IELTSに向けて②

2008.04.29 (Tue)

ワイフポイントのIELTSスコア4.5以上取得に向けて、
地味~に勉強をはじめています。

イギリス英語やオーストラリア英語は聞き慣れないので、
リスニング対策の一環としては、podcastでオージーラジオを聴いています。
本当は、以前知り合いからもらった、IELTS問題集の付属CDも
iPodに入れたいのですが、PCの関係でできていません・・。
一日も早いダーリンの対応を待っています

そして今日はライティング本を読みつつ、
「まずは書いてみよう」というダーリンの一言から、
まずは書いてみる事にしました。

が・・・。
ちーっとも何も浮かんできません。
ちょっとくらい書けるだろうと思っていただけに、
ショックが大きかったです。
しょぼん

Intro・Body・Conclusion。Intro・Body・Conclusion。。
先が思いやられますが、
弱点が分かったという事で、対応をしていきたいと思います。

そんなできなかった自分にがっかりしていたら、
なんだかどっと疲れてきてしまいました。
張り切って行かなくては!なのに本末転倒~。涙

今日はさっさと寝て元気を回復して、
また明日から頑張りたいと思います。

それにしても、
IELTSの勉強本は、TOEFLに比べ圧倒的に少ないうえに、
General moduleに至っては、書店で取り扱っているのを見た事がありません。
きっと、受験者がそこまで多くないからですかね。


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:04  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

本日の進捗

2008.04.26 (Sat)

今日は、依頼していた戸籍謄本の翻訳が届きました。
本当に対応が早く、感謝感激です。
依頼自体は戸籍謄本1件ですが、用途は、
出生(2人用)・結婚(ダーリン用)・名前変更(ワイフ用)と多岐に渡ります。

善は急げと、早速スキャンして、今晩アップデート予定!!

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
この証明書については、
はじめは、それぞれ必要なのかと心配だったのですが、
必要条件がカバーされていれば1つでOKという事だったので、
これで突破するつもりです。
ただ、これは移民局情報ではないので、
もしかすると後日別の書類を提出という可能性もあるのかもしれません・・。
移民局のHPを見る限りでは、
先を急がなければ、後での対応でも大丈夫そうな雰囲気です。
この考え方が命取りだったり。。

それから、前職の給与明細も届きました。
これもあわせて一緒にスキャン。
駄目もとで、英文の明細をもらえないか確認したところ、
快く対応してもらえたので、とても助かりました。

皆様、ご協力ありがとうございます!!

さて、今日はこれから健康診断の病院を選定です。
徐々にですが、進んできているのが嬉しいです。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

初訪問です☆

私、今中3なんです♪
卒業した後、語学研修でAUSTRALIAに行くんですe-420
良かったらなんか教えてください!!!
ERIKAさん

羨ましい!

若い内に、海外に行くチャンスがあるのは
とても素晴らしい事だと思います。

ただ純粋に、日本と違った文化を楽しんで欲しいのと、
表面的な違いの裏側にある変わらないな
という部分を感じて欲しいです。

あまり教えられる事はありませんが、
体験したこと、感じた事を、戻ったときに教えてください。
ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:20  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

やっぱりブリスベンかなー。

2008.04.25 (Fri)

ロッジ書類の準備も一通り終わり、ますます気持ちがオーストラリアになってきた私たち。
本格的に住む街 + 仕事を探し始めています。
ある程度の収入は必要なので、やはり「仕事」はポイントになってきます。

考え方としては、2つ。
1)仕事のある街を探す
2)気になる街を選び、そこにある求人から仕事を探す

最近よく耳にする「ワークライフバランス」という言葉がありますが、
私たちもまさにそれを求めてオーストラリアに行くわけで、
「暮らしの質」という点では、決して「稼げればいい」とも思っていません。

とはいえ、「稼ぐ」以前に、仕事の「選択肢の幅」は肝なわけで、
求人数も当然、≪3:2:1 = シドニー:メルボルン:ブリスベン≫の割合で、
都会から順に下がっていきます。

そんなわけで、リセットされた住む街探しでしたが、
趣味になりつつあるオーストラリア情報収集の結果と、
ダーリンとの2人家族会議から考えるに、
やっぱりブリスベンかな~、と。

最近は、街探しとともに、ダーリンは職探しを始めています。
厳密には、どんな職があるのかリサーチ(?)。
今はコンサルをしているのですが、やはり作る仕事が向いているみたいで、
オーストラリアでは、IT職人に返り咲く予定です♪
納得できる仕事が見つかりますように・・アーメン。


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:00  |  住居探し  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

オーストラリア認定の病院

2008.04.23 (Wed)

基本的にアップロードする書類関連はほぼ完了し、
残すところ、急いで健康診断に行くくらいです。

というわけで、オーストラリア大使館認定の病院をリストアップしてみました。
といっても、私たちの住む【東京編】です。あしからず。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
下記の病院4つは、オーストラリア大使館が認定している機関で、
海外移住用の渡航検診も取り扱っています。
外国人のドクターのほうが英語での書類対応がスムーズなのでは?という気もしますが、
東京在住の海外移住希望者が、この4つのどこかに行っているわけですから、
どなたも経験値は、相当高いのではないかと思われます。


①聖母病院 (Seibo International Catholic Hospital)
住   所: 〒161-8521 新宿区中落合2-5-1
最寄り駅: JR目白駅より都バス 池65・白61練馬方面行き、聖母病院入口下車
     新宿駅より関東バス丸山営業所行 聖母病院前下車
     西武新宿線下落合駅下車 徒歩7分
     西武池袋線椎名町駅下車 徒歩10分
連絡先: 03-3951-1111
渡航検診実施日: 月・水・金  8:00 a.m. - 9:00 a.m.
      木   12:00 p.m. - 1:00 p.m.
予約受付時間: 月~金 9.00 am - 4.00 pm
         土  8.30 am - 12.00 pm
URL: http://www.seibokai.or.jp/tokoukensin.html
検査費用: Form 26 (健康診断)要確認
      Form 160 (胸部レントゲン)
     ※カードは利用不可 


②東京衛生病院 (Tokyo Adventist Hospital)
住所: 〒167-0032 杉並区天沼3-17-3
最寄り駅: JR中央線・都営メトロ丸の内線「荻窪」駅北口より徒歩7分
連絡先: 03-3392-1489(予約専用)
     03-3392-6151(代表)
予約受付時間:月~木 9:00 a.m. - 4:30 p.m.     
        金  9:00 a.m. - 2: 00 p.m.
渡航検診実施日: 月・火  午後
URL: http://www.tokyoeisei.com/kenkou/kenkou-tokou.html
検査費用: Form 26 (健康診断) 約10,000~12,000円
       Form 160 (胸部レントゲン) 約15,000円
       Form 26 + Form 160  約16,000円
     ※カードは利用不可  


③Tokyo British Clinic
住所: 〒150-0021 渋谷区恵比寿西2-13-7 代官山Yビル2F
最寄り駅: JR山手線・都営メトロ「恵比寿」駅
連絡先: 03- 5458- 6099 
予約受付時間:月―金 8.30 am - 6.00 pm
        土  8.30 am - 12.00 pm
渡航検診実施日: 要確認   
URL: http://www.tokyobritishclinic.com/visa_au-j.html
検査費用: Form 26(健康診断) + Form 160(胸部レントゲン)26,250円


④Tokyo Medical and Surgical Clinic
住所: 〒105-0011 港区芝公園3-4-30 森ビル32
最寄り駅: 都営三田線「御成門」駅から徒歩5分
      都営大江戸線「赤羽根橋」駅から徒歩6分
     都営メトロ日比谷線「神谷町」駅から徒歩7分
     ※東京タワーのすぐ隣
連絡先: 03- 3432- 5181
予約受付時間:  月~金 10:00 a.m. - 5:.00 p.m.
渡航検診実施日: 月~金 9:30 a.m. - 11:00 a.m. / 1:30 p.m. - 3:00 p.m.(要確認)
URL: http://www.tmsc.jp/aframe,6visa.html
検査費用: Form 26(健康診断) + Form 160(胸部レントゲン)25,000円
      Form 160(胸部レントゲン)のみ 11,000円
    ※カード利用可



東京は、この4ヶ所で、
健康診断(レントゲン含む)は、どの病院も2時間程度で終わるようです。
そして、診断結果は、受診した病院からオーストラリア大使館に直接送られます。
高いお金をかけて健康診断をしておきながら、
結果は教えてもらえないのは、ちょっと不本意ですよね。
でも、これでオーストラリアにいけたら、
「健康」ということで、良しとしましょう。笑

ちなみに、健康診断には、以下のものを忘れずに。
* パスポート
* 健康診断書
  Form 26 (健康診断)
  Form 160 (胸部レントゲン)
* パスポートサイズの顔写真。裏にローマ字で名前を書いておく。
* メガネ・コンタクトレンズ(つけたままでOK)
* 筆記用具

その他、
* 健康保険証 (検査の結果、追加検査が必要になった場合用
* 母子手帳 (妊娠・3歳以下のお子さんがいる方)
* 過去に大きな病気をした方は、そのときの詳しい様子が分かるもの
* 現在服用している薬がある方は、その薬の名前・量などが分かるもの

などなど、
病院によって差もあると思うので、予約の際に確認してくださいね☆

私たちも、どの病院にするか、これから家族会議です。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:44  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オンラインアプリケーションの落とし穴?~追加書類

2008.04.23 (Wed)

オンラインアプリケーションでは、
はじめの段階で全ての申請書類を添付するよう言われています。

これまでの例を見ていると、無犯罪証明書や健康診断結果など、
Case Officerに言われてから準備するものもあるため、判断に困ります。
現に、移住の先輩方のサイトでも、
皆さん口を揃えて「健康診断は移民局から連絡がきたらGO!」と言っています。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
思いがけずロッジしてしまったこともあり、
急いで用意せねば~!と、日米両国の無犯罪証明を取り寄せ、
明日にでも健康診断の予約を!と慌てていたのですが、
そんなわけで、ここでちょっとトーンダウン。

結局どうなんだ?と、移民局からのメールやサイトを隅々まで読み返しました。
何度も読んでいたはずなのに、やっぱり見えてなかったみたいで、
改めて見てみると、しっかりキーワードがありました。

ロッジ後すぐに移民局から送られてきた”FURTHER DOCUMENT REQUEST”には、
”To assist in the assessment of your application, you must provide additional documentation.If you have not already done so, please provide to the ASPC the documents listed below:”

あえて”must”を太文字にしましたが・・・そういうことです。
オンラインアプリケーションでは、
無犯罪証明も健康診断もさっさと済まして、ロッジ後すぐに提出するようです。

移民局からの”FURTHER DOCUMENT REQUEST”に入っていたのはわかっていましたが、
タイミングは、Case Officerから連絡をもらってから、ではなく「今」でした。
危ない危ない・・。

私たちが思いがけずロッジしてから早1週間。
この1週間は、アップロードする資料収集に翻弄されていましたが、
どうにかほぼ完了で、あとは、残る3つの対応をするのみです。
(●=申請済み、○=これからの対応)

●日本の無犯罪証明書のピックアップ→アップロード(5/1予定)
●米国の無犯罪証明書の到着待ち→アップロード(5月3週目目標)
○健康診断申込み→受診(今週~5月前半予定)

全部完了すればひと段落・・・ですが、
申請に関しては、ある意味やることがなく「待つ」だけなので、
逆に言うと、なんだか落ち着かない日々の始まり?な気もしています。

余談ですが、オーストラリアでは、
無犯罪証明書もしくは健康診断結果を提出してから、
1年以内にファーストエントリーを済ませないといけません。

なので、この2つが、これまで最終段階での提出だったというのは理解できるのですが、
これをあと3週間以内に提出したとして(28日ルールから1週間分引いた計算)
そこから永住権がおりるまでに1年近くかかってしまったら、
ファーストエントリーとはいえど、
猛ダッシュで準備しなくてはいけないことになってしまいます。

それは極力さけたいので、オンラインアプリケーションの実力に期待するとしましょう。
人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:58  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

米国無犯罪証明書

2008.04.21 (Mon)

今日はアメリカの無犯罪証明書を依頼すべく、書類一式をEMSで送りました。

FBIへの依頼にあたり必要な書類は、
・カバーレター(サイトからダウンロード)
・名前、誕生日、出生地を明記のうえ、指紋を採取したID用紙(サイトからダウンロード)
・$18のマネーオーダー(近くの郵便局で) 
→家族はまとめて支払えるので、我が家は$18×2人分=$36

これにプラスして、私たちはパスポートのIDページのコピーを同封ました。
今思えば、これは意外に必要なかったかもしれません。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
この作業の中で、ちょっと驚いたのが郵便局のマネーオーダー。
手数料が2000円もかかりました。
ただ、アメリカ以外の国宛てだと2500円かかるらしいので、実はお得?
なんて喜んでいてはいけません。

民営化前までは、10万円以内の手数料は、500円だったようです。
そしてその当時2000円もの手数料がかかったのは、
50万円以上100万円未満のマネーオーダーくらい。

今回はダーリンと私の2人分だったので、$36に対して2,000円でしたが、
これで1人分$18ドルだったら、
支払い金額より手数料が高いっていったい・・・と、ホント泣けてきます。

どんだけとるんじゃー。

民営化になって、どこからか利益をださなければいけないのはわかりますが、
500円が2000円に・・ってのはいただけませんよね。

そして、これを避けることはできないだけに、
ぼったくられた感たっぷりで、かるくへこみます。
むしろ、この事実を知らなければ良かった‥と。

そんなわけで、アメリカの無犯罪証明にかかった費用は、\6,980でした。
内訳は以下の通り。

マネーオーダー$36 = \3,780 ($1 = \105)
手数料  = \2,000
EMS送料  = \1,200

郵送費に関していえば、本当は200円の普通郵便でも良かったのですが、
これだと1週間以上かかってしまいます。
私たちには例の28日ルールがあるため、
カバーレターに希望デッドラインを明記しました。
そんな事情もあり、「急ぎ」の姿勢を見せる意味でもEMSを選択しました。

基本的には、FBIの無犯罪証明ができるのは、3~4週間程度かかるそうです。
ガイドラインには、「デッドラインが明記されている場合は、
極力間に合うよう努力します」的な文字もありましたが。
あまり期待せずに待つとしましょう。

ちなみに、平日は会社の近くのホテルに入ってる郵便局をよく利用するのですが、
今日はどうやら相当なVIPが来るらしく、朝から周囲には車両止めの白い柵がおかれ、
警察官も時間とともに増員されていき、かなりの警戒体制でビックリでした。

誰がくるんだろ??韓国の大統領か?なんて勝手な妄想を膨らませつつ、
やたらキョロキョロしてしまいました。恥
人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

はじめまして、移民申請のためにアメリカの警察証明(旦那用)が必要になり検索の為思い当たる文字入れたらたまたまこのページが現れ、移民のために同じように苦労されてる方がいる!って余りにも気になったので記事を読ませていただきました。お二人は運命的出会いをされてるんですね!そして協力しあっての申請、お互い上手くいくといいですね。私達は英語力がほとんどないのでエージェントを通していますが、それでも必要書類が後からあとから追加され28日の期限と悪戦苦闘中。それを自力でされてるから尊敬します。私達も頑張らないとなぁ…、まずはアメリカの警察証明急がないと。期限には確実に間に合いそうに無いので手続き中の証明になるようなレシートでも提出書類に入れようと思ってます。この国は何でも‘紙、紙、紙’の国なので。とにかく、レジデンスが取れていいクリスマスになるといいですねv-255すごく励みになりました。ありがとうございました!
どかさん

どかさん

コメントありがとうございます。
どかさんはもうオーストラリアにいらっしゃるのでしょうか。
オーストラリアの永住ビザの追加書類であれば、
すべてを28日以内に送る必要ないですよ。むしろ、送らない方が良いです。
とくに、警察証明とメディカルはケースオフィサーがアサインされてからが良いです。
ご参考までに。。。

ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:40  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

オンライン申請の書類アップロード

2008.04.20 (Sun)

オンライン申請の書類アップロードについて
アップロード出来るファイルの種類は数種類あります。
・BMP
・DOC
・DOT
・GIF
・JPG
・PDF
・RTF
・TXT
・XLS

紙の書類より格段に便利になった書類アップロードですが、
困った事がいくつかあります。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
まず、アップロード画面にはいくつかのボタンがあります。
ファイルを選択するボタン、定型書類をアップロードするボタン、
任意の書類をアップロードするボタン、キャンセルボタンとありますが、
既にアップロードした書類を変更、修正するボタンがありません。

最初に誤って、Certified Copyのスキャンをアップしてしまい、
修正/削除したかったのですが、出来ないので、仕方なく、
名前を変えて、オリジナルファイルのスキャンをアップロードしました。
あんまり間違ってファイルをアップロードすると、Case Officer混乱しそうです。

さらに、アップロードできるファイルのサイズには上限があります。
いくつか試して分かったのは、それが大体800Kぐらいまでのようです。
どこかに記載されている訳ではありませんので、正確ではありませんが、
800K以上のファイルをアップロードしようとすると怒られました。
ちなみに、700Kはアップロードできました。

システムとしてそれほど洗練された物ではありませんが、
それでも、これまでCertified Copyをとって郵送していたのに比べれば、
格段に便利になっていると思います。
折角、電子化されたのですから、永住権のプロセスも改善されていけばと思います。
ただ、噂によると、電子化で楽になった分と同じだけ
Case Officerが働かなくなってプラス/マイナス ゼロとかなんとか。
さすがオージー、頑張ってほしいものです。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:30  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バーチャルツアー:アデレードの巻

2008.04.20 (Sun)

今日のバーチャルツアーはアデレードに来ています。

現時点での移住予定地ランキングでは
1)ブリスベン
2)アデレード
3)メルボルン
と、2位につけています。
※メルボルンの順位がどんどん落ちてます。

Google Mapsでアデレードを見てみると、なんとキレイに区画整理された街なんでしょう。

View Larger Map

昔の日本の城下町のように、外堀のような緑が街を囲っています。
ガイドによると、気候はサンフランシスコに近いとの事。
日が照っている間は暑くて、日が落ちたら寒くなるのでしょうか。
1日の気温変化が激しいと、疲れてしまうので、ちょっと心配です。

SEEKやMy Careerの求人情報を見る限り、
メルボルンやブリスベン程、仕事はないようです。
移住諸先輩方のブログをみても、移住者が応募できる仕事は月に1、2件とのことです。
田舎度的には、満足いくレベルなので、仕事さえあれば、何とかなりそうですが、
その仕事を探すのに相当苦労しそうですね。

ただ、ブログ上の耳寄りな情報によると、移民が多いため、いろんな国の食材が手に入りやすく、
お刺身等も手に入るとの事で、グルメな私たちには魅力的ではあります。
アメリカにいた時も、食事事情は日本と全然違って最初戸惑いました、
ですが、他の都市にしても日本から行ったら、美味しくないと感じるかもしれませんが、
オーストラリアに住んでしまえば、その中で美味しい物を探すと思うので、
食事に関しては、あまり気にする事ではないのかもしれません。

こうやって空から眺めていても、本当に、行ってみないと何にも分かりませんねぇ。
今のプロジェクト終わったら、2週間ぐらい休みとってオーストラリア回りたいです。


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

12:38  |  住居探し  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

バーチャルツアー:メルボルンの巻

2008.04.20 (Sun)

このブログのタイトルでもあり、永住地の候補に挙がっているメルボルンですが、
ココ半年間、心はブリスベンだったため、全くもって知らない事だらけです。
ブリスベンだったら、ある程度、地域の名前や、モールの場所まで押さえているのですが、
メルボルンに至っては、今働いている会社のオフィルが街のどこかにあるという事しか知りません。
そこで、いつものように得意のGoogleMapsでバーチャルツアーしました。

右も左もわからないので、まずは会社のあたりを調べてみました。

View Larger Map

黒いビルがオーストラリアのオフィスの様です。
行った事無いですが、空から見た感じは、なかなか立派なビルで、
ココで働くのも悪くないなぁ、などと考えてしまいました。

これまでブリスベンばかり見てきたので、
メルボルンはとても都会に思えます。
人は一体どの辺りのエリアに住んでいるのでしょうか。
治安の良いところ、悪いところ、とか地図上で分かるサービスないですかねぇ。

ガイド本などには、メルボルンの北西は治安が悪く、南東は治安が良いと書かれていますが、
南東は航空写真を見る限り、密集していて息苦しそうです。

View Larger Map

仕事は結構あるようですが、これだと東京暮らしと余り変わりないのではと思います。
そもそも、自然の中で暮らしたくてオーストラリア移住を考えたのですから、
シティの近くに住んでは本末転倒です。

メルボルンだと、車が無い場合、どれぐらい郊外に住むことが出来るのでしょうか。
永住権を取得するまで、まだまだ、時間はありますので、ちょこちょこと調べて行きたいと思います。

メルボルン在住の方で、このブログをご覧になった方、
おすすめのエリアなど御座いましたら、コメントいただけると嬉しいです。


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

01:28  |  住居探し  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

追加提出書類について

2008.04.19 (Sat)

※書き終わってから気がつきましたが、
 ワイフが書いていた内容と相当被ってしまいました。
 似た者夫婦ということでご容赦ください。

さすが、Online Applicationです。
Lodgeした翌日には、追加書類の提出依頼メールが送られてきました。
しかも、28日の提出期限付きです。

取りあえず、用意できる物から用意しようと、今週は都内を右往左往しました。
以下は、現在準備している追加書類の内容と状況です。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
Online Applicationになって、永住諸先輩方が苦労されたCertified Copyが必要なくなり、
原本をスキャンしてアップロードすれば良くなり、書類さえ揃えばかなりスムーズです。

・Birth certificate or other evidence of age
Please provide certified copy of birth certificate. If your country of birth does not issue birth certificates, please provide written notification stating this, and provide your country's equivalent documentation, ie. secondary school certificate or family book, showing names of both parents.
【出生証明書】
⇒4月18日、区役所で確認し、戸籍謄本でOKとの事なので、その場で作成。
 現在、翻訳業者を選定中。あとは、そのスキャンデータをアップロードすれば完了

・Copy of page of passport containing personal details
Please provide certified copy of page of passport that contains personal details such as name, date of birth and passport photograph. If a new passport is obtained after this application has been lodged, please send copy of relevant page of new passport.
【パスポート個人情報ページ】
⇒必要ページをスキャンしてアップロード完了

・Evidence of IELTS test
Please provide IELTS Test Report Number.
【IELTS結果】
⇒アプリケーションの中で既にTRNを記載していますが、
 念のためスコアカードをスキャンしてアップロード完了

・Evidence of overseas qualifications
Please provide certified evidence of overseas post-secondary educational qualifications.
【学歴】
⇒最終学歴であるアメリカの大学のトランスクリプトをスキャンしてアップロード完了

・Evidence of skills assessment
Please provide certified evidence of skills assessment in nominated occupation from a relevant assessing authority.
【スキル認定書】
⇒エージェントから送られて来たMODLのACS認定スキャンデータをアップロード完了

・Evidence of 'Specific Work Experience'
・Evidence of work experience
Please provide certified evidence of work experience in the form of work references, pay-slips, employment contracts etc.
【職務経験】
⇒ACS申請時に作成した職務経歴書、並びにプロジェクトレポートに加え、
 過去に在籍した3社にPay-slipsを依頼中

・Marriage certificate
Please provide certified copy of marriage certificate.
【婚姻証明書】
⇒区役所で確認し戸籍謄本でOKとの事なので、
 出生証明書と合わせて、翻訳業者選定中。

・NAATI accreditation or other qualification
Please provide evidence of NAATI accreditation at the professional level in a community language. Alternatively, you may provide evidence of a degree-level qualification gained from a university where instruction was in a community language.
【コミュニティ言語の証明】
⇒日本の大学のトランスクリプトをスキャンしてアップロード完了

・Passport photo
Please provide two passport photos.
【パスポート証明写真】
⇒これは証明写真を取ってスキャンすべきなのか、
デジカメの写真をアップロードで良いのか、
知っている方いらっしゃれば、教えてください。

・Form 160EH - Radiologist report on chest x-ray
Please download Part A of Form 160EH - 'Radiologist report on chest x-ray of an applicant for an Australian visa' and take it with you to your appointment with the Radiologist that your Panel Doctor has advised you to see. You should complete Part B of this form
in the presence of the Radiologist.
・Form 26EH - Medical examination for an Australian visa
Please download Part A of Form 26EH - 'Medical examination for an Australian visa' and take it with you to your appointment with your Panel Doctor. You should complete Part B of this form in the presence of the Panel Doctor.
【健康診断結果】
⇒メディカルについてBookletには、Case Officerにリクエストされてからとありますが、提出するようにメールに記載されています。
Case Officerが決まったときに訊いてみようと思います。

・Form 47P - Overseas penal clearance certificate
You must provide a 'Certificate of no criminal record' from all countries where you have lived for one year or more in the last ten years. Please refer to the attached Form 47P - 'Overseas penal clearance certificate' for further instructions.
【無犯罪証明書】
⇒日本分は、4月18日に警視庁にて渡航証明書を作成、5月1日に再度警視庁へ取りにいき、スキャンしてアップロード予定
⇒アメリカ分は同日警視庁にて指紋採取、FBIに郵送予定

こんな感じで、一週間で集められるだけの追加書類をアップロードしました。
28日間という制約の中で、書類の翻訳とFBIの無犯罪証明書は間に合わないため、
日本語の証明書がある物は、取りあえず日本語版をアップロード。
アメリカの無犯罪証明書は、Case Officerがアサインされた時点で、
事情を説明し、取得次第アップロードするよう交渉しようと思います。

健康診断は、Case Officerからのリクエストがあってからと明記されていますので、
現時点で、受診しなくても問題はないと考えています。

アクシデントで予定よりもかなり早くロッジしてしまった永住権申請ですが、
エージェントに依頼する事もなく、なんとか進めていけていますので、
結果的に、良い方向に転がっていっているように思います。

移住諸先輩方、上記内容で、誤り等ございましたら、コメントをお願い足します。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

情報

こんにちは。

私も最近追加書類をlodgeしたので、その経験から分かる範囲で情報を提供させていただきます。
まずmedicalですが、私達も”case officerからリクエストされてからの提出では?”と少し迷ったのですが、とりあえず検査を受けました。カナダからの申請では、検査終了後、カナダ国内のオーストラリア大使館に、お医者様から直接レントゲン写真と健康診断の書類が送られる事になっているようです。検査の翌日にはドクターから、大使館に書類を送りました、との連絡がありました。そして5-6週間後には、イミグレーションのウェブサイト上で、medicalとレントゲンの書類のステータスが、"finalized"に変わっていました。
また、私達は、イギリスからオーストラリアへ移住申請をされている方々の情報交換のサイトをよくチェックするのですが、それによると、case officerが決められるのには、現時点で少なくとも5ヶ月はかかっている様子です。

次に写真ですが、これは、パスポート証明写真を撮ってもらって、それをスキャンします。デジカメの写真ではないと思いますよ。

では。こんな情報でお役に立てたら嬉しいです。
tamaさん

情報ありがとうございます。

Tamaさん

貴重な情報ありがとうございます。

移動中の為、携帯から失礼します。
先日のメールに続き、 情報提供ありがとうございます。
Tamaさんのメディカルがfinalizeされたということは、
今提出するので間違いないという事ですね。
さっそく、健康診断の予約をとらないと間に合いませんねぇ。

私もexpatsやbeupdateのサイトは良くチェックしています。
確かに、最近はスローダウンしているようですね。
夏ぐらいには加速する物と予想しています。
今出来る、やるべき事をやって、気長に待ちたいと思います。

本当に、ありがとうございます。
ハズさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

14:06  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

お役所行脚

2008.04.19 (Sat)

いつも朝は比較的早く会社にいくため、
ここのところはその時間を利用して、
ひたすら申請書類のスキャンをしています。

あと必要な資料は、残すところ以下の3つ。
・Birth certificate or other evidence of age
・Marriage certificate
・Overseas penal clearance certificate(Form 47P)
 ※私たちは、日本と米国両方のものが必要なので厳密には4つ?。

プラス、移民局からの連絡がきたら、以下の2つを追加。
・Radiologist report on chest x-ray(Form 160EH)
・Medical examination for an Australian visa(Form 26EH)

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
28日という限られた時間しかないこともあり、
今日はダーリンとともに午後半休をとって、
3つの資料を入手しに行きました。

確認する限り、「Birth certificate or other evidence of age」と
「Marriage certificate」は「戸籍謄本」でカバーができるとのことで、
ちょっと手間が省けました。

ただ、「Overseas penal clearance certificate(Form 47P)」は面倒で、
これを取るために、以下の4つのものを事前に準備しなくてはいけません。
・パスポート
・住民票
・戸籍謄本
・無犯罪証明(渡航証明)を要求する公式文書

我が家は、住所登録している区役所と本籍を登録している区役所が違うので、
まずは住民票は地元の区役所に、次に戸籍謄本は戸籍を登録している区役所に行き、
最後に警視庁へ…というルートです

午後半休とはいえ、移動時間なども含めると、
これら全部をお役所のあいてる時間内にできるのか?!
とちょっとドキドキしつつ始動

ダーリンの会社の午後半休はお昼の12時からなのですが、
私の会社の午後半休はなぜか午後の2時からなので、
私を待っているとお役所が閉まってしまう可能性もあり、
2カ所の区役所にはダーリンが先に行ってくれました。
(ありがとう、ダーリン!!)

私は14時ジャストにタイムカードを切って、大急ぎで合流。
警視庁から参戦です
今日は大雨という天気もあってか、なんだか重々しい感じでした。

警視庁では、「踊る大走査線」のワクさん的なおじちゃんが、
親切に対応してくれました。
渡航証明の申請先がオーストラリアと伝えると、
「移住?」と間髪入れずに聞いてきました。
最近は、移住する人が多いみたいで、怪しまれることもなく、
おじちゃんも手慣れたものでした。

申請用に指紋をとるのですが、
イメージしていたような指に黒いインクを付けて…
といたことはなく、指紋スキャナーに手をあてるだけで、
ピピッピピッとあっというまに終わりました。
文明の利器ですねー。

ちなみに、担当の若い男子職員は、いかにも公務員といった感じで、
ニコリともすることなく、かつ無駄なく指紋を採ってくれました。笑

渡航証明は、2週間程度でできるみたいで、
ちょうどゴールデンウィークの中日くらいに受け渡しが可能とのことでした。
桜田門は会社から近いので、
お昼時にでもさっくりピックアップに行ってきたいと思います。

この書類は、もともと日本語と英語で表記されているらしく、
翻訳の必要がないので、ピックアップ後スキャンすれば、
アプリケーションにアップロードできてしまします。
やったぁ~

ちなみに、私たちは、アメリカに住んでいたことがあるので、
アメリカの無犯罪証明をFBIに申請しなくてはいけません。
そんなわけで、この渡航課であわせて、申請用の指紋を採取してもらいました。
こっちは、提出用の用紙があるだけに、
手を黒くしてペタペタと取って行きます。
個人的には、かなり興味深い体験でした

申請書には採取者のサインが必要なのですが、
警視庁として海外の機関にそういったものを公式には発行していないため、
ここで指紋をとってもらいつつ、オーストラリア大使館で承認してもらうみたいです。
これまた、時間がかかります。。

なにはともあれ、警視庁としてはサインはできませんが、それでもいいなら、
というような書面に受諾サインをすれば、快く対応してくれます。
これを近々に大使館に持って行き、それからFBIに送付です。

過去にFBIに無犯罪証明を依頼された方のサイトをみていると、
1.5ヶ月くらいかかったとの声が多く、
例の28日以内には間に合いそうにありません…
こればかりは仕方ないので、できる対応をするのみです。

以前は、移民局から連絡がきたら提出するもとだっただけに、
はじめの段階から添付を要求されたのは、予定外でした。。

そんなわけで、慌ただしさはなくなりませんが、
かなりの勢いで前進しているのも肌で感じています。

ただ、こんな切羽詰まった私たちにとって朗報だったのは、
日本から申請するオンラインアプリケーションでは、
原本をカラーでスキャンすればcertified copyは不要、
書類の翻訳は、NATTI認定である必要はないということ。
これだけでも、かなりの時間と費用をセーブすることができたと思います。

引き続き、頑張ります


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

03:13  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

思いがけず、申請してしまった結果 

2008.04.18 (Fri)

早速immigrationから自動メッセージが送信されてきました。
やっぱりプロセスに入ってるみたいです

結果からお伝えすると、
28日以内に、申請資料を添付しなさい、とのことで、
添付用のサイトURLが送られてきました。

あぁぁーー、よかったぁ・・・
ダーリンとともに、相当ほっとしています。

まずは、手元にある書類を一刻も早くスキャンをして、
できるものから、どんどん添付していきたいと思います。
執行猶予に助けられました

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
とはいえ、今から入手しないといけない書類や
さらには翻訳をしないといけないもものあるので、
どちらにしても、早い対応が必要のようです。

ちなみに、要添付資料として記載されていたのは、以下の通り。

《ダーリン》
・Birth certificate or other evidence of age
・Copy of page of passport containing personal details
・Evidence of IELTS test
・Evidence of overseas qualifications
・Evidence of skills assessment
・Evidence of 'Specific Work Experience'
・Evidence of work experience
・Marriage certificate
・NAATI accreditation or other qualification
・Passport photo
・Form 160EH - Radiologist report on chest x-ray
・Form 26EH - Medical examination for an Australian visa
・Form 47P - Overseas penal clearance certificate

《ワイフ》
・Birth certificate or other evidence of age
・Copy of page of passport containing personal details
・Evidence of change of name
・Evidence of English language ability
・Passport photo
・Radiologist report on chest x-ray(Form 160EH )
・Medical examination for an Australian visa(Form 26EH)
・Overseas penal clearance certificate(Form 47P)

そして・・
これと平行して、エージェントとの関係も問題になってきます。

本当は、オンラインアプリケーションを私たちで記入し、
それに伴うコンサルや、それ以降の移民局とのやり取り等は
エージェントにお願いしたいと思っていました。

が、エージェントの名前を記入しないままロッジしてしまったため、
エージェントのでる幕はなくなってしまいました。
また、現在エージェントの変更にあたり手続きを進めているところではあったのですが、
まだ契約に至っていなかったこともあり、この窮地に頼る事ができません。。

ロッジしてしまってからたいして日数はたっていませんが、
状況がめまぐるしく変わっているので、
それに対応するべく様々な情報を毎日ネットで調べて、
試行錯誤しながらも、進んでいます。

そして、この思いがけないハプニングを通して、
オーストラリア移住への気持ちが更に高まったのと、
ダーリンとの絆が深まった気がします。

人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

管理人のみ閲覧できます

-さん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

00:40  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

思いがけず、申請してしまいました

2008.04.16 (Wed)

昨晩、思いがけず、永住権のロッジをしてしまいました。

エージェントに最終チェックをしてもらうように
自分たちでちょびちょび進めてきていたオンラインアプリケーションですが、
何を思ったか、「save」ボタンと誤って「lodge」ボタンを押してしまいました。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
オンラインアプリケーションでは、
私たちの申請情報や申請料金の引き落としカードの情報など、
細かい情報すべてを入力していきます。
これに結構な時間と労力を要するのですが、
幸か不幸か、その全ての入力が完了していたため、
アプリケーションは、移民局に届いてしまいました。
まぁ資料は後で出せばいいという話だったので、
今日のところはどうにかなるだろうと思いきや、
「lodge」ボタンを押して、ひとまず完了!というものではありませんでした。。

そのあと続いて、申請書類一式のデータの添付を要求されます。
ここにきては、申請をキャンセルすることはできません。
とりあえずは、進めて行くしかないものの、
私たちは、申請書類のハードコピーはもっていますが、、
データ化はしていなかったため、大慌て!!

困った困ったとあたふたしているうちに、
オンラインの個人ページは、「情報が足りていません」という赤文字が表示され、
再ログインができなくなってしまいました。。

え・・・。
ことの重大さを思い知らされ、
私たちのオーストラリア移住計画は終わったかもしれません…。

何を言っても後の祭り。
せめて、申請が受理されない‥ということだけはないように、
今からできる可能な限りの対応をするのみですね。

はぁ。
かなり、しょぼん・・です凹

人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:15  |  永住権申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

住む街、迷い始めました。。

2008.04.15 (Tue)

このブログタイトルに「メルボルン」と付けているにもかかわらず、
いろんな街をリサーチした結果、
永住権獲得後には、「ブリスベン」に行く気満々!

でしたが、最近迷いが生じてきました。
というのも、オーストラリアへの移住が現実味を帯びてきて、
リアルに現地での生活を考え始めたのですが、
ダーリン曰く、仕事先があまりにも少ないのでは…と、
少々心配になってきました。

そんなわけで、ブリスベンという選択肢は残したまま、
もう一度全地域を対象に住む街を検討し直したいと思っています。
まぁ「仕事」という視点から見ると、
それはシドニーやメルボルンあたりが無難なのだとも思うのですが、
オレゴンのようなのどかな街がどうにも好きなので、
そんな街に行きたい気がしています。

とはいっても、ある程度の収入は必要ですから、
その辺のバランスが難しいですね。
プラス、やっぱりまだどこにも行った事がないので、
一度は現地を見てみないと感覚も分からないですかね。


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:07  |  隠れハチミツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

IELTS結果報告 ・ 実況中継

2008.04.14 (Mon)

今日は、仕事をそこそこに切り上げて、9時に帰ってきました。
銀座でワイフを捕まえて、2人揃ってさっさと帰宅しました。
それは、今日、IELTSの結果が届いているハズだからです。

地下鉄の駅から、不安と期待を胸に、
家へ向かって2人テクテクと、いつもよりやや足早に家に向かいました。

玄関のドアを潜り、ポストを調べてみると、
ありました。。ブリティッシュカウンシルからの封筒です。

送られて来た封筒は、前回と変わりないのですが、
なぜだか分かりませんが、大きな封筒を想像していて、
最初、ポストの入り口を覗き込んで、
まだ届いていないのかなぁと首を傾げていました。

それからポストを開けて奥を覗き、郵便物をゴソゴソしていると、
下の方から、ちょっと分厚めの封筒が出てきました。

『分厚いから合格かなぁ』なんて、ワイフと冗談をいいながら、
封筒を持って部屋に上がりました。

直ぐに結果が知りたいという気持ちもありましたが、
ワイフの希望でご飯を作ってから見ることになりました。
万が一の場合は、ご飯作る気にならないみたいです。

そんな訳で、ワイフがご飯を作っている間、
今、私は目の前にIELTSの封筒を置き、このブログを書いています。

ご飯が出来上がったみたいですので、ここでいったん中断します。

////////////
// ごはんちゅう //
////////////

では、ここからはダーリンが封筒を開けるにあたり、
ワイフがライターです。

さて、今ダーリンは、封筒を握りしめながら、
なぜかチュッチュしてます。笑
きっと祈っているのでしょう。
私も心のなかで祈ります。

それでは・・・開封します!!

中には、何枚かに重ねられた紙が入っています。
ドキドキして開くと、一番上は「受験者各位」のレター。
きっと、この後ろに結果が書かれているのでしょう。

ダーリンは、かなり緊張しているようです。
ワイフも、心臓がドキドキしてきました。

では、2枚目にめくります!

ドキドキドキドキドキドキ‥‥

すると「やったー!ライティング6超えてるー!」
とダーリンの喜びの声とガッツポーズ。

今回の結果は、
Listening 6.5 (6.5)⇒
Reading 8.5 (7.0)△
Writing 6.0 (5.0)△
Speaking 7.0 (7.0)⇒
Overall Band Score 7.0 (6.5)△
という結果でした。
※( )内は前回のスコア

申請に必要な各セクションで6以上なので、
無事クリアです!!!

よかったぁ~~~~~~。
嬉しい嬉しいです♪

結局、ライティングは、ライティングの本を読んだだけですので、
ぎりぎりの1ポイントアップで、副産物的にリーディングのスコアがアップしてます。
それ以外は、前回と全く同じで、勉強したところしか上がらないなんて、
能力を正確にはかる事ができるテストなんだなぁと感心。

これで、申請のスタートラインに立てたわけで、
まだ申請すらしていませんが、
なんだか、オーストラリアに一歩近づけた気がしています。

ダーリン、ありがとうー!

あとは、永住権がおりるまでに、
私がOverallで4.5以上取るのみです。
というわけで、まだドキドキは続きます。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:39  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT