っていましたが・・)
お友達にヘルプをお願いしました。


友達には、前日レンタカーを一緒にピックアップに来てもらい、
(保険はドライブしてくれる友達にかけましたが、車は私たちの名前で借りたので)
移動当日は、朝、空港で両親ピックアップし、
クリーブランドのフェリー乗り場まで送ってもいらい、
さらにチケットを買うところまで面倒みてもらいましたアリガトウゴザイマス!


もちろんお互いに初対面ですから、
お友達には両親の特徴を伝え、両親にはお友達の特徴を伝え、
ブラインドデート並みの衝撃的な出会い?を楽しんでいただいたわけです。笑


無事フェリーに乗せてもらったあとは、
島のフェリー乗り場までは私たちが迎えに行き、
(随分と待たせてしまったもですが・・・懺悔)
年末に日本で会って以来3ヶ月ぶりの再会を果たしたのでした



さてさて、島でウェディング、というと聞こえは良いけれど、
小さな島であればあるほど困るのは、
持ち込む荷物の量だったように思います


ドレス、スーツ、靴などのウェディング衣装一式、
普段着、最低限のバス用品に化粧品。


この辺は考えられる範囲で、
これにプラス、ちょっとした飲食類


結婚式の一環で用意している食事もありますが、
そうでない時間帯の食料も必要なので、
式の後に出すちょっとした食べ物&飲み物、
宿泊中の自分たち用のちょっとした食べ物と大量の飲み物(=お酒)。


North Stradbroke Isladは一応リゾート地?なので、
ちょっとしたカフェやレストラン、小さなFood Worksはあります。
でも、島の価格(=高価)なうえに、
交通の便が良いとは言いがたいので、
持ち込める範囲で持ち込んでおいた方が無難・・ということになるわけです。


何が必要かは、実際行ってみないことにはわからないけれど、
それでも思いつく限りでいろいろと持ち込み、
ビールだけでも2ケースはあった気がします。
(みんなはバケーションなのでね、本当によく飲むのです


そんなわけで「ちょっとした飲食類」といっても、
大人が8人もいれば、まぁそれなりの量になるわけで・・


今回は偶然にもレンタカーをしていて、
トランクが大きめだったので、比較的たっぷり入りましたが、
これが我が家のASTINA号だったら、どうなっていたことやら。。。


足りないものや、あったほうが良かったものなんかは、
もちろんFood Worksや酒屋さんに買い出しに行きましたけどね


結婚式ということもあって、
ローカルながらもお気に入りの美しい島へ家族を招待し、
それなりのおもてなしをしたいと考えていた私たちですが、
そんな島で式を挙げる難点も、身を以て経験したような気がします。


富豪だったら話は別なのですけどねぇぇ~・・



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

すてきなおもてなしの裏には買い出し&持ち運びの苦労があったのですね。おかげさまで楽しい時を過ごせました。
divayoshikoさん

divayoshikoさん

楽しい時間を過ごしていただけてたら、とっても嬉しいです♪♪荷物の持ち運びは、頼りになるメンズが沢山いたのでちょちょいのちょいでした。笑
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:07  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

結婚式♥宿泊編

2010.04.08 (Thu)

記憶のあるうちに、結婚式周りのあれこれも書いておきたいと思います

CIMG7570.jpg
式の翌日はこんなに晴れたのよ~ @North Stradbroke Island


というわけで、まずは宿

結婚式は土曜日の午前中に行ったのですが、
前日の同じ時間にリハーサルがあったり、
当日の夜は家族で食事に行くことを考え、
島には2泊しました。



>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
泊まったのは、Domain Resortという全てが一軒家タイプのロッジ(リンク付き)。

CIMG7397.jpg

Point Lookoutというメインストリートからは少し離れていますが、
その分静かで、初めてこのカフェに来たときから、
いつか泊まってみたいと思っていたロッジでした
8人という大所帯の私たちは、一番大きい4ベッドルームを予約。


このロッジは、1軒ずつが独立したタイプの2階建てです。
CIMG7534.jpg
見えている手前の部分には、2階に2部屋、1階部屋。

CIMG1421.jpg


デッキを挟んで、共有のキッチン、ダイニング、リビング、
CIMG7536.jpg

CIMG7539.jpg

CIMG7538.jpg


みんなでワイワイもできるし、プライバシーも確保されていて、
過ごしやすい宿だった気がします。

CIMG1422m.jpg


ホテルだとみんなで過ごせる場所がないし、
ちょっと何かを食べるにしても、食器やキッチンアイテムがそれなりに揃っているので、
最近はこの手のサービスアパートメントタイプがお気に入りです。


デッキには、小さなBBQコンロも設置されていて、
思わず島のFood Worksでお肉を買い込んでしまいました

CIMG1438m.jpg


はるばる来てくれた家族や友達に感謝の気持ちを込めて、
ダーリンがみんなのためにお肉を焼いてくれ、乾杯~


CIMG1441m.jpg


部屋を一歩出れば、共有プールや島で有名なカフェがあったり、
ロッジ前の通りを30秒も行けば、広~い海が一面に広がっていたりして、
本当にリゾート気分を満喫できる素敵なロッジでです


そんな場所でのひとときを、
私たちの両親やダーリンの弟、友達、
みんなが喜んでくれていたら嬉しいなぁ


pool@dimain.png


そして、たまにはこんなところに泊まりにくるのも良いかな~
なんて考えたりもするものの、リゾート地だから?
最低宿泊日数が3泊以上という宿がほとんどなのです。
というわけで、2泊の私たちは1泊不足分のチャージを払いました。。
(3泊すると、私の両親の帰国にかぶってしまうので・・)


それから、この宿からちょっと歩いたところに、
高台になっている超絶景の海辺のカフェを発見!
CIMG7580.jpg
奥まったところにあって分かり難いのですが、
もはやルックアウト(展望台)です


式の早朝、私の両親が行ってみてとても良かったというので、
翌朝私たちも行ってみました
CIMG7581.jpg
こんな素敵な場所にあるのに、お値段は意外と良心的。


お気に入りのモカ&カプチーノを片手に、
時間を忘れていつまでも眺めていたい美しい海が
ウェディングの翌朝を一層引き立ててくれました


曇りや雨だった前日とは打って変わって、悔しいくらいの晴天
おかげで10分くらいの道のりなのに、随分と汗をかいたので、
式はやっぱり曇りで良かった・・と思いましたね。苦笑


今回は結婚式でしたが、この島で2日過ごしてみて、
ますますこの島が好きになってしまいました。
まだ行ったことのないエリアや、キャンプができるエリアもあるので、
次回はまた別のアクティビティも楽しんでみたいと思います



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

次の日はこんなに晴れたんですね。高台のカフェ素敵!今度皆で泊りに行きましょう!
divayoshikoさん

divayoshikoさん

そうなんです!翌日はこんな晴天でした。来ていただいたお友達にも、この美しさを見ていただきたかったぁ~(ToT)/ というわけで、今度はみんなで泊まりにいきましょね♪
ハズ&ワイフさん

遅くなってしまいましたが、結婚式おめでとうございます! 凄く素敵な写真達で思わずニヤニヤしながら見てしまいました笑 本当にお幸せそうでブログを通しても凄く伝わってきます。
なんか思ったよりも早い挙式だったなぁなんて思いながら読ませて頂いたのですが、そういえば最初に結婚式をオーストラリアで、って仰ってたときからもう半年以上経ってるんですもんね。

いつも仲のいいハズ&ワイフさん。おめでとうございます!!

このロッジも素敵ですねー 綺麗だしバーベキューセット付きなんですか?? しかもお店の値段も良心的とは言うことなし! 海も綺麗ですし素敵な日を過ごされたんだなーと想像します。
 
本当おめでとうございます!
さちさん

コメントがすっかり遅くなりました!
結婚式本当に素敵でしたぁ~♪
ワイフさんがマングローブの中のヴァージンロードをお父さんと歩いてくる姿、本当に感動的でした。
ハズさんのずっとワイフさんを見つめる眼差しもとっても熱かったですよ!!!
いつまでも素敵なご夫婦でいてくださいね^^
子供ができてついつい子どもが一番になってしまっている私達夫婦から見て、初心にかえらされた素敵な瞬間となりました。

そうそう、昨日島から帰ってきました。
天気もよくてすっごくのんびりできました!
スクールホリデー中ですごく混んでたので、ホテルもあまり選べなかったんですが、島の大ファンになってしまいました。

今度みんなで泊まりに行きましょう♪

Kayokoさん

さちさん

ありがとうございます♥ 移住前から結婚式は移住後にと決めていて、ちょうど半年くらい前に結婚式の準備を始めるとブログでアナウンスしながらも、本格的に着手したのは1ヶ月前とかなのですけどね・・(恥)無事この日が迎えられて、多くの方々に祝福のお言葉をいただいて、本当に嬉しく思ってます。

このロッジも良かったので、今度はお友達家族やカップルと団体?で行ってみても楽しいかもな~?なんて考えたりもしています。さちさん家が近かったら、ぜひご一緒に!!とお誘いしたい限りです!

こんな夫婦ですが、これからもよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフさん

Kayokoさん

遠いところお越しいただいて、ありがとうございました♥ 子供ができたら、やっぱり子供が家族の中心になってしまうのだろうけれど、それが幸せな家族像のようにも思っています!良きワイフ、そしていつかは良き母になれるよう、またいろいろお話聞かせてくださいね。

ついにご家族で島に行かれたのですね!!天気も良くてのんびりできたなんて、島の醍醐味を満喫ですね♪♪また今度は、みんなで行ってみましょー。

引き続き、素敵な家族の時間をお過ごしください♥
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:14  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

幸せなぐ~たら連休。

2010.04.06 (Tue)

またまたご無沙汰しております。

IMAG0053.jpg
これがオーストラリアの秋空?曇りが多いです


祝日自体が少ないオーストラリアでは、
金曜日~月曜日にかけて、イースターの貴重な4連休でした
うち2日は完全にお店が閉まるオーストラリア、
皆様いかがお過ごしでしたでしょうか


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ダーリンは暦通りのお休みだったので、
私も日本の会社にちゃっかり連休宣言をして、
仕事メールは開かないこれ鉄則。


ダーリンのお勤めが始まるまでは時間があっても、
気持ち的に落ち着かない日々だったので、
この連休は、こっちにきて多分初めての
幸せなぐ~たらを満喫しておりました


基本的には、「家でま~ったり」するのが予定。
時にお友達とランチやディナーにでかけつつ、
2人で将来買う家の事を話し合い、
あれこれ計算してはショックを受けてみたり、
ダーリンは通勤用自転車を探してみたり、
その傍らで、私は映画三昧だったり、
かなりの脱力感サイコー


普段は、お弁当を作りから朝が始まり、
家事や仕事に着手して、
ランチを取って、また仕事に戻ると、
あっという間にダーリン帰宅時間。
しばし一緒に休憩してから、夕飯の支度をし、
食べて、片付けて、寝る準備。


仕事がたいしてない日は、ゆっくりと家事を楽しんでいますが、
どちらにしてもあっという間に1日が終わってしまうので、
ダーリンがお休みで一緒にお家にいると、
2人でいろんなことができるうえに、
1日ってこうも長いのか~と本当に嬉しく思います。


そして気がつけば、週も半ばの水曜日イエイ
今更ながら、今週も頑張ろう~!なんて思ってみたりしています。


そんなブリスベンの今朝の気温は18度。
今日の最高気温は28度とか。


風向き?日差し?
夏と大して変わらない気温でも涼しく感じるのは、
秋の訪れを意味しているのでしょうか
ここでは日本ほどファッション文化が成熟していませんが、
それでも服屋さんを通れば、
ショーウィンドウには秋冬色の服が飾られていて、
目でも秋を感じます。


とはいえ、まだ衣替えをするほど涼しいわけではないのですけどね。
夏でも寝る時は靴下&レッグウォーマーが書かせないワイフとしては、
そろそろ靴下の重ね履き&ヒートテックの準備です



* * * * * * * * * * * * * * * * *

それはそうと・・・、
先日非常~~~~~に遺憾なニュースがありました(進行形)


20100407_News_GBR.png


クイーンズランド州に来ていた中国籍の全長230mもある石炭運搬船が、
本来通るべきルートではない近道ルートを通り、
浅瀬に乗り上げて座礁し、何が起こったかといえば、
世界遺産であるグレートバリアリーフの南端に大量の重油を流出。


この船には、5,000トンの石炭と975トンの重油(燃料)が積まれいて、
現在、豪政府が全力で除去作業に当たっていますが、
珊瑚など自然生物の破壊につながる可能性も大きいとか。。


船舶の航行を定めた法律に違反する可能性があるので、
その時には100万ドルの罰金を課すとの話もありますが、
それで何が解決するかといえば、表面的な(法的な)ことだけで、
大事な問題は何も解決しない気がします。。


自然が自然の影響で朽ちていくのはやむ終えなくても、
第三者的要因(人間)の心ない行動から、
大切に保護されてきた自然を破壊してしまうのは、
あってはいけないことなのではないかと心底遺憾に思います。


oh, china....


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

うちもなんだかの~んびりし過ぎて、時間はたっぷりあったのに連絡しそこねてしまいましたよー(^^;
また近々キャッチアップしましょ♪

P.Sハズさん、チャリ通勤!? こっちの人多いですよね。ヘルメット被ってガチンコで漕いでるのよく見かけます(笑

Mアンドまめ’Sさん

お久しぶりです

日本から2日に戻ってきました^^日本の3月はとーっても寒かったので、その感覚で冬物を多めにかついで持って帰ってきたのに・・・・まだ夏やんか~っ!!少しも秋めいてないやんか~!!サウスバンクで、皆まだ泳いでるやんか~って(笑
ほんと長い間お会い出来てないので、近いうちにお会いしましょう♪
nさん

Mアンドまめ'Sさん

チャリ通ってなつかしい響き!オージー達の自転車通勤ぶりを見ていると「チャリ通」なんて可愛い呼び方では表現しきれないものがありますよね。。笑 中には自分たちが車だと思い込んでいる人もよく見かけるので、ヘルメットをかぶって、こっちも要安全運転ですね。
ハズ&ワイフさん

nさん

お帰りなさ~い!日本はいかがでしたか??久々の日本をいーっぱい満喫されたのではないでしょうか。お土産話、楽しみにしてます♪♪3月の日本はまだ寒かったのですね。。それに比べて、ブリスベンはちっとも秋めいてないですよね(苦笑)。一瞬涼しくなったかと思えば、最近また暑いし。ここに1年住んでみて寒いと感じたのは、多分6月の数日だったように思います・・。近々お時間のあるときにぜひ☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:39  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。