FC2ブログ

カスクワイン:我が家で大好評のお手軽&お手頃ワイン

2009.06.14 (Sun)

食いしん坊な私たちが最近はまっているものの一つに、ワインがあります。


オーストラリアには、
オーストラリア産の安くて美味しいワインがたくさんある
と聞いているので、ぜひとも試さなくちゃ
心は盛り上がっているのですが・・・、
イカンセンしっかりとした収入源がないという壁があって、
コストパフォーマンスには、日々目を光らせています


そして、そんな私たちにちょうど良いワインを発見しました


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
その名も、カスクワイン
英語ではCask Wineと書かれています。


これは、テーブルワインとして手軽に飲める
箱に入った大きめサイズのワインのです
オーストラリアの家庭には、たいてい常備されているようで、
国内ワイン消費量の40%はこのカスクワインだとか
キャンプやピクニックに持参したりと、大活躍のワインくんのようです


どこのスーパーや酒屋さんにも、
手軽な2Lサイズから大きめ4~5Lサイズまで、
これだけで、大きな陳列棚を占領しているくらい、
たくさんの種類がずらっっと並んでいます


ボトルワインのように、シャルドネ、メルロー、シラーズといった
ブロウの品種で出しているメーカーもあれば、
ドライレッド、フルーティホワイトのように、
ざっくりとした(良く言うと、とても分かりやすい)種類で
出しているメーカーもあって、
値段も$10~$30くらいと幅広く、
気分や用途に合わせて、手軽にチョイスできます


5Lで$10みたいな激安カスクワインもありますが、
個人的に、安すぎるワインは悪酔いしそうなので、
いつも選択肢からは外してしまいます。。


今回私たちは、2Lで約$14という、
YALUMBACABERNET SAUVIGNONを買ってみました

CIMG3020.jpg
一見ただの四角い箱ですが、中身はずっしり。


750mlのワインボトルと比べると、こんな感じです。
CIMG3022.jpg


箱の下の方に、簡単に破れる点線がついていて、
CIMG3021.jpg


そこから蛇口を取り出して、セット完了。
CIMG3027.jpg


あとは、お好みの量を注ぐだけ。


はじめはすごい勢いで出てくるので、
泡は立てたくないのだーという場合は、
グラスを傾けて、そぉ~っと注ぐことをオススメします。笑
(そこまで優れた機能はないので、結構難しいです…)


おぉ~、ついにカスクワインデビューだぁ~


なんて、飲むことにテンションが上がってしまい
肝心な注がれたワインの写真を取り忘れてしまいました・・2L分もあったのに・・


夕食時にちょびちょびと、ほぼ毎日、
楽しみながら飲み続けて、
最後はこんな姿に。

CIMG3040.jpg


お味もなかなか良かったです
そりゃ~どこぞのボトルワインに比べたら、
香りや味などなど、劣る部分は多々あるでしょうけれど…、
そこはカスクワインですから。
十分です


ボトルワインはボトルワインの良さがありますが、
そこまでワインにこだわらない時は、これで十分だな~と思いました。


ちなみに、カスクワインは、
開栓後も約3週間くらいはフレッシュに飲めるというので、
値段だけでなく、使い勝手としても手頃だなぁと思います。

どうでもいいですが、開栓前の状態だと、約9ヶ月くらい保存ができるとか。


私たちオージーライフに、カスクワインが加わりました
次回は違う種類を飲んでみたいと思います


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

カスクは

お料理にも手軽に使えて、
2人なら赤・白、
どちらも常備しておいてよさそうですよね!
1人だと、間違ったカスクを選ぶと、
本当、なくなるまで時間がかかりますぅ~~!!
kaorinさん

カオリンさん

先日、BWSの店員さんが薦めてくれたので、
美味しいかなぁっと思って張り切って買った
Stanleyの4Lカスクワイン「Dolce Rosso」。

せっかくコメントもらってたのに、さっそく間違っちゃいました。
一口目から悪酔いの予感。で、案の定、朝から身体がだるかったです。

これは料理用に回して、さっさと次のワインに行っちゃいましょう。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:38  |  ある日の食卓  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |