03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

ホームはローン☆初めての芝刈り大作戦

2011.11.10 (Thu)

とりあえず引っ越して、ある程度の荷物を片付けたところで、
友達が電話をくれました。


「週末、芝刈り手伝おうか?」


言うまでもなく二つ返事。
だって、これですもん

CIMG1202-2.jpg


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ここは、お庭なんて優雅な場所ではなくて、
廃墟にも負けないジャングルでした。。
長年ここで暮らすネイバーズの芝はいつもキレイに刈られているので、
新参者だからといってお庭が荒れていては、
野蛮なアジア人が入って来ちゃったんじゃないか。。
と不安がられ、いつか村八分にされても困ります。。
そんなわけで、ここでの暮らしを安定させていくには、
まずはネイバーズに与える第一印象は大切にしなくてはいけません。笑


もともと、ダーリンは芝刈りというものに興味があったみたいですが、
芝刈り機が必要な以外、何をどうすると良いのか?という感じでしたし、
私なんてもっと当てにならないわけで。。
そんな時に連絡をくれた友達は、もはや神様ですよ


どこから見てもジャングル。たんぽぽ咲きまくり。
この綿毛がまた種を蒔いてくれてることでしょう。。


CIMG1215-2.jpg


仲良くさせてもらってるカップルの旦那さんなのですが、
週末にはお父さんと芝刈りのバイトをしていて、
庭があったらやりたいことがいっぱいあるというほどの園芸好き。


引っ越した翌週末、早速お庭掃除アイテムを持って手伝いに来てくれました。
CIMG1204-2.jpg


我が家の園芸先生によると、芝刈りには大きくわけて3種類のツールがあると良いのだとか。


① Whipper Snipper - 芝刈り機では刈りきれない端を刈るウィッパースニッパー
② Blower - 落ち葉や飛び散った芝を風で飛ばすブロワー
③ Mower - モウワー(芝刈り機)


というわけで、まずはウィッパースニッパーで端をカット。
CIMG1205-2.jpg


その間ダーリンは雑草(主にたんぽぽ)を抜きとる作業。
CIMG1207-2.jpg


日本でたんぽぽといえば、
フワフラした短めに茎にちょこんと咲いているイメージですが、
この国のたんぽぽは、ちょっとやそっとでは折れない細くも堅く、長~い茎で、
1つの根から3~5本程度に分かれては、それぞれが自己主張しているような、
あまり可愛らしさの感じられない雑草感たっぷりの植物です。
しかも、初めて抜いてみて知ったのは、根っこがプチごぼう状態。
あんな華奢な雰囲気を醸し出しながら、根は太くて長い。。


そんなのどうやって抜けるのかと思えば、
ちゃんとWeed Pullerという雑草抜き用に先の割れたツールがあるのですね。
WeedPuller.jpg
※ 園芸初心者なもので、恥ずかしい発言の数々をお許しください。。


正直なところ、どこまでが育てるべき植物で、
どこからが抜くべき植物かなんて、
小学校の夏の宿題で朝顔を育てた程度の園芸経験しかない、
人生マンション暮らしの私には見分けがつくわけもなく、、、
先生に判断を仰いでは、言われるがまま、
抜いても抜いてもなくならない雑草をひたすら抜き続けたのでした。


名前の分からないネギのようなシュンとした草とか、
何か花でも咲くのだろうか?期待させるような風貌ながら、
育つと根を張り巡らし抜け難くなるという雑草キングとか、
雑草はどうして生えるのだろう?と不思議に思うくらい、
早速いろんな種類の雑草に出会いましたよ。


CIMG1218-2.jpg


それでも、やはり手に負えない量だったので、
今日のところはモウワーで全てカットすることに。
CIMG1221-2.jpg


このモウワーは、エンジンも本体もホンダ製。
頑張って押さなくても自動で前に進んでくれる上等なモウワーだったみたいです。
そんなわけで、ダーリンはゴーカートを運転してるみたい!とご機嫌でした


それから、うちとお隣さんの間にある壁はシェアなのですが、
そうはいっても、こっちはこっち、そっちはそっち。
あえて生やしているのかと思っていた蔦は、
壁に与えるダメージが大きいということで、全て取り払いました。
CIMG1223-2.jpg


そして、約3時間の労働の末、ついに見覚えのある景色に
CIMG1224-2.jpg
まさにこの家が売りに出ていた時に不動産サイトで見た庭です。笑


最後に、玄関のところにある木が伸びすぎ、雨樋にかかってしまっていたので、
これまた自前のチェーンソーでカット。
CIMG1228-2.jpg


ビジュアルはさておき(本人談。笑)、一通りスッキリしたところで、
初めての芝刈り大作戦、終了です


CIMG1229-2.jpg


それにしても・・・、
園芸好きの公務員が芝刈りから園芸全般を教えてくれたり、
貯金好きの銀行員が我が家の財政にアドバイスをくれたり、
日本仕込みの大工さんがハンディーマンへの道の手ほどきをしてくれたり、
上質を知る料理人達がお料理のコツを教えてくれたり、
ここには書きれないほどバラエティ豊かな特技や才能を持った友達がたくさんいて、
私達のブリスベン暮らしは、そんな彼らに支えられているな~、
と、しみじみ感じます


この日もそんな1日でした。
本当に、感謝してもしきれません。


そして、何の特技もない私は、
どうやってみんなに恩返しができるだろう?
と、いつも考えてしまいます。
出来る事と言えば、見よう見まねの手料理を笑顔でふるまう、くらい?
うーん、決して人の役に立つものではないですね。。


結局、私にはこれといったものがないので、
我が家のギークくんが、時に出張サポートに出向きますが(笑)。


私達を支えてくれてる皆さん、いつも本当にありがとう~


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

はじめまして!

こんにちは!来年頭から春あたりにオーストラリアに移住予定の者です。ブログを拝見し、ビザ申請から引越し、家探しなど、本当に色々と勉強になりました!ありがとうございます!そして、何よりお二人の素敵なお人柄に触れられて楽しく読ませていただきました。ブログの最近から最新のものまで一気に読ませていただきました。

オーストラリア人の主人と五歳の娘と三人で無事に来春までにはブリスベンかシドニーに移住できるよう頑張ります。是非これからも色々と参考にさせて下さい!

それと、新居ご購入おめでとうございます!

それでは、またコメントさせていただきます。


みずほさん

みずほさん

初めまして。コメントありがとうございます☆(お返事が遅くなってしまって申し訳ありません!)

来年ご家族でオーストラリアに移住されるのですね!おめでとうございます♪私達が移住してからもう2年半が経つので、古くなってしまった情報も多くあると思うのですが、参考にしていただけて嬉しいです。シドニーとブリスベンでは全く雰囲気が違うと思うので、みずほさんファミリーが心地よく暮らせる街に落ち着けると良いですね!

日本はこれから寒くなりますし、来年の移住に向けてますますお忙しくなると思いますので、体調を壊されないようご自愛ください。& 残りの日本での暮らしも楽しんでくださいね(^^)/

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

07:43  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ホームはローン☆別れの大掃除

2011.11.06 (Sun)

引っ越しの翌日は、ユニットの大掃除に繰り出しました。


必要そうな掃除道具は置いていってたのですが、
その他諸々持ち込んで、ちゃちゃっと2~3時間で終わらせちゃおう
なんて心意気で。


CIMG1179-2.jpg
古い物件なので、意外と間取りの広かったリビング。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
今回、私達のユニットが売り出されるのと、
家の契約のタイミングが良かったこともあり、
契約終了時に退去する旨を不動産担当者に伝えたら、
退去(主に掃除)に関するチェックリストが送られて来ました。


それに沿って部屋の掃除をしつつ、
カーペットクリーニングとペストコントロール(害虫駆除)を業者に依頼し、
全てが終わったら契約終了日までに鍵を返しに行きます。


その後、担当者が部屋をチェックに出向き、
問題なければ入居時に払ったボンド(敷金)が全額返却され、
何か問題があれば、改めて対応するか、その分の金額をボンドからひかれる、
という流れになります。


CIMG1180-2.jpg
料理に目覚めたキッチン。


私達が借りていたユニットは、建物自体がもうおじいちゃんだし、
私達の部屋に関して言えば、リノベ(リフォーム)もされていないので、
正直、掃除ではどうにもならない部分の方が多かったのですが、
移住して最初にお世話になった思い入れのある部屋なので、
感謝の気持ちを込めて、一生懸命掃除しました。


というのも、住む場所、仕事、知り合い、なにもない私達が、
ブリスベンでの新たな生活を始めた場所ですし、
ここで仕事が決まり、友達が出来、悩んで、笑って、
この2年半で本当に沢山のことが起こった場所ですからね。


もちろん、新居ではこれからもっと長い暮らしが待っているわけですが、
そうはいっても、なにもない状態から始まった2年半と、
生活がそれなりに安定しててからの2年半は、
やはり全然違う気がするのです。


CIMG1181-2.jpg


そんなことを感じながら、ユニット到着後すぐに掃除に取りかかり、
ダーリンと2人でひたすらもくもくと作業をし、
あ~、よく頑張った!もうさすがにこれで十分でしょ!
となった頃には外は真っ暗。
時計を見たら、作業開始から6時間も経過していました。


住んでる間もそれなりに掃除はしていたつもりでしたが、
なるほど、こういうところを日々気にして掃除しないといけないのね、
なんて、結構勉強になりました。笑


私達が使っていた不動産屋さん(もしくは担当者?)は常に仕事が早くて、
どんなことでも電話一本ですぐに対応してくれるフットワークの軽さを持っていました。
そんな訳で、幸いにもこの国では常識の「何度つついても動かない不動産屋」経験はしていません。
ただ、どんなに親切でも、退去時になると、何かととイチャモンをつけては
ボンドを取ろうとするという恐ろしい噂も聞いていたので、
しっかり掃除しなくちゃいけないな~と、ものすごく緊張していたのでした。


それに、ボンドを全額返却してもらうには、
どのくらいキレイにしないといけないのかと友達に尋ねたところ、
相当キレイにしないといけないと言われ、一瞬自信を失ったりもして。。


ただ、彼曰く、オージーのキレイと日本人のキレイの度合いは全然違うから、
日本人が普通にキレイだと思えば、オージー基準のすごくキレイに値すると思うよ、とも。笑
それを聞いて、一安心。


まぁ、私達の物件で言えば、入居当初が本当に汚かったので、
掃除する前の段階でも、入居時よりは明らかにキレイになっていたし、
3ヶ月に一度くらいの割合で不動産担当者が部屋のチェックに来る時も、
みんな口を揃えて「キレイに使ってるね!」とべた褒めしていってたので、
これでボンドを返してもらえなかったら詐欺だー!とも思っていましたが。


入居当初には存在していたくすみが見えなくなるくらい、
どこもかしこもピカピカにして、私達の「超キレイ」レベルまで持っていきました。
もはや、オージー基準のキレイの上限を振り切ったね?
なんて、最後には冗談を言いつつ、自分たちの掃除に満足したところで、
お掃除は無事完了!


CIMG1182-2.jpg


移住生活第一章を過ごしたこのユニットには、
語り尽くせないほど本当に沢山の思い出があって、
最後に部屋のドアを閉めるときには、なんだか目頭が熱くなってしまいました。


そして、お世話になった景色を目に焼き付けながら、
このユニットともお別れです。


リビングからの景色
CIMG1183-2.jpg
このジャカランダの木で季節の移り変わりをよく観察していました。


バックヤード
CIMG1185-2.jpg
私達の他に使っている人をあまり見かけない物干スペース


外観
CIMG1187-2.jpg
1960年代に建てられたよくあるタイプにユニットですね。


最寄り駅
CIMG1188-2.jpg
新居はバスがメインなので、もう電車に乗ることもそうそうないかな。


セントラルアベニューさん、本当にお世話になりました


*******************************


後日、不動産担当者から「入居時よりもキレイで、大満足よ!」
という嬉しい連絡をもらい、私達も大満足です。


ただ、これでボンドは全額返却だ~!と喜んでいたら、
カーペットクリーニングだけではなく、
ペストコントロールもする必要があった事を知らされ、
その分はボンドからひいてもらい、その残りを返してもらうことになりました。


近々銀行に振り込まれているはずなので、これでば~っとディナーでも!
と気前よく行きたいところですが、まぁそのままローン返済資金ですね。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:46  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ホームはローン☆お引越し

2011.11.04 (Fri)

引っ越しの関係でしばらくネットなし生活が続いていましたが、
ようやくネットもつながったので、ホットなうちに、
引っ越しネタを綴っておきたいと思います。


というわけで、新居の鍵をもらい大掃除をした翌日は、荷物の大移動です!!


CIMG1166-2.jpg


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
2年半の間に随分と荷物も増え、詰めても詰めても納まらず、
本当に引っ越せるのだろうか、、なんて不安に襲われながらも、
無事にパッキング完了!


セトルメントデーの翌日に入居というのが、
良いのかどうかは分かりませんが、
借りているユニットのリースが翌週切れるので、
この日一気に荷物を移動させることにしました。


そんな大切な日の天気予報は、、、ストーム!!
せめて荷物の積み降ろしの時だけでも止んでぇ、、、
と祈っていたら、雲1つない晴天ね恵まれました。
みっちゃんのカワユイてるてる坊主効果かな(Thank you!!)


引っ越しに関しては、
家の頭金を払った段階で友達にお手伝いをお願いしていたので、
当日は思ったりも多くの友達が集まってくれて、
おかげで作業も順調に進みました。


IMG_0508.jpg


当初は、友達にトラックを運転してもらい、
全て自分たちで運ぶ計画だったのですが、
冷蔵庫、洗濯機、ソファ、ベッド2つ、
ダイニングテーブル、ワークテーブル、TV、タンスと、
大きくて重い家具や電化製品が実は多くあり、
できないことはないけれど、誰かが腰を痛めてしまっても困るので、
大きな物はプロに任せることにしました。


今回私達が使ったのは、Mini Moversという引っ越し業者です。
土曜日の料金が一番高かったのですが、
平日はみんな仕事があるのでお手伝いをお願いできないし、
日曜でも翌日みんな仕事なので、疲れることをお願いするのは申し訳ない、
自分たちでトラックを借りたとしても、結局土曜日は料金が高いうえに、
もっと疲れることはわかっていたので、
つべこべ言わず、予定通りの土曜日にしました。


オーストラリアの引っ越し業者は(多分大抵の場合)、
日本のように事前に見積もりに来て料金を決めるのではなく、
初めから1時間いくらという単価が決まっていて、
その単価×引っ越しにかかった時間分を請求してきます。


驚くのは、料金の対象となる時間の始まりが、
彼らがオフィスを出発する時間だということ。
そこから現場へ行き、荷物を積み、引っ越し先へ移動し、
荷物を降ろし、オフィスに戻る、ここまででワンパッケージなのです。


業者によっては、わざとゆっくり作業したり、
遠回りして移動することで時間を稼ぐ、なんてこともあるようで、
いろいろなレビューを見れば見るほど、業者を使う気が失せて行きます。。


結局どこを選んでも、日本の業者のように、
機敏に動いてくれることはまず考えられませんが、
百歩譲って普通に対応してくれたとしても、
大きなトラックでは、むやみやたらには飛ばせないし、
通れない道があって迂回することもあるので、
移動時間は予定より多く見積もっておかないと、
どうにも騙された気分になります。


IMG_0507.jpg


今回の引っ越しでは、
そんな彼らの習性をいかにカバーできるかが課題だと思っていたので、
とりあえず引っ越し業者が来る前までに、
重い家具や電化製品以外の荷物を全て1階のガレージに運び出し、
業者が来たら、彼らに重いものを運び出してもらっている間に、
ガレージに置いた荷物を自分たちでトラックに積み込む、という
ガッツリ参加型のスタイルで臨むことにしました!


が、実際はちょっと違う感じにおさまりました。


というのも、これで少しでも時間を短縮きればと考えていたのですが、
予定より早く来てくれた友達が多かったのと、
手伝いに来てくれた友達が多かったのとで、
部屋からガレージへの荷物の移動がほんの15分程度で終わってしまい、
業者が来るまで1時間半も余ってしまいました。


そして、私達のお家購入計画をずっとサポートしてくれてる友達が
ここでもの凄いリーダーシップを発揮するのです。
車で来た人たちのトランクに荷物を詰めて、業者が来る前に一往復してしまおう!と、
トランクの前に陣を取り、次々と指示を出しては荷物を詰め込んでいくという、
それはもう頼もしい仕切りっぷり。
結果、4台の車に詰められるだけの荷物を詰めて、
第一陣が新居へと向かったのでした。


私達の車にも、前日のうちに荷物を詰めてはいたのですが、
第一陣出発後も、また別の友達が自分のトランクにめいっぱい荷物を詰め込み、
業者が来た時には、もう大きい家具や電化製品しか残っていませんでした。


業者の担当は、いかにもな汗臭いムキムキっとしたお兄さんが2人。
とりわけ急ぐ様子ももなく対応してる彼らに、
ヤツらはちんたらしてる!と、
思いもよらない友達がお尻をたたいてくれたり(笑)、
彼らがトラックの中まで荷物を運び込む横で、
みんながトラックの手前まで家具を動かしてくれたおかげで、
積み込み作業はスムーズに進みました。


彼らは大きな10トントラックで来ていたのですが、
みんなの頑張りのおかげで、中は面白いくらい空っぽ。
箱類は全て自分たちの車で運んだので、車内にはダンボール1つなく、
壁にバンドで巻き付けられた家具や電化製品が小さく見えるほどでした。


ちなみに、業者が来てから知ったことは、
移動中に破損があった場合は保険でカバーされるのですが、
ダンボールに入ったもの(中身が分からないもの)は、保険の対象外なのだとか。
壊れて困るものは初めから家の車に詰め込んでいましたが、
その他のものも、みんなが車で運んでくれたので、
トラックに乗せるものは幸いにも全て保険の対象ということになりました。
あ、箱を大切にとっておいたTV以外は。。


CIMG1167-2.jpg


そして積み込みが終わると、
私達はこのトラックの後にぴったりとくっついて新居に向かいました。
ダーリンは彼らに通ってもらいたい道を伝えたのですが、
聞いてなかったのか、気にしてないのか、はたまた通れない道があったのか、
彼らはどんどん違う道を進んで行き、結局私達は後ろで野次を飛ばすことに。。


