05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

もう一つの記念日

2008.06.16 (Mon)

ワイフの私は、今月末30歳になります。
俗に言う「三十路」です

いつからか30歳になったらドリームウォッチを買うんだー!と思ってましたが、
去年結婚するときにダーリンと十分素敵な時計を買ったので、
まだ買い替えるほどではないですし、
なにより、私が欲しいと思っていた時計メーカーの会社の方に、
「うちの時計は、実は値段ほど良いものではない」といわれてしまいました。
事実を知れてよかったのですが、長年温めてきた思いだっただけに、
やっぱりしょぼん‥です

ダーリンからのプレゼントは、生涯使えるようなもの、という
テーマだけは決まっていましたが、
目ぼしいものが見つからず・・。

ダーリンは、靴を作ってはどうか?と提案してくれていたものの、
あまり乗り気ではありませんでした。
でも、最近ダーリンが靴を大事に履いて、大切にケアしているのをみているうちに、
私もそんな一足が欲しいような気がしてきました。

そんなわけで、今日は、ダーリンの仕事が早く終わったので、
銀座にある婦人靴を木型から作ってくれる靴専門店に行って、
いろいろ話を聞いてきました。

基本的には、いろんな種類の靴を足に合わせて作ってくれるのですが、
このような靴は始めてで足が慣れないうえに、
私の足は外反母趾なので、
実のところ、現状では選べる靴のデザインは1つだけ・・とのことでした。
ぶっちゃけおばちゃん靴です。
それでも、私だけの1足ですし、足の健康にも良さそうだったので、
これまでの迷いは消え去り、30歳記念はお靴に決定しました!!

今は、どんな皮の色にしようか、どんな洋服に合わせたら
おばちゃん臭くなく見えるか、イメージを膨らませて楽しんでいます。
すごく細かいところまで時間をかけてサイジングしてくれるので、
週末に改めて足を測ってもらいに行こうと思います。

ダーリンよりも一足先にビスポークデビューだなんて、
なんだかちょっと申し訳ないような気もしますが。。
大切に履ける1足にしたいです

ちなみに、お店は、古きヨーロッパの靴文化を愛するおじさんがやっていて、
銀座のマダム達が昔から通っているようです。
そして「どうやってここを知ったんですか?」と不思議そうだったところを見ると、
私たちのような若者の訪問は、意外にないのかもしれません。

確かに、何万もかけておばちゃん靴を作ろうなんて、
そんな奇特な若者はいないのでしょうか。。

なんだか、ちょっと緊張してきちゃいますねー。

23:07  |  隠れハチミツ  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

横浜ロイヤルパークホテル

2008.06.14 (Sat)

先日、結婚一周年で泊まったホテルについて、
前回のブログでさらっと触れるだけでは気持ちが収まらず、
もうちょっと詳しく書き記しておきたいと思います。
(間違いなく自己満足ですが。笑) 

今後どのホテルに泊まっても、ここが私の原点というか、
今回の経験が基準になっていくのでしょうか。

今回はOZmallのホテルプランから、
「特別感」が味わえる景色や贅沢なバスルームを備えたお部屋を選びました。

こだわるポイントとしては、
ベッドはもちろんダブルがマストですが、
寝てしまえば家と変わらないので、
印象に残るゴージャスさをバスルームに求めてみました。笑

贅沢バスルームがキーワードになっているお部屋だけあって、
バスルームスペースはとても広くてキレイで、
見た瞬間に、ここを選んで良かった~♪♪と本当に嬉しくなりました。
お部屋のカギもとても可愛いくて、ワクワク時間のスタートです。

まずは、バスルームからご紹介すると、
156センチの私はスッポリ入ってしまうような広いバスタブ、
壁には小さな丸い窓がついていて、
コスモワールドの観覧車や海が間近に眺められます。

窓の大きさは、半径25センチ程度とそんなに大きくはないのですが、
ライトをつけなくても、昼間は十分明るいくらい、
光の差し込み具合も最高でした。
高層階だからでしょうか。

バスタブの隣には、ガラス張りのシャワールーム。
シャワーヘッドは、ドイツの高級水洗金具メーカーGROHE(グローエ)社のもので、
バスタブについているシャワーも、グローエ製。
以前、仕事の関係で知っているメーカーだっただけに、
ちょっと思い入れがあるものでした☆

入り口入ってすぐのところには、
ヨーロピアンな雰囲気を漂わせる台にシンクが2つ。
アメニティは、基本的なシャンプー・リンス・バブルバス・ブラシ・シェーバー・
歯ブラシセット・シャワーキャップ・レディースセット・
資生堂のミニスキンケアセットに、
2人分のロクシタンのボディソープ、シャンプー、トリートメントセットが用意されていました。

シャワークリームという名のボディソープに、
リッチシアシリーズの小さなボトル(30ml)です。
もともと、ロクシンタンにはたいして興味がなく、
お店すら覗いたことがなかったので、
この豪華アメニティには何ら感動はありませんでした。
使ってみると、これがどうにも良くて、
目から鱗の久々に出会った質の高いシャンプー&コンディショナーでした。

興味がないとか言っておきながらも、
使用後は、家でも使いたい気持ちになり、帰宅後早速リサーチ。
そしたら、250mlで2100円もする商品だったのです。ひゃ~。

さて、話が反れましたが、
そんな洗面所の壁は、一面大きな鏡で、
うっとりしてしまうくらいピカピカに磨かれていました。

こんなところで毎日暮らしていたら、
無意識のうちにスタイルが良くなっているのではないか?
と勘違いしてしまいそうなくらい、鏡の前でボディチェックしたくなってしまいます。笑

そして、ちょっとくぼんだスペースにウォシュレットのトイレ。
あまりに広々しているので、ここは、正直落ち着きませんでした・・。汗
トイレはやっぱり「小さめの個室」がいいですね。笑

さて、バスルームを一通り堪能したら、恒例の引き出しチェックです。

変な習性なのでしょうか、
私はどんなホテルでも、到着すると、
まずは部屋中の引き出しという引き出しを全部チェックします。

自分でも何でかわかりませんが、多分、サービスをフルに活用して
ホテルステイを楽しもう♪と思っているのでしょうか。
未だ謎ですが、
ちょっとした宝探し気分で、とても楽しい時間なのです。
ダーリンには理解できないようで・・冷静に突っ込まれましたが。。

私たちが泊まったお部屋では・・
奥のクローゼットスペースの上に用意されていたバスローブのほかに、
棚の中には、綿素材の寝巻きや、クリーニングの申込票、金庫が入っていました。
だよねだよね~★

寝室には、iPodも聞けるCDコンポが置かれた小さな棚があり、
そこにはインターネットアクセス用のジャックやランケーブル、
周辺機器の説明書一式。
フムフム。

いいお部屋には、用意されている飲み物の種類も豊富で、
お茶やジュールはもちろん、ウイスキーやブランデーのミニボトルまで!
高すぎて飲まないけれど、「こんなものまであるんだぁ~」とワクワクしてしまいます。

※私のような庶民は、ここでブランデー開けるくらいなら、
スカイラウンジのバーでカクテルでも飲むほうが、
夢があっていいと思ってしまいます。恥

その他にも、ホテルのパンフレットやレタヘ、絵葉書などが入ったバインダーや
館内の地図、サービス、ルームサービルメニュー、
もちろん全部チェックです。

そして今回気づいたことは、いいお部屋には特典が多い、ということ。
ホテル内のレストランが、通常よりも低料金で利用できたり、
バーのカバーチャージが割引されたり、スパなどの施設が使えたり、
いろんな優待券が用意されているのです。
なるほどね~♪

今回は既に予約してきていたホテル内のレストランも、
同じようなコース料理が、宿泊者には半額くらいで提供されているのです。
しまった~!と思いつつも、ダーリンは「勉強になるねぇ」と、しみじみ。

今回は、これらの優待券が活躍することはありませんでしたが、
今回のステイで、いろいろ勉強になったので、
次回からは、ちょっとずつホテル通になって(笑)、
上手にホテルステイできるようになりたいです。

ところで、部屋中を調べつくす私ですが、
今回どうしてもわからなかったのが、
バスルームにあった「Volume」と書かれたチューナー(?)のようなものです。

きっと、室内でかけている何かをバスルームでも聴ける、
という仕組みなのでしょうか、何をどうやってみても音がでてきません。
どうするとよかったのかなぁ・・。
あぁ、残念無念。とても悔やまれます。

館内放送のボリューム?とも思いましたが、
OFFにできたら、火災が起きた時まず逃げ遅れますし、
そんなわけはないですよねー。

次回またこの「Volume」に出会ったら、間違いなくリベンジしたいと思います。
というか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!

それから、プライベートの旅先ではそこまで重要ではないのかもしれませんが、
残念だったのは、朝の新聞が産経新聞だったことですね。
希望としては、チェックインの時に、何がいいか聞かれたかったです。
新聞を用意してくれること自体、ありがたいので、
贅沢な注文ですかね。

と、一通り感じたことを書きましたが、
「特別な日」にはもってこいのホテルだった気がします。

そして、今回は既に空きがありませんでしたが、
次回の「特別な行事」では、
バスルームに大きな窓があるパンパシフィックに行ってみたいです。


09:00  |  隠れハチミツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2か月経過。

2008.06.14 (Sat)

アプリケーションをロッジしてから早2ヶ月が経ちました。
経過としては、今のところ全くもって進捗なし、です。

ダーリンが良くチェックする、アプリケーションのプロセス状況を確認するサイトでも、
2007年11月にロッジした人たちが最近ビザをグラントされているようで、
私たちがロッジした2ヶ月前と何も変わっていません。

あぁ~~、本当に私たちの番は回ってくるのでしょうか。。涙
と、ちょっと弱気になってしまいます。

紙で申請しても、オンラインで申請しても、
同じだけ待つとなると、申請者にとってのオンラインのメリットというものが
いまいち見えきません・・。

移民局の皆さんには、ぜひともちゃきちゃき働いていただきたい!ものですが、
すでにここからオーストラリアライフが始まっているということでしょうか。

東京にいると、ついつい東京ペースで物事を考えてしまいますが、
「オーストラリアは、全ての機関が、東京でいうお役所」くらいに思っていないと、
彼らののんびりさには対応していけないかもしれませんね。

スローライフを求めてオーストラリアに行きたいのは私たちなのに、
オーストラリアに迅速な対応を求めては、東京と変わらないのでしょうか。
とはいえ・・やはり、あまりに何の進捗もなさ過ぎて、じれったい今日この頃です。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

08:16  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

黒いのGET!!!

2008.06.11 (Wed)

ちょっと前のブログにも書きましたが、
ずっと、黒い革靴を探していました。

黒の革靴なんて一番一般的でどこにでも売っていて、
そんなに悩むことないんじゃないかと思うかもしれませんが、
探してる革靴は、冠婚葬祭全てに恥ずかしくないレベルで対応して、
その上、昔の英国の香りがして、武骨さがあり、
しかも、おしゃれでカッコ良い革靴です。
黒はこれ一足しか買う予定が無いからかなり真面目に探しました。

基本的に革靴は茶色系が好きで、
これまで黒には全く興味がありませんでした。
感覚的な問題ですが茶色系だと同じ値段の靴でも
なぜだか黒よりも高級に見えて、
ちょっと履き込んでくるとアンティークな感じで、
味というか、艶があるように見えます。

それに比べて黒はどれも同じに見えて、
それだったら安いのでもいいやと思ってました。

ところが、前回、新宿の伊勢丹でエドワードグリーンの靴を見たあたりから、
黒い革靴に対する評価が変わってきました。
黒ならどれも同じと思ってたのが、
エドワードグリーンの革をみて触って、
今まで自分が所有してきた靴と全然違うと思いました。

そして、前回の伊勢丹から2週間、
2回目の訪問で買ってしまいました。

買ったのはエドワードグリーンではなく、
ジョン ロブ

本当はエドワードグリーンが欲しかったのですが、
どうしても合う木型がなくて、少し悩みましたが、
やっぱり靴は足に合ってないと意味ないなと思い
店員さんに欲しい靴のイメージを伝えて、
本当に足に合う靴を求めて、お店にある靴を履きまくりました。

最終的に足にぴったりフィットしたのが、
イタリアのラッタンジと
イギリスのジョンロブでした。

どちらも、革の質、見た目のカッコよさともに申し分なく、
甲乙つけがたかったのですが、
イギリス靴が良いとの最初の思いに身を任せ、
ジョンロブにしました。

ジョン ロブは正確にはフランスらしいのですが、
元々はイギリスと言うことで、
誤差の範囲内でしょう。

名前はCITYというモデルで、
CITY2が出たので今後買えなくなるそうです。
せっかく、足にぴったりフィットの靴を見つけたのに、残念です。

こうして念願の黒い革靴を手に入れる事ができました。
予算を大幅にオーバーしたので、
ワイフに申し訳ないと思いつつ、
ワイフからのプレゼントなので、
いつまでも綺麗に履いていられるように
大切にしようと心に誓いました。

ワイフよ、ありがとう!

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:52  |  ジャーナル  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

バーベキュー

2008.06.09 (Mon)

今日は、近所のお友達ファミリーと新木場でバーベキューをしました。
天気が心配でしたが、雨に降られることはなく、
暑すぎることもなく、ちょうどいい感じの気候でした。
なかなかバーベキューをする機会がなかったのですが、
いや~、楽しかったです♪

朝8時過ぎくらいに友達の車にのせてもらい出発。
そして、以前住んでいた豊洲のマンションの目の前にあるジャスコで食料を調達。
開発されている地区なだけあって、
周囲の様子はいろいろと変化がありましたが、
それでも慣れ親しんだジャスコは変わらず、かなり懐かしい気持ちになりました。
そして、やっぱりジャスコはいいですね。
もし引越すことがあれば、やっぱりまたジャスコの近くに住みたいと思います。笑



00:19  |  日本生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

☆結婚1周年記念☆

2008.06.08 (Sun)

6月5日は、結婚1周年でした。
初めての結婚記念日です☆

どうやってすごそう?とダーリンとあれこれ考えて、
翌日の金曜日にお休みをとって、
近くのホテルでちょっとリッチなディナー&お泊まりに行く事にしました。

都内はどこに泊まっても、あまり外出してる気分にならなそうだったので、
ちょっとだけ遠出して、横浜へ。
といっても、横浜はよく知らないので、全ては感覚で決定です。笑

今回は記念日なので特別な感じにしたくて、
「贅沢バスルーム」があるという横浜ロイヤルパークホテルに行きました。
ここは、ランドマークタワーの上階部分がホテルになっている、
なんでも日本で一番高いホテルだそうです。

お部屋は、想像していたより遥かに素敵で、
60階にある部屋の窓から見える景色はもちろん、
期待していた贅沢バスルームは、本当に広々かつ贅沢なつくりで、
言葉では言い表せないくらい、この上なく大満足でした♪

金曜日の横浜1日目は、中華街からスタート。
友達に教えてもらった「均元楼」というお店でランチをして、
道中ダーリンの好きな靴を見ながら、
山下公園から赤レンガ倉庫、コスモワールドを通ってホテルへと向かいました。

ホテルにチェックインした後、お部屋で一休みして、
ディナーまでの間、界隈のモールでショッピング。
そして、夜にはちょっとおめかしして、
ホテルに入っているフレンチレストランで記念日ディナーをしました。

天気にも恵まれ、68階からの夜景は、
毎日それを見ているウエイターも絶賛するほどの絶景でした。
コースディナーにデザート、どれをとっても美味しくて、
いつもコストパフォーマンスを重視する私たちにはめずらしいディナーですが、
このいつもにない雰囲気が、さらに特別感を演出してくれた気がします。

夜景や食事を楽しみながら、話に花を咲かせていたら、
あっという間に時間が経ってしまいました。
私たちは、どこでも比較的サクサク食べて出て来てしまうので、
これもまた新しい過ごし方でした。

ディナーの後は、ホテル界隈を散歩して、
贅沢バスルームタイムで締めです♪♪

横浜2日目は、早起きをして、
最上階のレストランで朝食ビュッフェから。
洋食ビュッフェだったのですが、いろいろな食べ物が用意されていて、
とても楽しかったです。
そして、コーヒーのおかわりをもらったりして、
ここでもまた、ゆっくりとしてしまいました。

チェックアウトした後は、
ちょっと歩いたところにあるモールや移住資料館というJICAの施設に。
何かオーストラリア情報があるかな~?なんて思って行ってみたのですが、
今はブラジル移民100周年の展示会をやっていて、
思うような情報は見つけられませんでしたが。。

来る前の情報収集が少なかったこともあり、
その他どこに行っていいのかわからず、横浜駅で百貨店を覗いて、一路新宿へ。

今回のお休みでは、ショッピングもハイプライオリティだったので、
新宿の百貨店を周り、記念日のプチ旅行を終了しました。
とはいえ、ショッピングに関しては、
なかなかめぼしいものが見つからず終いでした。。

今回は、記念日ということで、普段しない事をたくさんやりました。
あえて普段やっていなかったことでも、新しい発見があったりして、
本当に素敵な時間をダーリンと過ごすことができました☆
ちょっと贅沢しすぎちゃったかな‥なんて思いつつも、
たまにはこういう時間を持つのも大事だな~と思いました。

それから、横浜は、とても過ごしやすく、
また、ちょっと遠出した気分にもなれ、とてもリラックスできたので、
ぜひまた行きたいと思います。

さて、結婚2年目に突入した私たちですが、
これからも変わらず、毎日なんだかんだ楽しく過ごしていきたいと思います。
さらに、年末頃には永住権もとれているはずなので、
日々前進あるのみですね♪


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:49  |  隠れハチミツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |