02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

メルボルンリポート~部屋探し編

2009.03.15 (Sun)

現地からタイムリーにお届けするはずだった
メルボルンリポートですが‥、
初めての街での不動産・物件行脚に毎晩疲れ果て、
ブログを更新する余裕がありませんでした。。

ひとまず、
今回の部屋探しを振り返って感想を先に述べてしまうと、

いや~、正直しんどいです

前途多難です

メルボルンに到着した翌日から、
1日平均3件程度のインスペクションに足を運び続け、
申し込む気も失せるほどひどい物件から、
夢の広がる素敵な物件まで、ホントに多くの物件を見て回りました

今回メルボルンに行く前に
現地に移り住んでからの仕事先をシティと想定して
希望していたエリアがありましたが、
交通機関Zone1内であれば通勤は可能とだろう、ということになり、
エリアを広げて、北はMoonee Ponds近辺から、
南はElstanwick近辺まで、
Domainやrealestate.comに掲載されている物件を見尽くし、
可能な範囲でインスペクションに行きました。

オープンインスペクションや、現地の不動産でカギを借りて、
個人的にインスペクションをしに行くにも、
移動手段は、徒歩と公共の交通機関だけなので、
何かと時間がかかってしまって、
やっぱり1日3件くらいが限界だった気がします。

特に、初めの何日かは、トラムの乗り方やルートが分からず、
反対の方向に向かってしまったり、
私たちの持参したメルボルンマップの縮尺にだまされ、
延々と歩き続けて、インスペクションに間に合わなかったことも。。

ちょっと慣れて来た土曜日の午前中には、
どのエージェントも張り切ってオープンインスペクションをしていたので、
ひとつのエリアに絞って、朝9時半~昼1時半までに8件を回る、という
強行スケジュールを遂行したりもしましたが

そんな物件行脚もむなしく、
やはり過去にお部屋を借りていた実績がないうえに、
現住所がホテルだったり、仕事は日本だったりする私たちに
日の目が当たることはなくて、
アプリケーションを出したところも、ほぼ全滅でした。。

私たち夫婦のインスペクションデビュー戦となる、
日本人の方が住むStudioのTakeOverのお話も、
私たち夫婦の切なる事情をお伝えしたつもりでしたが、
お返事はないままで。。
(別のルートで、シングルの日本人女性の方に決まったと聞きました。
カップルよりも1人の方のほうが、現地での部屋探しや暮らしが大変だろう、
というのが理由だったようです)

あまりの手応えのなさに、
終いにはどのエリアに住みたいかすら分からなくなってしまいました。。

どこか知り合いのお家にちょっとお世話になって‥なんてことができると
またちょっと変わってくるのかもしれませんが、
私たちは、オーストラリア国内に知り合いがいないため、
部屋が見つからない限りは、
1日、また1日と、貯金からホテル代を捻出していくしかありません
ホテルにはキッチンもないので、食費もバカになりませんしね。。

そんな訳で、この滞在中にどうしてもお部屋を決めたかったのですが、
現実は想像以上に厳しかったです。。
まぁ、正直なところ、2週間という期間は、
お部屋を探すには十分ではなかったのだろう‥とも思いますが、
今回の成果は、出費には見合っていない気がして、
切ない限りです

あぁ、神様‥、私たちにお部屋をお与えください‥

部屋がなければ、仕事がみつけずらく、
仕事がなければ、部屋がみつけずらい。

そんな負のスパイラルに直面し、
ダーリンとも日に日にしょんぼり度が増していきながらも、
2人で励まし合い、現地で知り合った方々に励まされ‥

そして、最終日もちょっと見て回りましたが、
結局タイムリミットを迎えてしまいました

私たちは、本当に部屋をみつけられるのだろうか?
まもなく会社を辞め、無職になって、
でも相変わらず、部屋はみつからず、
貯金をホテル代と食費に使い果たし、
一文無しになって、強制送還になってしまうこともあるのでは?

なんてことを考えると、正直怖いです。

世界的経済危機だといわれるこのご時勢に、
安定した職を捨て、家も身寄りも仕事もない場所へ移り住む事が、
本当に私たちの求める「幸せ」なのだろうか?なんて
不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。

でもでも‥、

Yes!!

そこには、日本では得られない「ハッピー」があるはずなんです。
私たち夫婦の望む「芝生でゴロン」ライフがあるのです

今はそう信じて、前に進むしかありませんエイエイオー

今回の滞在中にお世話になった現地の皆様、
本当に本当にありがとうございました
心の底から感謝しています
そして、今後とも、私たち夫婦をよろしくお願いします


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:22  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(20)
 | HOME |