FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

証明写真の自分

2008.01.20 (Sun)

今日はACSに提出する証明写真を撮りに日比谷までやってきました。なんでわざわざ日比谷なのかと言うと、ワイフお勧めの証明写真屋があるからです。ワイフ曰く、どこの証明写真よりも綺麗に撮れるとの事。たどり着いて見ると、それは地下鉄の改札横にありました。見た感じはごく普通のスピード写真の機械です。

ワイフの言うことを信じて、さっそく指定のパスポートサイズ・カラーの証明写真を撮りました。

出来上がりは、写真の写りとしては大変素晴らしく、満足のいくものでしたが、そこに写った自分の顔に、悲しい気持ちになりました。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
今から2年前、仕事で中国の子会社に行くことがあり、そこでのタスクを終えて帰って来たとき、私は自分の味覚に異常を感じました。クッキーを食べたのですが、包装フィルムを剥き忘れたと思い口の中に指を突っ込んで探しましたが、フィルムは見つかりませんでした。変な感じでしたが中国から帰ったばかりで疲れているのかと思い、その日はそのまま帰宅しました。

次の日、朝うがいをする際に、やたらと水が飛び散りました。それもあまり気に留めませんでした。会社に行って仕事をしていると顔に例えようのない違和感を感じました。

瞬きが出来ないのです。自分の顔を手で触っていろいろ調べて気づきました。

顔の右側が動いていません。それどころか感覚がありません。そして夕方には味覚も痛覚も何もかもがなくなってしまったのです。

翌日、病院で検査をして貰いましたが、原因はわからず、ベル麻痺と診断されました。ベル麻痺とは、まだ解明されていない麻痺の総称だそうです。

後から、ニュースで中国製の歯磨き粉が原因で麻痺になった人が居ることを知りました。いつもは日本から持って行っていたのですが、その時はホテルのを使っていました。

それから一年以上、病院でリハビリを行いましたが、神経の94パーセントを失う重度の麻痺のため完治する事はありませんでした。

最近は、慣れのせいか、麻痺の事を忘れる瞬間があります。笑ったりしなければ、顔がひきつる事もありません。極力人前では笑わないようにしています。唯一、笑えるのはワイフの前だけです。

今日、証明写真のブースの中で、また、現実を知らされた気がします。頭の中では勝手に治った気でいました。でも、左右非対称の顔が画面に現れて、とても悲しい気持ちになりました。

麻痺は天気にも左右されます。寒い日は、何もしてなくてもひきつったりします。怒って無いのに、怖い顔して、とか言われることもあります。逆に暖かい日は、比較的穏やかな顔になります。

ブリスベンは年中暖かいので、私のリハビリにもとても良いのではと、期待しています。

少しずつでも回復しているのなら、一生かかっても笑顔を取り戻したい。

今も冷蔵庫のドアに飾ってあるワイフとの初めての海外旅行で行ったニュージーランドのワイヘケ。あの時のふたりで撮った最高の笑顔にもう一度なりたい。

証明写真を見ながら、そんな事を考えていました。顔はともあれ、心は笑って、ワイフとオーストラリア移住を実現したいです。
人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

18:59  |  ACS申請  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |