FC2ブログ

サニーバンクでチャイナランチ

2009.07.21 (Tue)

Clevelandにドライブした日、実は初めてサニーバンクでランチをしました


今回行ったのは、サニーバンクプラザに入っている小さな中華のお店。
(名前は覚えていません・・
中華というと、くるくる回るテーブルにたくさんのお皿が並ぶ
なんだが豪華なお食事を連想してしまいますが、
ここは、通路にテーブルと椅子が適当に置いてあるうな、
テイクアウェイもできる(テイクアウェイがメイン?)、
お手軽なチャイナデリです

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
自分で好きなお肉や野菜を選んで、
ライスかヌードルに組み合わせるタイプで、
どのメニューもほぼ$8前後とお財布に優しい


しかも、レジの前では中国人が列を作っていたので、
美味しいに違いないっ」と勝手に太鼓判
(あれ・・、今思えば、お財布に優しいから並んでいたのかも?)


ダーリンは、ビーフを頼んだところ
もう残りが少ないからということで、半分ポークになってました(笑)。
それがこちら

sb-lunch

けっこうボリュームがあるのです
残念ながら、ポークは大きな骨がついていて、
あまり食べるところが無かったみたいですが、
ビーフはよ~く煮込まれていて柔らかくて、美味しかったみたいです



コノリンのチキン+カレー
sb-lunch2

チキンは竜田揚げっぽいですね。美味しそう~
カレーは一見日本のカレーそっくりですが、
ダシ(っていうのでしょうか?)がいかにも中華なチャイニーズカレー

私も一口だけ味見させてもらったら、
確かに私たちの想像するカレーの味ではなかったです
でも、さらさらっとしたテクスチャで、これはこれで美味しかったです!



私はビーフヌードルを
sb-lunch3

ダーリンに入っていたビーフと多分同じものなのですが、
スーブに入れて煮込まれたからか、
さらに柔らかさが増していて、
豚の角煮のようなとろ~んとしたお肉に仕上がってました


ヌードルは、日本でいうところのうどんでしたね。
大きいサイズを頼んだので、いや~お腹いっぱい


Clevelandまでの道中、爆睡してしまうのではないか・・
と本気で心配したくらいです。笑


と、腹ごしらえも済んだどころで、昨日アップしたClevelandに向かったのでした
(ちゃんと起きてましたよ~




サニーバンクといえば、
飲茶が美味しい」という話をよく耳にするので、
なんとな~く探してはみているのですが、
未だ出会えていません・・。


きっとサニーバンクプラザの反対側にあるモールかな~
まだそんなに行ったこともないですが、
いつも適当な時間に行ってしまうのと、
同じお店にしか行っていないので、
次回は本腰をいれて飲茶のお店を探してみようかと思います



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ところで・・・、いつも思うのですが、
中華料理のあの独特な味はどこから来るのでしょう。

以前中国人の知り合いにディナーをご馳走になったときも、
同じことを思いました。

サクッと作ったチキンとセロリの炒め物で、
作っている時に使った調味料を見ていても、
え?これだけで・・?というくらい、ちゃんと中華なのです。

やっぱり使う調味料なのかな~。

それっぽいのを買って、やたら炒め物を作っていますが、
未だ彼女の味には到達しません・・。
う~~ん。

最近は、にわか料理研究家を楽しんでます。笑


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

飲茶

サニーバンクプラザのフードコート入口にある飲茶のお店が美味しいですよぉ♪
私のブログでも前にのせましたが、シュリンプのダンプリンがお気に入りです(^^b

土日は、11時くらいに行かないと長蛇の列ができてます!
何度も入り損ねました(汗
mameryocoさん

mameryocoさん

貴重な情報、ありがとうございます!!別の友達もそのお店をオススメしてくれていたので、これで2票です☆笑 私たちが行ったときは、店内には人がたくさんいて、すでに「Closed」の札が出されてました・・。やっぱり美味しいのですね♪次回は長蛇の列の前の方を目指して、張り切って早めに行きたいと思います!!
ハズ&ワイフさん

管理人のみ閲覧できます

-さん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

14:28  |  茶・味酒欄  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |