02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

IELTS受験報告(2日目)

2008.03.30 (Sun)


2日目は面接形式のスピーキングです。
よりによって、休日出勤しないと行けなかったため、
仕事途中に2時間程、会社を抜け出して受験してきました。

スピーキングは自分が一番得意と思っている試験なので、
全く緊張もなく、仕事の息抜きのつもりで臨みました。
試験会場となったのは飯田橋のブリティッシュカウンシルの
建物で、到着すると数名の受験者が面接待ちをしていました。

お腹がすいていたので、持参して来たチョコレートパンを頬張って、
自分の順番になるのを待っていると、奥の方から私の名前が呼ばれました。
前回は男性の試験官でしたが、今回は初老の女性でした。

いつも通り、自己紹介から始まって、しばし世間話をして、
徐々に試験モードに入っていきました。
与えられたお題は、
「世の中の人に良い影響を与える仕事をしている知り合い」
の話を2分間するという物でした。

直ぐに適当な人が浮かばなかったので、ワイフの話をしました。
ワイフはPRの仕事をしていて、まだ知られていない素晴らしい商品を
世の中に伝えるために、日々頑張っています。
ワイフの仕事によって、素晴らしい商品や、サービスを知ることができて
世の中の人の役に立っているといった内容の話で纏めました。

その後、いくつか質問がありましたが、淡々と答えていると、
話がなぜか日本の教育について政府の取るべき施策はどういったものか
という内容に変わっていき、さらに、年齢による雇用差別についてどう思うかとか、
どんどんと難しい話になっていって、前回はこんな事訊かれなかったのに、
と思いながらもなんとか話を続けて面接終了。
前回は10分ぐらいだったのに、今回は30分程話をしました。
面接後も、5分程世間話をして、良い雰囲気で面接会場を後にすることができました。

スピーキングは採点基準が良く分からないので、適当ですが、
前回の感覚から言うと、8点ぐらいではないでしょうか。
難しい質問の時に、ちょっと考えてしまいましたので、
それよりも悪いかもしれません。

何はともあれ、2日間のテストが終了しました。
ライティングの結果に自信がないため、
5月10日のIELTSもワイフと一緒に申し込む予定です。

ACSの結果がかれこれ2ヶ月来ていませんが、
この季節は忙しいみたいなので、気長に待っています。


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:48  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

IELTS受験報告(1日目)

2008.03.30 (Sun)


前回バンドスコアが6を超えなかったので、
今週末は2回目のIELTSを受験してきました。
土曜日に池袋で筆記試験があり、
日曜日に飯田橋でスピーキングの試験がありました。

筆記試験の会場となった池袋サンシャインの文化会館は
500人近くは入っていたのではないかと思うくらい
多くの人が受付に並んでおり、その殆どはアカデミックの受験で、
イギリス圏の大学に入学する学生が大半を占めていました。

試験場までワイフが見送りに来てくれていたので、
試験が始まるぎりぎりまでワイフと話をしていました。
試験開始時間になって試験場に入ったときには、
その人の多さに、圧倒されて、一気に緊張モードになりました。

試験はいつものように、リスニングから始まりました。
前回は、答えをコピーする時間がある事を知らずに、
答えを写す作業で次の問題が聞き取れずに散々でしたが、
今回は、ちゃんと問題用紙にメモして、最後にコピーしました。
ちょっとした違いですが、前回より気持ちに余裕ができました。
ただ、問題自体は前回よりも難しく感じ、
いくつか全く聞き取れない問題がありました。
学生同士で話している問題があったのですが、
オーストラリアアクセントに不慣れなため、非常に難しかったです。
前回の感覚から言うと、6点ぐらいに下がるのではないかと思います。

つづいて、リーディングですが、
こちらはここ数週間の準備が功を奏したと思います。
IELTS受験を申し込んでから通勤時間に洋書を読むようにしました。
その結果、英文を読む速度が以前よりも早くなり、
問題を読んで考える時間の余裕が生まれました。
取り合えず、読んで分からない問題はなかったので、
今回は結構良い点が取れているのでは、と期待しています。
前回の感覚から言うと、8点ぐらいでしょうか。

次は、前回、唯一6点に到達しなかったライティングです。
試験を申し込んだ直後はこのブログ上でも、
頑張って英文を書くようにしていたのですが、
仕事が忙しくなるにつれ、全く手が付けられず、
今回も、ぶっつけ本番でした。
唯一やったといえば、通勤時にライティングの本を読んだぐらいです。
実力的には前回と変わっていないという認識だったので、
今回は、前半の手紙部分を10分で書き上げ、
後半のエッセーに少しでも長く時間を使えるようにしました。
実際は、10分とは行かず15分程かかってしまいましたが、
気持ち的には十分効果があったと思います。
エッセーはイントロ、ボディ、コンクルージョンをどのように書くか
5分程度考えてから、ひたすら書きなぐりました。
前回は10行程度しか掛けなかったエッセーが、
今回は2ページ目までびっしりと埋めることができました。
内容はさておき、文字数制限はクリアできたのではないでしょうか。
文章としては、まだまだ未熟ですが、最後まで書ききった事に満足しています。
前回の感覚から言うと、6点超えていてほしい、と心の底から願います。

これで、1日目試験は終了。

P.S.
試験が終わってから、池袋東武の地下でお酒を仕入れて、
ご近所さんと飛鳥山公園でお花見をしました。
とてもきれいな桜で、お酒が一層美味しく感じられました。


22:29  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ワイフ、IELTS受験

2008.03.17 (Mon)

今日、衝撃的な事実が判明しました。

永住権を取得するにあたり、
IELTSの各セクションで6.0以上のスコアが必要なのですが、
これは申請者に求められるもので、
その家族は、自動的にビザがグラントされます。

という、私たちの認識が実は間違っていました・・。

なんでも、申請者の家族(18歳以上の配偶者や扶養家族)も
IELTSで4.5以上のスコアを永住権審査終了までに提出できないと、
$2860 を第二申請料として、移民省に支払わないといけないそうなのです!!

そんなぁ~~~~~!!と嘆きながらも、
早速申し込みをすると、一番早くてゴールデンウィーク明けの5/10。
随分先ですが、逆にそれまでしっかり勉強して、
試験に備えたいと思います。
何より、自信がないもので‥。

大学時代はアメリカで勉強をしていたこともあり、
決して英語が苦手‥という訳ではないのですが、
なんせ今では仕事でちょびっと使う程度なので、
ほぼ宝の持ち腐れとなってきている感は否めません。
そんなわけで、4.5なら大丈夫じゃないかなぁ‥とは思いながらも、
どうにも弱気な私です。

ダーリンは、一度IELTSを受験をしているので、
問題の傾向や対策、留意点など、早速いろいろとアドバイスをくれました。
ありがたい限りです。涙

ダーリンは、既に再来週末IELTSを受験することになっているので、
最近はダーリンと英語で会話をしたりして、
まもなくに迫ったIELTS受験の準備をサポートしていたつもりでしたが、
逆にサポートされる形となってしまいました。

明日からは、オージーイングリッシュに慣れるために、
オージーラジオなどを聴いて、IELTSに備えていきたいと思います。
これは結果として、オーストラリアに行ってからも
リスニングの面で困る事は少なくなると思いますしね。
前向きに頑張っていきたいと思います。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

00:02  |  IELTS  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

久々の現況報告

2008.03.11 (Tue)

朝から夜中まで働き尽くしの今日この頃。
久しぶりに8時に終わる事ができ、
「今日は早いな~」なんて錯覚に陥ってしまいました。

さて、2月下旬にACSにロッジし、現在in processです。
現地のエージェントからは、未だに学歴に関する質問などをされるので、
本当にロッジされているのだろうか?と心配になってきます。
でも、このエージェントとも、あと何週間かのおつきあいなので、
波風立てずに、進めていきたいと思います。
どんなおかしな事をいってきても、もはや怒る気にすらなりません。
ダーリンも私も、ずいぶんと大人になったものです。笑

今は、ちょっとずつですが、
ACSの承認がおりたら、すぐに永住権の申請ができるよう、
準備を進めています。
新しいエージェントに依頼をし、後半はスムーズに進められるように祈っています。

先週、移住の先輩がついにオーストラリアへ旅立ちました。
なぜか私まで期待と不安でいっぱいになりましたが、
良い意味で、気が引き締まった気がしています。

もうすぐやっと折り返し地点。
ダーリンが忙しいぶん、もっと私が率先して進めていけるように
頑張っていきたいと思います。

待ってろよ、オーストラリア♪♪


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:49  |  ACS申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。