ところが、到着してみれば私達の記録を大幅に更新!
うわ~、文句言って申し訳なかった!なんてブツブツいっていたら、
私達が説明した道を通った友達はもうとっくに到着していて、
結局「おいっ!」という結末。
それでも、普段は40分かかる所を30分で着くことができたので、
まぁ良いか、と思う事にしました。
むしろ、みんながそれよりも早く着けていたことにビックリでしたし。


この後の荷下ろし作業も、これまた皆が一斉に手伝ってくれて、
あっという間に完了!
その間私は近くのスーパーまで買い出しに行っていたのですが、
支払いがあるから急いで戻るよう連絡が入るほど、
作業はぱっぱと進んでいたようです。


CIMG1168-2.jpg


家の中はとりあえず箱だらけ。
かろうじて足の踏み場があるような状態。。
それでも、荷物を全て移動できたので、一安心です。


早朝からテキパキ頑張ってくれた腹ぺこフレンズに
本当なら何か豪華な手料理でも振る舞いたかったのですが、
ユニットではもう、新居ではまだ、料理ができる状況ではなかったので、
ピッツァとスナックとドリンクで感謝のランチタイム。
労働の後のご飯は美味しいですね~。
伸びきった芝生とショックをうけるほど大量の雑草に覆われた庭を見ながら、
しばしランチ&歓談。


CIMG1169-2.jpg


みなさん、お疲れさまでした!!!
&本当にありがとうございました!!!!!!!!!!


CIMG1170-2.jpg


お礼をしてもし足りないほど感謝感謝です。
しかも、ユニットに方にだけ来てくれた友達もいたので、
お礼はまた改めてさせてもらいたいと思います。


CIMG1171-2.jpg


お腹が満たされた後は、適当に室内をうろついてもらったところで、この日は解散。
心配していた天気にも恵まれて本当に良かったです。


でも、夕方には予報通りのストームがやって来ました。
直径2~3cmの大粒のヒョウがもの凄い勢いで降って来て、
早速我が家の屋根をゴンゴンガンガンと鳴らしてくれました。。。


CIMG1174-2.jpg

雑草が生えてて見難いかもしれませんが、
この白い物体は、たんぽぽの綿毛ではなくヒョウです


室内は、なんとな~く荷物を解体して、プライオリティの高いところから?笑
CIMG1190-2.jpg


あとはどこもしばらくこんな感じです。
CIMG1191-2.jpg


CIMG1193-2.jpg


今回引っ越し業者にかかった費用は、
$179(土曜料金) x 2.75時間(作業&移動時間)
+ カード払い手数料 $9.84(どうしてもVISAで払いたかったので)
= $502.10


安くはないと思いますが、とりあえず何も壊れることなく無事移動できたし、
ざっくり$1,000を引っ越しの予算としていたので、特に文句はありません。


ちなみに、MiniMoversでは、大小合わせて30個のダンボール、
ガムテーム2個、瀬戸物用の大きめ包装紙2本、
割れ物シール10枚セットを事前に届けてくれます。
全て課金制ですが、ダンボール(小)なら10個までは無料、
11個目からも、使用後何ドルか(忘れました。。)で引き取ってくれます。


もちろん、10個で納めましたけどね。笑
いろんな人に驚かれましたが、
何か買った時に入って来た箱は全てとっておいたので、
大抵の物は元の箱に納め、あとはスーツケースや大きめのカバンに詰め込み、
前日当日でちょっと使い回しながらも、10個のダンボールで用は足りました。


それにしても、つい数時間前まで詰めていた荷物をもう取り出すなんて、
どうにも無駄な気がしてなりません。。。
が、それが引っ越しというものですね。


この日の夜は、とりあえず寝床だけ確保し、
軽く乾杯して、翌日のユニット大掃除に備えました。


CIMG1176-2.jpg


今日も1日お疲れさまでした!
手伝ってくれたお友達に感謝しながら、爆睡です。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

お引越し、お疲れ様でした!!
こんなにたくさんの友達に手伝ってもらえて、
本当に感謝ですよね:)
こういう時に人望ってでるんですよね(^O^)/
Kaorinさん

kaorinさん

友達が手伝ってくれたおかげで、ほんとスムーズに引越しを終えられて、心から感謝感謝です。今回に限らずですが、もういろんな友達にお世話になりすぎて、ブリスベンでは頭が上がりません。。(^^;
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

08:24  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ホームはローン☆セトルメントデー

2011.11.01 (Tue)

こんばんは
早いもので、今日からもう11月ですね。
こちらではハロウィンもたいして盛り上がらないし、
サンクスギビングみたいな秋のイベントもないので、
10月初めにはもう店頭にクリスマスグッズが並んでいます


先日もKマートに行ったら、ツリーにライトにオーナメントに、
あらゆるクリスマスアイテムがドーっと売り出されていました


とはいえ、我が家にクリスマスツリーがやってくるのはまだ先です。
10月中旬のセトルメントデーに掃除用具をたくさん買い込んで、
不動産屋に向かい、ついに新居の鍵をもらってきました


CIMG1122-2m.jpg
たいてい2年おきに動いてきた遊牧民族の私達も、
これからはここで長く暮らしていくんだな~、
なんて思いながらの初めの一歩


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
前日のPre-settlement inspectionでもチェックはしましたが、
改めてじ~っくりと部屋をチェックして、大掃除開始です


リビング
CIMG1128-2.jpg


ダイニング
CIMG1141-2.jpg

キッチン
CIMG1143-2.jpg


ベッドルーム1
CIMG1130-2.jpg


ベッドルーム2
CIMG1132-2.jpg


ベッドルーム3
CIMG1138-2.jpg


バスルーム
CIMG1135-2.jpg


トイレ
CIMG1134-2.jpg
どういう訳か、タンクの下からブルーレット的なものがしみ出てるので要交換。


ランドリーとその奥にシャワールーム
CIMG1146-2.jpg


前に住んでいた家族もそれなりに綺麗にしていってくれたのですが、
靴を脱いで暮らせるよう念入りにモップがけして、
拭けるところは全て拭いて、ちょっとだけ休憩して、
この日はユニットへ帰宅。

CIMG1157-2.jpg


翌日は、いよいよ引っ越しです



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

ステキなご自宅じゃないですか!!
嫌がられても、お邪魔しますよ!!
どの部屋にもエアコンがあるのが、
やっぱりQLDですね!!
kaorinさん

マイホームだからこそ、掃除もがんばれますよね。窓にはブラインド&セキュリティスクリーン付きですか?良いな~、うちはそこからすべてお金がかかってます。カーテンにしろ、ブラインドにしろ、結構窓にはお金がかかるんですよ・・・(涙
nさん

kaorinさん

ありがとうございます☆ ホント遊びに来てくださいね。首を長~くしてお待ちしてます!!この家は前のユニット(しかもエアコン無し)と違い、風の通りが良いので、エアコンなしでも今のところ快適です。これだけ広い国だと、建築構造も地域によって違うのかもしれませんね。VICのお家はどんな感じなのか興味津々です☆ 
ハズ&ワイフさん

nさん

「マイホームだからこそ、掃除も頑張れる」って、すごく分かります!!笑 うちは中古住宅なので、窓は一応ブラインド(or カーテン)とスクリーンがついていました。そうか~、新築だと、そういうところから全てにお金がかかるのですね。。ここは前オーナーの置き土産がいろいろとあって、助かる部分もあるのですが、どうしていいか分からないものもあったりして、この数週間でもう既にBunningsの常連です。。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:15  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

絶賛売り出し中!

2011.10.12 (Wed)

こんにちは。
毎日暑かったり涼しかったりしながら、
ブリスベンも随分と夏めいてきました


街中のジャカランダも綺麗に咲き始め、
そろそろお花見のシーズンです
我が家のベランダから見える遅咲きジャカランダにも
青々とした葉っぱが育ってきました!


CIMG1121.jpg


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
さてさて、タイトルの「絶賛売り出し中!」
何がかと言えば、我が家です。


お家の購入にあたって一番の動機になったのが、
今住んでいる部屋が売り出される可能性大だったのですが、
半年前の更新で、オーナーがこの部屋を売りたいと考えていることを知って以来、
いつ宣告されてもおかしくない状態だったので、
良いお家があれば購入もありかな、と思っていました。


もちろん、この家に住み続けられるなら、あと1年くらいは住んで、
その間に貯金額を増やそう!と思っていたのですけどね。


地価がどんどん下がってきてるので、まぁ売るだろうな、と思っていたら、
案の定、宣告の日がやってきてしまいました。


8月半ばに不動産から連絡があり、
「オーナーが家を売ることにしました。つきましては、
広告用に部屋の写真を撮影します。オープンインスペクションや
個人的なインスペクションを行います。云々。。」と。
そして、あれよあれよと言う間にこの部屋を売りに出す準備が進み、
プロセスの説明や不動産サイトに載せる写真を取りに来たかと思ったら、
1週間もしないうちに我が家が市場に。


CIMG1051-2.jpg
やっと芽が出てきた~♪なんてちょっと前に思ったら、
かなりの勢いでニョキニョキと伸びています。
自然のエネルギーを感じますねぇ。



不動産からは、私達は優良テナントなので(入居時より綺麗になりましたから!)、
買い手がつくまでは、月契約で住んでいて良いし、
投資目的のオーナーだったら、その後も長期契約で住んでて良いし、
もし新しいオーナーがこの部屋への入居を希望することがあっても、
その場合は60日前に知らせるし、私達の引っ越し先も、
自分たちが責任を持って私達の新居を探すので、何も心配することはないと、
なかなか手厚い待遇をオファーされました。
これも部屋を綺麗に使ってきたことで勝ち得た信頼なのでしょう。笑


この時はまだ家の購入は決まっていなくて、
ただ一応腹はくくっていたし、売られたら売られたで、
今よりも海に近い所で部屋を借りよう思っていたから、
精神的に余裕がありましたが、
そうでなかったら、いくら不動産が世話してくれるとはいえ、
賃貸の性を痛いほど感じていたことと思います。


そんなことが8月中旬にあり、
これまでのところ、オープンインスペクションを2回、
個人的にも10人くらいの人が担当者と一緒に
私達の部屋を見にやってきました。


私達の住んでいるエリアは、比較的シティーからも近く、
交通の便も良いし、ショッピングセンターも近いし、
このユニットは電車の駅からも徒歩7分くらいなので、
かなり便利な場所ではあるのですが、
古さが足を引っ張ってか、
さすがにバブル期のように買い手が湧いて溢れる
なんてことは、もうないようです。


ブリスベンの不動産バブル崩壊で地価が下がって来ている結果、
投資物件などで買っていた人が慌てて売りに出し始めたりもして、
市場には相変わらず沢山の物件が出ています。
ただ、回転が悪いようで、
これからは買い手市場にシフトして行くのでしょうね。



CIMG1053-2.jpg
昼になるとどこからかブッシュターキーがやって来て、
庭の木陰でカサカサカサカサ音を立ててはアクティブに活動しています。
それがどうにも可愛らしくて、よく動きを観察しているのですが、
そんな光景ともお別れです。。涙



とはいえ、いくら家の値段が下がって来ていても、
家の購入は安い買い物ではないですし、
買いたいタイミングに住みたいと思える家がない、ということもありますよね。


賃貸居住者の場合は、賃貸契約が切れるタイミングで
家を購入して引っ越す、という理想的な流れがいつもできるわけではなく、
場合によっては、気に入った家を購入した後から賃貸契約が切れるまでの数ヶ月間、
2つの家の家賃(とローン)を払わなくてはいけないこともあるようです。
そういう意味では、今回の私達は売り手がフレキシブルだったので、
とてもラッキーでした


ホームローンという重荷(責任?)を抱えることに、まだ大きな抵抗はありながらも、
「自分達の家」を持てるというのはやっぱり嬉しいものですね。
暇があると、ついつい新しい家のことを考えてしまいます。
どのトイレにしよう?どの換気扇にしよう?なんて楽しいことから、
園芸下手な私が庭なんてものを手入れできるのだろうか?なんて現実逃避したいことまで。


これまで便利な街のマンションやユニットにしか住んで来たことがなかった身としては、
「一軒家」に住むというなんてことない(ように見える)事が、
実は想像以上にチャレンジになりそうです。。
が、これから起こる出来事も、私達らしく楽しんでいきたいと思います



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

一軒家

引き続きコメントです^^私たちも今まではずっとアパート暮らしだったので、一軒家に住んでも戸締りが最初はきちんと出来ませんでした・・・。でも、慣れてくるものですよ。うちは、子供にとっても一軒家に引っ越して良かったと思います。実は赤ちゃんがいる生活だと、作業が全く進まず(笑 、まだカーテンもかかってない状態ですが、ぜひ遊びにきて下さい。誰かが来てくれると思うと片づけのテンションが少し上がりますから(笑 ぜひお待ちしてます。
nさん

nさん

お返事遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m 無事引っ越しも完了し、ようやくインターネットもつながりました!人生ずっとユニット暮らしだった身としては、気にしなくては行けない範囲が広いので、戸締まりも含めてまだ慣れまんね。。(^^;) 部屋はまだ箱がいっぱいだし、ちょいちょい問題も発生してるのですが、なんだかんだ楽しくやっています☆ 遊びにお伺いする件、別途メールさせていただきますね♪
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

14:27  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

公務員、家を買う。

2011.10.06 (Thu)

一度心が折れてしまったお家探し、
その後はしばらくは大人しくしているつもりだったのですが、
ある土曜の朝、なぜかふと思い立って1軒だけ見に行きました


20110629120238m.jpg


探していた雰囲気の家とは違ったので、特に何の期待もしていなかったのですが、
なんだか感じるものがあり、翌週にもう一度じっくりインスペクションに行き、
ここで大きな買い物をしてしまうことにしました


それが写真のお家です


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ハイセット(2階建て)ではなくて、平屋。
そして、いつも家を見に行くサバーブの中でもノーマークだったエリア。
それでもなんか私達の暮らしにしっくりくる感覚がありました。
思わぬ時に思わぬ事が起こる、これがご縁なのでしょうね。


前回半ば契約しかけた家では建物調査が問題になったので、
今回の物件の2度目のインスペクションには、
ビルダーである友達のお父さんに同行してもらい、
彼のお墨付きをもらってからの値段交渉に入りました。


今回の契約では、前回の心労は何だったんだ、、
と思うほどスムーズに進み、今月半ばには晴れて(?)住宅ローン顧客デビューです。


以前あげた想定条件と比較すると、こんな感じに落ち着きました。

エリア:   ダーリン仕事場から30~60分圏内のノース
        → 30分程度で◎
立地条件:  公園、交通機関が徒歩圏内、青空市場があればなおよし
       → ダーリンの職場に直通のバス停まで徒歩3分、その他も◎
間取り:   4ベッドルーム、2バスルーム、2ロックアップガレージ、プール無し
       → 3ベッドルーム、その他◎
敷地面積:  500平米前後(ダーリンの希望により、庭は小さめ)
       → 780平米(平屋なのでそれでも庭は広くない)
購入価格上限:450,000ドル(ダーリンの収入だけでローンを組む場合)
       → ブリスベンの不動産バブル崩壊&友達の交渉のおかげでもっと安い
購入予定時期:2012年6月頃
       → 半年早い


このお家も前回見ていたお家同様、築25年と比較的古めです。
修理可能な範囲で気になるところや、古いままのものがあったりもするのですが、
数年前にリフォームされていたり、屋根も新しく張り替えられていたりと、
直さないと住めない訳ではないので、まずは必要なところだけ手を加えて、
後はローンを返済しながら、またコツコツお金を貯めて、
少しずつ自分たちらしい家にしていければと思っています。


そんなわけで、ひとまず手を加えたいのが、
なぜか存在していない換気扇の導入、
水漏れ気味のメイントイレの交換、
そして鍵の交換の3つでしょうか。


最近は地価が下落し続けているので、
そもそも家を買うメリットはあるのか?という気もするのですけどね。
何かあった時にひょいっとお世話になれる場所がない者としては、
ある日突然「出てけ」と言われる心配がなくなるのと、
収入が無くなった老後に住む家があるというのは、
やはり心強いかもしれません。


この代償として(?)、
これまで家賃に含まれていた水道代がかかるようになり、
今度の家はガスキッチンなので、ガス代、
これまで何か困った時は不動産に連絡してすぐに直しに来てもらっていたけれど、
これからは全部自分たちで対処するなり手配するなりしなくてはいけないので、
その費用や労働力、
小さいけれどお庭なるものあるので、
芝刈りやら何やらメンテナンスなどなど。。


夢はいくらでも見られるけれど、
現実に目を向けてみると、家を買うって楽しい事ばかりではなさそうです。
が、どのみち賃貸でも家賃は払うし、DIYも比較的好きなほうだと思うので(できるかどうかは別)、
DIY力を身につけて、お家とともに自分も成長していければ嬉しいです。


かつてダーリンの同僚が「家を買うならBunnings(ホームセンター)の近くがいい!」
と力説していたのも今では納得です。笑


さてさて、今はまだ不動産名義変更手続きの最中で、
正式には私たちの家ではないのですが、
それも今月中旬に完了し、無事引っ越しが完了したら、
新居の様子などもアップしていきたいと思います。
(快適なネット環境が確保できるようになるまでしばらくかかるようですが)


それから、住宅購入やローンのプロセスについても、
今後QLDでお家を購入される方のお役に立てれば嬉しいので、
別途まとめていきたいと思います。


とはいえ、この2年半で随分と物が増えてしまったので、
まずは引っ越しの準備からですね


Happy moving!!

人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

おめでとう!素敵なおうちになりそうですね。
Joeさん

おめでとうございます

お久しぶりです。以前の住宅購入の件の記事以降、どうなっているのかな~と気になってお邪魔してみたら、「おーっ!買ってるやん!!」(笑 おめでとうございます(そして後になりましたが、ハズさん、お誕生おめでとうございます)。素敵な雰囲気のあるお家ですね。自分たちの住処がある(借り物では無い)というのは、責任もあるけど、何か安堵感というか、心地の良いものがあります。期待していない時に出会いってあるものですね、人でも家でも^^ また今後お家の内装がどうなっていくのかも楽しみにしています。
nさん

Joeさん

ありがとうございます!!素敵なお家になるように可愛がっていきたいと思います。笑
ハズ&ワイフさん

nさん

こんにちは♪紆余曲折ありながら、ついに買ってしまいました。まだ実感がわきませんが、きっと住み始めてから少しずつ「自分の家」になっていくのでしょうね。楽しみです。今後は川を隔てて離れてしまいますが、ぜひまた遊びにいらしてくださいね!それと、その後新居での暮らしはいかがですか?引っ越しが落ち着いたらぜひお邪魔したいです☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:37  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

バタバタの犯人!

2011.08.15 (Mon)

地味にお家のインスペクションを重ね、気に入った物件に出会ったので、
思い切って買ってしまおうと大きく前進したのでした

CIMG0886.jpg
5月のブライトン。この景色にはいつも癒されます。
ここが本当に大好きです。



>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
お家購入のプロセスを簡単に説明すると、
不動産サイトからめぼしい物件をみつけて見に行き、
気に入ったら、その物件の不動産担当者に購入の意思を伝え、
契約書に希望購入価格などを記入し、サインをして提出。
売り手がそれを承諾すれば、
その後、建物と害虫の調査を業者に依頼し、住宅ローンの申請して、
双方の弁護士を通じて不動産譲渡の手続きを済ませ、
デポジットを払い、契約期限が来たら、晴れてその物件の所有者となる、
というのが一般的な流れです。


私達の場合、
通常14日で済ませることになっている調査関係を21日に変更したり、
通常30日の契約入居日を60日に変更したり、
カウンシルの許可がおりていない増築がされている雰囲気だったので、
「増改築部分がシティカウンシルの許可を得たものでない場合は、
金額交渉または契約を破棄しデポジットの全額返却を受けることができる」みたいな、
特記事項を契約条件に追加したりしていたら、
契約書にサインするまでに結構時間がかかってしまいました。


私達の見ていた物件は古めなこともあり、
いざ買うとなってチェックしてみると、やっぱり懸念材料が多くありますね。
特に、クイーンズランド州の場合、
過去のオーナーがどんな増改築をしていても、
全ては最後に買った人の責任になってしまうため、
特記事項は外せませんでした。


一刻も早く売りたい売り手、気に入らない条件にはサインしないと言う買い手、
基本的に売り手の見方である不動産担当者、それに双方の弁護士、
様々な意図を持った人たちが何人も絡んでいることもあり、
誰の了承がどうだこうだと、契約書が出来上がるまでに、
すでに結構な時間がかかっていたのですが、
結果として、建物調査の結果が悪く、契約は破棄することにしました。


CIMG08832.jpg
5月のブライトン、その2。


もともと、契約した物件を破棄するというのは、
ホームローンの都合がつかなかったり、
その他様々な理由からも良くあることのようで、
とりわけ大きな問題ではないらしいのですが、
(もちろん売り手にとっては問題ですが)
私達にとっては、なんせ初めてのことばかりだったこともあって、
この一連のプロセス、本当に疲れました。


不動産の担当者は、よく見かけるギラギラしたタイプではなくて良かったのですが、
その代わり、要領が悪いのか、やる気がないのか、それともただの二枚舌なのか、
言う事が毎回コロコロと代わるので、それに振り回されてしまったり、
建物調査の結果があまりに酷かったため、
翌日に予定されていた害虫調査を直前にキャンセルしたところ、
詐欺まがいなアクションを取られて、ワンマン害虫調査人の腹黒さに心を痛めたり。


幸いにも私達の依頼した弁護士がしっかりとした人だったので、
時間はかかりながらも最後は私達の希望するほうに転びましたが、
骨の髄まで元気エキスを吸い取られてしまったというか、
一時はものすごい疲弊してしまい、
リカバリーにはちょっと時間がかかりましたね。苦笑
しばらくお家購入はお休みしよう・・と。


それに加えて、普段なら5時には帰ってくるダーリンも、
ここのところプロジェクトが大忙しのため、帰宅も毎日8時頃。
ダーリンも家のことに仕事のことに、大変だったと思います。
そんなこともあり、お互いにいろんな方向からのストレスを抱えながら、
毎日励まし合いながら乗り切った期間だった気がします。


それでも、私達には家の購入プロセスをガイドしてくれる心強い友がいたので、
何かあったらメールをくれて、電話をくれて、
まるで駆け込み寺のように、本当にお世話になりました。
そんな彼のためにも、この物件が決まれば良かったのですけどね、
お世話になる日々は、まだもうちょっと続きそうです。。


CIMG9500.jpg
今日の空。日差しはそこそこありますが、まだ空の青さが冬っぽいですね。


そんなこんなで、ブログを書く気にすらならなかった怒濤の2週間、
訳が分かっていても分からなくても、とりあえず前に進むしかなくて、
一日のうちに何度も一喜一憂しながら、今思えば、よく頑張りました(自画自賛。笑)
おかげで不動産購入に関する経験値がぐんと上がった気がします。


それにしても、人生において「めげない」ってとても大事ですね。
こんなに凹んでいたのに、周囲のオージーフレンズは「次はいつインスペクション行く?」
「すぐいい物件見つかるって!」とめいめいに心温まる声をかけてくれて、
私も比較的「元気キャラ」なほうではありますが、
彼らの瞬間おきあがりこぼし的な性格をもっと見習わないといけないな~と思いましたもん。笑


今は、無事に契約が破棄でき、デポジットも返却され、ものすごくホッしています。
次回のお家購入プロセスでは、関係者のペースに飲まれすぎず、
自分たちらしく進めて行きたいですね。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

お久しぶりです。
お家購入、大変ですよね。

私も思い出しました。
家が決まってもその後のビルディングインスペクション、契約書のやり取り、そして私たちの場合もっともストレスとなったの売り主のグウタラでセトルメントが大きく遅れた事…。

もうすぐ購入から2年になろうとしていますが、
やはり早く買ってよかったと思っています。
(年ですから支払できる期間も短いですしね。)
ちょうど購入した頃にも、もうバブルが崩壊するだの、値下がりが始まるだの言っていましたが結局下がったのはそれこそ少々の金持ちじゃないと絶対に手が届かない$1,500,000以上の物件が10~20%値下がりしたのみで、アベレージ$500000程度の物件は相変わらず右肩上がりに上昇しています。
私たちみたいに当時激安サバーブだったところは軒並み上昇中。
私のところもたった2年間で平均価格が$60,000程度も値上がりしてしまいました。
実感として豪州国内景気は下がっていますが、蔓延不動産不足だからという理由だけではなく、不動産投資に関しては参加者は豪州国内の人だけではないですから(インスペクションに行っていたらわかると思いますが…)そりゃ上がり続けるはずです…。

只、人気なのは築30年前後の中古物件で、やはり新築物件はやや不人気なのも、日本と違って面白いところですね。

長文になってしまいましたが、とにかくインスペクションに行きまくることが近道だと思います。
ストレスに負けずに頑張ってください!
sevencolors555さん

sevencolors555さん

お久しぶりです!貴重なコメントありがとうございます!!
私達が古い家狙いなのもあるのでしょうけれど、今回のお家探しでは本当にぐったりしてしまいました。。それでも、やっぱりインスペクションに行かないことには始まりませんよね。応援ありがとうございます!ストレスに負けず頑張りたいと思います(^^)/

sevencolors555さんがお家を購入された時もいろいろと大変だったのですね(T-T) 契約書にサインした後なのにセトルメントが遅れるだなんて、、。私達も次回に備えてもっと心と頭を鍛えておかないといけないですね。

それにしても、メルボルンではまだ平均的な物件は上がり続けているのですか!しかも以前は安かったサバーブまで(驚) 。さすがメルボルンですね。ブリスベンの平均的な物件は随分と下がってきていて、売り手の希望額と買い手の希望額の差の大きさに不動産は頭を抱えているようです。オークションもほとんど成立していません。とはいえ、人気サバーブは相変わらず驚くような額をはじき出していますが(^^;)、私達は至って現実路線で(笑)。

いつか良いご報告ができるよう、めげずに引き続き探して行きたいと思います!アドバイスなどがあれば、またぜひご教示ください☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:13  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Let's 物件探し。

2011.07.21 (Thu)

ブリスベンのバブルもついにパチンとはじけたようで、
最近はちょっと雇用が減ってきたなんて話も耳にしました。
そして、私達にとってはありがたいことに(?)
不動産売買も停滞しはじめ、家の価格が下がってきています


8月からは不動産売買に関するQLDの法律もまた少し変わるようで、
それが吉と出るか凶と出るか、今はちょっと混乱の時という気もします。

CIMG9311.jpg
※ 家探しとは全く関係ありませんが、何か写真を入れたかったので、以下「ある日の出来事」ということで。。
先日お出かけのついでに立ち寄ったショーンクリフでの一枚。 
いつ行っても心が安らぐ良いところです♥


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
まぁ、物件が安くなって来たとはいえ、
半額になるほど何千万も下がるわけでもないので、高いことには変わりませんが、
もともと世界中からオーストラリアの不動産は「オーバープライス」だと非難されてきてるので、
本来の価値に戻っていってくれていると良いのですが。。


それにしても、家が高すぎるなんて言いながら、
ここの相場にも目が慣れてきてしまったかもしれません。。


もともとオーストラリアでは金利が高いので、
貯金をするだけで嬉しいお年玉がもらえる代わりに、
ローンを組むと、末恐ろしい利子がついてきます。
なので、今はせっせと貯金に励むのが賢いかと思えば、
銀行で働く友人には、利息を考えても家は早く買った方が結果的に賢い
と、いつも助言されています。


まぁ結局自分の家を持つまでは、
貯金をしながら人様のローン返済の手助けをしているわけですから、
数字的に見ても、彼の言う通りなんです。
さっさと買って、さっさと自分のためのローンを返していったほうが、
ローン返済だって早く終わるわけですし。
特に我が家の場合、若いご家族に比べてローン返済期間も短いわけで、
ホントさっさと次のステップに移ってしまったほうが良いのですけどね。
そんなことを頭では理解しながらも、やっぱり大きな買い物すぎてね、
勇気が湧いてこないというか、思い切れないわけですよ。。。


ただ、今住んでいる部屋が10月以降どうなるかわからないので、
良い物件があれば現実的に考えてみても良いかなと、
最近はちょいちょいインスペクションに通ってみたりもしています。


CIMG9333.jpg
贅沢にもお気に入りのカフェでブランチもしちゃいました☆


物件購入にあたっては、
いきなり一軒家ではなく、まずはユニットを買って、
ローン返済や自分の家を持つということに慣れようかと思っていました。
後に売ることも考えて、ゾーン2あたりで。


ところが、めぼしいエリアでのユニット(2ベッドルーム)と
私達が以前から気になっているエリアの一軒家(3ベッドルーム)が
ほぼ同じ価格で購入できるという衝撃的な事実を目の当たりにし、
「あぁ、、きっと今がもう時なのだろう。。」と腹をくくることに。


そんなわけで、私達のユニット購入案は一過性のものとなり、
当初の予定通り、家の購入を真剣に考えることにしました。


もちろん、今すぐに!ではありませんが、
直感に従って来たブリスベンで幸せな暮らしを送れているように、
また直感でしっくりくる家に出会えたら、
その時はもう迷わず進んでしまって良いのかなと思っています。

CIMG9327.jpg
ダーリンのオーダーしたアイスクリーム付きブルーベリーソースパンケーキ☆


探しているエリアや条件は、
ちょうど1年前に書き出したものと驚くほど変わっていません。笑


当時の記事をご参考までに。覚え書き★現実的な住宅購入費用


不動産サイトをにらめっこしてインスペクションに行くようになると、
自分たちの好みの家がなんとなく分かってきますね。
そして、実際に足を運んで雰囲気が分かってくると、
ネット上での物件検索も早くなる代わりに、
めぼしい物件が見つからないこともしばしば。


私達の場合、ピカピカのシステムキッチンがドーンとあって、
リビングのタイルやフローリングはピカピカ☆
バスルームもベッドルームもNEW!!!
なんて立派な新築に住むお友達の家に遊びに行くと、
うわ~、なんてモダン素敵~
と羨ましく思いながらも、
どうやら古さを感じる家が好みのようです。
なんて安上がり?苦笑


今住んでいるおんぼろユニットに慣れてしまったのか、
はたまた、モダンな家なら東京と変わらない、、、と思っているのか。
希望としては、築30年前後のしっかりとした作りの家を
大事に使っている家族の後に入りたいと思っています。


CIMG9330.jpg
私のオーダーしたスクランブルエッグトースト☆


ちなみに、ず~っと憧れていたクイーンズランダーは、
外観が好きだし、夏も涼しくて過ごしやすいと聞くのですが、
寒がりの私達には、冬の寒さがしのぎきれないだろう点、
シロアリ問題が発生しやすいという点から却下となり、
レンガ作り、もしくは2階は木造でも1階がレンガ造りの家を探すことにしました。


住宅事情にも詳しい友人には、
どうしてこんな古い家を・・と半ば呆れられながらも、
なんかしっくりきちゃうのですよ。。
タデ食う虫も好きずき?笑


まぁ、今住んでいる築40年の歴史的建造物に比べたら、
どこに住むことになっても天国ですね


つづく



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

この間

家の近所でインスペクションをやっていたので、
冷やかしでみてきました!
たいして大きくない1ベッドルームのユニットで、
オークションで、4、5千万いくらしい物件でした(>_<)
建物の管理費も年に数千ドルと、
住民税的な物にまた年数千ドル(ーー;)
オーバープライスもさることながら、
現実に打ちのめされて帰ってきました(-_-;)
今度またスカイプしましょう!
Kaorinさん

kaorinさん

えぇーっ!!1ベッドルームで4、5千万?!いくらメルボルンが都会だからって、それはやりすぎですって。。それでも買う人がいるから成り立ってしまうのでしょうか。あぁ、深いため息しか出ませんね。。ちなみに私たちの住む築40年2ベッド2バスの化石ユニットも4、5千万だとか。目を疑いますよ。。(^^;)

近々スカイプ飲み会しましょう♪
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

10:40  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

覚え書き★現実的な住宅購入費用

2010.07.11 (Sun)

住みたいエリアが決まったところで、
条件をつけて、現実的に計算してみました。


はぁ~、やっぱりこんなにお金が必要なのね・・と溜息をつきながらも、
我が家の懐事情に合った購入時期が見えてきたりもして、
これは目利きになってしっかり買い物をしなくては!
と事の重大さを再認識しながら、
見えて来た小さな希望の光に喜びを感じたりもしています


以下、覚え書きです。



>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
【 想定条件 】

エリア:   ダーリン仕事場から30~60分圏内のノース
立地条件:  公園、交通機関が徒歩圏内、青空市場があればなおよし
間取り:   4ベッドルーム、2バスルーム、2ロックアップガレージ、プール無し
敷地面積:  500平米前後(ダーリンの希望により、庭は小さめ)
購入価格上限:450,000ドル(ダーリンの収入だけでローンを組む場合)
購入予定時期:2012年6月頃


【 トータルコスト 】

 $448,334.80

--内訳($)-----------------------
  物件価格: 450,000
   ・・・ローン上限: 360,000
    ・・・頭金:      90,000

+  諸費用:    5334.80
ー 政府援助:    7000
-----------------------------------


【 諸費用内訳 】

☆ Legal Fee (Conveyance):750ドル~1200ドル
  => 名義変更手続き費用

☆ Bank Application Fee:600ドル
  => ローン申し込み費用

☆ Government Fees:874.80ドル
  => 政府関係手続き費用

☆ Stamp Duty:0ドル
  => 印紙税
  ※ 初めて家を購入する場合は不要

☆ Lender's Mortgage Insurance:0ドル
  => 買手のローン返済が困難になってしまった場合に貸手を守る保険
  ※ 頭金が物件価格の20%以上用意できていれば不要

☆ Pest & Building Inspection:550ドル
  => 住宅検査費用

☆ Council Water Rates Adjustment:500ドル
  => カウンシルに支払う諸経費
  ※ 売主と折半のため、半分の金額を計上

☆ Moving Expense:1000ドル(想定)
  => 引っ越し費用


【政府からの援助】

★ First Home Owner Grant:7000ドル
  => 初めて住宅を購入する人が受けられる政府援助(物件価格によって変化あり)
  ※ クイーンズランド州で受けられる援助はこれだけ


これをもとに、ダーリン定年までの30年ローンで考えると、
利率が7%で月々2,395ドル
利率が13%で月々3,982ドル


利率が上がり続けているオーストラリアですが、
Reserve Bank of Australiaの統計によると、
瞬間風速的な上昇はあっても、
(1990年に17%という時期があったとか!!)
過去10年以上の間、平均利率が9%に達したことはないそうなので、
(1992年に8%を割って以来、ずっと8%台。1959~2008年の平均は8.87%)
最悪のケースを10%として見積もっても、月々3,159ドル。


過去1年間の我が家の支出をベースに、
これから想定される子育てなどの支出を加味しても、
充分に支払い可能な範囲です。


仮にこの想定を越えてしまったとしても、
この計算にはワイフの収入は含まれていないので、
まぁ・・、どうにかなるでしょう。。


万が一にも、オーストラリアの平均収入をもらう、いたって平均的な家庭(我が家)が、
国の金利政策によってローンを支払えなくなってしまうことがあれば、
それは他の家庭でも同じ問題を抱えているはずですから、
そのときは、政府が何かしらのアクションを起こしてくれるはずです。。


そして、あと他に考えられるローン返済の大事な要素といえば・・、
ローンを組む張本人のダーリンが、
日々健やかに暮らし、気持ちよく働けることでしょうか・・??笑
そんな環境作りをサポートできるよう、
私もワイフ仕事を頑張らなくてはいけませんね


さて次は、実際にローンを組むプロセスについて調べてみたいと思います



以上、めっきり筆無精と化した我が家のリサーチ大臣に代わり、
本日もワイフがお届けしましたー。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

マイホーム目指してがんばってくださいね。

我が家も3ヶ月前に念願のマイホームGETですが、
毎月毎月ヒーヒー言ってます。
子供はますます食べ盛り、ついでに主人もまだ食べ盛り(笑
私のやり繰りがいけないんですかねぇ?
ハズ&ワイフさんにお知恵拝借しなくてはいけないかなあ???
ニコルンさん

こんば

とても細かなリサーチ!脱帽です!!すごくイメージが具体化しますよね。
ハズさんとワイフさんの夢を現実に引き寄せる力は、このリサーチ&イメトレからきているのでしょうね。
私たちもお金の不安に苛まされる前にしっかり計算しなくては・・・・(笑
nさん

ニコルンさん

お返事遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

応援ありがとうございます!!私たちもニコルンさん家のように、早くマイホームをゲットしたいです!男の子2人だと、確かにこれからが食べ盛りですね!私たちはまだ子供はいませんが、未来プランにはしっかり入っているので、我が家も毎月ヒーヒーになるかと覚悟しています・・。その辺りの計算はまったく検討がつかないですが、きっと想像以上にかかるんだろうなー。まずは頭金的なものを貯めて・・、長い道のりになりそうですが、それも楽しみながら頑張りたいと思います。。(ToT)/  お家購入にあたって、何かアドバイスなどあれば、ぜひご教授ください☆

主人さんとお子さんとハッピーマイホームライフのお話(ニコルンさんのブログ)、楽しみにしてます♪♪
ハズ&ワイフさん

nさん

お返事が遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

資金のない今できることといえば情報収集やイメトレという名の皮算用くらいなので、パソコンや電卓とにらめっこしては、はじき出される金額に一喜一憂してます(笑)。プラス、ハズが元コンサルで現実的なプランを進めて行くのが生業だったのと、性格的にも慎重派で石橋を叩き過ぎるタイプなもので・・。それでも、まだ維持費などは含まれていないので、次は家の購入以外にかかる関連費をも計算したいと思ってます。焦らず無理のない住宅購入ができたらいいですね。

nさん家はその後いかがですか?!またお時間のあるときにぜひお茶でも♪♪
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

12:56  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

住みたいエリア、ほぼ確定?!

2010.07.04 (Sun)

一時気合いを入れたものの先立つものがないので、
お家購入はま~だまだ先の話ですが、
イメージトレーニングはぼちぼち進んでいます

CIMG8428.jpg
先日お誕生日プレゼントにいただいた苺ちゃん。背が伸びてきましたー♪♪


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
というのも、ダーリンの会社の人の話や
不動産&フォーラムサイトなどを参考に、
ようやく住みたいエリアが決まってきました


これまでも、ノース(川より北)が良いとか、一軒家が良いとか、
漠然とした希望はあったのですが、
住みたいエリアが定まらないことには、
どれだけ物件を見ても、相場も何もありませんから、
これからの暮らしをイメージできるエリアが絞れたというのは、
お家購入への大きな一歩のように思います。


最近めっきりお会いしていないブローカーの方にも、
エリア探索は、1日に何カ所かを回るのではなく、
1日1エリアに絞って、街の雰囲気、家の質、公共機関や施設、学校など、
そこでの暮らしをイメージしながら、
1日かけてじっくりと見て回る(研究する)よう勧められたので、
週末は軽いインスペクション(物件見学)も兼ねて、
私たちの中でほぼ決定したエリアを探検して来ました


それにしても、さすがは販売物件。
賃貸のインスペクションとは全く違い、対応が手厚いです


今回1軒だけ見た物件は、特に気に入るようなお家ではありませんでしたが、
コミュニティの様子や住み易さ、肝心な相場のチェックなど、
時間をかけてその辺りの感覚を養っていくスタートとしては良かったように思います。


実際、今、気に入った物件に出会ってしまっても、
私たちの資金的準備が整っていませんから・・
あまり早い段階で、私たちの心をぐっと掴むような物件に出会ってしまうのも困りもの??


まぁ、お家も、結婚や仕事と同じで、縁だと思うので、
それぞれの準備が整ったときに、前に進めるようになっているのでしょうね


それまでは、自分たちの未来をイメージしながらしっかり調査を(貯金も・・)続けて、
気持ち的にも資金的にも準備が整うだろう頃に、
ピピッとくる物件との出会いを楽しみに、
まずは今できることをやっていきたいと思います


ちなみにそのエリア、残念ながら今住む所からは少々遠いのですが、
それでも今後時間がある時には、足しげく通うことになりそうです



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

こんにちは

ハズワイフさん
こんにちは。私達も1年後(未定ですが)には賃貸をやめ、家の購入をしたいね。と考えているので、興味深く読ませていただきました。
エリア探し重要&難しいですよね。

私達も、お気に入りの場所があってそこにほぼ毎週末出かけています(笑)。最近は、そのあたりで購入できたらいいね~なんて一つの候補エリアとして思い描きながら。
そして土曜日もその場所に釣りに出かけていったのですが、’ハズワイフさんかな??’と思う二人を見かけました。ただ似ているだけかな?とも思いながら。
結婚仕事と同様 ご縁とタイミング・・同感です。 私達は、まだブリスベン到着2ヶ月なので、エリア検索はまだまだこれからです。そして資金調達も><。
気に入ったエリアで気に入った家購入できるといいですね!v-22

maronさん

maronさん

maronさんもお家の購入を検討されてるのですね。ブリスベンは意外にも家賃が高いので、ずっとここで暮らしていくことを考えると、家を買った方が賢い気がしてしまいますよね。とはいえ、いざ現実に計画をたて始めてみると、想像以上に時間とお金と労力が必要なんだな~と軽くショックを受けています(苦笑)。家の購入は1度きりで定住したいと考える(日本人的?)家族にとっては、エリア選びも大きな課題ですよね。お互いに納得いくお家購入ができるといいですね♪

maronさんが釣りに行かれてる場所って、ショーンクリフですか?だとすると、「もしや?」と思われた夫婦は間違いなく私たちかと・・(笑)。すごい偶然ですね!コメントを頂いて、どのあたりだろう?と2人で話していたのですが、ちっとも検討がつかず・・。ショーンクリフにはたまに出没するので、また見かけたときには、ぜひお声がけくださいませ☆
ハズ&ワイフさん

やっぱりハズワイフさんだったのですねv-278 まさか私が釣りをするなんて!なのですが、ショーンクリフはいるだけで気持ちもいいし楽しんでします♪ 先週は、私たちが釣りを終えて帰る時にお二人が桟橋に向かって歩いているところでした。はい 次お声がけさせていただきますねv-398 その際にはびっくりさせてしまったらゴメンナサイ・・・。

そして上のDFO。いつもショーンクリフの帰り道に気になり道路から眺めていた所です。上の記事を読んでいたら覗いてみたくなりました。私たちも今度寄ってみようと思います!

そして家の購入。
’家の購入は1度きりで定住したいと考える(日本人的?)家族にとっては’のコメント
そうですよね。日本人的にはそう考えますよね。こちらに来て家の購入に対する考え方の違いに驚いていたので、なんだかほっとしてしまいました 笑

(長いコメント ごめんなさい)
maronさん

管理人のみ閲覧できます

-さん

コメントを下さった方へ☆

貴重な情報ありがとうございます☆ コミュニティが出来ている便利なエリアにお家をご購入されたのですね!羨ましい限りです♪私たちは、ハズの職場がノースなこともあり、ノースで探しているのですが、通勤が可能な範囲でシティからは離れたいと考えているので、物件選びの参考にさせていただきますね!
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:29  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

5月病とブリスベンの不動産事情

2010.05.01 (Sat)

今日からもう5月ですって!!
早いですね~。

IMAG0059.jpg
シティのボタニカルガーデン(1)
先日近くまで行ったついでに、立ち寄ってみました。


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
日本はただいまGW真っただ中?!
ぼちぼち5月病なんて言葉がでてくるのでしょうけれど、
祝日の少ないオーストラリアでは、
5月病なんて幸せな響きでしかありません。。


なんて思っていたら、
4月最初の週末は、イースターホリデー → 4連休、
先週末は、Anzac Day(戦争記念日) → 3連休、
今週末は、Labour Day(QLDの勤労感謝の日) → 3連休
と、祝日続き!!


こんなに祝日が重なると、日本に遅れをとることなく、
しっかり5月病になりそうです。


そして次の大型連休は、もうクリスマスまでないようで、
先日出会ったオージーお姉様も「4月大好き♡」と仰ってました。笑
間違いなく最後にハートが入ってましたよ。


IMAG0061.jpg
シティのボタニカルガーデン(2)


そのお姉さん、実は超やり手のブローカーで、
現在私たち夫婦のお家購入の相談に乗ってくれています。


我が家の金融情勢に合わせて、
どう進めいったら良いかをアドバイスくれるのですが、
いや~・・家を買うって大変です。。


家自体を購入したことがないので、
オーストラリアの不動産事情を知ってるとか知らないとか、
それはどの道勉強することなので、
そこまで重要ではないですが、
じゃぁ何が大変かって、お値段ですよ・・・。


オーストラリアは不動産バブル♪♪
なんて喜んでいたのも今は昔の話。
かれこれ10年近い年月をかけて高騰し続けてきた地価は、
今ではもうあり得ないような物件価格となって市場に出回っています。
特に、シティのど真ん中に住みたいわけでも、
1000m2を越える庭付きプール付き豪邸に住みたいわけでもなく、
そこらの郊外に小さなお庭のある1個建てを持ちたいだけなのですが、
多少の郊外くらいでは高くて手が出ません。


こんなに(お金)出すなら、都内に4LDKのマンションが買えるじぃ~!
と思わずにはいわれないような、辺鄙な場所にある古~くて汚~い物件ですら、
しっかりと市民権を得ていますから、
これを本当の不動産バブルと呼ぶのかもしれません。。


筋金入りの庶民には、とっても悲しい現実です。涙


前述したシティのど真ん中とかぼどよく郊外のプール付きのお家なんかは、
冗談抜きで、六本木ヒルズやミッドタウンの高層マンションくらいの資金が必要です。
いや、もしかしたらもっとかも?!


ブリスベンなのに!です。


限りなく田舎に小さな家を求めている夫婦としては、
ストライクゾーンは広いはずなのですが・・・。


IMAG0063.jpg
シティのボタニカルガーデン(3)


ブリスベンでは、もともと公共機関の利用料金が高いのですが、
最近どんどん値上げされ、
数年以内には、今のほぼ倍になるそうなのです。
通勤費は自己負担、定期といってもたいした割引のないオーストラリアで、
私たちが今住むゾーン2からシティまで(約7km)の往復ですら、
$8払わないといけなくなる日がくるようです。。


私たちが今考えている引っ越し許容範囲最北端は、
ゾーン8のCabooltureという町。
電車でシティまでの所要時間、約1時間。
これを週5日、定年65歳として計算すると、、、
意外にバカになりません。


そんな理由もあって、Cabooltureから南をみてみると、
シティから30km圏内では例に漏れず、
目を疑うような物件が多いわけです。


私がこちらで定職を持っていないこともあり、
銀行から借りられるお金も限られてしまうのですが、
もし共働きで、今提示されている倍の金額を借りられるとしても、
やっぱり一人分で借りられるくらいの価格帯の家で良いと思っています。


高い家を買うということは、その分返済額が高くなるだけだし、
不動産に投資して儲けを出そう!とかも考えていないので、
老後困らずに暮らせる家があれば、それで十分です。


金利が高いので、ローン額が増えれば増えるほど、
返済額もふくれあがってきます。
先立つ資金がない家庭にとっては(私たちのこと)、
そんな贅沢は御法度です!


もちろんいくら借りるにしても、
共働きしたほうが収入は増えるでしょうけれど、
貯金という視点では、お金はどれだけ稼ぐかではなく、
どう使うかが重要だと思っているので、
状況が許す限りは、ワイフは地味に日本円を貯めていくつもりです。


そんなわけで、家を買えるかどうかという経済的な話以上に、
住みたいエリア探し、ピンとくる物件探しに、
今後かなりの時間と労力を費やすことになりそうです。


家探しは、賃貸を探したとき同様に、
realestate.comDomainを利用しています。


このサイトで物件を見てるだけでも楽しいのですが、
通信事情のイケテナイこの国では、
データ量の多いインターネットプランにでも入っていない限り、
あっという間に1ヶ月の使用制限に近づいてしまうくらい、
このサイトはデータ量を食うのです。。


ふぅ。。涙


まぁ、慌てて決めるものでもないので、
時に夢をみたり、時に現実に返ったりしながら、
気長に楽しく探していきたいと思っています。


7ヶ月に渡る無職生活と、結婚式の大大出費で、
日本で貯めてきた資金も底をつきてしまい、
貯金もまたゼロからですしね。
(結婚式早まったか・・?苦笑)


人生で初めて「宝くじ当たらないかな~」と本気で思いましたね。笑
まぁ、買わなきゃ当たる可能性すらないですが。。


気の長~いリサーチで、気に入った物件との出会いがあるだろう頃には、
我が家の資金もそれなりに潤っていることを祈りたいと思います!


頑張りまっすぃ~!


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

うーん、ブリスベンでもそんなに大変なんですか・・・。私も家ほしいなと思っていましたが、買わない選択も考えてみようかな。
divayoshikoさん

家購入のことを考えるとせつなくなりますね。
うちは完全に収入が一人分しかないし、高収入でもないので、オーストラリアの現在の住宅事情では家(もアパートも)は当分(もしかして一生?)は買えません。
ローンを組める人たちがうらやましい(組めるということは返せる見込みがあるということですから)と思いますが、上を見ずに下を見よ!!と言う教えに従ってます。下を見れば、自分の立場や状況に感謝できますからね(^^♪ 
ところで、超やり手のブローカーのお姉さんの相談料はおいくらぐらいかかるんですか?プロとか経験者からのアドバイスは重要ですよね。

おうちゲットまでがんばってくださいね~♪
☆もっちさん

divayoshikoさん

私たちが探している家のプライスレンジがそんなに高くないのも理由かもしれませんが、ブリスベンの地価も高騰しているのは確かですね。もうちょっと待ったら買いやすくなるといいのですけどね~。。
ハズ&ワイフさん

☆もっちさん

ありがとうございます(ToT)..貯金もこれからですし、実現できるのもいつになることやら・・気の遠くなりそうな話ですが、夢だけは大きく?!苦笑 

私たちが相談しているブローカーさんは、ダーリンの会社の方に紹介していただいた方で、毎日のように家の売買をしながら若くして財を築いていて、どうやら私たち意外のどこかから収入を得ているようです。不動産事情はもちろん、家の購入に至れるほどの土地勘もまだないので、そんなことも教えてもらいつつ、情報収集フェーズはまだまだ続きます・・。☆もっちさんのおっしゃるように、自分の立場や状況に感謝できることが大切ですね。

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

14:55  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

お家購入プロジェクト始動!!

2010.02.11 (Thu)

時が経つのは早いもので、
ダーリンのお勤めが始まってから、もう1ヶ月が経ちました


CIMG5197.jpg


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ダーリンのお役所では、2週間に一度給料が振り込まれるので、
既に2回お給料日が来たことになります。笑
我が家の懐にも春がきましたー


これで本当にオーストラリアに根を下ろせます。


となると、突然いろいろなことが現実となってきました。
その1つが、お家のこと。
毎週$330の家賃を払い続けるのはもったいないので
出来るだけ早い段階でお家を購入したいと思っています。


ブリスベンの地価や物価は高騰し続けているうえに、
先立つものもないので、全てはこれからですが・・。


オーストラリアの不動産&金融事情は、
日本ともまた全然違うようなので、
学ぶべきこともたくさんありそうです。


昨年前半までの移住の準備に引き続き、
そんなお家購入までの様子も、
私たちの軌跡としてまたここに綴っていきたいと思っています。


全てはこれから・・、と前述したとおり、
頭金の貯まる3年目に購入という長期プロジェクト(多分)


目標は、ダーリンが仕事に通える範囲で、
限りなくシティから離れた自然いっぱいの田舎に引っ込むです。


そんなわけで・・・、
節約生活はまだまだ続きます





人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

一緒に

お家購入プロジェクト、一緒に参戦させて下さいv-16とは言っても私は出来るだけ便利な処に住みたい派なので、ゴールは異なるかもしれませんが(笑 いろいろ情報交換しましょう。私たちは今週Wynnum Westまでインスペクション行ってきます。また私のお友達で、自然いっぱい、でもシティまでバス一本の所に住んでいる方がいるので、そのエリアも良ければ紹介しますね。馬、走ってますよ~(笑 私は来週17日(水)から約1カ月日本に帰ってきます。
nさん

就職、家購入と

着実に進んでますね。(就職までは大変だったでしょうが)

ウチはその就職が期限内に出来なかったので、来週日本に帰ります。
ブリスベンに限らず、オーストラリア国内の物価&地価が上昇しているのでだんだん住みにくくなってきていますが、頑張っていい物件見つけて下さいね。
分譲は中古の物件の方が高いです。(メルはそうでした。)
狙うなら新築ですね。
ゆきぼんさん

nさん

心強いお言葉、ありがとうございます!ぜひ情報交換させてください☆ 

Wynnumも良いところですよね。私たちは職場の関係でノースを探していますが、Wynnumはお気に入りの町の1つです♪田舎とは言いながらも、シティまでバスor電車1本のようなエリアは魅力的なので、そこもぜひご紹介いただければ嬉しいです。そして、お互いに納得のいく素敵なお家に出会えるといいですね!

久しぶりの日本一時帰国、楽しんで来てくださいね!!

ハズ&ワイフさん

ゆきぼんさん

貴重な情報ありがとうございます!ブリスベンも中古物件は、新築以上に高かったりしているので、やはり狙い目は新築でしょうか。日に日に地価が上がっているので、3年後はどうなっているか分かりませんが、きっと今とは違う所でまた新しいことに挑戦できていたら良いと思います。

ゆきぼんさんご夫婦の日本帰国の件、とってもびっくりしました。。お会いしたこともなければ、チャットでしかお話したことはありませんが、毎日ブログを拝見しているせいか、図々しくもとても親しい友人が去って行ってしまうような感覚でいます。。私たちとしてはとても寂しいことですが、ご主人のこれからのキャリアを優先に決断されたことだと思うので、オーストラリアで得たことを活かせるようなお仕事に巡り会えることを祈っています☆

そして、日本に帰ってお時間のあるときは、後輩移住者の様子見に、またブログをのぞきに来ていただけたら嬉しいです。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:05  |  不動産購入  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。