FC2ブログ

我が家に電話が来た日。

2009.05.19 (Tue)

先日のTelstraとの戦いの末、キャンセル分は支払う必要がなくなり、
無事に電話を開通することができました


ダーリンの就職活動も本格的に始まって、
CVにはTelstraからもらった自宅の電話番号を早速記入して応募。


「ついに就職活動開始だね」と気合いを入れたのもつかの間、


「はっ…うち電話機ないじゃん…


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
これまでのところ、ダーリンのプリペイド携帯で用は足りていたし、
正直そこまで電話の必要性を感じることもなかったので、
特に気にしていなかったのですが、
我が家には電話がありませんでした…


というわけで、慌てて今日電話を買いに行ってまいりました


シティに繰り出し、
何カ所か売っていそうなお店を回りましたが、
どこでも扱っている機種に大きな違いはなく。。


久々にこんな旧式電話を見たよーっ


というくらい、機能もデザインもあったもんじゃない…
そもそもFAX付きとか、そういうのはないのだろうか?


こんなしょぼい電話に高いお金払いたくないよねぇぇ~…


これならなくてもいいよ~と言いたいところでしたが、
CVに書いてしまった以上は、
いつ電話がかかってくるやもわからない…


「買わない」という選択肢はないので、
あとは、どこで妥協するか


2人で電話エリアに立ち、
怪しいくらい何台も何台も電話を手に取っては、
眺めながらブツブツ…


店員にチラ見されながらも、
「来なくていいよ~」のオーラ全開


そして、店頭における家族会議の結果、これにしました



pana1

Panasonicです。


Panasonicもこんな電話が海外で売れるなら、
とりあえず日本用にだけ開発しておけば、
海外は、過去の遺産で問題なくない
なんて失礼なことを考えてみたり。。


やっぱり日本は家電大国なんだな~、と改めて感じました。


電気屋さんの電話コーナーといったら、
あらゆる着信音が流れていて、
文字盤が音に合わせてピカピカ光っていて、
電話機自体にも、メーカーごとにユニークな機能があって、
そこにいるだけで消費者の私たちを楽しませてくれます


電話に限らず、どのエリアもハイテクでいて楽しいっ
そりゃぁ、海外からの旅行客が秋葉原に集結するわけだ…。
もはや量販店は、エンターテイメントですね


ちなみに、アメリカだったら日本と電圧もたいして変わらないので、
日本で買った家電も、たいていそのまま使えますが、
100v240vはちょっと無理がありますよねぇ…。


変圧器買ってまで、日本の家電を持ち込まなくてもいいと思うし


ローテクカントリーでは、そこに用意されたローテクライフを楽しむのも
きっとここで暮らす醍醐味ですよね


ということで、簡易的に設置してみました

pana2

まだたいした家具がないので、
高いところの物を取るための台ですが…


そして、正面からもパチり
pana3


Panasonicくん、私たちのオージーライフをよろしく頼みます


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今夜のブリスベンは、
昨夜に引き続き、滝のように雨が降っています


古いエアコンでもかかっているのか?
と勘違いしてしまいそうなくらい
ボーボーと音を立てて、本当に激しく降っています


我が家は古い建物なので(二階建ての二階)、
ひとまず雨漏りだけはしないでぇーーー


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

家電

私も悩むところなんですよね~。
うちの実家はオーストラリアと同じく、
アナログなので、
日本に電話する時など、
やっぱりテレホンカード使ってかけるので、
公衆電話からは、なかなか面倒になってしまって。。。
westpacは結局、店舗に行ってきました!
kaorinさん

kaorinさん

うちは基本的にSkypeを電話代わりに、それぞれの実家と交信しています。
ネット環境の関係で、映像まではできていませんが、
話すだけなら十分足りている気がします。
アナログ万歳!的なそれぞれの母親に、
移住前にインターネットを教え込んできました。笑

westpacの件もうまく進んだみたいで良かったです☆

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:23  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |